高知シティFM「けんちゃんのどこでもコミュニティ」

2015.07.20

福島高明さんのご逝去を悼む

Fukusimall

 かつて高知青年会議所時代に一緒に活動し、一級建築設計士であり一級造園施工管理技士でもあった福島高明さんが、2015年7月19日にご逝去されました。高知青年会議所からのFAXで19日の夕方知り、20日の高知新聞朝刊の死亡広告で知りました。62歳でした。

 私と同じ1953年生まれですが1月生まれですので、学年は1学年上。知り合った当時は実家の婦人服衣料販売店を経営されていました。建築にも興味があるのか、1987年10月に建てた私の事務所兼自宅を「見学」に来られていました。

 翌年単身アメリカへ行かれ、2年ぐらい遊学されていました。帰国後難関の一級建築士の資格を取得、建築設計士で活躍されていました。わたしは青年会議所時代は、夜須をテーマにした事業(海洋連続セミナー)や、野外ロックコンサート、都市再開発セミナーや浦戸湾花火大会などを企画し、「高知JCの資金を使いまくった」とも言われていました。当時福島高明さんは「けんちゃん面白いことしゆう。頑張りや。」と励ましてくれました。
Ny

 また2004年に当時コミュニティFMで番組を制作していました。ゲストとして福島高明さんに出演いただいたことがあります。ランドスケープ・デザインと市民参加についても造詣が深く感心しました。そのやり取りの一部です。

私「もともと福島さんは服飾関係の店舗を経営していました。人が集まり、楽しく過ごす商いの原点はご存知であると思います。街が荒れないようにする工夫は商店街が元気になることであると思いますが。」

福島「これからは商店街の組織の中でも、デベロッパーをされている方、テナントの方も含めた本当の意味のコミュニティを形成するべきですね。
 組織の付き合いではなくて、テナントも積極的に関わりを持つべきだと思います。
 真剣にそのなかでまちづくりを考えるべきですね。」

私「郊外型大型量販店の発達の一方で、中心市街地が空洞化するという1970年代の米国のような状況の高知市です。しかし一方で少子高齢化が進んでいます。高齢者に大型量販店はなじみません。なにか商店街が元気になる方策はありますか?
 
福島「そうですね。商店主の努力も必要です。プロを養成しまして、ビジュアル・マーチャンダイジングも必要です。まだまだ学ぶ必要があります。
 消費者の観点からも使い分けが大事です。地域を安全にするためには地元の商店街で買い物することも大事です。地元ではこれを買う。食品スーパーではこれを買う、大型量販店ではこれを買う。と言う具合に使い分けをします。

私「障害者や高齢者に配慮したまちづくりはどうあるべきであると考えますか?建築家としてどう関わりを持たれますか?

福島「建築家が集まって考えるだけでなく、障害者や高齢者と交流して、意見交換するようなコミュニティを形成するべきでしょう。個々の障害に応じた対応を考えたらいいのです。」

 大変ノーマルな考え方をされていました。アメリカへ単身行ったり、中年間際で一級建築設計士になったり、一級造園施工管理技士になられたり、キャリアもこしらえました。
Haruno


Harunokenzan1


Pkan1


Warks1

 最近は耐震設計のみならず、耐震施工もされ。ご多忙と聞いていました。

 お通夜でお兄様の明さんに聞きますと、「間質性肺炎という難病で亡くなりました。仕事が忙しく、亡くなる1週間前まで仕事していましました。だれも亡くなるとは思っていませんでした。」とのことです。

 間質性肺炎は難病です。調べますと「その病態から、呼吸困難や呼吸不全が主体となる(息を吸っても吸った感じがせず、常に息苦しい)。また、肺の持続的な刺激により咳がみられ、それは痰を伴わない乾性咳嗽である(痰は気管支や肺胞の炎症で分泌されるため)。肺線維症に進行すると咳などによって肺が破れて呼吸困難や呼吸不全となり、それを引きがねとして心不全を起こし、やがて死に至ることもある。」とのことです。

