鵜の目鷹の目

2016.07.19

東京都知事選有力候補者について


Nchijisenlarge570

 2016年7月14日から東京都知事選挙が始まりました。このところ3回続けて任期をまっとうしない知事が続きました。今度こそどなたが都知事になられても4年間の任期はまっとうしていただきたいです。投票日は31日です。

 21人が立候補したらしいのですが、その中でも鳥越俊太郎氏、増田寛也氏、小池ゆり子氏の3人が有力候補のようです。3人の候補者の第1声を動画チャンネルで見ました。以下無責任で身勝手な見解です。

1)鳥越俊太郎氏(76歳)

 ひょろひょろした印象がありましたが、スピーチは悪くはない。「私は皆さんの意見を聞く耳をもっています。」と言う言葉が印象的。現在76歳で4年後の東京五輪時には80歳。癌を克服した強い意志は感じます。具体的な政策などは今一つ。
 野党連合が成立した功績は大きい。メディア出身なので、情報もあり、プレゼンも下手ではない。組織力もありますね。浮動票もとれるでしょう。

2)増田寛也氏(64歳)

 官僚出身者ですが43歳で岩手県知事に。当時「がんばらない宣言・岩手」というコピーを提唱されていました。地方分権にも官僚出身者ではとても熱心。総務大臣時代には東京都の税収の1部を国が吸い上げ、地方に交付する荒行もやっています。
 今回の選挙は自民・公明両党が三顧の礼で迎えた候補者です。徹底した組織選挙をするでしょうから。浮動票はあきらめている様子。

3)小池ゆりこ(63歳)

 米国のヒラリー大統領候補、英国のメイ首相にあやかるつもりでしょうか。わざわざ自民党都議団に喧嘩を売り、メディアに報道させるなど空中戦は得意。TV業界にもいたので、プレゼンテーションは上手い。短い言葉で印象に残る言葉が短時間で話す能力がある。
 完全に浮動票頼り。組織票はないが本人は勝算あるともくろんでいる。
 当選しても都議会自民党との関係修復が難しそうである。

 まさに3すくみ状態。有権者にすれば参議院選挙で自民党が勝ち過ぎたので、野党を支持しようと言うばねが働くのかどうか?保守系支持者が増田氏と小池氏のどちらを支持するのかもみものです。

増田さんは組織力。小池さんは浮動票。鳥越さんは組織力+浮動票ですが、今回のプレゼンを聞く限り浮動票の多くは同情票も含め小池さんに行くのではないかと思います。

 自民党はガチで内ゲバをしているようにも見えますが、組織の引き締めが出来るし、浮動票の掘り起こしも出来る。要は小池さんが当選しても、増田さんが当選してもOKなんですよ。目的は野党連合つぶしですからね。まだまだ同床異夢の野党連合の足並みを崩せば儲けもの。そういう目論見がみえます。

 小池さんが勝てば、都議会の「強硬派」を処分して、あっという間に和解するでしょう。野党連合つぶしの功労者ですから。増田さんが勝てば、小池さんをお休みさせて都政運営は順調にいくでしょう。なにより危機感で組織が引き締まる効果がありますから。自民党は権力政党ですので、そのあたりの柔軟性(ある意味いい加減)はあります。

 となると鳥越さんは強力な組織と浮動票を相手に戦わないといけません。組織票では自民・公明連合にやや劣ります。頼りは浮動票ですが、プレゼンでは小池さんが上手です。後はシールズ他の応援団がどれだけ浮動票を掘り起こせるのか。それで勝敗は決まりますね。


 野党支持者は生真面目な人たちが多く、些細な違いでいつまでも争う体質がありますね。旧左翼も新左翼も権力に矛先が向かわず、同じ陣営内での争うばかりが得意ですから。憲法改正[改悪)が現実のものとして迫り、本当の統一戦線が今後も構築できるのか。死ぬ気でやらないと負けますね。沖縄の実例を参考にして謙虚に真摯に懸命にやれば、勝機もあるでしょう。なんとなくで運動に広がりがなければ惨敗しますね。


 現時点では誰が勝つのか予想出来ませんね。イベントとしては他人事だけに面白いとは思います。でも国の命運をかけた都知事選挙ですので注目です。

首都圏直下型地震も迫る東京です。対策が不十分で首都機能がマヒするようでは日本国は危ないです。今回の選挙は大事であり、動向に地方の田舎者は注目しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.01.24

