« 父(97歳)はリハビリ・ゴルフへ行きました。 | トップページ | 早くもインフルエンザ予防接種の季節です »

2016.10.03

63歳になってしまいました。


Zibunb_r

 偉くもなれず、経済的にも全然成功せず、市井の1市民として地方都市で生活する平凡な生活を送っています。世の中想いどうりに行かないことが多く、年だけは毎年重ねています。

 私は「大衆」とか「常民」と知識人が「おだてる」存在に過ぎませんが、制約だらけの生活の中で「見える」ことは、案外的が外れてはいないのでないかと最近は思うようになりました。

 日本は災害大国。地震や津波は常に起きるし、火山も噴火する。台風も大雨も大雪も襲来する。火事も起きる。これほど自然災害の多い国で、先進国であることは日本国の先輩たちに敬意を表します。

 しかしながら最近の日本国はなんだかおかしい。災害大国日本なのに、原子力発電所を再稼働させようとする。福島第1原子力発電所の廃炉のロードマップは確立していないのに。何故「目先の経済」しか考えないのか。おかしいと思わないのでしょうか?

 日本社会は高齢化して少子化しています。それは2000年に発足して介護保険制度のスタート時点からわかっていたこと。要支援や要介護1や2の人達を切り捨てた政策をしています。高齢者を大事にしない国を守れとか、愛国心とか一部の政府閣僚はの賜っていますが、戯言です。毎日超高齢の両親を在宅介護している立場からすれば、今の社会保障の在り方はおかしい。

 自分の不平や不満を形にすることができません。市政の市民としてぶつぶつ言いながら、平凡な生活の繰り返しです。でもそれが嫌だとも悪いとも思いません。

 人はいつかこの世から亡くなります。自分もいつか順番が来るでしょう。その時には悔いのない人生を送りたいと思います。

|

« 父(97歳)はリハビリ・ゴルフへ行きました。 | トップページ | 早くもインフルエンザ予防接種の季節です »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11475/64289294

この記事へのトラックバック一覧です: 63歳になってしまいました。:

« 父(97歳)はリハビリ・ゴルフへ行きました。 | トップページ | 早くもインフルエンザ予防接種の季節です »