新型インフルエンザ対策

2020.07.12

防災と防疫の両立は世界の難題

防災と防疫の両立_NEW
 高知新聞2020年7月9日の記事は考えさせられました。

「防災・防疫両立世界で課題」

「国連各国に対策要請へ」と見出しにあります。

 豪雨災害に見舞われた九州地方では、「複合災害対策」が言われるようになり、高台の学校施設の広い体育館には、「3密を防ぐ」工夫がなされ、最近流行の段ボールベットや間仕切りが導入された避難所になっていました。

 低地(海抜0メートルの市街地である)高知市下知地区。自然地形の高台は皆無。過去の内水面水害(1970年・1975年)の経験から高知市は低地の市街地の雨水処理施設、排水ポンプ場の整備を行い、1時間雨量77ミリの豪雨でも市街地はおかげで浸水しなくなりました。

 今年から新下知ポンプ場が建設され(完成は4年後)ますと、内水面の排水能力はより向上し、大雨災害の脅威からは、海抜0mの下知地区は逃れることができそうです。素晴らしいことです。高知市の皆様ありがとうございました。

 ところが高知市下知地域は、想定どうりの南海トラフ地震(今後30年以内に70%以上の確立で起きるとされている。下知地区の想定震度は7.地盤は最悪2m地盤沈下し、地域全体が浸水し、長期浸水になる」とのこと。
高知市津波ハザードMAP_NEW
 地震後長期浸水する高知市の低地の市街地は2800ヘクタールあり、13万人の高知市民が居住しています。圧倒的に避難所も避難場所も、津波時避難施設も全く足りません。このあたりは高知市は無為無策、不作為の限りです。

 さて下知コミュニュティ・センターでの避難所開設・運営訓練を10月25日に予定しています。そして今年のテーマは「感染症対策」です。場所が狭く、多数の人が避難してくることを想定した訓練になろうと思います。

 国連も「対策を各国に要請を」とあるが、「国連各国の対策を支援」となければおかしいと思います。

 昔から浸水すれば感染症は必ず発生しました。では21世紀の防災対策です。海抜0mの高知市下知地区でそう防疫が出来るのか。思案しているところです。

| | コメント (0)

2020.05.15

コロナ対策と災害対策の融合は可能なのか?

 日本経済新聞2020年5月14日号には「四国の避難所3密防げ」「高知市、災害に備え」「体調不良者専用エリアに」「1人の居住面積2倍に」などと記事には高知市防災対策部の「威勢の良い」コメントが掲載されていました。

 地域で地元町内会と連携してこの2年間下知コミュニュティ。センター全館での年に一度の総合防災訓練を実施してきた立場からしますと高知市の「前向きな姿勢」には「にわかに信じがたい」ところがありますね。

 二葉町総合防災訓練2019年(報告書)

http://futaba-bousai.cocolog-nifty.com/blog/2019/12/post-34ecda.html

 二葉町総合防災訓練2019年(反省会)

http://futaba-bousai.cocolog-nifty.com/blog/2019/11/post-47cd9a.html

 多分それは内閣府から自治体への通達があったからであると思いますね。

http://www.bousai.go.jp/pdf/hinan_korona.pdf

 当時私もレポートし、高知市の施設管理者と防災部署に非公式に打診をしました。

http://futaba-bousai.cocolog-nifty.com/blog/2020/04/post-d5f82a.html

 地域からの要望は常識的なものです。

①下知コミュニュティ・センターへのアルコール消毒液を配備いただきたい。
②下知コミュニュティセンターへの避難者用にマスクも配備いただきたい。
③下知コミュニュティ。センターへのサーモ体温計を配備いただきたい。
また体温計を数個以上配備いただきたい。

◎現状では「3密」状態は避けられません。ならば可能な限り施設管理者として衛生用品を施設に配備し、防災部署は感染症対策も含めた、避難所開設・運営についての研修を実施していただきたいです。