 喪主の息子さんの挨拶で「父は2月頃から咳ををして、病院へいきましたが、2つの病院でインフルエンザという診断でした。7月8日により体調が悪くなりました。その時間質性肺炎と診断され、治療の甲斐なく19日に亡くなりました。」と言われました。

 。
 仕事も忙しく、さぞかし無念であったと思います。その想いは設計士で後を継がれる息子さんに継承されていかれることでしょう。

 福島高明さんは同年齢でユニークな人柄だっただけに、心よりご逝去を悼みます

 (写真は2004年当時の写真です。福島高明さんから提供いただいた写真です。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.12.16

城下秀二さんのご逝去を悼む

 訃報はMLやFBで知りました。奥様から「葬儀は身内だけでやりたいので、どうか12月15日のおびさんマルシェへ出かけてください。」とのメッセージも拝見しました。それで歩いておびさんマルシェへ行きました。

 おびさんマルシェの実行委員長の大西みちるさんに会いました。なにか寄せ書きをと言われました。大石宗さんが書かれた後にわたしも書かせていただきました。
Sirositayosegakiom_r_2

 9年前の2004年位に、当時私が地元コミュニティFM局でやっていた番組「けんちゃんのどこでもコミュに二ティ」に出演いただきました。

http://www.nc-21.co.jp/dokodemo/gesuto6/shiroshita.html

Shiroshitall


 城下さんは川でのカヌーだけででなく、海でのカヌーもやっていましたので、ちょうど夜須でNPO法人YASU海の駅クラブの立ち上げ期でしたので、接触機会があった頃でした。
Niyodkanu1

 城下秀二さんは多様な市民活動家でした。環境保護団体の事務局長。仁淀川お宝探偵団の世話役。カヌー体験の案内人。演劇人であり、紙芝居の親父でした。子供さんの中学のPTAの役員も当時されていました。みませ祭りも実施し、みませ干物屋として展開しようとされておられました。
Taiken1

 寒くなったのでそろそろ干物のシーズンだ。おびさんマルシェへ出てくるかなと思っていました。今回の訃報に関し残念な想いです。

 おびさんマルシェでも多くの人たちが寄せ書きをされていました。心からお悔やみ申し上げます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.12.15

師走のおびさんマルシェ

 今日はお昼前に父がゴルフの練習後に少し調子悪そうにしていましたので、出掛ける時間帯が遅くなりました。それで大川村から高知市大橋通り商店街で大川村物産品を販売している近藤京子さんところへ行きましたが、時すでに遅しで片付け中でした。

 大川村のサポーターである北村哲郎さんに「朝来ないといけないよ」と言われました。毎月第3週の午前9時過ぎから売り切れるまでだそうなので、次回はなるべく昼前に駆けつけます。

 さて今日は「おびさんマルシェ」です。夜は「星空マルシェ」もありますが、主催者の大西みちるさん他11月に続き大変でございました。今日は出店も多く賑わっておりました。
Om1_r


Om2_r


Om3_r


Om4_r


Om5_r


Om6_r

 おびさんマルシェは原則オリジナルの手作り作品が多く、今日高知市中央公園でやっていたフリーマーケットとは趣が異なります。
Om7_r


Om8_r


Om9_r


Om10_r

 大石宗さんに会いました。高知だけJのプロサッカー・チームがないのが寂しいですね。なんとかしたいですね。とお話しました。徳島は盛り上がってますからね。香川もです。
Ooisisyou_r

 大西みちるさんに会いました。
Omoonisim_r

 おびさんマルシェにも流木工房やみませ干物屋で出店されていた城下秀二さんを市の偲んで寄せ書きをされているので、けんちゃんからもと言われ、わたしも書かせていただきました。
Sirositayosegakiom_r

 仁淀川お宝探偵団や、カヌーの案内人。演劇サークル、紙芝居親父。みませ干物屋。環境保護団体事務局長などと引き出しの多い人でした。10年ほど前に私が当時やっていた地元コミュニティFM番組にゲストで出演いただいたこともありました。

