« 父の通院と自然シロップかき氷の準備 | トップページ | 猛暑の中の父のリハビリ・ゴルフ »

2016.08.13

今ひとつわからない「防災士」の意義目的

 _r


 私は2013年に「防災士」という資格を取得しました。
 高知市の場合は、「防災人づくり塾」を受講した者に受験資格があり、さほど難しくない試験をlクリアし、所定の料金を支払い資格を取得しました。

 しかしそれだけのことで、現実には何の役にも立っていませんね。地域防災のなかでも取得している人は少ない。

 昨年高知市防災士会連絡協議会なる団体(任意団体)が出来ました。実態は会議のための会議であり、実践が伴っていません。

 今治市防災士会のような、実践的で前向きな活動をしているとはいいがたい。また多くの高知市防災士会のメンバーは、地域防災と連携しておらず、「とりあえず資格を取得した」だけのことです。これでは災害時には何の貢献も出来ないと思いますね。

|

« 父の通院と自然シロップかき氷の準備 | トップページ | 猛暑の中の父のリハビリ・ゴルフ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11475/64038605

この記事へのトラックバック一覧です: 今ひとつわからない「防災士」の意義目的:

« 父の通院と自然シロップかき氷の準備 | トップページ | 猛暑の中の父のリハビリ・ゴルフ »