« 市民の自助努力は「明日への希望」があればこそ | トップページ | 新年度のスタートですね »

2021.03.31

自分の体も自然の一部

 
 3月29日は午後から整体に行きました。実は先週の土曜日から1年1か月ぶりに本格的な腰痛になりました。家内が私の歩く姿を見て「歪んでいる。体が傾いて苦しそうに歩いている。」と指摘しました。毎日の立ち振る舞いを長い間見てくれていますので変化は敏感わかります。

 今回の腰痛の原因は心当たりがありません。土曜日の朝、リハビリ・ウォーキング(腰痛予防のための)に出かけようと起床し、寝床に座ると同時に腰痛が発生しました。気にせずに普段どうりに起きて歩いて、トイレへ行き手を洗い朝食を食べてリハビリ・うぉいーキングに行きました。そして母(95歳)送り出し、夜須へヨットに出かけました。ぎ装し、海の散帆を午前と午後に楽しみました。戻ると近所の町内会のお仲間と堀川の桜見物した後に居酒屋で懇親会をしました。

 日曜日は1日雨。朝から腰が痛くどうしようかと思いましたが、雨の中堀川を朝晩歩きました。そして大相撲中継で照ノ富士の優勝を見ました。月曜日も朝はいつものとうり、リハビリ・ウォーキングをしました。歩いて体が温まると腰痛は収まります。冷えると痛みます。

 午後から老師のお弟子さんの整体師のところへ行きました。診断は体の奥の部位8インナーマッスル)が一部ちじんでいますね。と指摘されました。痛みのある腰の部位には触れず、首肩や足の先などをほぐしていきます。そして腹式呼吸を習いました。すると痛みが治まります。施術後は体が軽くなり腰痛も半減しました。そして火曜日起床時には痛みは3分の1になりました。

 痛みが体の隅から抜けていく感覚がわかります。自分の体に敏感になりました。いいことです。

|

« 市民の自助努力は「明日への希望」があればこそ | トップページ | 新年度のスタートですね »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 市民の自助努力は「明日への希望」があればこそ | トップページ | 新年度のスタートですね »