 つまり今年(2020年)に二葉町防災訓練を実施するとすれば、以下のような対策が必要です。

①訓練参加者全員の検温が必要。体温計やサーモ体温計が必要。

②登録受付の場所に透明フィルム貼りが必要です。

③訓練参加者はアルコール消毒液で手を消毒する。

④訓練参加者全員がマスク着用

⑤訓練スタッフは全員が使い捨て手袋着用

⑥熱のある人は隔離する部屋を用意。災害対策本部の無線で直ちに連絡。

⑦共用箇所のドアやトイレなどの消毒作業を徹底する。

 はたして実現できるのだろうか?防災会としては消毒液やマスクを独自に用意する予算はないからです。

| | コメント (0)

2020.05.14

母は口腔ケアに行きました。

DSCN6803
 2020年5月14日ですが、母(94歳)は月に1度の口腔ケアに行きました。なかなか自分では歯磨きが難しいので、月に一度歯科医院の歯科衛生士の方に歯磨きと歯垢取りをしていただいています。
DSCN6804
 母の場合は歯が欠けたりしています。ですが、28本の自分の歯はしっかり残っているとか。若い人の様に抜歯など出来ません。血液さらさらにする薬を服用していますので、高度医療機関へ入院し抜歯しないといけないからです。
DSCN6805
 所詮は「その場しのぎ」の対処療法ではありますが、自分の歯が残存し、自分の歯で食事が普通にできますので、超高齢者としてはいいのではないかと思いmす。次回は6月に来院することを予約しました。
DSCN6806

| | コメント (0)

2020.04.22

複合災害を前提とした避難所開設・運営

防災紙芝居
 コロナ感染対策で、目一杯の国や地方自治体。日本は「災害大国」であることを輪s受れてはいけないです。世界の大地震の20%は、狭い日本で起きています。また世界に活火山は400ありますが、そのうち110は日本にあります。
楠瀬会長
 大地震や大津波や、大噴火がいつ起きてもおかしくありません。また台風や大雨は毎年起きています。災害時避難所へ逃げないと命が守れません。その避難所では、今言われている「3密(密室・密閉・密接)を避けることなど、狭い避難所でできません。
内閣府通達・コロナ対策避難所運営1_NEW内閣府通達・コロナ対策避難所運営2_NEW
 内閣府は都道府県に、複合災害時の避難所開設。・運営への通達をだしているようです。それはいことですが、実際の避難所で実践できなければ無意味です。最低限アルコール消毒液とマスク、使い捨て手袋と体温計は必要ですね。
内閣府通達・コロナ対策避難所運営3_NEW

| | コメント (0)

2020.03.11

東京五輪は来年同時期に開催か?


東京五輪は来年開催か?_NEW
 日本経済新聞2020年3月6日号に「気になる記事」がありました。記事は特集記事である「COUTDOWN TOKYO2020」の中にあり、見出しは「五輪延期」発言の影響力」とあります。

 記事によりますとIOC(国際オリンピック委員会)の古参議員であるディック・パウンド委員(77歳)の発言だけに重みがあるようですね。

 経歴はと言いますと「1960年ローマ五輪でカナダの競泳代表選手。1978年にIOC入りした古参委員であり弁護士だそうです。

 その手腕は1980年代からマーケティングの責任者として北米のスポンサー企業を、テレビ局との巨額契約を次々にまとめた。

 サマランチ元会長のIOC内での後継者争いには破れましたが、今でも「五輪ビジネス」を差配する実力者らしい。現在はバッハIOC執行部とは距離を置いているとか。

 ロイター通信はこのように記述しているそうです。

「パウンド氏は年内の延期を欧米のスポーツと時期が重なることから「非常によくないこと」と否定したうえで、1年延期を口にした。

 北米のテレビ局やスポンサー企業に詳しい同氏の発言だけに、現実の選択肢になるかもしれない。」

 確かにIOCにとっても中止よりは延期の方が望ましいらしい。それは放映権収入だけが理由ではないです。

 夏季五輪は過去に戦争で3回中止になっています。いずれも欧州での世界大戦の影響でした。

「当時とはアスリートの存在感、影響力はまったく違う。中止によって彼らの求心力を失えば、五輪は一気に存続の危機を迎える可能性すらある。」

 延期した場合、ホスト国日本の経費負担は甚大ですね。しかし今はコロナ・ウィルス感染は拡大の一途。延期しても開催できるのかどうかは今の時点では見えませんね。

 日本経済新聞は時々「核心を突く記事」を掲載しますね。感情論ではなく、経済という「損得勘定」で行けば、「1年延期」は可能な選択肢の1つであると感心しました。

| | コメント (0)

