戦争を知らない子供たちへの映画会」

2009.12.06

「カルメン純情す」を鑑賞しました

  「戦争を知らない子どもたちへに送る映画会」は12月6日、龍馬の生まれたまち記念館で今年最後の上映がありました。

 昨日入野みかん園へ家内とみかん狩りに行きましたが、家内が腰を捻ったのかどうかわかりませんが、今朝から動けない状態に。家庭の大黒柱さんなので、それではいけないので、夜須の海でのセーリングは中止し、家の手伝いをしました。

 それで午後4時の上映時間には間に合うので見に行きました。上映カンパは家内と2人分しました。
Eigataitoturu_r

カルメン純情す」は、以前DVDに見た「カルメン故郷へ帰る」の続編です。

 芸術家のいい加減な男に慕情を感じてしまったカルメン(高峰秀子)は、その男の前では裸になることができなくなり、劇場も首になった。日雇い仕事をしながら、子連れの友人と困窮した生活をするはめに。しかし男を思う純情は勘違いとはいえ貫くカルメン。そのけなげさは切ない。
Karumen_r

 時代背景は昭和27年頃の日本の東京。ようやく占領右軍統治が終わり、日本の進路に対し、再軍備していくべきだという勢力と、あくまで戦争に反対という勢力がせめぎ合っているようでした。
 
 映画の中でも再軍備派の代議士候補が登場したり、さりげなく再軍備反対のデモ隊も出てきます。田辺浩三さんの解説では日本の戦後映画で「原爆」という単語を初めて使用したとか。
Demo_r

 映画興業としては、「カルメン故郷へ帰る」ほどのヒット作ではなかったようです。木下惠介監督も非難されたようです。しかし2年後に「24の瞳」を世に出すので、その練習作品であったと田辺さんは言われていました。
Tanabe_r

 若い頃に木下監督に面談したときに「君たちの世代が第三次世界大戦を阻止すなければならないのだ!」と田辺さんはまくしたてらたとか。強い反戦;反骨心がこめられた喜劇映画であったと思いました。

 本当に貴重な映画を6作品鑑賞させていただきました。田辺さんお疲れ様でした。ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.12.05

今年最後の映画会

 田辺浩三さんが主催する「戦争を知らない子どもたちへ送る映画会」の最終回は、12月六日、高知市の龍馬が生まれたまち記念館で「カルメン純情す」(高峰秀子主演・木下惠介監督)を上映します。前作は「カルメン故郷へ帰る」の続編として制作されました。

 再軍備の気配が出てきた戦後日本。昭和27年頃の社会を背景にした映画です。「戦争の気配」を感じた主人公たちがドタバタする喜劇であるそうです。

 「戦争を知らない私たちの世代が、戦争を体験した世代の体験を下の世代に伝えていくために、この映画会を企画した」と田辺さんは言われていました。今年のラストの映画会ですので、ぜひ鑑賞しましょう。

 上映時間は 午前10時、午後12時、4時 6時45分です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.11.24

映画「山河あり」と「梅原孝司さん講演会」へ参加

  戦争を知らない子ども達に送る映画会(田辺浩三氏主催)の11月上映は、11月23日高知市龍馬が生まれた街記念館でした。

Umebara_r
 今回行ったのが夕方。最初に梅原孝司さん(元教員・社会科)からの講演がありました。主に「教科書」の記述の問題を言われました。日本史の特に昭和史の記述は、時の政権次第で変化する事例を説明いただきました。

「戦前は社会科という科目はありませんでした。最近の流れとしては道徳や愛国心を強調する潮流が強くなり、現場の教員も大変です。教育基本法も改悪され、国家優先型の教育を押し付けられてきているからです。」

「政権交代もありましたが、教育現場を見る限り何も変わらないと思います。文部科学省は成立以来140年間なにも変わらなかったからです。最近ではゆとり教育を提唱。学力低下すると今度は授業時間を増やす。なにも反省することなしで。」

「現在現場の教員は忙しすぎるし、疲れ果てています。ただ教育の力は大きい。9月に講演された大川愛郎さんは小学生時代に職業軍人の話や、廊下で蒋介石の写真を踏みつける教育を受けられたと言われました。少年兵として予科練を志願する気持ちになられたといいます。