 今日のおびさんマルシェはキャンドル・ナイトや音楽演奏、映画会もあるようです。寒い中頑張っています。
Omkyandoruiensoueigakai_r

 おびさんマルシェの行われているおびさんロード沿いの堀詰に叔母の店である水谷龍文堂があります。画材やオリジナル額縁の専門店。叔母は嫁いで60年。ベテラン店員さんは勤続40年。画材はネットなんかで購入せず、ベテランのいるお店で購入しましょう。
Mizutaniryuubundou_r


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.04.24

 文栄玉さんのご冥福をお祈りします。

 今朝西やん(西田政雄さん)から電話がありました。
「黄英信さんの奥様が急逝されました。ご葬儀は風水晶で午前11時からです。」とのことでした。驚きました。

 黄英信さんは、朝鮮総聯合会高知県本部委員長で、以前高知シティFMで「けんちゃんのどこでもコミュニティ」をやっていた時に出演いただきました。日本と朝鮮とのかかわり、高知県とのかかわりなどをお話いただいたことがありました。2004年10月のことでした。 もう9年前のことです。

 自宅がご近所ですので、奥様手作りのキムチをいただいたこともありました。奥様はお元気な様子でしたが、脳血管障害で急逝されたと葬儀に参列した知人に聞きました。

 最近黄英信さんは体調を崩され入院されていると西やんから聞いていました。葬儀場入口付近におりますと、タクシーで車椅子で来られました。ご挨拶をしました。1月に近所のスーパーでお会いした時はお元気でしたが。

 葬儀は地元新聞に死亡広告を出していませんでしたが、大勢の人たちが参列されていました。葬儀形式は仏式でした。真言宗の僧侶が読経していました。生花は朝鮮総聯関係や朝鮮学校や企業や労組関係者が多かったようでした。参列者も組織の関係者が大半。私や西田政雄さんような黄英信さんの個人的な知り合いでの参列者は珍しかったと思います。

 僧侶の読経とハングルでの弔電披露、日本語での弔電披露が行われました。参列者の焼香後ご長男の黄萬秀さんがご挨拶されました。日本語とハングルでのスピーチでした。国際的なご葬儀でした。 

 現在日本と北朝鮮は国交がなく、また拉致問題やミサイル発射問題で難しい関係になっています。でも葬儀を眺めていまして、高知の地域社会に深く根を下ろし交流を深められておられると思いました。在日の皆様が「架け橋」となり、今すぐは無理でしょうが、日本と朝鮮半島の両国が近い将来に善隣友好関係になれば良いとは思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.06.22

清藤真司さんは香南市長になる?

Kiyotoukounansityou


 1ヶ月ほど前にご自身の選挙資金の使途不明金が表面化した仙頭前香南市長が突然辞職され、香南市議会もそれを承認しました。前市長も潔いといえばそうですが、一切の釈明も行わず、市長を辞めてしまいました。

 それで7月8日公示、15日投票で,香南市長選挙が行われるようです。現在のところ2人が立候補されるとのことです。

 清藤真司さんは、香南市選挙区選出の前県会議員。町村合併前は夜須町長もされています。その前は国家議員の公設秘書も8年間歴任しており、政治的経歴は豊富ですね。

 高知県知事の尾﨑正直氏も、清藤真司さんを全面的に信頼しているようです。知事の選挙の折は事務局長を清藤氏は勤め、県政・地域の水先案内人を自認されておりました。

 チラシにあるように「住民自治」を本気で実行するのであれば、それは大変結構なことであるとは思います。

 以前高知シティFMで自分の番組をしていたときに夜須町長時代の清藤真司さんに出演いただいたことがありました。

 自分の言葉で、地域(当時は夜須町)のまちづくりについて淡々と話してくれました。

http://www.nc-21.co.jp/dokodemo/gesuto6/kiyotou.html

 2003年12月のことでしたから、もう9年も前のことです。

 NPO法人YASU海の駅クラブで副理事長をされておられます。私も理事なので、理事会ではご一緒しています。発言その他では自然体の人です。

 香南市は人口3万4千人の市。活力のある都市です。また南海地震では大津波の被害を市の南部では受けるだろうと想定されています。

 市街地の高台移転を推進するために「立体換地」の研究もされ、2月定例県議会でも独自の見解を公表されていました。

 清藤真司さんの動向は気になります。私には投票権はありません。27年前から毎週休日たびに香南市夜須でセーリングをしに行っていますので、なんだか他人事とは思えません。かれこれ1350回も夜須へ行っていますからね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.01.24