2010.02.02

思い知る感染症の怖さ

  あらためて30日未明から31日にかけての激しい嘔吐と腹痛。2月1日の脱水症状を経て、ようやく回復基調ですが、まだまだです。復帰は明日以降です。食事はお粥とOS-1(経口補水液)だけですので、体に力がはいりません。脱力感が大きい。

 昨年からの「新型インフルエンザ」のキャンペーンも有り、外出後は必ず手洗いとうがいを励行していました。手洗いも石鹸で3分以上しつこくしていました。それでも感染性胃腸炎になりました。未だに感染ルートはわかりません。恐いものです。

 大地震で罹災したハイチなどは、災害時のケガの治療と同時に、感染症の予防が大事です。画像で見る限り都市機能がほとんど壊滅しているから余計そう思います。

 防災用品のなかに感染症防止の備品も入れなくてはと思いました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009.11.18

医療関係者の新型インフルエンザ対策とは?

  高齢の父が病院へ行きたいとか言うので,行きつけの内科へ行きました。さすがに平日の午前中の受診は、父のような高齢者ばかり。幸い風邪を引かれている人はいません。

 主治医も「うちは新型インフルエンザで来たのは高校生。小児科ではないので子供は来ないし。」とのこと。季節性インフルエンザの予防接種もお願いをしましたが、2人1口なので、タイミングが合わず見送りに。12月に父の接種は再挑戦することに。

 診察を終えて近くの調剤薬局へ薬をもらいに行きました。顔見知りになった薬剤師と話はしました。

「皆さんは医療関係者と言うことになりますが、新型インフルエンザの予防接種はされておられますか?」

 と聞きますと

「うちら調剤薬局は対象外で、予防接種の予定はありません。いつになるのかわかりません。当然新型インフルエンザの患者も薬局へ来ますが同しようもありません。」とのこと。

 医院の受付業務の人たちもそうですし。大きな病院では検査技師やらはどうなっているのでしょうか?

 接触感染の可能性が高い医療関係者から接種をしないといけないとは思いますが・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.10.20

働き盛りは後回しの新型インフル・ワクチン接種

  新型インフルエンザのワクチン接種がいよいよ始まりました。医療関係者からです。時期をずらして、持病を持った人や幼児、高齢者と年明けになり、中学高校生が3月頃になるとか。働きざかりの30歳から50歳代の世代のワクチン接種は予定すら立っていないようです。

 新型インフルワクチン、サラリーマンすっかり蚊帳の外(ZAKZAK)

 情報があるようでないから混乱しているようです。だんだん寒くなり感染時期になります。ちゃんと対策を立ててtいただきたい。国も自治体もです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.09.10

新型インフルエンザ感染爆発時の企業対策セミナー

 9月9日の午後からは、高知県危機管理部危機管理課課長の酒井浩一氏の講演「新型インフルエンザへの対応」を傾聴しました。主催は高知県塗料商業組合でした。
Hasimoto_r

 まず今回の企画を段取りされた高知県塗料商業組合青年部長の橋本周快氏(高知ロック社長)から、今回の開催主旨青年部の取り組みの説明がされました。
Sumi_r

 続いて高知県塗料商業組合の角裕和氏(角コーポレーション社長)より、組合企業としての危機管理対策への取り組みと、今後の対策についての説明がありました。

 酒井浩一氏の講演内容は以下のとうりです。
Sakai1_r

新型インフルエンザを正しく恐れてください。」と言われました。

「過剰に恐れてはいけないです。それでは身動きが取れません。幸い強毒性のインフルエンザではありません。では季節性のインフルエンザと同じかと言えばそれは違います。」

「症状は季節性のインフルエンザと同程度かもしれませんが、感染力は格段に強いです。それはだれもが新型インフルエンザに免疫を持っていないからです。」
Infuru1setumei