頑張っている「野良犬メディア」の週刊文春


_new_r_2

 WEBで週刊文春の広告を目撃。「甘利大臣に賄賂1200万円を渡した。現場写真・音声公開」とあります。
_new_r_4

Amari2_new_r

 また「SMAP裏切りと屈服 ジャニーズ首脳・実名告白」とあります。興味深いテーマです。
Smap_new_r


Smap2_new_r

 やはり情報というものは、時に「お金を出して」購入すべきであると思います。というのは無料のWEB配信媒体は、安倍チャンネル系の産経メディアが多くのリンクをyahooニュースに貼ってますからね。

 首相官邸記者クラブで、官邸機密日で「ただ酒接待」を受けていると思しき大手メディアと地上波TV局の政治部。彼等を「番犬メディア」と呼びましょう。

 そういう記者クラブに「は入りたくても入れない」雑誌系メディアの記事は、多くはフリー記者の売り込みでつくらています。ネタが新鮮なんですね。「野良犬メディア」というのは失礼かもしれませんが・・番犬より偉いと思います。
 甘利大臣の記事もSMAPの記事は優れもの。お金を出して買う価値がありました。番犬メディアと安倍チャンネルばかりでつまらんですからね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.12.11

ナチスの突撃隊のように粛清するつもりなのだろうか?

 安倍晋三さんのフェイスブック。支持者と思われる皆さんからの「怒りの投稿」で満ち溢れています。どうしたことでしょうか?


 観察するにたぶん安倍晋三さんの「本質」は何も変わらず、少し「リベラル的な発言」「善隣友好的な発言」をしますと自民党の支持が増えることを「学習」された成果であると思います。今回も安倍内閣の支持率が上がるでしょうから。

 歴史的な教訓から言えば、かつてナチスで強権をほしいままにした突撃隊が、粛清されたことがありましたが、その類の「一種のガス抜き」なのではないかと推論されます。

 それにしても罵詈雑言の嵐ではありますね。フェイスブックを閉鎖したり、書き込み投稿を禁止されていないと言うことは、完全な「ガス抜き」であると思われます。

 1部を読みましたが、結構キツイ内容ですね。

          ↓

●あんな嘘つきでドロボーの朝鮮人の国に一円も出してはだめです。間違った選択をしないで下さい。間違った選択をしたら、安倍総理と自民党の支持者は半分以下になります。私たちの税金をそんなことに使わないで下さい。

●安倍総理、慰安婦問題を巡るこれまでの政権の姿勢を支持していたのですが、本日は完全に幻滅しました。予算からの基金支出は日本政府としての法的責任を認めたことになってしまいましたし、韓国内や米国などの慰安婦像の撤去も合意に含まれていないというではないですか。今回の拙速な合意は政権を揺るがすものであるだけでなく、日本の将来に深刻な禍根を残すものですよ。

●安倍さん、今回の韓国対応、完全に判断ミスですよ。国民の意志とかなりずれてますいままでが良かったから本当に残念です、今からでも遅くないです。岸田さんを即刻帰国させて下さい。

●決済みで突っぱねればいいものを、なぜわざわざ日本から出向いてまで慰安婦問題で動いているのか、本当に理解に苦しみます。
もし韓国に譲歩するようなこともあれば安倍総理の支持層を失うことになると思いますよ。

●私の祖父は、満州で整備兵長として働き、更にシベリア抑留で、クラスノヤルスク州のギートラで強制労働までして、肺結核を患って帰還したのに、日本兵は慰安婦を犯していない。金で雇われた売春婦だけ。 それなのに、日本兵を全て性犯罪者にした安倍総理や安倍政権や自民党には、本当に失望しました。

●私の祖父は性犯罪者になるために、戦ったんじゃない
日本と家族を守る為に戦ったんだ。

●合意って出てますけど、まさかあの国が本当に蒸し返さないと思ってるんでしょうか?何度やられれば気がすむのですか?
あと、10億円とニュースで出てますが税金で払う気ですか?
あいつらにくれてやるために少ない給料から税金払ってるわけじゃありませんので、政治家のポケットマネーでやってもらえませんでしょうか!!!!怒怒怒
民主でさえ慰安婦問題で妥協したなかったことを(野田の時に危なかったと聞いてましたが)安倍総理がやるとは見損ないました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.10.03

 津波・洪水シェルターなるもの?