安岡正博さんの志は永遠に伝承されます

 毎週金曜日にわたしは母(86歳)と一緒にはりまや橋商店街へ行っております。はりまや橋金曜露店市とともに、活き活き100歳体操(介護予防体操)が、広場で開催されるからです。もう5年は通っています。
 
 先週布工房めろでぃのオーナーである桑名真紀さんから、はりまや橋商店街近辺のフリー・ペーパー誌「はりまやSTORY 」(製作発行・アトリエよくばりリス)をいただきました。

 その紙面の2面に昨年11月17日に、はりまや橋商店街で開催しました「安岡正博さんを偲ぶ会・ポーラさんを励ます会」の様子が掲載されていました。編集発行人である松田雅子さんの許可を得ましたので、画像を転載させていただきます。

 参考ブログ記事「安岡正博さんを励ます会。ポーラさんを励ます会が開催されました。」

 「安岡正博さんのご逝去を悼む

 はりまやSTORYでは、11月17日の偲ぶ会の様子が詳しく掲載されています。本当に懐かしいメンバーが集まっていただきました。当日は懇親会場である「大衆食堂 よし乃」でしました。参加者の思いは熱く、話しは尽きることなく続きました。お店のビールサーバーも空になり、焼酎もなくなったところでお開きになったのです。
Yasuokaharimaya121
Yasuokapora2


 また「はりまやSTORY]には、その1週間後の11月24日に同じよし乃にて、17日のスタッフ慰労会も行なわれました。画像にあるように美味しい手料理をいただきました。

 このはりまやSTORYを見て、安岡正博さんの熱い想いが蘇ります。わたしたちの手で高知を面白く熱いまちにしなければならないと思います。

 安岡正博さんの奥様のポーラさんからお礼状をいただきました。
Poraoreicard

 2004年2月に当時わたしがやっていた番組「けんちゃんのどこでもコミュニティ」に安岡正博さんがゲスト出演していただきました。安岡さんの熱い想いと「おまんらしっかりせんといかん」という叱責を思い出します。

 ゲストは 安岡正博さんです 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.07.31

松尾徹人さんのご冥福をお祈りします

Matsuoll
 前高知市長であった松尾徹人さんが、ご逝去されました。64歳でした。まだまだこれからの人生であると思っていましたが、病に倒れ、帰らぬ人となりました。

 松尾徹人さんは、元自治省(現総務省)のキャリア官僚であり、2度にわたり高知県庁に出向され、高知を気に入られ、転勤の際もご家族を高知へ残して単身赴任するという人した。

 1994年に県内の有志からお声がかかり、高知市長選挙に挑戦されました。私は当時高知青年会議所時代の事業(都市再開発セミナー・市政徹底討論会)で大変お世話になりました鍋島康夫さん(元高知新聞社論説委員)と懇意になっていました。

 鍋島康夫さんが高知新聞社を退職され、高知市長選挙に挑戦するにおよび、私は高知JC卒業の直後1年間余り鍋島さんの陣営で活動していました。結果は鍋島さんは敗れ。松尾徹人さんが当選されました。チームが異なり当時から松尾さんを観察していましたが、松尾さんは真摯な人柄で、謙虚であり心底高知が好きな人であり、市長時代は「龍馬市長」になりきっていました。

 一度高知駅前から、高知市神田の和霊神社まで、一緒に歩いて話をしたことがありました。それは坂本龍馬に関するイベントでした、。松尾徹人さんは、坂本龍馬の格好をし、着物を着て歩きました。
Ryouma4_2