 会場からも質問があり、的確に梅原さんは答えていました。
 
Tanabe_r
 続いて主催者の田辺浩三さんからの挨拶がありました。今後の「戦争を知らない子供たちのための映画会」は、12月は「カルメン純情す」を6日に上映されるそうです。この映画「カルメン故郷へ帰る」の続編ですが、戦闘風景など出てこない映画ですが、戦後になり再軍備の動きのある時代背景を見てくださいとのこと。

 また来年は愛宕劇場でいくつか映画をやります。とのこと。(詳しくは別の機会に掲載します。)
 映画「山河あり」の解説もありました。苦労してハワイへ移民し、安定した市民生活をしていた家族を日米戦争が引き裂き、悲劇を生んでしまう。どこも上映が困難な映画ゆえ堪能くださいとのことでした。
Sanagaari_r
 大正7年に日本での困窮した生活を脱出するために決死の覚悟でハワイへ移民しました。しかし待っていたのは農場での過酷な労働の日々でした。
 どうにかこうにか生活は17年後には安定し、2家族は個人商店を都市部で営むようになり、子供たちはハイスクールへ通うアメリカ市民になっていました。

 1世の親たちと2世の子供たちの意識の違いが描かれています。昭和16年に日米開戦が起こり、事態は悲劇的に。特に子供たち2人を戦争で亡くした主役の高峰秀子の嘆きは大きい。ラストシーンで戦没者墓地で泣き崩れる場面は胸を打ちます。

 それにしても映画で描かれた68年前のアメリカ市民生活の豊かさ。日本の地方の貧しさ。生活面での格差を見せ付けられる映画でもありました。

 母と同年輩の女優高峰秀子の演じた時代の重たさを感じました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.11.10

23日は「山河あり」を上映

Sangaarieiga


 11月23日(月・祝日)の「戦争を知らない子供たちへ送る映画会」は、「山河あり」(1962年)です。テーマは「ハワイ日系2世の米兵」です。

(日時)  11月23日(月曜・祝日)勤労感謝の日

(場所)  高知市龍馬の生まれたまち記念館

(上映時間) 午前10時・午後12時20分・午後2時40分・午後6時

(講演)   午後5時~ 梅原孝司氏(元中学教頭)元社会教員の立場で日本の歴史教育をお話いただきます。

 主催者の田辺浩三さんによれば、「山河ありは、戦争を知らないシリーズでも最高傑作の映画。是非見ていただきたい。」とのことです。

 わたしも「戦争を知らない子供たちに送る映画会」は欠かさず鑑賞させていただいています。白黒の16ミリフィルムの映画ですが、映画関係者の熱意や意気込みをスクリーンから感じました。映画マニアでは全然ないですが、とてもいつも充足感を鑑賞後感じています。田辺さんありがとうございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.10.12

映画あかね雲を鑑賞

10月12日に「戦争を知らない子供たちに送る映画会」(田辺浩三氏主催)の10月映画会は、「あかね雲」(岩下志麻主演・篠田正浩監督・1967年製作)を高知市龍馬の生まれたまち記念館で見ました。
Akanekumo_r

 往年の白黒映画を16ミリの映写機で見る。イオンなどのシネコンでは絶対に見ることのできない映画ですね。「特にこの映画は、高知ではうちでしか見れないと思う」(田辺浩三氏・談)。

 前日の地元新聞で大きく取り上げられた効果もあってか、今回はなかなかの盛況。あるいは大女優岩下志麻さん効果なのか。客層は年配層が多く、私の家内が「若者」に思われるぐらいだ。観客はなかなかの盛況。大忙しだ。良かったです。
Shinbun_r

 ストーリーは父親が病気で輪島の旅館で女中として働くお松(岩下志麻)。あるとき親切にしてくれた缶詰販売会社の外交員小杉(山崎努)。身の上を聞いた小杉は、もっと収入が多い可能性がある山代温泉の仲居に口利きをする。

 あるときお松は父親の入院費用が工面できないかとおかみに借金を申し込むがすげなく断られる。小杉に相談すると、もしかまわなければある男(経営者のおっさんと一夜のとぎをしてくれたら大金は支払うとのこと。

