« 国のテコ入れで事前対策をするしか低地の市民は救われない | トップページ | 五台山市民農園へ行きました »

2018.02.04

母と3人で父との面会

 2018年2月4日ですが、「インフルエンザが蔓延してますので、短時間での面会をお願いします。」とのことで日赤の病棟へ父(98歳)の見舞いに母(92歳)と家内と3人で行きました。
DSCN2664_R
「もう帰りたい。」と父ははっきりとした口調で言います。ICUに居たことより顔色も良く、意志をはっきりと表明できるようになりました。しかし嚥下のケアはしているようになく相変わらず鼻からの栄養補給です。たまらなく苦痛であると思います。
DSCN2661_R
 短時間の面会でした。週明けに担当医師ときちんと話してみます。

|

« 国のテコ入れで事前対策をするしか低地の市民は救われない | トップページ | 五台山市民農園へ行きました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11475/66356837

この記事へのトラックバック一覧です: 母と3人で父との面会:

« 国のテコ入れで事前対策をするしか低地の市民は救われない | トップページ | 五台山市民農園へ行きました »