安田純平さんを高知へ招く会関係

2010.03.23

イラク戦争から7年目

 一体「イラク戦争」というのはなんだったんでしょうか?3月20日にアメリカが仕掛けたイラク戦争から7年が経過しました。

Madamano_3_thumb_1_2


 2001年の世界貿易センタービルへの旅客機突入のテロへの報復と名目はされています。イラクの独裁者フセインを打倒するためにアメリカのブッシュ大統領が仕掛けました。

 圧倒的な軍事力でイラク軍を圧倒、まもなくフセイン政権は打倒され、隠れていたフセイン大統領も捕縛され、イラクの軍事法廷で処刑されました。

 2004年にはアメリカ追随政策を強硬に推進した小泉純一郎首相(当時)が、強引に自衛隊をイラク南部に派兵しました。その結果営々と築いていたアラブや中東地域のイスラムの人達と日本の信頼を崩壊させてしましました。とても損失は大きいです。

 自衛隊をアメリカの意向だけでイラクに派兵したことにより、イラクで孤児支援の活動を続けられていた高遠菜穂子さんたちや、ふりージャーナリスト安田純平さん達が、イラクの地元武装勢力(自警団のような存在)の人達に拘束される事件が起こりました。

 高遠菜穂子さん講演会へ行きました。(2005年11月11日)

 安田順平さん講演会関係のサイト掲載

http://www.nc-21.co.jp/dokodemo/gesuto6/yasuda.html

http://www.nc-21.co.jp/dokodemo/gesuto6/y-koenkai2005.html

http://www.nc-21.co.jp/dokodemo/gesuto6/yasuda-tokuban2005.html

 つくづく今振り返ってみましても、日本のイラクへの派兵は間違っていました。アメリカのご機嫌を採っただけで、失うものがあまりに多かったです。
Yasudakouenkai2


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.01.11

中東では米英両国が諸悪の根源

Irakumap

 そもそも第1次大戦の頃にトルコとドイツが中東へ進出することを阻止する目的で、パレスチナ人と、ユダヤ人双方に2重に約束したイギリス。アラビアのロレンスさんも英国帝国主義のスパイだったのでしょう。

 イラクも、エジプトも、イランも、アフガニスタンもエジプトもパレスチナも全部イギリスの植民地。インドもそう。

 イギリスが衰えると変わりに勢力を伸ばしたのがアメリカ。主に石油利権でのさばっている。

「テロ対策」とか声高に自衛隊を派兵しないと国際貢献ができないという人がいますが、テロ原因をこしらえ、この地域の市民を抑圧搾取していたのは米英両国でした。

 日本はくれぐれもこの地域では米英両国に追随してはいけないと思います。

 2人の識者が的確な指摘をしています。

 参考記事 安田純平さん講演会

      天木直人さん講演会

A2_r

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.08.27

アフガンに自衛隊を派兵してはいけない

 一時期政府はアフガンに自衛隊を派兵すると表明した。アメリカの意向で。そうなれば今現地の武装グループに拘留されているNGO活動をされていた伊藤和也さんはどうなるのか。
 現地の日本大使館は事態の把握さえ十分にしていない有様ですし。

 アフガン邦人拉致:外務省の情報、混乱 独自の確認ルートなく(毎日新聞)

 政府関係者さえ情報のない地域へ、日本人として現地に溶け込み、農業技術の普及をしていた伊藤和也さん。こういう人達が世界各地にたくさんおられます。

 すぐに国際貢献だといって自衛隊を派兵したがる政治家はその前に自分が現地へ行って確認ぐらいすべきでしょう。

 NGOの真摯な人達の活動は現地でも評価されていると思います。アメリカへの必要以上の肩入れと追随は、こうしたNGOの人たちを危険にさらすことになります。そのあたりについては同様の発言は安田純平さん(フリージャーナリスト)も発言されておられました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.03.20

軍事力で平和は構築できない

Iraku_thumb_r

 うかつでしたが今日がイラク戦争が開戦された日でした。5年前のことでした。圧倒的な軍事力で米英軍はイラクを攻撃し、フセイン政権を打倒しました。ほどなく潜伏中のフセイン大統領を逮捕。イラクはアメリカの予測では平和に民主化される予定でした・・。

 しかし5年経過しても14万人の米軍が張り付いています。宗派間の対立と軍事衝突。クルド住民の離反。隣国の介入。テロと軍事衝突は沈静化しません。

 アメリカ大統領選挙では、民主党の2人の有力候補者ははっきりとイラクからの撤退を主張。共和党候補者は米軍の駐留継続を主張しています。
 5年経過して開戦時レベノン大使であった天木直人さんが言われていました「軍事力で平和は構築されない」というのは本当であったと思います。

