« 夜須の海での 海の散帆 | トップページ | アイズバー・マナマナへ行きました。 »

2017.07.02

ヤッシーパークの津波避難タワー


Dscn1093_r

 2017年7月2日、海の散帆を終え、片付けをした後に、大崎修二さんと一緒にヤッシー・パークにこのたび完成した津波避難タワーを見学に行きました。
Dscn1094_r


Dscn1095_r


Dscn1096_r


Dscn1097_r


Dscn1098_r


Dscn1099_r


Dscn1100_r


Dscn1102_r

 まずは斜路の確認。階段昇降が出来にくい高齢者や車いすの人達や、乳母車の親子の人達も無理なく津波避難タワーに上れます。ヤッシーパークのイベント広場から、「マリンベルの丘に続く斜路を登坂します。頂上から津波避難タワーの斜路が始まります。

 無理なく登れました。難を言えば車椅子は1台しか斜路を通過できません。幅が狭いです。

Dscn1104_r


Dscn1106_r


Dscn1107_r


 津波避難タワー自体は円柱形に建築されています。柱もすべて円柱形。津波のパワーを上手く逃がす工夫がされています。600人が収容できる施設です。

 防災倉庫もあります。備品はまだ入っていないようです。県とヤッシー・パーク側が話し合いをして備品を整えていくとか。
Dscn1109_r
 見晴らしはとてもいいです。それに「高い」。近くに夜須町坪井に香南市が建設した津波避難タワーがありますが、それを見下ろしているようです。
Dscn1103_r_2

 大崎さんとも話しました。もし海上で大津波警報が出たら、ヤッシー・パークを目指し、ビーチに着艇。一目散にこの津波避難タワーへ駆け上がります。今度その訓練をすべきです。

 ヤッシーパークの景観を壊すことなく、マリンブルーとホワイトで津波避難タワーが着色されていました。良い施設ができて良かったと思いました。
Dscn1112_r


|

« 夜須の海での 海の散帆 | トップページ | アイズバー・マナマナへ行きました。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11475/65485869

この記事へのトラックバック一覧です: ヤッシーパークの津波避難タワー:

« 夜須の海での 海の散帆 | トップページ | アイズバー・マナマナへ行きました。 »