ヨット関係

2020.01.14

1月2回目の海の散帆

 家内の許可が出ました。母(94歳)もいいので、1月2回目の海の散帆に夜須へ行きました。天気はどん曇りです。車で行きますが行きがけは、オールシーズン私はエアコンを使用しません。外で活動するスポーツでは体を外気温に慣らす必要がありますから。
DSCN5262
先週の1月4日の初乗りセーリングで、ウェット・スーツが着衣中に破れてしましました。家内に購入を打診しましたが、「3年前購入して1度も着ていないドライスーツがあるはず。それを着なさい。」と言われ、却下されました。

 ハーバーへ着くとどん雲。風は弱い。先に高知大学ヨット部の2人乗りの470が3艇と、スナイプが1艇出ていきました。慎重にぎ装しました。
DSCN5264
 ドライスーツはその名のとうり、体が濡れません。それは足首、手首、首周りの5か所を生ゴムで締め付け、水がはいらないからですね。でも着衣時、脱衣時は、死ぬほど苦しいので、避けていました。でも今日はそうはいかないので、決死の想いで着衣しました。

 「真田丸」の真田勢の鎧の様に赤いドライスーツです。さすがに目立ちます。なんとか着れました。でも手首。足首、首が締まり苦しい。確かに寒くはありません。上下の化繊のヒートテックをなかに着ましたので暖かいです。
DSCN5294
 出艇しました。満潮時でしたので、スロープを降りるとすぐに深くなります。胸あたりまで海に浸かりましたが、さすがに寒くはありません。ドライスーツ様様でした。

 しかし海はどん曇りで風が弱い。逆ヒールしてようやく沖へ。先発していた高知大学ヨット部も風が弱くて苦戦中でした。でも1時間ぐらい奮闘していますと、日差しが出てきました。少しだけ風が吹き出しました。
DSCN5299
 しかし赤岡沖まで行けるような風は吹かず、2時間ぐらい頑張って着艇しました。目の疲れと首肩の凝りは取れました。次回はもう少し強風の時に出るようにします。冬場のセーリングのめどが立ちました。
DSCN5300
 年寄りの下手くそでも「安全に」冬でも帆走できることを確認しました。

| | コメント (0)

2020.01.06

夜須での安全祈願と初海の散帆

 2020年1月4日(土曜)です。母(94歳)を今日から始まりましたディサービスへ送り出し、その後夜須へ行きました。
DSCN5149
 まずはヤッシーパーク入り口にある恵比寿堂。3つの神様が小さな祠に同居しているとか。家内安全、商売繁盛、海での安全、地域の安全を祈願させていただきました。(サンゴの備品が備えられているのは漁師さんたちの神様(海の神様です。)
DSCN5150DSCN5152
 その後、昼食などをヤッシーパークのふれあい市で購入し、ハーバーへ到着すると午前10時になっていました。

 早くも高知大学生やジュニア・ヨットクラブの有志が「初乗り」でハーバーでぎ装し、出艇していました。
DSCN5158
 予想より風が強い。慎重にぎ装しました。ウエットスーツ着込みました。それでこわごわ出艇。2020年の初セーリングです。海の上は予想以上に風が強い。しかも波が高い。わたしの技量ではかなり難しい状況でした。
DSCN5161
 頑張りましたが、30分程度で2020年の初乗りセーリングは終わりました。反省点は、ウェット・スーツは老朽化し、破れいる箇所もあり寒いです。暖冬とは言え、海の上は寒いので(風が吹けば)、年寄りの身の安全を考えますと、ドライスーツを次回から着用するようにします。

 あと社会人が2人来ていました。次回からより安全に配慮し、トライします。


ハーバーでいろんな人に会いました。

 ぎ装し、出艇しようとしますと航海士のような制服を着用した青年に会いました。間城大賀さんでした。間城さんはジュニア・ヨットクラブで活躍され、高校生時代は、北アイルランドのトッパークラスのヨットの世界選手権に出場されておられました。今日成人式であるとか。
DSCN5165
 YASU海の駅クラブの井土晴夫事務局長や、井上海子さんや息子と記念撮影をしました。
DSCN5170
 今日が今年の初乗りということで、レーザーのYさんとシーホッパーの人にも会いました。晴天で気持ちがよかったです。海風に吹かれるのはいいですね。

| | コメント (0)

