« 高知JCの人たちとの防災合宿の打ち合わせ | トップページ | 「地方消滅の罠」を読んで »

2015.04.03

桜前線北上中


Sakuramankai_r

 3月19日に今年は福岡で開花した桜。高知市も2日遅れで開花しました。桜前線は北上を続けていまして、4月半ばには東北北部へ、そして5月10日に北海道の東部へ市桜前線は北上します。

 防錆塗装分野での「目安」である、冬型硬化剤を使用するのか、一般硬化剤を使用するのかの判断の目安は、「桜」です。

 桜が開花する時期の温度は、最高気温が10度前後。最高気温が20度前後です。防錆塗料でも、カーボマスチック15やラストボンドSGも、冬期用と一般用の切り替えの目安は、桜の開花―満開―葉桜ですね。

 葉桜になり新緑になりますと、完全に防錆塗装分野の本番のスタートです。この季節から梅雨入り前の時期は、防錆塗装に最適な季節であるからです。

 一方秋は紅葉の季節が目安になります。こちらも「最高気温が20度、最低気温が10度」が目安で、この気温帯より下がりますと、硬化剤は冬期用をご使用されたら無難です。

 地域によって気温が異なりますが、「桜」と「紅葉」は目安になりますので覚えていてください。
Sakura_front_600x450_r


|

« 高知JCの人たちとの防災合宿の打ち合わせ | トップページ | 「地方消滅の罠」を読んで »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11475/61371567

この記事へのトラックバック一覧です: 桜前線北上中:

« 高知JCの人たちとの防災合宿の打ち合わせ | トップページ | 「地方消滅の罠」を読んで »