「患者が圧倒的に多いため。重篤者が出る確立が高いです。季節性のインフルエンザは毎年1万人の死者が出ています。患者が9月になり学校が始まりましたので、報道はあまりされていませんが、高知県内でも患者数は飛躍的に増えています。」

「38度以上の熱が出ましたら、まずかかりつけの医院に電話してください。そして医院の医師に従ってください。簡単なインフルエンザ判定キッドでは、A+と判定が出れば90%新型インフルエンザとの判断をするでしょう。」

「ワクチンの投与の優先順番は国から指示が来ます。現在は指示待ち状態です。とにかく感染したら熱が下がっても2日間は会社を休んでください。会社側も理解してください。」
Sakai2_r

 続いて参加者との質疑応答になりました。

Q「うちは保育へ行っている子供がいます。例年インフルエンザの予防注射はしています。季節型インフルエンザと新型インフルエンザを注射する場合はどうすればいいのでしょうか?」

A「体調その他もあるし、わたしは医師ではないので一般論でしかありませんが、1週間は間をあけて接種してください。とのことです。」

Q「現在の新型インフルエンザは、症状としては季節型タイプです。万が一それが変態し、当初恐れられていた、強毒性の鳥インフルエンザの人から人の感染が広まった場合はどうなるのでしょうか?」

A「それは罹患した人の致死率が100%と言われていますので、感染者を出した企業や店舗は即閉鎖です。完全隔離、完全封鎖です。人権上の問題があるかもしれませんが、その場合は国や行政は強権的にやらざるを得ないでしょう。」

Q「今私たちができることはなんですか?」

A「従業員・顧客・会社を感染から守る処置をしてください。
 感染予防策の徹底です。外出からもどればうがいと、手洗いをしてください。咳エチケットもありますで、咳が出るようでしたらマスクも着用してください。」

「危機管理の鉄則は、最悪の事態を想定して最善をつくすことです。1番休んでほしくない社員が感染した場合を想定して、仕事を見直すことを普段からしてください。そうすれば実際に感染状態になったときに落ち着いて対応ができます。
 結果として事業継続計画(BCP)につながります。」
Infututaisakuken

 事態がどうなるのかは予断ができませんが、必要以上に恐れず、情報をきちん入手し、経口感染ですから、対策をすれば会社や家庭の被害も低減化できることがわかりました。

 大変有益なセミナーでした。

参考  高知県新型インフルエンザ対策

     厚生労働省新型インフルエンザ対策情報

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009.09.08

我が家の新型インフルエンザ対策(その1)

1dayked1_r
 
 全く対策のしようのない新型インフルエンザ。ワクチンも間に合いそうもないし。うちは超高齢者(90歳・84歳)の両親と同居していますし。感染が広まることに心配するばかりです。

 とりあえずは外出したら必ず、石鹸での入念な手洗いの実行。うがいの実行。これ以外はありません。しかしそれでも家族が感染したらどうすればよいのでしょうか?
 
 厚生労働省の方針は、今年の秋冬にかけて日本でも爆発的に感染者が増加すると予測しています。その方針は「新型インフルエンザの患者は原則として外出自粛、自宅療法」です。感染しても病院に入院することはできないことなのです。

 また厚生労働省は「症状が軽い場合は、感染の翌日から7日を経過した日まで、または発熱が無くなった翌々日までは自宅待機する必要があるとしております。
 具体的にはどうすれば良いのか?情報が錯綜しわかりませんね。

 うちの会社の取引先でマスクなどの衛生用品を販売しているところがありました。その会社は財団法人健康予防医学財団の指導を受けて「インフルエンザ看護1DAYキット」を出しました。それを入手しました。多分品薄で今後の入手は難しく、商売にするつもりもありませんし。