 お松は小杉を信じ、一夜を共にする。翌日真相を知った、先輩格の芸者(小川真由美)に叱責される。でもお松の境遇があまりに哀れなので2人して泣き崩れる。

 やがて小杉は脱走兵ということが判明。憲兵隊長(佐藤慶)に追い詰められ、お松は小杉に漁村宿に会いに行くが当局に尾行されあえなく小杉は逮捕される。悲恋物語。

 あまりに厳しい昭和12年当時の日本社会。温泉宿は木造3階建てか。1967年当時の映画ですがよく日本の旅情が出ていました。

 後に大女優になる岩下志麻さんがけなげな娘役でがんばる姿。先輩役で芸達者な小川真由美さん。これは若いころから貫禄。相手役の山崎努は今や大御所の男優。おくりびとでもベテラン納棺師でしたし。たまにビールかなんかの宣伝で良いおじいさん役をしていましたし。

 「脱走兵」がテーマですが、戦争に向かう日本社会が背景で描かれていました。

 さて次回の「戦争を知らない子供たちへ送る映画会」は、「山河あり」(1962年)です。テーマは「ハワイ日系2世の米兵」です。

(日時)  11月23日(月曜・祝日)勤労感謝の日

(場所)  高知市龍馬の生まれたまち記念館

(上映時間) 午前10時・午後12時20分・午後2時40分・午後6時

(講演)   午後5時~ 梅原孝司氏(元中学教頭)元社会教員の立場で日本の歴史教育をお話いただきます。
Sangaarieiga

*それから余談ですが、田辺浩三さんより、「田母神俊雄講演会」のチラシをいただきました。ご出身の窪川で「軍国日本」を賛美する田母神氏の講演会(しかも無料で)というのはけしからんと怒っておられました。
Tabogamikubokawa

 スポンサーの南国製菓といえば、芋菓子を全国展開しているお菓子屋さんですが、極端な考えのかたの講演会を開催するのはいかがなものかと思いますね。疑問を感じました。

 それから知人がかかわっている25日の「岡林信康コンサート」のチケットは完売したそうです。良かったと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009.10.10

再投稿 12日は映画「あかね雲」上映会

  10月12日(月)に戦争を知らないこどもたちに送る映画会を、高知市竜馬が生まれたまち記念館で上映します。もう一度関連情報をアップします。

Akanekumo
 戦争を知らないこども達へ送る映画会(主催田辺浩三氏)の第4弾は「あかね雲」(岩下志麻主演・篠田正浩監督)

 あらすじはGOO映画参考 「あかね雲」あらすじ

 今回の「戦争を知らないこども達へ送る映画会」のテーマは「脱走兵」です。時代設定は昭和12年頃。世界も日本も大不況のなか戦争経済へ傾斜していく日本。主人公まつのは家計を助けるために商人宿の女中になる。
 より報酬の良い山代温泉行きを決断。それを勧めた外交員と恋仲になるが、かれは軍を脱走した兵士であった。悲恋物語のようです。

 主催者の田辺浩三さんあてに、主演をされた岩下志麻さんからの直筆の便りが来ておりました。田辺さんの許可を得てブログに公開させていただきます。

 映画「あかね雲」は、1967年の作品。岩下志麻さんが書かれているように、篠田正浩さんと結婚され、独立プロ表現社の第1回作品だそうです。俳優も後に大物になる人たちが出演しています。
Iwasita1
Iwasita2
キャスト(役名) - あかね雲

岩下志麻 イワシタシマ  (二木まつの)

山崎努 ヤマザキツトム   (小杉稲介)

佐藤慶 サトウケイ     (猪股久八郎)

小川真由美 オガワマユミ (律子)

野々村潔 ノノムラキヨシ (鴨下刑事)

 昔の貴重な日本映画を上映していていたっだく田辺浩三さんには感謝です。また豊富な映画人脈にも驚くばかりです。

 「戦争を知らない子供達に送る映画会」第4弾

     「あかね雲」映画会

(日時)   2009年10月12日(月曜・休日)

