« 若松町耐震護岸工事の資料 | トップページ | ラジオ体操が始まりました »

2015.07.27

若松町耐震護岸工事 工法編

 高知市若松町の耐震護岸工事は、高知県土木部高知土木事務所の事業で現在行われています。

 その工法に関する資料です。説明ではこう書いています。

「ジャイロパイラーのジャイロプレス機構により、鋼管杭を回転切削圧入し、既存の構造物を残したまま、構造物の機能を強化・再生、新規構築を行います。」

 鋼管杭(直径1・3M)を27Mのシルト層に埋め込み、その上に新しくコンクリートで新しい堤防を建設します。

 「期待される効果」については、高知土木事務所の説明書であるそうです。

→高知土木事務所の説明

 http://futaba-bousai.cocolog-nifty.com/blog/2015/07/post-e1f6.html

_new_r_5


2_new_r


3_new_r


4_new_r


5_new_r


|

« 若松町耐震護岸工事の資料 | トップページ | ラジオ体操が始まりました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11475/61931225

この記事へのトラックバック一覧です: 若松町耐震護岸工事 工法編:

« 若松町耐震護岸工事の資料 | トップページ | ラジオ体操が始まりました »