« 讀賣新聞・高知版に活動が掲載されました | トップページ | 明治憲法の理不尽さを読み解く »

2017.01.18

父の歩行訓練をしました。

 最近足腰が弱ったと思われる父(97歳)です。午後から少し時間的な余力が出来たので、近所を歩行訓練しました。
_r_5

 杖と言うか、ウォーキング・ポールを父は杖替わりに使用して歩きました。転倒の不安が亡くなったのか、結構な速度で歩くことが出来ました。やはり杖なしですと転倒の危険を感じ、歩幅が小さくなっているようです。
_r_6


_r_7


_r_8


_r_9

 自宅から若松町まで片道400M位の歩行訓練でした。始めたことは片道で6回も休憩しないといけない状態でした。今日は1回の休憩で往路は行きました。休憩時には、歩行補助車を椅子にして、経口補水液を飲みました。
_r_10


_r_11


_r_12


_r_13

 体にあった杖を使用したら、転倒防止になるのではないかと思いました。私の方も歩行補助車をもって、ずっと後ろ歩きをしていました。結構いい運動になりました。

|

« 讀賣新聞・高知版に活動が掲載されました | トップページ | 明治憲法の理不尽さを読み解く »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11475/64779108

この記事へのトラックバック一覧です: 父の歩行訓練をしました。:

« 讀賣新聞・高知版に活動が掲載されました | トップページ | 明治憲法の理不尽さを読み解く »