« 単線型防災・復興対策から多様な視点をもつべし | トップページ | 集中できないもどかしさ。 »

2015.12.16

本を読まない高知県人に巨大な図書館は無用の長物


Pc080045_r

先日地元新聞で話題になっていた、帯屋町アーケードから現在は県立追手前高校の時計台が見えていますが、建築中の県と市の合築図書館オーテピアが建つと見えなくなるのが惜しいとの記事が出ていました。
Pc080048_r

 しかし私の大嫌いなスターバックスなどのジャンク・フード店が出店しているので都市景観がどうののレベルで議論しても始まらないでしょう。

 合築図書館とやらは、130年の歴史のある追手前小学校を廃校にして、県立図書館と市民図書館をその跡地に建築し、こども科学館まで併設する複合施設だそうです。
Pc080049_r

 だいたい書籍を読まない高知県人に、大きな図書館などが必要なのか?酒ばかり飲むこと飲めることばかり自慢している人(本を読まないことを恥じないで)が多い高知県には、このような大きな図書館は無用の長物であると私は思いますね。

|

« 単線型防災・復興対策から多様な視点をもつべし | トップページ | 集中できないもどかしさ。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11475/62832155

この記事へのトラックバック一覧です: 本を読まない高知県人に巨大な図書館は無用の長物:

« 単線型防災・復興対策から多様な視点をもつべし | トップページ | 集中できないもどかしさ。 »