 坂本龍馬への思いについて

 また高知シティFMで「けんちゃんのどこでもコミュニティ」という番組をやっていた頃に、ゲスト出演していただきました。「政治の話以外でお話をしたい」ということで、気さくに、真摯に話していただきました。
Ctyfm762

 ゲストは松尾徹人さん 

 2003年と2004年の当時の高知県知事であった橋本大二郎さんと県知事選挙を戦い、2度とも破れてしまいました。その後は三翠園という高知の老舗ホテルの社長をされておられました。病に倒れ64歳という若さでご逝去されました。
Harimaya

 本当に高知が好きだった松尾徹人さん。心よりご冥福をお祈り申し上げます。

 歴史にもしもはありませんが、松尾徹人さんが橋本大二郎さんが知事選挙を争わず、橋本さんが県知事を松尾さんに「禅譲され」、松尾さんの支援も得て国政に転進し衆議院議員になっていれば、高知の歴史も変わっていたでしょうに。

 今にして思えば、橋本VS松尾の「総力戦」の意味はなんであったのかわかりません。松尾さんはご逝去され、橋本さんは総選挙に敗北後、さっさと高知を去りました。今や橋本さんの痕跡もなにも高知にはありません。

 高知県民は、橋本大二郎さんも松尾徹人さんを三顧の例で迎えました。人生の大きな選択を強いて、高知県に誘致しました。しかしながら御両人とも1人は志半ばでご逝去され、1人は高知県を去りました。県民としてとても残念であります。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.03.11

高知シティFM開局から10年目

 Kenchantop031230

 このブログのタイトルの一部にもなっている「けんちゃんの吠えるウォッチング」が高知シティFMの朝の番組(月曜から金曜午前8時15分から30分)で始まったのが、10年前の2000年の4月2日からでした。

 今頃の3月は、番組の打ち合わせや、事前収録をしていました。こちらは駄文は書くことには苦痛はなくても、しゃべるのは苦手。「吠えるウォッチング」の最初のお相手は池玲香さん。前月までNHKのパーソナリティをされていた人。アナウンス教育を受けてきた人ですのでプロでした。

 「けんちゃん話し方が悪い。声が小さいのでやり直し。」と厳しい指導が。このまま指導を受けていれば、放送用の話し言葉は向上していたかもしれません。しかし池さんは激務がたたったか(番組の持ち時間が朝の7時半から9時半まで。取材や編集をいれれば働き詰め)1ヶ月で降板、退社されました。

Kenchanharuna


 1ヶ月で番組打ち切りかと思いきや、5月からお相手が、同年3月に高知女子大学を卒業されたばかりの細井春菜さんでした。うちの子供と年が変わらない若い人。親子の会話となりました。いろんな社会ネタを考えて対話する番組にしました。社会現象やアートのことや音楽情報は当然こちらがわからないので、細井さんに解説していただき、中高年親父と、若い女性の「ミスマッチ」番組として、2003年3月末まで継続しました。

 番組裏話参考

 その後「けんちゃんのどこでもコミュニティ」が2003年4月から2006年3月まで継続。2006年4月からは、流行のブログの可能性をとらえた番組「けんちゃんのどこでもブログ」を2006年4月から2008年3月までやりました。2008年4月から、新しくまちづくりを実践されているひとをゲストに招いてお話を聞く番組「けんちゃんの今すぐ実行まちづくり」をしました。しかし高知シティFMの事情で2008年11月で番組は打ち切りになりました。
 2000年3月から関わりがありましたから、8年と11ヶ月、ほぼ9年間関わりがありました。

  どこでもコミュニティのゲスト一覧です。

 現在は全く関わりがなくなりました。今頃になるともう10年かと懐かしく思います。

 番組出演者交流会は正真正銘の異業種交流会でありました。

 わたしは自己主張が強く、若い頃は他人の話しを聞くのが苦手でした。でも番組をやらせていただくことで、立場や考え方の異なるひとの話しを聞くことが多くなり、それがとても面白く、高知は田舎でダメだダメだと言われていアm菅、「人材の宝庫」であると確信を持つようになりました。