 この5年間市民グループ「サロン金曜日」はイラク戦争に反対する立場で、フリージャーナリスト安田純平氏、元レベノン大使天木直人氏、経済同友会名誉監事の品川正治氏を高知市に招聘し講演会を開催してきました。代表の松尾美絵さんの頑張りには頭が下がりますね
 今一度この5年間を振り返り日本が進むべき道をはっきりと平和に舵をきるべきでしょう。(いずれもホームページとWEBラジオにしてあります。)
Yasudasetumei

 安田純平さんイラク現地報告会)

 
 安田純平さん講演会 
Shinagawakouenakai


 品川正治さん講演会について
 
 天木直人さん講演会が開催されました。
Amakikouenkai
 アメリカのブッシュ大統領は「イラク戦争は正しかった」と強弁しています。

 ブッシュ大統領支持率が31%と最悪に、イラク戦争後(CNN)

 アメリカの国論は2分されています。次期大統領にとってイラク問題解決は重要です。攻めるより撤退するほうが難しいのは兵法です。アメリカにはもはや「名誉ある撤退」はありえないでしょうし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.11.29

危機感の表れでしょう

 26日の安田純平さん講演会は、沢山の人が来場していただきました。主催者は昼間の業務時間帯は殆ど動けない中高年グループ。私も年末対策を含めまったく動けませんでした。
 いろんな人たちや、団体関係者の皆様が声がけいただいて、220人の人達が来ていただいたものと思います。

kouennkai11


 もっと動いていたら、もっときて頂いたとも思います。このことは安田純平さんご自身も驚いていました。「参加費用の1000円を負担されて講演を聞きに来る高知の市民は熱心。講演の最後までいますし。質問もいくつかしていただきましたし。こちらも身が引き締まります。」とも言われました。

 10月からの従軍慰安婦被害女性の証言集会高遠菜穂子さん講演会映画「リトルバーズ」の上映会と重たいテーマを私も見てきました。

 1人1人の市民各位が、それぞれの立場で危機感を持たれて動かれたものであると思いました。日本も、高知もまだまだ捨てたものではありません。
 写真は安田純平さん講演後に、安田さんに質問している学生さんです。

gakusei

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.11.26

純平さんとともに日本を考えよう

昨日のNHK高知の「四国羅針盤」。「高知ブログ探訪」という番組にちょい役で出ていましたが、白髪頭にしわくちゃだらけの顔で恥ずかしかったです。発言内容も第3者に理解しやすいコメントではありませんでしたし。短時間で平易に印象に残る話をするのは難しいですね。
今日は高知市での「安田純平さん講演会」です。多数の市民の参加を呼びかけます。
 「マスメディアは真実を伝えます。真実の一部しか伝えない場合があります。」「日本の平和運動は完全な敗北。どんどん自衛隊は海外へ展開していますし。」「現場はイラクであっても、そういった戦争なんかを使いながら、日本国内を動かそうとしているので、はっきり言って、日本の中が凄く動いているんですよね。」。1年前の講演会で安田純平さんは言われました。
 8月の総選挙の結果、日本は劇的に変化しています。日米同盟の強調で、在日米軍と自衛隊の大幅な再編。米軍基地のある地元自治体の意向を無視し強行されています。

yasuda1106-01


 世界情勢からはむしろ不安定な地域は東アジアであり、将来米軍と提携してアジア各地に自衛隊は派遣されると思われます。その予行練習にイラクへ駐屯しているのでしょう。憲法改正はいつでも自衛隊を海外へ派遣するために他なりません。
 安田純平さんはつい最近までイラク北部へ行かれていました。その様子は安田さんのブログ(電子日誌)で読みました。現地のネットカフェから情報を更新されておられました。

 今年は戦後60年。従軍慰安婦被害女性の講演高遠菜穂子さんの講演。イラク戦争のドキュメンタリー「リトル・バーズ」。戦後60年とイラク戦争を考える催しに参加してきました。11月26日は午後2時から安田純平さん講演会へ来てください。高新文化ホールです。
 私も主催者の1人ですが、政党や労組など組織とは無縁です。動員も期待できません。市井の市民として安田純平さんの新たな情報をもとに日本の未来をじっくりと考えたいと思います。

 昨年の「安田純平さんイラク現地報告会」は、11月6日に開催されました。僅か1年前のことですが、随分昔のように思われます。日本全体がなにやら大きく変わったように思います。イラクのことも遠い話になりました。

yasuda-hon

| | コメント (1) | トラックバック (2)