(場所)   高知市龍馬が生まれたまち記念館

(上演時間) 午前10時・正午・午後2時・午後6時40分

(講演)   猪野睦氏(高知文学学校講師・1931年生まれ)
       午後5時50分~午後6時40分

(カンパ)  可能な金額でカンパしましょう。貴重な日本映画上映会ですので。


映画「あかね雲」のチラシをPDFにしました。

「akanekumo.pdf」をダウンロード

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.09.22

映画「あかね雲」上映会のお知らせ

Akanekumo
 戦争を知らないこども達へ送る映画会(主催田辺浩三氏)の第4弾は「あかね雲」(岩下志麻主演・篠田正浩監督)

 あらすじはGOO映画参考 「あかね雲」あらすじ

 今回の「戦争を知らないこども達へ送る映画会」のテーマは「脱走兵」です。時代設定は昭和12年頃。世界も日本も大不況のなか戦争経済へ傾斜していく日本。主人公まつのは家計を助けるために商人宿の女中になる。
 より報酬の良い山代温泉行きを決断。それを勧めた外交員と恋仲になるが、かれは軍を脱走した兵士であった。悲恋物語のようです。

 主催者の田辺浩三さんあてに、主演をされた岩下志麻さんからの直筆の便りが来ておりました。田辺さんの許可を得てブログに公開させていただきます。

 映画「あかね雲」は、1967年の作品。岩下志麻さんが書かれているように、篠田正浩さんと結婚され、独立プロ表現社の第1回作品だそうです。俳優も後に大物になる人たちが出演しています。
Iwasita1
Iwasita2
キャスト(役名) - あかね雲

岩下志麻 イワシタシマ  (二木まつの)

山崎努 ヤマザキツトム   (小杉稲介)

佐藤慶 サトウケイ     (猪股久八郎)

小川真由美 オガワマユミ (律子)

野々村潔 ノノムラキヨシ (鴨下刑事)

 昔の貴重な日本映画を上映していていたっだく田辺浩三さんには感謝です。また豊富な映画人脈にも驚くばかりです。

 「戦争を知らない子供達に送る映画会」第4弾

     「あかね雲」映画会

(日時)   2009年10月12日(月曜・休日)

(場所)   高知市龍馬が生まれたまち記念館

(上演時間) 午前10時・正午・午後2時・午後6時40分

(講演)   猪野睦氏(高知文学学校講師・1931年生まれ)
       午後5時50分~午後6時40分

(カンパ)  可能な金額でカンパしましょう。貴重な日本映画上映会ですので。


映画「あかね雲」のチラシをPDFにしました。

「akanekumo.pdf」をダウンロード

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.09.21

「キクとイサム」映画会と講演会

16miri_r

(いつも16ミリ映写機での奮闘ご苦労様です。貴重な古い日本映画が鑑賞できますので。)

 「戦争を知らない子供たちのための映画会」(主催田辺浩三氏)は、「キクとイサム」の日本映画でした。夜須の海から戻り上映会場の龍馬が生まれたまち記念館へ駆けつけたのが午後4時半過ぎでした。

 この映画会は古い日本の戦争映画を上映するだけでなく、映画に関連した話題を提供するゲスト・スピーカーの講演もあります。今回は2人でした。

 まず田辺浩三さんの娘さんである小夏さんのスピーチがありました。
Konatu_r

「わたしの生い立ちを話しますと宗教家の母と、芸術家タイプの父との間に19年前に生まれました。生まれて1年3ヶ月で両親が離婚。父方の祖母と3人で暮らしました。
 私のことで両親が裁判になったりしてもめていました。両親とも情熱的な人で自分の主張を押しとうそうという人で、いつもいがみあいをして辛かったです。それで祖母が母親がわりでした。」

「映画「キクとイサム」と同じように祖母が保護者で、小学校は高知市の私立小学校へ祖母と2人でアパートを借りて住んでいました。
 しかし小学5年生のときに祖母が癌になりました。中学は中村の中学へ行きました。そのときは父と2人で暮らしていました。中学2年のときに祖母が亡くなりました。
 人が亡くなって初めて人のありがたさがわかる気がします。」

 スピーチの後に会場から質問がありました。

「小夏さんは若いときから戦争や平和にについてよく考えられています。同世代の若者たちがあまり考えないのはどうしてであると思いますか?」

「わたしのまわりの同世代の人たちは、パソコンやゲームをしていて、あまり行動的ではありません。やりたいことがすぐにかないます。きらきらしたものがないのです。」と答えられていました。

