« 下知地区防災計画の全体像 | トップページ | ダブル介護状態に体も心も慣れていません »

2017.12.29

父の通院と母とランチと散歩


DSCN1972_R
 2017年12月29日の午前中は、父(98歳)の通院に行きました。相変わらず足はむくんでいます、一進一退です。点滴をして利尿剤をしました。

接触事故を起こしました。

 父(98歳)の植田医院からの帰路、宝永町の高橋米穀店前の信号を左折しようとしたところ、直進のバイクに接触してしましました。お互いスピードがでていなかったので、たいしたことないからと相手のSさんは言われましたが、警察へ連絡し現場検証していただきました。

 下知交番からM巡査が自転車でやってきて現場検証をしていただきました。聞きますと下知管区は事故多発地帯だそうです。

 前向いての事故は初めてでショックでした。保険屋に電話して対応していただきました。相手も真摯な人で、どうやら人身にも物損にもならずに終わりそうです。父を同乗させていたので、会社へ電話し息子に迎えに来てもらいました。やれやれです。

 急いでいたつもりはなかったのですが、死角であったんでしょう。お互い車もバイクも傷みませんでした。事故は嫌です。42年間無事故無違反ですがショックでした。

DSCN1978_R

DSCN1977_R
 午後からは母(92歳)の病院へ行き一緒のランチしました。食後に外出許可をいただき、散策。すぐに疲れるのでベンチで休み休みで歩きました。
DSCN1980_R
ちより公園のベンチ。国見さんところのベンチ。知寄町1丁目のバス停のベンチで休みました。高齢者は連続して歩けないですね。
DSCN1984_RDSCN1986_R

|

« 下知地区防災計画の全体像 | トップページ | ダブル介護状態に体も心も慣れていません »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11475/66213945

この記事へのトラックバック一覧です: 父の通院と母とランチと散歩:

« 下知地区防災計画の全体像 | トップページ | ダブル介護状態に体も心も慣れていません »