2005.11.18

安田純平さん講演会まで1週間

 26日の「安田純平さん講演会」まであと1週間に迫りました。しかし今になっても参加者が来てくれるのか不安ですね。

 主催者スタッフは皆忙しく身動きがとれない立場の人達ばかりです。それに今回は年末に近い時期でもあり、行事が重なった関係で、身内の動員も出来ません。

 開催費用が赤字が出れば主催者で「ワリカン」すればいいことで、何回かの「飲み会」を我慢すれば済むことですから。

 その安田純平さん。19日は帰国すると聞いています。どんなお話をしていただくか楽しみです。


yasuda1106-01

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.11.17

映画リトル・バーズ

 今日は雑用で休暇を取っていましたので、午後2時からドキュメンタリー映画リトルバーズを県立美術館ホールへ見に行きました。
 平日の昼間でしたが約120人の市民が鑑賞していました。午後4時からと、午後7時の3回映画は上映される予定です。

 受付で外京ゆりさんに会いました。会場内で田辺高英さんにお会いしました。映画の字幕などで関わっておられるとか。

 映画は突然空爆が始まり、軍事施設でもない民家に爆弾が投下され子ども2人が亡くなるところから始まりました。父親は怒り、「どうしてだ」と言っています。病院の様子も克明に撮影されています。手足のない子ども達。失明した青年。

eiga1


 街角ではアメリカに対する怒りと、そのアメリカに加担した日本にも怒りの矛先が向かいます。「映像を撮るな。お前達はアメリカのスパイだ。」

 1時間40分の映画でしたが、時間の経つのを忘れました。冒頭出られた父親が語ります。「戦争は無意味だ。イランとの戦争で8年。湾岸戦争、そしてアメリカとの戦争。何も得られない。私は家族と親戚を7人なくした。兵隊以外の方法でイラクと付き合って欲しい」と。

 映画のポスターになっています美少女は、空爆で左目が、見えなくなっていました。
 あらためてイラク戦争の意義をかんがえさせられる映画ではありました。

litotle-bers

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.11.16

地球の裏からもblog

理屈では「インターネットは世界に繋がっている」とは理解はしていました。身近な人がそれこそ地球の裏側でご自分のblogを作成し、更新していますとますますそう思います。

profile


 今月26日に高知市の高新文化ホールで講演をいただくフリージャアナリストの安田純平さんですが、現在ロシア周辺諸国を取材中。パソコンを携帯していまして、現地のネットカフェからblogを更新されています。それでお元気な様子がわかります。

YASUDA-weblog-JUMPEI

 これこそ本来のblogのあるべき使われかたではないでしょうか。安田純平さんのように取材する力と、書く力のある人達が、各地で「特派員」になり情報を発信する時代はそこまで来ているのではないでしょうか。「インターネット新聞社」もあながち夢ではないと思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005.11.11

高遠菜穂子さん講演会へ行きました。

 高知の若者グループwind of peaceが主催する高遠菜穂子さん講演会へ行きました。会場の県民文化ホールは1500人収容の大ホール。それでも8割がた埋まっていました。900人程度は来ていました。

takatou1


 高遠菜穂子さんといえば、昨年イラクでのボランティア支援活動に向かう途中で、現地の武装グループに拘束され、釈放されました。日本の品性のない人達が「自己責任」などの書き込みを電子掲示板などに行って精神的に参っておられました。

 無責任で品性のない人達の書き込み一時はどうなるかと思われましたが、講演を聴いた限りは立ち直られたようですね。今日は北海道から高知へ入り、そして明日は大阪へ行くとか。大変ご多忙なようです。
 ですから講演の最初に「昨年は日本の多くの皆様にご迷惑をお掛けしました。」とのお詫びの言葉から話されました。「3ヶ月間睡眠薬と、精神安定剤を服用し外出をしない生活をしていましたが、このままでは駄目になると母がわたしの背中を押してくれました。」とのことでした。

takatou2

 最近は回復され、かなり精力的に講演活動をされているようです。その様子はblogでもうかがい知ることができます。

 「最近はイラクについて報道されません。でもされないのは米軍が戦闘地域へのジャーナリストの立ち入りを認めず、フィルムも携帯電話もカメラもすべて没収するからです。わたしの友人達が命がけで撮影した映像を見てください。」とDVDを会場で見せていただきました。

 腐乱した死体。ウジが沸いた死体。多くの子ども達の遺体などが撮影していました。「米軍はテロリストとは言いますが、殆どの人たちは銃火器を持たず殺害されているのです。」との高遠さんの説明にはなんとも言葉がありませんでした。

 命がけで撮影されたであろうフィルムは、米軍の攻撃で逃げ惑うイラクの人達の目線です。多くの家屋が破壊され、人々が傷ついていく様子が淡々と撮影されていました。

 またロビーでは写真展等も行われていました。

takatou3

。26日は「安田純平さん講演会」もありますすので、こちらへも聞きにいきましょう。


安田純平さんを高知へ招く会関係 | | コメント (0) | トラックバック (2)