 また話しぱなしではもったいない。という気持ちが強くなり、番組内容を放送終了後にホームページとして残そうと「無謀な計画」の実行もしました。いろんな各層の立場のひと達の主張を理解することが出来ると思います。

 これは私の私見は質問だけにとどめ、対談相手が話した内容を収録テープから起こして、忠実に再現してホームページに記録しています。一部はネットラジオにもしてあります。
Cm762


 今は懐かしい高知シティFMです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.12.14

高野光二郎さんが参議院候補者に

  自民党県連は来年の参議院選挙に、県議の高野光二郎さんを選出しました。予備選挙を行い党内手続きを行い機関決定されたようです。長年自民党にて参議院議員をされ、2007年の参議院選挙で落選された田村公平さんは予備選挙へエントリーせず「失格」となったようです。

 高野光二郎さんは、「けんちゃんのどこでもコミュニティ」の始まった当初、2003年に出演いただきました。当時20代の若手政治家ということで、直接面識はありませんでしたが、出演を打診し、話を聞きました。

Takano2
 長年河野洋平氏(前衆議院議長)の私設秘書をされており、若い頃から政治に志を持たれていた事。独特の政治感覚を持たれているひとであると思いました。

 2010年の参議院選挙高知選挙区では、現職は広田一さん(民主党)。共産党は春名なおあきさんが名乗りを上げています。田村公平さんは無所属で出馬の予定。8月に政権交代した民主党政権の行方を占うにも大事な国政選挙です。

 高知県内の政治動向もまた大事です。強固な地方組織を持っている自民党県連は分裂気味になるのか、そうならないのか。組織的に脆弱な民主党県連は議席を守れるのか。そのあたりも注目です。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009.11.19

高知シティFMと無縁になってから1年

 1年前の今日に8年8ヶ月お付き合いのあった高知シティFMと無縁になりました。最後の収録が行われてもう1年経過しました。高知シティFMとは全く今は関わりがありませんし、関心もありません。1年前の投稿分を再現しました。

「ありがとう高知シティFM」(2008年11月19日投稿)

 11月19日の午後7時から、高知シティFMでの私の番組の最後の収録が行われました。2000年の4月にスタートして以来(収録は3月から)、8年9ヶ月も高知シティFMでの番組を制作し、出演し、個人のホームページやブログなどでまとめてきました。

 「どこでもパーソナリティズ最終出演は、高知シティFMにて11月24日から27日の午前8時から30分の時間帯で放送されます。是非聞いてください。)
Saigofm

 単なる高知市の1市民でありながら情報発信の機会を与えていただいた高知シティFMには感謝です。思えば2000年からの1年間は放送原稿の作成はポータブル・ワープロでしていました。当時はパソコンが使えませんでした。

(原稿はダンボール箱にびっしりと入っています。)
Fmgenkou

 私自身も番組が1年を超えて継続するとは思いませんでした。放送は「1瞬のうちに消え去る」ので、なんとか記録に残したいと言う思いで、懸命にパソコンを習い、ホームぺージの作成を習い、ようやくマスターし、番組対応ホームページをこしらえました。

 けんちゃんの吠えるウォッチング

 局側のパーソナリティさんが夕方の番組に移動したため、番組内容を変更し、2003年4月から「けんちゃんのどこでもコミュニティ」として始めました。この番組は「前向きに活動している人」をスタジオにお招きし、私が聞き手になって、その人たちの世界を大いに話していただくという番組でした。

 ホームページ作成に自信がついたことでしたので、またまた今思えば「無謀で大変な作業」をしました。水曜日に収録したゲストの収録テープを(1週5回分)を自宅に持ち帰り、就労後と休日に「テープ起こし」作業を行い、自分のホームページを作成しました。
 いろんな立場のゲストの皆様に出演いただきました。

 作業は大変で収録テープを聞いてテキストファイルにする作業時間がだいたい5回分で約5~6時間。ホームページに仕上げる時間が約3時間かかりました。月曜日夕方には次の週の収録予定者に質問・やりとり表を送付します。次の週の水曜日には次のゲストの収録があります。(そのあたりの悪戦苦闘ぶりも今は懐かしい日々でした。)

