« 閖上(閖上)復興便り49号 | トップページ | 生活習慣病予防検診・2018年 »

2018.06.09

史上最弱の日本代表でした。

日本VSスイス戦をTV観戦しました。

 2018年6月9日の午前2時からの試合をNHK総合が生中継します。FIFA(国際サッカー連盟)のランキングが61位の日本。スイスは8位。勝負にはならない筈。
 ただサッカーはラグビーと異なり、実力差があっても「まぐれ」でゴールが決まり、実力の劣っているチームが勝つ場合もあります。それに「期待」をしていますが、望みは薄いでしょう。いくら親善試合であると言っても本番前の「スパーリング」ですから。スイスとしては本番前の調整試合ですから主力組には怪我はしてほしくはない。若手にはチャンスを与えたいはずですから。ガチに来るはずです。
DSCN0553_R
  大口をたたいて自分のプレッシャーをかけている本田啓介選手が果たして欧州の強豪国に実力が通用するのか。それで今回のW杯の日本の実力がわかるでしょう。私は正直通用しないだろうと思いますが、4年に1度の世界大会ですので、草の根サッカーファンとしては、見ないといけない(つらいですが)試合です。
DSCN0557_R
 さて前半ですが、どうでしょうか。前半0-0で終われば日本にも多少の勝機があるでしょうが、先行されますと100%勝ち目はありません。やはり大島と長谷部のボールが狙われています。
 スイスは調整気味。大島へのマークが緩いので自由にボールに触れるが、本番はそうはいかないでしょう。前半41分に吉田がPKを献上。これで勝機は亡くなりました。簡単に決められました。0-1で前半終了。実力差から言えば善戦ではありますが、結局得点できないし、失点するのは弱い証拠。本田も宇佐美も原口も機能してません。大迫は孤軍奮闘してましたが、負傷で交代したのが気になりますね。「つぶれ役」でがんばってました。
DSCN0555_R
 さて後半はどうなるのか。このままずるずる行くのか、それとも追加点をとられるのか。又しても槙野が自陣近くでファール。FKは外れて助かりました。宇佐美のかわりに乾が投入されましたが、目立ちません。本田にかわり香川が入りました。目立った活躍はありませんでした。

 やはりスイスが追加点。0-2。攻めのまずさから切り返されサイドからの追加点でした。まあ実力どうりの結果ですね。日本のコーナーキックからの失点ですので仕方がないですね。見ていて疲れる試合でした。全く希望はないですね。のびしろのある選手もいませんし。終わりました。今回の日本のW杯。「夢も希望も」ありません。

 しかしこのスイスとブラジルが初戦で激突。見逃せない試合ですね。日本代表には期待が全く持てない寂しいW杯です。情けない。

|

« 閖上(閖上)復興便り49号 | トップページ | 生活習慣病予防検診・2018年 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11475/66810062

この記事へのトラックバック一覧です: 史上最弱の日本代表でした。:

« 閖上(閖上)復興便り49号 | トップページ | 生活習慣病予防検診・2018年 »