« 命にかかわる排泄ケアとトイレの問題 | トップページ | 父は寒い中元気です。 »

2016.02.04

「海抜0メートル島」の耐震護岸工事

Sima

 高知市下知地域は、「海抜0メートルの島」なんですね。東は久万川(浦戸湾)、西は新堀川、北は江ノ口川、南は堀川・鏡川に囲まれた低地の島です。堤防に囲まれているので、ドライエリアになっているだけです。
Simotisinsui


Simotisinsui2

 大地震や津波で堤防が決壊すれば、1946年の昭和南海地震同様に地域全体は水没します。70年前の荒れ地や沼地、畑や池は埋め立てられ、市街地になっています。土地が耐震地盤になっているわけでも、5M隆起したわけでもありません。
Kenkouzi2


Kenkouzi1

 県港湾課が国の補助を受け、インプラント工法とか言って、堤防に2枚に矢板を油圧で地面に押し込んで、今の高潮堤防を強化する工事をやっています。液状化防止対策で、堤防が地震で倒壊しない、仮に津波が来てオーバーフローされても、引き波で倒壊しない堤防らしいです。果たしてどれくらいの効果があるのかどうかはわかりません。

|

« 命にかかわる排泄ケアとトイレの問題 | トップページ | 父は寒い中元気です。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11475/63059014

この記事へのトラックバック一覧です: 「海抜0メートル島」の耐震護岸工事:

« 命にかかわる排泄ケアとトイレの問題 | トップページ | 父は寒い中元気です。 »