Syarutar1_r


 津波・洪水シェルターなるものが高知市あんしんセンター前にありました。どこかの企業の売り込みでしょう。

津波避難救命船(通称ノアの方舟)の一種なんでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.09.16

無意味な横穴式地下シェルター

_0001_new_r

 2015年9月5日の高知新聞1面記事には驚きました。
「津波「横穴」避難模索続く」「室戸年度内に完成」「扉閉鎖いつ判断?入れなかった人は?」という見出しがでています。

 記事に寄りますと、この施設の対象人口は32世帯で56人。事業費は3億1千万円であるとか。対象人口が少なくても、この施設で対象集落の人達が全員生存し、「命を守る手段」として機能するのであれば、私は異論は言いません。

 しかしながら「足が悪うてシェルターまでよう歩かん。家の裏にある避難路に逃げることにしちゅう・」(79歳の女性)。という疑問の声も。

 一方で「すねが悪いき、山へ上がるよりは(横穴へいる方が気が楽や。」(87歳男性)の賛同する声もあるようです。しかし地元自主防災会のリーダーは困惑気味ではないか。

「対象住民が全員避難できるとも限らん。入口を閉める人を決めちょっても、その人がその場におらんン場合もある。難しいですよ。何度も訓練して、みんなが納得できる運用を話し合っていかないといかん」

 記事の内容から推論するに全く「地元要望」でこしらえている県事業ではないようです。地元要望なら自主防災会のリーダーの発言はありえないからです。と言うことは、全く尾﨑正直高知県知事の独断と思い付きからの南海地震対策ではないですか。

 3年ほど前は「地下室シェルター」方式への執着でした。どうやらそちらは諦めたようですが、執拗に「横穴ー立坑シェルター」に執着しているようです。

 この地域は南海地震の震源に近く、地震発生後数分で津波の第1波が来ると言われています。それだけにこうした方法も検討の余地はあるでしょう。住民の意向も県庁は聞くべきでしょう。

 さて2万人が海抜0メートル地帯で暮らしている高知市下知地域。県庁は僅かに耐震護岸工事をやっているだけ。

「ドライエリアへいつ移動できるのか?」「それは一体どこなのか?」「いつ下知地域はドライエリアになるのか?」「応急仮設住宅へいつ入れるのか?」と県庁や高知市役所の防災部署へ問い合わせしても、未だにきちんとした回答は得られません。

 高知市街地は低地で、15万人が居住しています。その地域には商工業も集積しています。15万人が1人の死者も出さない南海地震対策を、尾﨑正直高知県知事は真剣に検討したらどうだろう。

 高知市下知地域へ来られ、現地を歩き、住民と対話をしていただきたい。「机上」の南海地震対策では住民は救われないし、地域も再建できないからです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.01.12

風が変わりました

 1月11日のセーリング。午前中は穏やかで「まったり」と微風でしました。昼食をとり午後の部と思った時に、突然強風になりました。陸置きしていた高知大学ヨット部の470艇が強風でジブセールが煽られ横転しました。片付けが大事でした。午前中と午後で風向きと強さが全く変わりました。
Kyoufuu_r


Kyoufuu2_r

 佐賀県知事選挙でも「安倍政権公認候補」が敗れました。これで滋賀、沖縄と続いて3連敗。昨年12月の身勝手な総選挙で圧勝した安倍政権ですが、風向きが変わったように思います。

 「原発再稼働」「オスプレイの駐在」も大きな争点の佐賀県知事選挙。当選したのは、元官僚で知名度の低い人。安倍政権公認のなにかと「個性的」な樋渡啓祐氏(前武雄市長)は敗北しました

 昨年武雄市の民営図書館を運営している民間会社の人の講演会があり、樋渡氏の著作を購入し読みました。

 http://dokodemo.cocolog-nifty.com/blog/2014/09/post-1203.html

 図書館にジャンク・グローバル企業のスターバックスを入店させることが良いことなんかはわかりませんね。地元企業でやれなかったのか事情はわかりません。

 佐賀県は農業県。TPPなど日本の農業をアメリカの大企業に売り渡す政策に農協組織や農業関係者が結束し、フル回転した結果でしょう。無党派層も知名度の低い農協推薦候補に投票しました。また樋渡氏の「企業経営的な発想と実績」が県民から批判を受けたのではないでしょうか?
Hiwatarihon