 次のゲストスピーカーは、はりまや橋金曜サロンでいつもお話する大川愛郎(のりお)さん。昭和4年生まれの80歳の人です。小学生から少年兵士として体験した戦争の時代の話をしていただきました。お元気な人で戦争体験をきちんと話される貴重な人です。
Ookawa_r

「小学校のときは勉強が嫌いでした。走るのが速いので、体育と音楽の成績が良かったので、平均点の成績でした。」

「昭和12年か13年でしたか、あるとき中国戦線から凱旋した村の出身者の講演会が小学校の体育館でありました。南京攻略戦で軍功をたてた人でした。
 戦利品として青竜刀を持参されていました。南京へ入城したとき、チャンコロ(当時の中国人を別称で呼んでいました)を殺すのは簡単だった。彼らは死んでもすぐ生き返るという迷信があるので、軍刀の前に首を差し出すからばっさばっさと切り落としました。
 銃剣で殺すときは前から刺したら手で押さえて抜けなくなる。必ず背中から刺すことだ。赤ん坊は空中に放り上げて刺し殺した。と語りました。」

「最近では南京大虐殺はなかったとか言う議論があります。当時村の人たちは南京での話を皆聞いていました。わたしもおじも南京の戦闘に参加していましたので同じ話をしていました。間違いなくあったのです。」

 「当時は義務教育は小学の6年40人のクラスで。旧制中学へ行けるのは家が豊かな6人程度。あとは高等小学校へ2年行く人が多かったです。
 わたしは当時軍国少年になっていましたので、予科練を志望しました。鹿児島まで受験に行きました。足が速かったので採用になりました。」

「配属されたのが大分宇佐の航空隊。そこでグライダーの飛行訓練をしました。全国から50人の訓練生がいました。グライダーは助走をるけて30人ぐらいで引っ張ります。上空で飛行訓練をして、着地しますが、そこでも走ってグライダーを押さえます。足が速いという特典がこういうところに生かされたようです。来ていた訓練生は皆足が速い連中でした。」

 「グライダーの訓練は飛行訓練の一貫。それが済んだら赤とんぼと言われる複葉機で訓練飛行し、飛行気乗りになります。わたしはグライダー訓練時に墜落して怪我をして除隊しました。それが昭和18年。帰郷し自宅で療養していましたが、19年になり再び召集され、今度は海軍の通信兵になりました。いろいろ配転され昭和20年の終戦は台湾で迎えました。台湾は物資も豊富で1年間捕虜生活でしたが待遇もよく、親日的でしたので、居心地は良かったです。今年も長期間台湾へ旅行していました。」

「また朝鮮人従軍慰安婦なんぞなかったと言う人たちがいます。教科書の記述も変えられたりしました。いました。実際にわたしは見ています。
沖縄での激戦が伝わるころに、われわれもいずれ、参加するので、外出して自由に遊んで来い。と軍の憲兵から許可書をもらいました。
 そして備品もありました。それには従軍慰安婦の出入り許可書と、サック(男性用避妊具がありました。実際に出かけるとそこには朝鮮から強制連行された慰安婦の女性たちがいました。ですので従軍慰安婦はいたのです。」

 「わたしが言いたいのはいかに教育の力は怖いかです。最近田母神敏雄や桜井よしこたちが無責任に北朝鮮の脅威や核武装を言い立てています。でもあの人たちは戦争の怖さを知らない人たち。きちんと人の話を聞ける人なら、あんなことは言いません。」
Tanebekonatuookawa_r
(左から田辺浩三さん、小夏さん、大川愛郎さん。質疑応答コーナーでした。)
 会場から質問が大川さんにあり、当時の行動に疑問はなかったか。と。
大川愛郎さんは「疑問もなにも小学生から天皇のために死ぬ。上官の命令は天皇の命令と刷り込まれて来ましたし。早く大人になってチャンコロや英米をやっつけたいと本気で思いましたし。」とのことでした。

 「キクとイサム」の映画は、二次大戦で生まれ落ちた米軍兵士とのうまれた混血児が祖母に育てられ農村で育っていく姿を淡々と描いています。
Ueiga1_r

 当時の日本の生活様式が知れて興味がありました。道路は舗装されておらず、電気は来ているが、厨房はかまど。炭が燃料。田舎の小学校も子供たちの数が多い。蒸気機関車でテレビはまだない。昭和30年代初めの地方の風景だろうか。