 よくある事例はマスクとアルコール消毒の手押しの消毒液。もう既にドラック・ストアなどでも品薄になっております。メーカーも生産に追いつかない状態と聞いています。

 ではマスクと消毒液だけでよいのかと言いますと不十分であると思います。家庭で1人新型インフルエンザに感染者が出ましたら、なるべく部屋を出ず、可能な限り隔離し、決まった人が食事を運んだりして世話をすることになります。

 「インフルエンザ看護1DAYキット」というのは、世話をする人用の看護キットです。
1日分の必要なキットの内容は以下のとうりです。

1)サージカルマスク(BEF99%)           6枚

2)ポリポロピレン製手袋              5組

3)ポリエチレン製ガウン型エプロン         1枚

4)ヘアキャップ(ポリエチレン製)         1枚

5)ポリ袋(小)                  5枚

6)ポリ袋(大)                  1枚

7)ペーパータオル                10枚

*使用説明書・予防と看護の手引きが箱に入っているようです。

 1人の感染者を世話するのに、たくさんの使い捨ての資材がいるものであると思います。

*ちなみに1日分のキットで、お値段は約1000円。30日分ですと3万円かかります。
1daykid2_r
*画像はクリックすると拡大しますが、大きすぎて見えない箇所があるかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

その他のカテゴリー

07高知県知事選挙 08syugin_ 2008年衆議院選挙関連 2009年衆議院選挙関係 2012年衆議院選挙関係 2012年車椅子で行く高知の観光施設 2013年参議院選挙関係 2014年東京都知事選挙 2015年雨漏り修繕工事 2015雨漏り・外壁補修工事 2016年参議院選挙 2016年首都圏遠征 2019年参議院選挙 2019年高知市長選挙 2019年高知県知事選挙 2019年高知県議会議員選挙 2019高知市議会議員選挙 blogによる自由民権運動 blogの伝道師・blogの鬼 bousai_ Eコマース・スキルアップ講座 koutikengikaigin NPO法人高知減災ネットワーク会議 SOSカード お花見遊覧船 けんちゃんの今すぐ実行まちづくり けんちゃん1人weblog はりまや橋サロン まちづくり まちづくり条例見守り委員会 アニメ・コミック イラク派兵問題 ウェブログ・ココログ関連 エアーボート 救命艇 カラー・ユニバーサルデザイン ゴーヤ栽培日誌 サッカー スポーツ スポーツのありかた スマホDEリレー スマホSOSシステム タウンモビリティ・ステーションふくねこ チベット問題 ニュース ハイパーレスキュー艇・シーレックス バリヤフリー パソコン・インターネット ホームページによる交流 メディアリテラシー ヨット関係 ロープワーク 三好市との交流事業 下知コミュニティセンター防災部会 下知中小零細企業BCP研究会 下知地区防災計画 下知地区防災計画・ブロック会 下知地域内連携協議会 下知町内会連合会 中国四川大地震 中土佐町との交流事業 事前減災対策としてのインフラ整備 二葉町町内会の動き 二葉町総合防災訓練2020年 二葉町総合防災訓練2019年 二葉町自主防災会 五台山・市民農園 井原勝介さん講演会 交通事故防止対策 人繋がりネットワーク 仁淀川町と二葉町との交流 今治市防災士会・連合自治防災部会との交流会 今野清喜さん講演会 仙波敏郎さん講演会 伊野町問題 健康・体の問題 健康問題 入野敏郎さんみかん園 公共交通問題 公共財のありかた 共謀罪反対運動 内閣府地区防災フォーラム2016年仙台 内閣府地区防災計画 前田康博さん講演会 南海地震対策 南海地震特別税 危機意識・リスクマネジメント 原子力政策 原発と核のゴミ処理場アンケート 原発災害 反ファシズム運動 