« 父(97歳)の血液検査の結果 | トップページ | 危うい米国の「砲艦外交」 »

2017.04.25

保険会社のリスク・マネジメント

_new_r

 車の保険(上乗せ)を契約している会社から、「今後30年以内の地震の発生確率」について資料をいただきました。対象地点は高知市知寄町2丁目。

「対象地点において今後30年以内に震度5強、6弱、6強以上の揺れに見舞われる確率は」ということで推測されています。

 震度5強以上の確立     76・9%

 震度6弱以上になる確率   68・8%

 震度6強以上になる確率   53.1%   です。

 自動車保険の対象となる自動車事故により、負傷する確率は24%に過ぎません。いかに下知地区は南海地震が起きる確率が高いと言えます。

 いつもこのことを「念頭に」生活しないといけない地域です。

3年ほど前の資料ですが、当時は熊本地震がおきる確率は「8%」でした。日本全国どこでも地震が起きる可能性があります。安全な場所などありません。
Zizinkakuritu


|

« 父(97歳)の血液検査の結果 | トップページ | 危うい米国の「砲艦外交」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11475/65148911

この記事へのトラックバック一覧です: 保険会社のリスク・マネジメント:

« 父(97歳)の血液検査の結果 | トップページ | 危うい米国の「砲艦外交」 »