« 下知コミュニティセンター・運営委員会が開催されました。 | トップページ | 安田純平さんの解放なにより良かったです »

2018.10.26

はりまや橋サロンへ行きました

2018年10月26日(金)は、母(92歳)と一緒に、はりまや橋商店街へ行きました。お天気も晴天で清々しいので、歩行補助車を持参しました。商店街近くのコイン駐車場も空いていました。
DSCN0341_R
 まずは魚の棚商店街のコロッケ屋ひろっちゃんで、夕飯用のコロッケを購入しました。次に谷ひろ子さんのお店でチョコケーキと焼き菓子を買いました。
DSCN0344_R
 活き活き100歳体操の会場づくりを行いました。まだ時間がありましたので、谷ひろ子さんのお店でコーヒーとプリンを購入し、母と久しぶりにお茶をして一緒にプリンを食べました。
DSCN0347_R
 活き活き100歳体操は、今日は12人が参加していました。皆元気で頑張っています。体操へ出て来れる人達は、だいたい健康寿命を維持しています。母は認知症で介護3ですが、なんとか体操にはついて行っています。多分参加者の中で1番の古株になり最高齢者であるでしょうから。
DSCN0358_RDSCN0359_R
 中学時代の恩師の三浦光世先生が来てくれました。しばし雑談をしました。ご主人の良一さんが亡くなられて11年になるそうです。早いものですね。義理の甥にあたる黒岩さんのお話もしました。褒めておられました。お孫さんの話や、中学時代の同級生のM君の近況も教えてくれました。中学時代と言えばもう50年前の事。半世紀前の事ですね。1年次にビートルズの来日公演があり、3年次にメキシコ五輪でサッカーで銅メダル。2つの出来事は今でも覚えています。

 当時ガリ版(謄写版)で新聞をこしらえ発行していました。三浦先生に添削してもらっていました。ご主人にも作文のアドバイスをいただいていました。高校生時代の不安定時期(一種の疾風怒濤の時代)にご夫婦でお世話になりました。小市民になり、零細企業の経営者になり、親孝行の真似事が出来るのも、三浦さんご夫妻のご支援あればこそです。50年経過しても御恩は忘れません。

 母も元気で体操が終えて戻ることが出来ました。恩師がいることはありがたい事です。年寄り世代になってつくづくそう思います。

|

« 下知コミュニティセンター・運営委員会が開催されました。 | トップページ | 安田純平さんの解放なにより良かったです »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: はりまや橋サロンへ行きました:

« 下知コミュニティセンター・運営委員会が開催されました。 | トップページ | 安田純平さんの解放なにより良かったです »