 ホームページ作成の「錯乱」

雛形づくりも結構大変

 その作業(番組対応サイトづくり)は3年間やりました。今思えば「クレージーな3年間」であったと思います。さすがに6年間も週5日番組作成に疲れがでましたので、大西みちるさんと笹岡和泉さんという各方面の市民活動をされている若手に「けんちゃん番組枠」を譲りました。

 MCが若返り独自の番組を制作され大好評でした。2006年3月末で私としては「引退」する予定でしたが、金曜日枠が残りました。週に1回番組で2年間「けんちゃんのどこでもブログ」という番組を制作し、出演させていただきました。

 大西みちるさんの後継でとみやましおりさんが番組を引き継がれ、好評でした。

 しかしながら番組編成がありまして高知シティFMから朝の番組放送枠がなくなりました。それで大西みちるさん、笹岡和泉さん、とみやましおりさん、と私ことけんちゃんが4人で朝の番組枠担当者で最後の収録をした次第です。

 始まりがあれば終わりがある。高知シティFMでの番組制作と出演は私の「生活の1部」でした。世間が広くなり、いろんな人を知り、またパソコンも取得できました。本当に高知シティFMの関係者の皆様、出演者の皆様、リスナーの皆様、ホームページやブログの読者の皆様ありがとうございました。

 番組のおかげで普通は考えられない広い範囲のいろんな分野のネットワークが広がりました。

 新しい出来事、ニュース,トピックス、連絡事項を掲載します。
08matidukurishinpo

2008年9月7日には高知青年会議所主催の「まちづくりシンポジウム」に高知県知事、高知市長と一緒にパネラーで出席しました。そのときの私の肩書きは「高知シティFMけんちゃんの今すぐ実行まちづくり」です。今はもう懐かしいだけです。

 8年8ヶ月させていただきましたラジオ番組での情報発信は終了いたしましたが、今後は市井の1市民として様々な形で情報発信をしていこうと思います。
4ninkonshinkai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