 4月の統一地方選挙は、間違いなく風向きが変わります。思わぬ強風が安倍独裁政権を「ひっくりかえす」かもしれませんね。昨年12月の身勝手解散で大勝利した安倍首相。風(民意)は一定ではありません。自然界の風でもこの日は午前と午後では、方向も強さも変わりました。

 民意が変わる気配がします。4月の統一地方選挙がどうなるでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.12.25

面白いベビー・メタル

先日家内がTVで見ていた「ベビーメタル」という女の子たちのユニットは面白い。ヘビーメタル・ロックとアイドルとの融合ではないか。結構海外で受けているのもわかりますね。面白い。

 家内は今夏の幕張のサマソンで娘と一緒に見たらしい。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.12.08

3%の枠に執着せず60%の無党派層へ各人働きかけを

かつて国会の200議席占めていた旧社会党の面影はない社民党。一時期40議席を獲得していた共産党も、2党合わせて10議席です。得票率が合わせて3%程度ですので仕方がないですね。いまだに統一もできないし、老舗意識が強くいがみ合いをしていて、野党統一候補者擁立すらできないのが、日本の「護憲政党」です。


 先週田舎者のわたしが上京して驚きました。仕事で行きましたので通勤時間帯の電車にも乗り合わせました。誰も電車の中で新聞を読む者がいません。乗客の半数はスマホで黙々とネット記事を読むか、ゲームをしています。1割程度が文庫本を読み、後は疲れているのか、だらしなく昼間から居眠りしています。

 それが日本の勤労市民の実態でしょう。スマホで無料で見れる「新聞」の多くは産経系ファシスト・メディアです。近隣諸国への憎悪と、安倍内閣への支持表明と、原発再稼働と、軍事優先をせよとの記事に満ち溢れていますから。毎日日にち眺めておれば、「安倍内閣支持」が自然に刷り込まれています。

 安倍晋三氏の周りの「ネット右翼」の歴史も古く10年以上あり、当時から「ヘイトな」書き込みをBBSやブログで展開していました。産経系メディアのインテリ系ファシスト・メディアと、勤労大衆主体の(ヤンキー的な)ファシスト・ネットメディアの層は想像以上に分厚いですよ。

 一方サヨクの皆様方はネット系メディアを軽視し、(蔑視し)未だに紙媒体主体の情宣活動主体のようですね。そのなかで共産党の人達は10年ぐらい前からWEB媒体には熱心に取り組まれていました。しかしまだまだ層がファシスト連中に比べると薄いし、発信力も全然弱いです。護憲派のWEB媒体への浸透は、ネット右翼や自民党筋に比べ圧倒的に出遅れています。

 巻き返すとすれば、音楽やアニメなどの「ソフト・パワーの活用」が必要でしょう。

 護憲集会や、反原発集会に、大江健三郎氏のような知識人の多くが、参加しています。でもはっきりいって今の時代は、さほど「社会的影響力」はありません。面白くないからですよ。

 あっさり言えば、桑田佳祐やユーミンが、「原発を廃炉にしようぜ」「憲法改正は駄目だぜ」「自民党に投票しないようにしようぜ」「選挙へは行こうぜ」と呼びかけていただいたほうが、市民大衆への影響は遥かにありますね。(なかなかありえませんが)

 欧米は結構アーティストが政治的な発言をしますね。日本は少ないです。アニメなどの社会的な影響力も大きいと思います。本来は社会運動する側が資金を集め、アニメを作成したり、野外コンサートを主催するようになれば、影響力は違うでしょう。

 護憲集会などでも目立つのは労組の旗ばかりでは、組織労働者でもない私のような者には、そこには居場所がありません。それに集会も全然面白くもなんともありませんから。ありきたりの各労組の決意表明の「棒読み」ばかりです。

 極論すれば「ふなっしー」みたいなキャラが動くとか、そういうことでもないと面白くありません。
 
 圧倒的な安倍晋三の支持メディア(表も裏も)対抗することは並大抵のことではできません。

 今できることは、60%の無党派層への働きかけでしょうね。それぞれがFBやブログで自己責任で情報発信を続けることでしょう。また実際に面談して話が出来る知人がおれば、話を聞いてもらうべきでしょう。まずはそれからでしょうね。