2019.12.25

海に浮かんでいました。


DSCN4984
 2019年12月21日(土曜)ですが、家内の許可が出て、早くから夜須の海へ行きました。天気予報は晴れ間は午前中で、午後からはどん曇りになるという事でした。
DSCN4987
 9時前にヤッシーパーク駐車場へ車を置き、訪にておむすびと玉子焼きを購入。保冷箱に入れました。そしてハーバーへ。高知大学ヨット部の人達が艇庫やハーバーやビーチの掃除をされていました。わたしもごみ袋をもらい、自分の艇付近のハーバーのごみ拾いをしました。

 そしてぎ装しました。トレーラーのタイヤの空気が抜けていました。これでは重いし、下手したらパンクするので艇庫へ持参し、コンプレッサーで空気を入れました。

 久しぶりなので艤装は慎重にしました。普段の倍かかりました。そして着替えです。ウェットスーツを着れば海へ出れます。ところ着る順序を間違えたのか,着用できず苦戦しました。一度脱いで再挑戦。やっと着用出来ました。太って見苦しい贅肉がついていので苦労していました。
DSCN4990
 そしてようやく海へ出ることが出来ました。ところが予想どうり風が弱い。沖合へ出るまでに時間がかかりました。風が弱いので、今日は赤岡沖への遠征は諦めました。


 高知大学ヨット部は、午前中は清掃の予定らしく海へ出てきません。ワンマンセーリングをしていました。
DSCN4992
 今日は波がなかったので、微風で逆ヒールすればなんとか帆走出来ました。ぎ装とウェット着用でロスタイムがあり、90分程度の海の散帆でしたが、大満足です。

 さすがに風は少し冷たく感じましたが、海水は手を入れますとい暖かい。たぶん外気温は13度程度でしたが、海水温は20度以上はあると思います。北の遠くの山を見ても、雪をかぶっている山は皆無です。暖冬であるのかもしれないですね。

 着艇してヨットを丁寧に水洗いしました。来週は多分これないので、2019年の海の散帆は今日でお終いです。お陰様で海に浮かんでいますと首肩の凝りや目の疲れや、腰の痛み、体のねじれが治りました。充電出来ました。家族のおかげです。
DSCN4996
 朝は青空でしたが、午後からはどん曇り.風もなくなりました。飛行機雲が出てくると明日の天気は下り坂ですね。

 母(94歳)のディサービスの受け入れ時間までに帰るべく、早めにハーバーを出ましたが、道路が渋滞。時間がかかり間に合わず家内からはブーイングでした。

| | コメント (0)

2019.12.04

11月最後の海の散帆

 2019年11月30日(土)ですが、11月3回目の海の散帆(セーリング)に行きました。家族の健康と家内の理解があればこそでした。
kasio yaxtusiiぎ装
 9時前にヤッシーパーク駐車場につきました。訪で昼食のおむすびと玉子焼きを買いました。保冷箱に入れます。夜須駅前広場に人の列とバスが停車してました。「カシオ・オープンゴルフ」のシャトルバスのようですね。

 YASU海の駅クラブへ着きました。警備員もおらず、以前のように観客は来ないようですね。男子プロゴルフは人気がないですから。そのうち開催が中止になるのではないでしょうか。
ウェット・ソックス
 のんびりとぎ装しました。着替えるときには、足元はウエット・ソックスを履きました。足元は暖かいです。
高知大学ヨット部
 ハーバーは賑やかでした。何事か聞きますと、高知大学ヨット部のOB会があるらしいです。ヨットも8艇位ぎ装していました。隣のビーチから交代で乗り込み、親睦がメインのセーリングでした。午前中は学生以外では私1人が海に浮かんでいました。
海の上
 風があまりありませんでした。お天気は最高でした。ハーバーへ上がり昼食を食べました。午後からは少し風が出てきました。ウェット手袋と、ネックウォーマーをすると寒くはなかったです。午後からは社会人が3人海へ出てきました。
昼ご飯
 堪能させていただきました。目の疲れや、首肩の頃が海に浮かんでいますと癒されます。家族のご理解で11月は3回も海の散帆が出来て良かったです。
セーリング
 気持ちよく帰路につきましたが大渋滞。ゴルフの観戦客や行楽客の人達でしょうか?90分もかかりました。自宅は戻ると日没でした。

| | コメント (0)