その他のカテゴリー

07高知県知事選挙 | 2008年衆議院選挙関連 | 2009年衆議院選挙関係 | 2012年衆議院選挙関係 | 2012年車椅子で行く高知の観光施設 | 2013年参議院選挙関係 | 2014年東京都知事選挙 | blogによる自由民権運動 | blogの伝道師・blogの鬼 | bousai_ | Eコマース・スキルアップ講座 | koutikengikaigin | NPO法人高知減災ネットワーク会議 | お花見遊覧船 | けんちゃんの今すぐ実行まちづくり | けんちゃん1人weblog | はりまや橋サロン | まちづくり | アニメ・コミック | イラク派兵問題 | ウェブログ・ココログ関連 | ゴーヤ栽培日誌 | サッカー | スポーツ | スポーツのありかた | チベット問題 | ニュース | バリヤフリー | パソコン・インターネット | ホームページによる交流 | メディアリテラシー | ヨット関係 | 三好市との交流事業 | 中国四川大地震 | 二葉町町内会の動き | 二葉町自主防災会 | 井原勝介さん講演会 | 人繋がりネットワーク | 仁淀川町と二葉町との交流 | 仙波敏郎さん講演会 | 伊野町問題 | 健康・体の問題 | 健康問題 | 入野敏郎さんみかん園 | 公共交通問題 | 公共財のありかた | 前田康博さん講演会 | 南海地震対策 | 南海地震特別税 | 原子力政策 | 原発と核のゴミ処理場アンケート | 原発災害 | 叔母・車椅子来高・2014・10・18 | 司馬遼太郎氏の帝国主義論 | 吉本隆明氏・追悼文 | 品川正治さん講演会関係 | 国政問題 | 国際問題 | 土佐電鉄ーごめん・なはり線 | 地方の公共交通 | 坂本龍馬像建立運動 | 夜須町関係 | 大学問題 | 天木直人さん講演会関係 | 宇田川知人さん出演番組 | 安田純平さんを高知へ招く会関係 | 少子化問題 | 岡林信康コンサート | 島本茂雄さん・中平崇士さん出演 | 巨大地震・津波対策用高強度発泡樹脂浮力体 | 市民参加のありかた | 平和・反核・護憲の社会運動 | 平和問題 | 建築物 | 憲法問題 | 戦争を知らない子供たちへの映画会」 | 携帯・デジカメ | 政治のありかた | 政治評論 | 教育問題 | 新しいメディアの創出 | 新型インフルエンザ対策 | 新堀川市民大学 | 新堀川生態系保護問題 | 日誌風の感想 | 映画「六ヶ所村ラプソディー」 | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 有機農業の支援 | 朝鮮半島問題 | 木質バイオマス地域循環システム | 東京近辺見聞録2013年 | 東京近辺見聞録2014年(1) | 東京近郊見聞録2010 | 東京近郊見聞録2011年 | 東京近郊見聞録2012年 | 東洋町サポーターズクラブ | 橋本大二郎さん出演番組 | 橋本県政16年の検証 | 橋本県政16年の総括 | 歩いて見る高知市 | 歴史の宝庫新堀川 | 歴史問題 | 死生観・終末観 | 沖縄ー高知の交流 | 沖縄基地問題 | 沢山保太郎東洋町長出演 | 津波避難施設について | 漫画文化 | 環境問題 | 田辺浩三さん映画会(小夏の映画会) | 社会問題一般 | 社会思想問題 | 社会運動 | 福井照 | 福井照さん出演番組 | 福祉の問題 | 空のあんちくしょう | 経済・政治・国際 | 経済問題 | 耐震偽装問題 | 自然エネルギーの活用 | 芸能・アイドル | 芸術・文化 | 若者支援事業 | 蓄光塗料 | 認知症症候群について | 認知症重度化予防実践塾 | 趣味 | 路上詩人はまじさん | 連合赤軍と新自由主義の総括 | 都市再開発 | 都市論 | 錆を防ぐさびのある話 | 防災問題 | 防災対策 | 防衛問題 | 音楽 | 高レベル廃棄物問題 | 高知の根源・由来を考える | 高知の観光 | 高知シティFM | 高知シティFM「けんちゃんのどこでもコミュニティ」 | 高知シティFMけんちゃんのどこでもブログ | 高知シティFM最終収録 | 高知大学防災すけっと隊 | 高知学研究所 | 高知市政問題 | 高知県政ぷらっとこうち問題 | 高知県政問題 | 高知県民マニュフェスト大会 | 高知県物産公社構想 | 高知県議会立候補者への公開質問状 | 鵜の目鷹の目 | 2006年白バイ・スクールバス衝突事件 | 2010年参議院選挙 | 2014年東京・横浜出張 | 2014年衆議院選挙関連