 各人がそれぞれの「得意分野」でできることをやり続けるしか方法はないとは思います。極めて状況は不利ですが、諦めずに頑張りましょう。3%の枠内の「主導権争い」などしている場合ではありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.11.30

自民党県連総決起大会を見学しました


Zimintoukextukjitaikai_r

 2014年11月29日は、午後5時から「中谷元(新)1区、山本有二(新)2区、福井照(新)四国比例区四分町合同講演会」(自民党県連総決起集会)が高知市の三翠園ホテルで開催されていました。参議院議員の高野光二郎さんの事務所から案内状をいただきましたので参加していました。
Zimomntou1_r


Zimintou2_r

 入り口で中谷元議員、山本有二議員、高野光二郎参議院議員が出迎え参加者と握手をされていました。会場中ほどに入りました。実は午後6時から地元県議の政治資金パーティがあるので、30分程度しかおれないのですが、見学しました。

 やはり政権政党自民党でも急な解散総選挙なんでしょう。600人は座れる三翠園大ホールでも空席が目立ち、開式も5分遅れでした。約6割の入りでした。
Zimintou4_r

 高野光二郎さんが総合司会と進行役をされていました。
Zikankyaku_r

「民主党政権時代の法案成立率は60%ありませんでした。この2年間の法案成立は98%。深夜2時まで参議院で審議することも多々ありました。今日は新1区の中谷元先生と新2区の山本有二先生、1区から比例区に自分から申し出て提出された福井照先生をお招きし、自民党高知県連の総決起大会を開催します。」
Senkyokukuwari_new_r

 まず登壇された中谷元衆議院議員。
Nakatanigen3_r

「今回の選挙は政権与党の信任投票であります。消費税も今回は景気動向を見極めて18か月後に延期しましたが、その場合は景気動向に関係なく履行します。はっきりと増税すると明記しています。

 また「集団的自衛権の行使」ですが、相次ぐ中国艦船による日本国の固有の領土である尖閣諸島への領海侵犯などの行為にも、日米安保で米軍が日本に駐留しているので」抑止力になっています。

 その米軍が日本のために活動をしていて攻撃を受けた場合は、日本も知らん顔をするのではなく、一緒に戦うのです。

 また北朝鮮から日本へ15分でミサイルが到達します。そのミサイルが日本上空を通過してアメリカ本土へ向かうことがわかったら、日本は知らん顔をするのではなく、撃ち落せるようなら撃ち落とします。それが集団的自衛権です。」

「特定秘密法案について、野党は言論の自由がなくなるとか、市民活動が制約されるとかいわれていますが、そんなことはありません。罰則規定は公務員だけであり、市民は関係ありません。報道の自由も保証されています。」

「たとえばイスラム国に関するテロ情報が、ある国から秘密情報がもたらされても、それが日本から漏れてしまえば、2度と外国から秘密情報は入手されませせん。国家機密を厳正に管理するために特定秘密法案があるのです。」と説明されました。

 集団的自衛権行使についも、特定秘密法にしても賛否がありますが、中谷元さんの説明は、とてもわかりやすいものでした。
Yamamotiy1_r

 JC時代に一緒に活動した山本有二さんや、「心の自由民権」のユニークな発想をされる福井照さんのお話も聞きたかったのですが、先約がありましたので、中座させていただきました。

 地元紙の朝刊では、昨夜は共産党高知県連の総決起大会もRKCホールであったようですね。昨日は、12月2日の衆議院選挙の前の前哨戦でありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.11.25

0増5減について取材を受けました


 11月16日に徳島防災センターへ研修へ行き、帰路のPAでの休憩時間にタイミングよくある全国紙の記者から電話取材を受けました。テーマは「0増5減についてあなたはどう思うか?」「南海トラフ巨大地震を想定した地域で自主防災会活動をされている立場でどう思うのか」という質問でした。以下のように回答しました。

 「よく国会議員は国民に国の財政再建を行う為に負担を強いるので、自分たちも身を削る。つまり定数を削減する。」ということを気軽に言います。今回も小選挙区の定数が減るのは山梨、福井、徳島、高知、佐賀の5県です。過疎高齢化に悩み、人口が減少している県ばかりです。」

「1票の格差とやらで、人口比率で定数を決めますと、代表が大都市部に固まり、地方の声は国政により届かなくなります。地方にも田舎にも人が定住し生活を営んでいます。。それを人口比率だけで国家議員定数を決めることはおかしいと思います。」

