« 佐川町の「酒蔵ロード」は綺麗ですね | トップページ | 高知の名字について »

2017.11.19

久しぶりの海の散帆でしたが


 2017年11月19日は快晴。しかし天気図を見ますと西高東低の冬型。北西の風が強く吹く可能性がある天気です。父(98歳)の状態も良いので、家内にお任せして10月9日以来40日ぶりの@海の散帆」に出掛けました。

冬本番の「西高東低」の気圧配置の場合は冷たいパワーのある北西風が一定方向から強く吹きます。下手くそな年寄りは怖いのですが、「波が小さい」ことと、風の方向が「横風」(アビーム)なので、ハーバーの斜路から横風を受けて出艇し、赤灯台手前でタックすれば、往復できます。それをもくろんでいました。だいたい午前中は午後に比べ風が弱いのです。

 ところが今日は午前中からどん吹きの強風。ハーバーでなんとかぎ装(ヨットの組み立てを)してトレーラーで斜路まで運搬中に突風で、あえなく陸上で転覆しました。それでもおこしてようやく海へ出ることに。

 ヨットを風上に向け、先にアンカーを打ちます。シバ―している間にトレラーを陸に上げ、やおらヨットを手繰り寄せアンカーを回収して乗り込んで海の散帆を楽しみます。

 ところが風はどんどん強くなり波も高くなりうねりになりました。風が北西風ですが、波は大きな波が南から押し寄せて来ます。斜路にトレーラーを放置しに行く間に裏風が入り私のヨットは波打ち際で沈(転覆)しました。3度ぐらい起きし続けていますと、メインロープが緩いのか外れコントロール不能。またトレーラーを取に行きやり直し。ますます風が強くなり、普通に出てもまた沈しました。

 高知大学のヨット部員にサポートを受けてようやく出艇しました。沖へ出ると、短い周期の波が打ち寄せ、風の方向と真逆になるので進行を妨げます。そうこうしているうちに突風がどんどん吹き真っ白に海面がなりました。

 これでは下手くそな年寄りは帆走は難しいと判断。なんとか沈せずハーバーへ戻りました。30分程度の帆走でした。陸へ上がると父(98歳)のように「ハーハー・ぜいぜい」しています。息をととのえぎ装解除しました。

 早い昼食を食べ(訪で朝購入したおむすび3個と卵焼き)を食べ、気を取り直して再度ぎ装しました。一段と風が強くなりました。海へ出ますと、ぎ装の間違いに気が付きました。しかもラダーも外れています。

 メインロープも絡んでいて帆走できる状態ではありません。風を逃がしながら隣にあるビーチへ着艇。治しました。引き潮になり波が高くなり、出艇しようとすると横波を受けヨットは転覆を繰り返しました。諦めて砂浜に着艇しました。

 すると高い波がどんどん来てヨットの中へ入り込み、ついには水槽のようになりました。これでは帆走不能。諦めて浮かべてハーバーまで海の上を運びました。陸へ上がると水船になっているのでめちゃくちゃ重い。 

 今日は強風と高波の洗礼を受け、あえなくリタイヤしました。昨日ですが石川県で」大学ヨット部員が強風でヨットが沈没。1人が亡くなられたとのニュースがありました。下手くそな年寄りは、強風の場合は「即リタイヤです」。備品の劣化もありました。ラダーを持ち帰り手入れすることにしました。
DSCN1266_R

 夏仕様からいきなり冬仕様になり、ついていけませんでした。体が覚えたので次回からなんとかなるでしょう。写真は出艇前に撮影しました。ばたばたしているばかりなので海の上での写真はありません。

 片付けして体を洗い、ヤッシーのアイスバー・マナマナで抹茶アイスを食べました。今日はヤッシーパークでは「ヤッシーの秋祭り」を開催していましたが、立ち寄る時間がありませんでした。

 また片付けしている時に家内から電話がありました。「体の調子が悪いので早く帰宅してほしい。スーパーへ買い物にも行ってほしい」とのことでした。普段は我慢強いひとなので大変とすぐ帰りました。

 どうも風邪気味らしい。昨夜の佐川町の「酒蔵ロード劇場」が寒かったようですので。我儘な超高齢者の介護も大変なので、いいつけどうりすぐに帰り、買いもに行き、両親のケアもしています。

DSCN1248_R

 情けない限りですが、季節外れの海水浴もしましたので、溜まっていた精神的な疲れが癒えました。やはり海はいいですね。

|

« 佐川町の「酒蔵ロード」は綺麗ですね | トップページ | 高知の名字について »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 久しぶりの海の散帆でしたが:

« 佐川町の「酒蔵ロード」は綺麗ですね | トップページ | 高知の名字について »