« 下知地区防災計画について 二葉町のこれからの実践 | トップページ | 老師の整体術で苦痛が半減 »

2018.10.17

西郷どんの高知での痕跡

 母(92歳)が通所しているデイ・サービス施設の近くにある東九反田公園。今はひなびた小規模公園ですが、その昔は開誠館があり、憲政記念館もあったようです。建物は取り壊され、小さな児童公園になっています。
開誠館跡。西郷。木戸・板垣
 明治の初めここにあった建物に、西郷隆盛と木戸孝允、板垣退助らが新政府の運営について話し合いをしたと石碑に書いてありました。それを偲ぶ、追体験する建物は既にありません。
西郷来訪
 大きな石造の憲政記念の碑もどうしてこの地にあるのかわかりません。高知県の観光業界は「幕末維新博」であるとか「明治150年」とか、まくし立てていますが、西郷どんが高知に足を踏み入れた場所が、あまりにあっさりと「石碑化」しているのは残念です。
憲政記念碑

|

« 下知地区防災計画について 二葉町のこれからの実践 | トップページ | 老師の整体術で苦痛が半減 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 西郷どんの高知での痕跡:

« 下知地区防災計画について 二葉町のこれからの実践 | トップページ | 老師の整体術で苦痛が半減 »