« どん曇りの朝です | トップページ | 書くことが「自由」な発想を獲得するための手段だ »

2018.05.26

2週間ぶりの海の散帆


DSCN0309_R
 2週前の12日に父(98歳11月)は,海の散帆の最中に逝きました。前日まで元気で回復の兆しが出てきただけに見事な最期でした。今朝は早朝は五台山市民農園へ行き雑草引きの作業。朝食後は母(92歳)をディサービスの送迎に送り出し、家内の許可を得て夜須へ行きました。

 ハーバーへ着きますと高知大学ヨット部やジュニア・ヨットクラブが既にぎ装し、出艇中でした。慎重にぎ装し海へ出ました、どん曇りで風は弱く、うねりがあり帆走コンディションは良くありませんでした。それでも海へ出ると癒されます。
DSCN0318_R
DSCN0316_R
 午前中は「船酔い」気味になりました。ランチは訪のおむすびと卵焼きでした。少し風が出て来ましたので昼食後すぐに海へ出ました。しかしうねりも強くなり、ローリング気味になりました。快適な帆走ではありません。
DSCN0332_R
 1時間ぐらい頑張りましたが諦めて着艇しました。ハーバーでは海の駅クラブ事務局員さんが、試験用のドローン(無人機)のテスト飛行をしていました。なかなかコントロールはッ難しげでした。地上へ落下しても壊れないようです。
DSCN0341_R
 またヨットの修繕も依頼しました。穴が空いていて「水船」になるからです。修繕できれば軽くなれば最高です。片づけた後はアイスバー。マナマナへ行きました。今日は抹茶アイスを食べました。
DSCN0343_R
 お蔭で癒されました。父と家族に感謝です。

|

« どん曇りの朝です | トップページ | 書くことが「自由」な発想を獲得するための手段だ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2週間ぶりの海の散帆:

« どん曇りの朝です | トップページ | 書くことが「自由」な発想を獲得するための手段だ »