« 介護者の切り捨てが始まりました | トップページ | 父は脱水気味です »

2016.07.26

猛暑の中の脱水対策はとても大事です。

 人間の体の60%程度は水です。水分が1%失われただけで、活力が失われ、3%失われると死に至ると言われています。良く大災害時に「72時間が救出のタイムリミットだ」と言われていますが、水分補給しない状態では、3日生存するのが限度なんですね。

 北海道で家族に林道で置き去りにされた子供が、陸上自衛隊の施設へ入り込み、水だけで6日間生存していました。水が大事です。

「皆脱水症状の深刻さを理解していない人が多い。医療関係者も軽視してしまう。とくに高齢者は致命傷になることもあります。」と父(97歳)の主治医の植田一穂先生。

「昨日も体温が上昇し入院になった方が居ます。
 先日は93歳で体調不良になり、救急搬送されて腹部動脈りゅう(8センチも!)で亡くなられました。
 
 この猛暑、乗り切っていきましょう。

 介護するご家族も、留意してくださいね。若い方でも脱水が観られています。」

というのは両親の担当のケアマネージャーさんの言葉です。

 こまめに水分補給をしましょう。高齢者は体に水を貯める機能が低下しています。また血圧降下剤などの薬には利尿剤も含まれています。よけい脱水になりやすいです。

 体調の悪い高齢者は点滴をされるべきでしょう。経口補水液を常に携帯し、少しでも体調が不良と感じたら飲むべきでしょう。

Photo


|

« 介護者の切り捨てが始まりました | トップページ | 父は脱水気味です »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11475/63940902

この記事へのトラックバック一覧です: 猛暑の中の脱水対策はとても大事です。:

« 介護者の切り捨てが始まりました | トップページ | 父は脱水気味です »