「日本の国土の67%は森林であり、高知県では84%です。人口が少ない山林部でも水源地の涵養や間伐など大事な仕事をしています。豊かな水資源がなければ大都市部の生活は成り立ちません。」

 「地方創生だとか最近言われていますが、地域の代表者を少なくして、地域の声が国政に届くのでしょうか?おかしいと思います。高知県では3人の定数が2人になります。地方は人口こそ少ないですが、面積が広く、今回より面積が増えますので、地域地域の声が届きにくくなるのです。

 「地域の防災に関しても、南海トラフ巨大地震が想定どうり起きますと、居住する高知市下知地域は地盤が沈下し、水没します。対象地域に12万人の高知市民が生活し、仕事しています。

 以前地域代表の国会議員をお招きし、下知地域の南海地震対策タウンミーティングをやりました。高知市1区選挙区が廃止され、高知県は広大な1区と2区に分割され、高知市も2つに分割されます。
 
 そうなりますと担当所轄エリアがより広くなり、地域の声を国政に伝達することが、より難しくなります。痛みをなぜ地方が背負う形になるのかおかしいと思いますね。」

 「下知地域の地価は、2012年に国と高知県の南海地震の被害想定と、津波浸水エリアの公表に寄り大幅に下落し、売買が事実上なくなりました。半値以下に下落しています。

 では固定資産税や市民税や県民税が半額になったとか、減免されたかといいますと全然そうではありません。これは地方政治の問題であると同時に、国政の問題でもありますね。」

「現在の地震対策は国で言えば、内閣府、国土交通省、総務省、厚生労働省などがばらばらに対応しています。高知市下知地域の市街地は南海地震が起きれば水没してしまうことはわかっています。

 有史以来南海地震は100年から150年周期で起きています。前回の昭和南海地震(1946年)が規模が小さかったので、次回の南海地震は21世紀前半に起きるとされています。

 だとすれば「下知地域市民の高台地域への集団移転」か、もしくは現在地をかさ上げして耐震地盤を形成し、立体換地をして耐震高層住宅を建設するしかありません。それは国政も関与する問題です。

 具体的に申し上げれば、内閣府・国土交通省・総務省・厚生労働省の機能を統合した「危機管理省」をこしらえて、南海トラフ巨大地震や首都圏直下型地震や、大雨対策や台風対策など一元化した組織で対応すべきなんです。」と申し上げました。

 とっさにまくしたてましたので、記事になるかどうかはわかりません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

