« しばらくお天気が続くようですね | トップページ | 浦戸湾3重防護対策で低地の高知市街地は救われるのだろうか? »

2017.05.16

母(91歳)は歯医者へ行きました。


_r

 2年ほど前に歯科医師へ行き、欠けた歯を付着させて以来ご無沙汰の歯医者です。認知症の進行で、まともに自分では歯も磨いていないようです。というか歯磨き習慣すら忘れています。さぞかし歯も傷んでいるのではないでしょうか。
_r_2


_r_3

 検査と診断をしていただきました。父(97歳)同様に6本ぐらい駄目になっている歯があるうようですが、32ある歯のうち26本ぐらいは残存しているようです。「80-20」(80歳で20本の自分の歯を残す)ことにはなるでしょう。
 虫歯や欠けた歯があるようです。負担にならない治療と手入れをしていくことにしました。認知症対応の歯科医の研修も受講されておられる歯科医院のようです。
_r_4


|

« しばらくお天気が続くようですね | トップページ | 浦戸湾3重防護対策で低地の高知市街地は救われるのだろうか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11475/65286374

この記事へのトラックバック一覧です: 母(91歳)は歯医者へ行きました。:

« しばらくお天気が続くようですね | トップページ | 浦戸湾3重防護対策で低地の高知市街地は救われるのだろうか? »