« 異端の人間学を讀んで | トップページ | 下流老人が増えているとか »

2015.10.05

避難行動と避難所運営の実際を聞く講演会


 
 私は6月に4年3か月経過した宮城県石巻市・女川町、東松島市、名取市の現地を訪れ、被災者や支援者の皆様と意見交換をしました。大震災後の厳しい現実に立ち向かい、復興する住民の皆様の力強い意志に動かされました。

 今後30年に必ず来ると言われている南海トラフ巨大地震。被災地を訪れ交流してつくづく思いましたのは、「災害対策は事前対策がすべて」であると言う事です。自宅の家具転倒予防や耐震補強や、地震保険や資金対策、企業の継続計画など、事前にきちんと対策をしないと、大地震が起きれば簡単には復興・復旧が出来ない現実も見せていただきました。
Konnosann

 10月11日には、住民リーダーとして活躍されている石巻市湊東地区まちづくり協議会代表世話役の今野清喜さんを講師として招聘し「避難行動と避難所運営の実際」を講話いただく予定です。午後6時から下知コミュニティ・センターで行います。
Photo

「避難訓練に日ごろ参加している人は殆ど助かりました。訓練に参加しない人の多くは亡くなっていました。」今野さんの貴重な体験談、教訓を傾聴いたしましょう。


下知減災連絡会主催防災講演会

「避難行動と被災地での避難所運営の実際」

(講師) 今野清喜さん(石巻市湊東地区まちづくり協議会代表世話役)

(日時) 2015年10月11日(日曜日)午後6時より

(場所) 下知コミュニティ・センター 4階多目的ホール

 *会場には駐車場がありません。公共交通機関をご利用ください。

|

« 異端の人間学を讀んで | トップページ | 下流老人が増えているとか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11475/62384521

この記事へのトラックバック一覧です: 避難行動と避難所運営の実際を聞く講演会:

« 異端の人間学を讀んで | トップページ | 下流老人が増えているとか »