07高知県知事選挙 | 2008年衆議院選挙関連 | 2009年衆議院選挙関係 | 2012年衆議院選挙関係 | 2012年車椅子で行く高知の観光施設 | 2013年参議院選挙関係 | 2014年東京都知事選挙 | 2015年雨漏り修繕工事 | 2015雨漏り・外壁補修工事 | blogによる自由民権運動 | blogの伝道師・blogの鬼 | bousai_ | Eコマース・スキルアップ講座 | koutikengikaigin | NPO法人高知減災ネットワーク会議 | お花見遊覧船 | けんちゃんの今すぐ実行まちづくり | けんちゃん1人weblog | はりまや橋サロン | まちづくり | アニメ・コミック | イラク派兵問題 | ウェブログ・ココログ関連 | エアーボート 救命艇 | ゴーヤ栽培日誌 | サッカー | スポーツ | スポーツのありかた | タウンモビリティ・ステーションふくねこ | チベット問題 | ニュース | バリヤフリー | パソコン・インターネット | ホームページによる交流 | メディアリテラシー | ヨット関係 | 三好市との交流事業 | 下知地域内連携協議会 | 中国四川大地震 | 二葉町町内会の動き | 二葉町自主防災会 | 井原勝介さん講演会 | 交通事故防止対策 | 人繋がりネットワーク | 仁淀川町と二葉町との交流 | 今治市防災士会・連合自治防災部会との交流会 | 今野清喜さん講演会 | 仙波敏郎さん講演会 | 伊野町問題 | 健康・体の問題 | 健康問題 | 入野敏郎さんみかん園 | 公共交通問題 | 公共財のありかた | 内閣府地区防災フォーラム2016年仙台 | 内閣府地区防災計画 | 前田康博さん講演会 | 南海地震対策 | 南海地震特別税 | 原子力政策 | 原発と核のゴミ処理場アンケート | 原発災害 | 叔母・車椅子来高・2014・10・18 | 司馬遼太郎氏の帝国主義論 | 吉本隆明氏・追悼文 | 品川正治さん講演会関係 | 国政問題 | 国際問題 | 土佐電鉄ーごめん・なはり線 | 地方の公共交通 | 坂本龍馬像建立運動 | 夜須町関係 | 大学問題 | 天木直人さん講演会関係 | 宇田川知人さん出演番組 | 安田純平さんを高知へ招く会関係 | 少子化問題 | 岡林信康コンサート | 島本茂雄さん・中平崇士さん出演 | 巨大地震・津波対策用高強度発泡樹脂浮力体 | 市民参加のありかた | 平和・反核・護憲の社会運動 | 平和問題 | 建築物 | 感染症対策 | 憲法問題 | 戦争を知らない子供たちへの映画会」 | 戦争法案反対運動 | 排泄ケア(排尿・排便)の重要性 | 携帯・デジカメ | 政治のありかた | 政治評論 | 教育問題 | 新しいメディアの創出 | 新型インフルエンザ対策 | 新堀川市民大学 | 新堀川生態系保護問題 | 日誌風の感想 | 映画「六ヶ所村ラプソディー」 | 映画・テレビ | 昭和南海地震の記録 | 昭和小学校防災学習 | 書籍・雑誌 | 有機農業の支援 | 朝鮮半島問題 | 木質バイオマス地域循環システム | 村上肇氏BtoBセミナー | 東京近辺見聞録2013年 | 東京近辺見聞録2014年(1) | 東京近辺見聞録2015年 | 東京近郊見聞録2010 | 東京近郊見聞録2011年 | 東京近郊見聞録2012年 | 東北被災地ツアー2015年 | 東北被災地交流ツアー2005 | 東日本大震災の被災者の皆様との交流事業 | 東洋町サポーターズクラブ | 橋本大二郎さん出演番組 | 橋本県政16年の検証 | 橋本県政16年の総括 | 歩いて見る高知市 | 歴史の宝庫新堀川 | 歴史問題 | 死生観・終末観 | 沖縄ー高知の交流 | 沖縄基地問題 | 沢山保太郎東洋町長出演 | 津波避難施設について | 漫画文化 | 環境問題 | 田辺浩三さん映画会(小夏の映画会) | 社会問題一般 | 社会思想問題 | 社会運動 | 神戸市長田区鷹取との交流 | 神戸市長田区鷹取東地域との交流 | 福井照 | 福井照さん出演番組 | 福祉の問題 | 空のあんちくしょう | 経済・政治・国際 | 経済問題 | 耐震偽装問題 | 自然エネルギーの活用 | 自衛隊の救助訓練 | 芸能・アイドル | 芸術・文化 | 若者支援事業 | 蓄光塗料 | 西村吉正・春子服薬・食事情報 | 認知症症候群について | 認知症重度化予防実践塾 | 趣味 | 路上詩人はまじさん | 連合赤軍と新自由主義の総括 | 都市再開発 | 都市論 | 錆を防ぐさびのある話 | 阪神大震災20年慰霊と交流 | 防災問題 | 防災対策 | 防衛問題 | 音楽 | 高レベル廃棄物問題 | 高知の根源・由来を考える | 高知の観光 | 高知シティFM | 高知シティFM「けんちゃんのどこでもコミュニティ」 | 高知シティFMけんちゃんのどこでもブログ | 高知シティFM最終収録 | 高知大学防災すけっと隊 | 高知学研究所 | 高知市地域コミュニティ推進課 | 高知市政問題 | 高知市長との意見交換会・資料2015年 | 高知県政ぷらっとこうち問題 | 高知県政問題 | 高知県民マニュフェスト大会 | 高知県物産公社構想 | 高知県議会立候補者への公開質問状 | 高知蛍プロジェクト | 鵜の目鷹の目 | 2006年白バイ・スクールバス衝突事件 | 2010年参議院選挙 | 2014年東京・横浜出張 | 2014年衆議院選挙関連 | 2015年叔母北海道より車椅子の旅・高知 | 2015年県議選・市議選