叔母・車椅子来高・2014・10・18 口腔ケア 台風・大雨対策 台風・大雨情報 台風対策 司馬遼太郎氏の帝国主義論 吉本隆明氏・追悼文 名古屋大学室井研二准教授 品川正治さん講演会関係 国政問題 国際問題 土佐電鉄ーごめん・なはり線 地区防災計画学会・高知大会2018年 地方の公共交通 地震保険 坂本龍馬像建立運動 報道関係 夜須町関係 大学問題 大阪北部地震2018 天木直人さん講演会関係 宇田川知人さん出演番組 安田純平さんを高知へ招く会関係 少子化問題 岡村眞先生講演会 岡林信康コンサート 島本茂雄さん・中平崇士さん出演 巨大地震・津波対策用高強度発泡樹脂浮力体 市民参加のありかた 平和・反核・護憲の社会運動 平和問題 平成天皇を称えます 平成28年度下知地区防災計画 広域地域間交流 建築物 感染症対策 憲法問題 戦争を知らない子供たちへの映画会」 戦争法案反対運動 戦争災害 手結福島・南地区自主防災会 排泄ケア(排尿・排便)の重要性 携帯・デジカメ 政治のありかた 政治評論 救命船南風 教育問題 新しいメディアの創出 新型インフルエンザ対策 新型コロナウィルス対策 新堀川市民大学 新堀川生態系保護問題 日誌風の感想 映画「六ヶ所村ラプソディー」 映画・テレビ 昭和南海地震の記録 昭和小学校・防災じゅぎう 昭和小学校防災学習 書籍・雑誌 有機農業の支援 朝鮮半島問題 木質バイオマス地域循環システム 村上肇さんWEBセミナー 村上肇氏BtoBセミナー 東京近辺見聞録2013年 東京近辺見聞録2014年(1) 東京近辺見聞録2015年 東京近郊見聞録2010 東京近郊見聞録2011年 東京近郊見聞録2012年 東北被災地ツアー2015年 東北被災地交流ツアー2005 東日本大震災の被災者の皆様との交流事業 東洋町サポーターズクラブ 橋本大二郎さん出演番組 橋本県政16年の検証 橋本県政16年の総括 歩いて見る高知市 歴史の宝庫新堀川 歴史問題 死生観・終末観 母・毛山病院入院2017 気象庁情報の正確な伝達 沖縄ー高知の交流 沖縄基地問題 沢山保太郎東洋町長出演 河瀬聡一郎さん講演会 津波避難施設について 浸水地区に救命艇 浸水対策備品 漫画文化 父・いずみの病院 父・日赤・ICU 環境問題 田辺浩三さん映画会(小夏の映画会) 社会問題一般 社会思想問題 社会運動 神戸市長田区鷹取との交流 神戸市長田区鷹取東地域との交流 福井照 福井照さん出演番組 福祉の問題 空のあんちくしょう 経済・政治・国際 経済問題 耐震偽装問題 脱水症対策 自然エネルギーの活用 自衛隊の救助訓練 芸能・アイドル 芸術・文化 若者支援事業 蓄光塗料 西村吉正・春子服薬・食事情報 西村吉正・死去後の動き 西村吉正1周忌・3回忌 認知症症候群について 認知症重度化予防実践塾 講演会・研修会 講演会・講習会 超高齢者の事前減災対策 趣味 路上詩人はまじさん 連合赤軍と新自由主義の総括 都市再開発 都市論 錆を防ぐさびのある話 阪神大震災20年慰霊と交流 防災問題 防災対策 防災紙芝居プロジェクト 防衛問題 雪道対策 音楽 高レベル廃棄物問題 高知の根源・由来を考える 高知の観光 高知シティFM 高知シティFM「けんちゃんのどこでもコミュニティ」 高知シティFMけんちゃんのどこでもブログ 高知シティFM最終収録 高知大学防災すけっと隊 高知学研究所 高知市地域コミュニティ推進課 高知市政問題 高知市社会福祉協議会 高知市長との意見交換会・資料2015年 高知減災ネットワーク会議 高知県政ぷらっとこうち問題 高知県政問題 高知県民マニュフェスト大会 高知県物産公社構想 高知県議会立候補者への公開質問状 高知蛍プロジェクト 鵜の目鷹の目 2006年白バイ・スクールバス衝突事件 2010年参議院選挙 2014年東京・横浜出張 2014年衆議院選挙関連 2015年叔母北海道より車椅子の旅・高知 2015年県議選・市議選 2016年熊本地震 2017年衆議院選挙 2018年沖縄県知事選挙