« スマホDEリレーの高知市での実証実験 | トップページ | 「世界史を創ったビジネスモデル」を読んで »

2018.01.07

2018年の初の海の散帆


DSCN2170_R
 2018年1月8日(日)は、家内の許可が出ましたので、母(92歳)の火傷治療に毛山病院へ行った後に、香南市夜須のハーバーへ行きました。今年は初めての海の散帆です。毛山病院は医師の診察もありその後水洗と処置でしたので時間がかかりました。ハーバーへ到着したら10時半過ぎていました。

 実は2018年1月3日にヤッシーパーク入口にある恵比寿堂に初詣に行った後に、夜須のハーバーへ行きました。風が私には強すぎて自分の技量では帆走できないと判断し出艇を取りやめたからです。今日は西高東低ではなく、移動性の高気圧に覆われますので、下手くそな「老人」でも海の散帆が出来ます。
 
 ドライスーツの手入れが間に合わず、ウェットスーツの上に合羽を羽織るという服装では寒いでしょうが、自分なりの安全対策はしました。

 海で癒されました
DSCN2172_R
 最近「ダブル介護」状態になりました。ストレスまみれです。1月3日も強風で海へ出れませんでしたが、潮風で癒されました。今日は実際に海へ出て帆走しました。やはりいいですね。なにがいいかというと海は大自然だし、同じ条件の海はありません。毎回状況が変ります。
DSCN2181_R
 今日は天気予報では穏やかな晴天と言う事でしたが、生憎のどん曇り。1月3日と対照的に風がとても弱い。微風です。眼鏡バンドを忘れましたので丁度でいた。それでも久しぶりの沖合から見る景色は格別。どん曇りは残念ですが仕方ありません。
 DSCN2174_R
  風や波を懸命に見ているので普段遠くを見ないので目の疲れが癒され、首や肩の凝りもほぐれます。適度な体幹トレーニングになっていると思います。今日は1時間程度の海の散帆でした。次はいつ来れるのかわかりません。

 来週末あたり母は退院できそうです。そうなれば「ダブル介護」状態は解消されますので、なんとかなりそうです。父(98歳)のむくみも解消されつつあります。
DSCN2196_R
 午後からヨット合宿をしている高校生や大学生たちが、私と入れ違いに海へ出艇していきました。今日はこの程度で大満足でした。フル充電させていただきました。

|

« スマホDEリレーの高知市での実証実験 | トップページ | 「世界史を創ったビジネスモデル」を読んで »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2018年の初の海の散帆:

« スマホDEリレーの高知市での実証実験 | トップページ | 「世界史を創ったビジネスモデル」を読んで »