« パックス・アメリカの終焉へ | トップページ | 父の健康状態は小康状態です »

2016.11.11

第5回市民とつくる防災フォーラム


 2016年12月4日(日曜日)は、午後12時半から16時半の予定で、「その初動が命を守る!」という講演会とワークショップが開催されます。

 主催は市民とつくる防災フォーラム実行委員会です。場所は高知市総合あんしんセンターです。

 講師の高砂春美氏は、阪神淡路大震災の最中に避難所運営本部を立ち上げ、被災者の自立と復興を目標に活動をされてこられました。東日本大震災後も支援活をなさっておられます。

「繰り返される自然災害での対応を見ていると、被災者側にも支援者側にも、災害の教訓が活かされていない場面が散見される。
 行政には対応の限界がありますので、早い段階から外部の応援部隊を頼るべきですし、被災者は自らニーズを発信して、少しでも置かれた環境を改善して行く努力をすべきです。」と言われています。

 春野東小学校と南海中学校の取り組みの発表や、7つの体験・体感コーナー(シェイクアウト・簡易トイレ・自分の部屋・緊急処置・避難所運営・ガラス飛散防止・アルファ米試食)などもあり、実践的な内容となっています。_new_r


2_new_r


|

« パックス・アメリカの終焉へ | トップページ | 父の健康状態は小康状態です »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11475/64452707

この記事へのトラックバック一覧です: 第5回市民とつくる防災フォーラム:

« パックス・アメリカの終焉へ | トップページ | 父の健康状態は小康状態です »