« 臼井さん考案の簡易浮体箱(その2) | トップページ | 6月2日の夜須の海 »

2018.06.03

津波避難訓練IN・夜須


DSCN0438_R
 2018年6月2日ですが、母(92歳)をディサービスへ送り出したらすぐに出るつもりが、メールで問い合わせがありました。処理して出たら夜須へ着いたら浜の掃除は終わっていました。

 津波からの避難訓練を、主に高知大学ヨット部とジュニア・ヨットクラブとでやると言うことで、海の駅クラブ2階デッキで井土コーチが概要を説明していました。

「香南市の防災無線は海でも良く聞こえる。また各人防水携帯を持つように。大学生は救命ボートには無線を必ず携帯すること。チャンネル合わせもしっかちとするように。」

「また大津波警報が出たら。デッキにこの吹流しを掲揚します。ただちに陸へ上がり高台や津波避難タワーに避難すること。」との説明がありました。
DSCN0441_R
 続いてヤッシーパーク内の津波避難タワーの確認に行きました。みんな元気者ですので走って行きました。老人はのろのろと歩いて行きました。海の上からこちらが近ければ避難することです。
DSCN0443_R
 風が弱い時は救命ボートで曳航する訓練もしないといけないですね。
DSCN0450_RDSCN0452_R

|

« 臼井さん考案の簡易浮体箱(その2) | トップページ | 6月2日の夜須の海 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11475/66787283

この記事へのトラックバック一覧です: 津波避難訓練IN・夜須:

« 臼井さん考案の簡易浮体箱(その2) | トップページ | 6月2日の夜須の海 »