« 二葉町資源・不燃物仕分けステーション | トップページ | 高齢者は体力維持が熱中症対策となります »

2017.07.17

海の日の海の散帆


_r


_r_2

 2017年7月17日は「海の日」の祝日です。家人の許可を得て朝1番から夜須の海での散帆に来ていました。ハーバーには高知大学ヨット部やジュニア・ヨットクラブ、社会人も来ていました。午後からは大崎修二さんが来られ海へ出ました。
Dscn1349_r


_r_3

 午前中は南東方面からのそこそこの風が吹きました。波は南西方面から細かい三角波が海面に立ちました。ローリングして乗りにくいこと。波が立ちますと艇速が落ちます。波へ舳先が突っ込むと海水が入って水船状態になりました。

 結局赤岡方面へ行けず、波を避けるためにヤッシーへも入れず(海水浴シーズンは8月31日まで)ローリングしながら帆走し続けました。

 一旦昼食でハーバーへ上がりました。お昼は訪のおむすびとたまご焼きを食べました。今日の高知市は日中が35度の猛暑日とか。海洋性気候の夜須では33度とか。ハーバーは暑いですが、海の上は風さえ吹けば涼しいです。

 午後から大崎修二さんが来るので、再度ぎ装し出艇しました。ぎ装の不備でブームバンクが外れました。ビーチ着艇し取り付けました。そして海へ出ました。

 沖へ出て行きましたが、ジャイブを打った瞬間、なんとブームが目の前へ。しかも低い位置に来ています。みるとマスト・トップが外れ、セールが落ち込んでいました。
_r_4


_r_5

 航行不能となりました。救命ボートに曳航してもらいハーバーへ。ぎ装解除しました。やはりローリングをしたので、マストトップのセールが外れたんでしょう。諦めてぎ装解除しました。

 大崎修二さんが颯爽と出艇していきました。海ではいろんなこと起きます。動ずることなく淡々とトラブルに冷静に対処することが出来るための練習にはなりますね。

 艇も洗い収納し、体も洗い、ヤッシーパークのアイスバー「マナマナ」へ行きました。火照った身体には美味しいです。私は2日連続、大崎さんは3日連続で通っております。

 夜須アイスバー・マナマナ 

|

« 二葉町資源・不燃物仕分けステーション | トップページ | 高齢者は体力維持が熱中症対策となります »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 海の日の海の散帆:

« 二葉町資源・不燃物仕分けステーション | トップページ | 高齢者は体力維持が熱中症対策となります »