 混血児のキクとイサムは今より強い差別意識の中でたくましく育っていく。イサムは米国人に養子にもらわれていく。キクは残され問題も起こすが、祖母と2人で農業でたくましく生きていくというストーリー。

 つい40年前まではああいう風景が日本であったと思う。食料が満ち溢れ、小夏さんが言う「満ち足りた」暮らしになったのはつい20年ほど前からですね。基盤は危ういものであると思いました。
Eiga2_r

 近所付き合いも濃厚な時代ですし。昔の日本人は逞しいと思いました。

 赤字覚悟で「戦争を知らない子供たちのための映画会」を主催上映を続けている田辺浩三さんには感謝です。

 次回上映会は10月12日(月曜・祭日)「あかね雲」テーマは「脱走兵士」です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.09.09

「キクとイサム」映画会のお知らせ

Kikutoisamu1
 戦争を知らない子供たちに送る映画会第3弾(田辺浩三氏主催)は「キクとイサム」(今井正監督・1959年・大東映画)です。

 会津磐梯山を背景に、黒人混血児の姉弟を叙情的に描き、この問題を社会に訴えようとするもの。主役の二人には何人かの候補者の中から東京荒川の小学六年生と横須賀の小学四年生が選ばれ、今井監督のもとで俳優としての訓練をうけた。水木洋子のオリジナル・シナリオを、「夜の鼓」以来ひさびさの今井正が監督した。撮影も「夜の鼓」のコンビ・中尾駿一郎。(gooの映画解説より全面引用)

 戦争の落とし子である混血児がテーマ。差別の残る農村で祖母と暮らす姉弟の暮らしは大変であったと思われます。

 しかしこの問題は過去の話ではまもなくなくなると思います。日本は少子高齢化が急速に進んでいます。今後は移民を年間20万人程度受け入れる社会になるでしょうし。その場合に残る差別意識をどう克服するのか。近未来の問題でもあるようです。

 またこの映画の合間に2人のスピーカーが講演します。大戦中少年兵であった大川愛郎(よしお)さん。戦争体験をしっかり語れる数少ない人。軍隊生活の異様さ、当時の軍国主義教育についてお話をしていただきます。お元気な高齢者代表です。

 大川愛郎さんに関するブログ記事です。

 田辺浩三さんの娘さんである小夏さんも「戦争を知らないこどもたち」の代表としてお話をしていただく予定だそうです。


「キクとイサム」映画会

(日時)  9月20日(日曜日)

(上映時間)  AM10時 PM0時15分  PN2時半 PM6時

 田辺小夏さんと大川愛郎さんの講演4時15分~

(場所)高知市龍馬が生まれたまち記念館

(会費) カンパです。(なるべく1000円以上しましょう。)
Kikutoisamuura

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.08.25

樺太1945年夏氷雪の門・手紙

 64年前の8月23日に樺太の真岡(まおか)の惨劇があった日に、高知市龍馬が生まれたまち記念館にて「樺太1945年夏 氷雪の門」(1974年・作)の美術監督をされた木村威雄氏から、映画会主催者の田辺浩三さんにお手紙が寄せられています。

 達筆でなかなか判読できませんが、撮影の道具探しの苦労が書かれています。真岡郵便局の電話交換機も偶然見つけてこられたとか。

 田辺さんの許可を得ましてコピーをさせていただきました。画像化してみました。じっくり読まれてご確認ください。(クリックすると少しは拡大します。)
Kantoku1
Kantoku2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

