« 12月24日の五台山市民農園 | トップページ | 今治市・自主防災研究大会 »

2016.12.25

温厚過ぎた夜須の海

 2016年12月25日は、朝から夜須へ行くことに。移動性高気圧に覆われ、「温厚な」お天気の筈。たぶん暮れの果てで、YASU海の駅クラブも今日で今年は終わりだそうですので、ハーバーに来てセーリングする人はおらんでしょうね。
_r

 残ったクリスマスケーキを朝食時に食べました。海はカロリーを消費しますから。いくら食べてもいいんです。とくに冬は寒いし、風が出ると体力勝負となりますから。チョコレートパンも持参しています。
_r_2

_r_3


 たとえ1人でも安全に海へ出て、安全に戻ってこないといけない。いろいろと暮れも公私ともにせわしく、ドライスーツを手入れする暇もありませんでしたから。それでウエットスーツに合羽を持参しました。

 しかしぎ装(ヨットの組み立て)をしていますと、暖かく暑くなり上着を脱ぎました。風も南風。ウェットスーツにしました。ほどなく押岡大樹さんも来られました。「風ないですね。」と様子見されるようでした。

 年寄りは風が弱い方が安全ですので、おかまいなく海へ出ることにしました。慎重にぎ装し海へ出ました。本当に風はありません。が、波もないので、逆ヒールしていますと風を受けヨットは帆走しました。
_r_4


_r_5


_r_6


_r_7

 気持ちの良い晴天。顔が熱いぐらいです。沖合で海水に触れましたが、暖かいです。手袋入りませんでした。なんせ12月でも氷が張ってませんから。暖冬なんでしょう。
_r_8

 一旦お昼前に上がって、YASU海の駅クラブのデッキでランチしました。おむすびと卵焼きは朝、訪で調達してきました。海の駅クラブは千波さんが1人だけ。横山さんはスリランカに滞在中。井土さんは入院されているようですので。
_r_9


_r_10

 午後になる風が上がりました。押岡さんが艇を整備され出艇していきました。赤岡方面を目指しましたが、風向きが悪く、何度もタックしないとたどり着けそうもありません。
_r_11


_r_12

 家内に午後4時に父(97歳)が入浴させるので戻ってこいとの指令がお昼にありました。それ故遠出の海の散帆は諦めました。でも午前・午後合わせて3時間余り海の上にいましたから大満足です。
_r_13


_r_14

 押岡さんも今日が今年最後のセーリングだそうです。2016年の海の散帆治めも最高のお天気で何よりでした。


おっさん2人でクリスマス・バージョン

 海の散帆を終えて、ヨットをぎ装解除し、備品を水洗し、セールをたたみ、備品は天日干し。その間に自分の体を洗いました。着替えて、艇を片付けました。

 海の駅やすへ寄りました。いつもの山本宏幸さんとの「おっさん2ショット」です。クリスマス・バージョンでした。私はジャンパーも赤いので赤ずくめでした。やはり「いかれた・おっさんたち」ですね。
_r_15


_r_16

 ヤッシーは夏に始めた道の駅やすの2階でのマナマナ(アイスとパスタの店舗)も好調なようですね。今年もお世話になりました。来年もよろしくお願いします。
Manamana2


Photo

 来年の初詣と初乗りセーリングは4日までに来れたら来ます。

|

« 12月24日の五台山市民農園 | トップページ | 今治市・自主防災研究大会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11475/64674558

この記事へのトラックバック一覧です: 温厚過ぎた夜須の海:

« 12月24日の五台山市民農園 | トップページ | 今治市・自主防災研究大会 »