07高知県知事選挙 | 2008年衆議院選挙関連 | 2009年衆議院選挙関係 | 2012年衆議院選挙関係 | 2012年車椅子で行く高知の観光施設 | 2013年参議院選挙関係 | 2014年東京都知事選挙 | 2015年雨漏り修繕工事 | 2015雨漏り・外壁補修工事 | 2016年参議院選挙 | blogによる自由民権運動 | blogの伝道師・blogの鬼 | bousai_ | Eコマース・スキルアップ講座 | koutikengikaigin | NPO法人高知減災ネットワーク会議 | お花見遊覧船 | けんちゃんの今すぐ実行まちづくり | けんちゃん1人weblog | はりまや橋サロン | まちづくり | まちづくり条例見守り委員会 | アニメ・コミック | イラク派兵問題 | ウェブログ・ココログ関連 | エアーボート 救命艇 | ゴーヤ栽培日誌 | サッカー | スポーツ | スポーツのありかた | タウンモビリティ・ステーションふくねこ | チベット問題 | ニュース | バリヤフリー | パソコン・インターネット | ホームページによる交流 | メディアリテラシー | ヨット関係 | 三好市との交流事業 | 下知地域内連携協議会 | 中国四川大地震 | 二葉町町内会の動き | 二葉町自主防災会 | 五台山・市民農園 | 井原勝介さん講演会 | 交通事故防止対策 | 人繋がりネットワーク | 仁淀川町と二葉町との交流 | 今治市防災士会・連合自治防災部会との交流会 | 今野清喜さん講演会 | 仙波敏郎さん講演会 | 伊野町問題 | 健康・体の問題 | 健康問題 | 入野敏郎さんみかん園 | 公共交通問題 | 公共財のありかた | 内閣府地区防災フォーラム2016年仙台 | 内閣府地区防災計画 | 前田康博さん講演会 | 南海地震対策 | 南海地震特別税 | 原子力政策 | 原発と核のゴミ処理場アンケート | 原発災害 | 叔母・車椅子来高・2014・10・18 | 司馬遼太郎氏の帝国主義論 | 吉本隆明氏・追悼文 | 品川正治さん講演会関係 | 国政問題 | 国際問題 | 土佐電鉄ーごめん・なはり線 | 地方の公共交通 | 坂本龍馬像建立運動 | 夜須町関係 | 大学問題 | 天木直人さん講演会関係 | 宇田川知人さん出演番組 | 安田純平さんを高知へ招く会関係 | 少子化問題 | 岡林信康コンサート | 島本茂雄さん・中平崇士さん出演 | 巨大地震・津波対策用高強度発泡樹脂浮力体 | 市民参加のありかた | 平和・反核・護憲の社会運動 | 平和問題 | 平成28年度下知地区防災計画 | 建築物 | 感染症対策 | 憲法問題 | 戦争を知らない子供たちへの映画会」 | 戦争法案反対運動 | 排泄ケア(排尿・排便)の重要性 | 携帯・デジカメ | 政治のありかた | 政治評論 | 教育問題 | 新しいメディアの創出 | 新型インフルエンザ対策 | 新堀川市民大学 | 新堀川生態系保護問題 | 日誌風の感想 | 映画「六ヶ所村ラプソディー」 | 映画・テレビ | 昭和南海地震の記録 | 昭和小学校・防災じゅぎう | 昭和小学校防災学習 | 書籍・雑誌 | 有機農業の支援 | 朝鮮半島問題 | 木質バイオマス地域循環システム | 村上肇氏BtoBセミナー | 東京近辺見聞録2013年 | 東京近辺見聞録2014年(1) | 東京近辺見聞録2015年 | 東京近郊見聞録2010 | 東京近郊見聞録2011年 | 東京近郊見聞録2012年 | 東北被災地ツアー2015年 | 東北被災地交流ツアー2005 | 東日本大震災の被災者の皆様との交流事業 | 東洋町サポーターズクラブ | 橋本大二郎さん出演番組 | 橋本県政16年の検証 | 橋本県政16年の総括 | 歩いて見る高知市 | 歴史の宝庫新堀川 | 歴史問題 | 死生観・終末観 | 沖縄ー高知の交流 | 沖縄基地問題 | 沢山保太郎東洋町長出演 | 津波避難施設について | 漫画文化 | 環境問題 | 田辺浩三さん映画会(小夏の映画会) | 社会問題一般 | 社会思想問題 | 社会運動 | 神戸市長田区鷹取との交流 | 神戸市長田区鷹取東地域との交流 | 福井照 | 福井照さん出演番組 | 福祉の問題 | 空のあんちくしょう | 経済・政治・国際 | 経済問題 | 耐震偽装問題 | 自然エネルギーの活用 | 自衛隊の救助訓練 | 芸能・アイドル | 芸術・文化 | 若者支援事業 | 蓄光塗料 | 西村吉正・春子服薬・食事情報 | 認知症症候群について | 認知症重度化予防実践塾 | 趣味 | 路上詩人はまじさん | 連合赤軍と新自由主義の総括 | 都市再開発 | 都市論 | 錆を防ぐさびのある話 | 阪神大震災20年慰霊と交流 | 防災問題 | 防災対策 | 防衛問題 | 音楽 | 高レベル廃棄物問題 | 高知の根源・由来を考える | 高知の観光 | 高知シティFM | 高知シティFM「けんちゃんのどこでもコミュニティ」 | 高知シティFMけんちゃんのどこでもブログ | 高知シティFM最終収録 | 高知大学防災すけっと隊 | 高知学研究所 | 高知市地域コミュニティ推進課 | 高知市政問題 | 高知市長との意見交換会・資料2015年 | 高知県政ぷらっとこうち問題 | 高知県政問題 | 高知県民マニュフェスト大会 | 高知県物産公社構想 | 高知県議会立候補者への公開質問状 | 高知蛍プロジェクト | 鵜の目鷹の目 | 2006年白バイ・スクールバス衝突事件 | 2010年参議院選挙 | 2014年東京・横浜出張 | 2014年衆議院選挙関連 | 2015年叔母北海道より車椅子の旅・高知 | 2015年県議選・市議選 | 2016年熊本地震