07高知県知事選挙 | 2008年衆議院選挙関連 | 2009年衆議院選挙関係 | 2012年衆議院選挙関係 | 2012年車椅子で行く高知の観光施設 | 2013年参議院選挙関係 | 2014年東京都知事選挙 | blogによる自由民権運動 | blogの伝道師・blogの鬼 | bousai_ | Eコマース・スキルアップ講座 | koutikengikaigin | NPO法人高知減災ネットワーク会議 | お花見遊覧船 | けんちゃんの今すぐ実行まちづくり | けんちゃん1人weblog | はりまや橋サロン | まちづくり | アニメ・コミック | イラク派兵問題 | ウェブログ・ココログ関連 | ゴーヤ栽培日誌 | サッカー | スポーツ | スポーツのありかた | チベット問題 | ニュース | バリヤフリー | パソコン・インターネット | ホームページによる交流 | メディアリテラシー | ヨット関係 | 三好市との交流事業 | 中国四川大地震 | 二葉町町内会の動き | 二葉町自主防災会 | 井原勝介さん講演会 | 人繋がりネットワーク | 仁淀川町と二葉町との交流 | 仙波敏郎さん講演会 | 伊野町問題 | 健康・体の問題 | 健康問題 | 入野敏郎さんみかん園 | 公共交通問題 | 公共財のありかた | 前田康博さん講演会 | 南海地震対策 | 南海地震特別税 | 原子力政策 | 原発と核のゴミ処理場アンケート | 原発災害 | 叔母・車椅子来高・2014・10・18 | 司馬遼太郎氏の帝国主義論 | 吉本隆明氏・追悼文 | 品川正治さん講演会関係 | 国政問題 | 国際問題 | 土佐電鉄ーごめん・なはり線 | 地方の公共交通 | 坂本龍馬像建立運動 | 夜須町関係 | 大学問題 | 天木直人さん講演会関係 | 宇田川知人さん出演番組 | 安田純平さんを高知へ招く会関係 | 少子化問題 | 岡林信康コンサート | 島本茂雄さん・中平崇士さん出演 | 巨大地震・津波対策用高強度発泡樹脂浮力体 | 市民参加のありかた | 平和・反核・護憲の社会運動 | 平和問題 | 建築物 | 憲法問題 | 戦争を知らない子供たちへの映画会」 | 携帯・デジカメ | 政治のありかた | 政治評論 | 教育問題 | 新しいメディアの創出 | 新型インフルエンザ対策 | 新堀川市民大学 | 新堀川生態系保護問題 | 日誌風の感想 | 映画「六ヶ所村ラプソディー」 | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 有機農業の支援 | 朝鮮半島問題 | 木質バイオマス地域循環システム | 東京近辺見聞録2013年 | 東京近辺見聞録2014年(1) | 東京近郊見聞録2010 | 東京近郊見聞録2011年 | 東京近郊見聞録2012年 | 東洋町サポーターズクラブ | 橋本大二郎さん出演番組 | 橋本県政16年の検証 | 橋本県政16年の総括 | 歩いて見る高知市 | 歴史の宝庫新堀川 | 歴史問題 | 死生観・終末観 | 沖縄ー高知の交流 | 沖縄基地問題 | 沢山保太郎東洋町長出演 | 津波避難施設について | 漫画文化 | 環境問題 | 田辺浩三さん映画会(小夏の映画会) | 社会問題一般 | 社会思想問題 | 社会運動 | 福井照 | 福井照さん出演番組 | 福祉の問題 | 空のあんちくしょう | 経済・政治・国際 | 経済問題 | 耐震偽装問題 | 自然エネルギーの活用 | 芸能・アイドル | 芸術・文化 | 若者支援事業 | 蓄光塗料 | 認知症症候群について | 認知症重度化予防実践塾 | 趣味 | 路上詩人はまじさん | 連合赤軍と新自由主義の総括 | 都市再開発 | 都市論 | 錆を防ぐさびのある話 | 防災問題 | 防災対策 | 防衛問題 | 音楽 | 高レベル廃棄物問題 | 高知の根源・由来を考える | 高知の観光 | 高知シティFM | 高知シティFM「けんちゃんのどこでもコミュニティ」 | 高知シティFMけんちゃんのどこでもブログ | 高知シティFM最終収録 | 高知大学防災すけっと隊 | 高知学研究所 | 高知市政問題 | 高知県政ぷらっとこうち問題 | 高知県政問題 | 高知県民マニュフェスト大会 | 高知県物産公社構想 | 高知県議会立候補者への公開質問状 | 鵜の目鷹の目 | 2006年白バイ・スクールバス衝突事件 | 2010年参議院選挙 | 2014年東京・横浜出張 | 2014年衆議院選挙関連