2019.12.03

ボードとカヤックを低地市街地に配備

tumikomi2tumikomi
 2019年11月29日ですが、日の出・弥生町自主防災会長の大﨑修二さんと一緒に土佐市宇佐の高知県立海洋高校へ行きました。
丸池
 目的は「低地の海抜0メートルの市街地の下知地区で、1人でももしもの浸水時に溺死者をなくすために、使用されていないボードセーリング用のボードとシーカヤックを譲渡いただきましたので、トラックで受けとりに行きました。


 


 海洋高校の2か所の場所に10年以上事情が変化し使用されていない艇ばかりでした。劣化しているものもありましたが、下知では「浮力体」として浸水時に活用するので、全然かまわないのです。それにつかまり、自分もライフジャケットを装着し、ロープワークして艇につかまっておれば、浸水時に助かります。
ボート2
 南海トラフ地震の被害想定では、下知地区は地盤が沈下し、地区へ侵入した海水がいつまでも引かない「長期浸水になると言われています。
吉本邸
 船があればなんとかなるのではないかと思いつきました。高知海洋高校の皆様ご理解とご支援ありがとうございました。
若松町
 高知県も高知市も下知地域は「長期浸水になる」と平気で言います。地域で2Mも3M浸水して生活ができるのか?いつ救援に来てくれるのかと質問しても未だに「0回答」です。東日本大震災から8年7か月経過してこの有様ですから。
日の出・弥生
 わたしは行政の「不作為」で殺されたくはありません。浮力体の配備は「荒唐無稽」かもしれません。県も市も2800ヘクタール13万人の市民の救済をなにしませんから。市民としてやれる救済策はなんでも実行します。
二葉町2
二葉町3

| | コメント (0)

2019.12.02

海の駅クラブ役員会


DSCN4534
 2019年11月28日は、NPO法人YASU海の駅クラブ(丸岡克典・理事長)2019年第4回役員会へ行きました。久しぶりの出席でした。
昨日今日と郡部へ巡業して多少疲れてはいましたが、仕事とは違う世界もまた大事なので行きました。
DSCN4533
 11人の役員は、委任状を含めて全員が出席でした。議題は2020年度事業計画案についてでした。香南市のマリンスポーツ振興計画委託事業計画書や利用者を増大させるための計画などが、事務局から提案されました。毎度思うことですが、事業がたくさんあり毎年こなしてきたことに、驚くばかりです。
DSCN4535
 「YASU海の駅クラブ10年委員会(仮称)の提案もなされ、意見交換されました。議事が終了して雑談していたら午後9時になっていました。30分かかって戻りました。外は寒かったですね。

| | コメント (0)

2019.11.24

救命船は住民を救う


救命船は住民を救う_NEW
 珍しく高知新聞の読者投稿欄に掲載されました。
今年の夏引退した高知大学ヨット部の練習サポート船の南風。船外機を外され、ハーバーに放置されていました。
南風前
 聞けば廃船にするとのこと。それで高知大学学務部学生課に無償譲渡の申請を下知地区減災連絡会で出し、7月25日に受理されました。高知大学長名で無償譲渡が正式に決まりました。

 その後地元丸池町の吉本豊道さん(丸池・東弥生自主棒会会長)が、施設管理者側と市役所各部署と交渉され、認可を受け、11月3日に、西田政雄さん(防災寺小屋・塾頭)が夜須から丸池町に運搬していただきました。当日は高知大学ヨット部の皆さんも手伝いをしていただきました。

http://futaba-bousai.cocolog-nifty.com/blog/2019/11/post-049ea1.html

 これで階段を登れなくて溺死する人たちが、1人でも少なくなると思います。この行為で低地の市街地の脅威が解決されたわけではありません。
借り設置後記念撮影
 「市民の命と財産を守ること」が、県知事や高知市長の最大の仕事です。それをわかっている人が。地域のリーダーになるべきです。

| | コメント (0)

2019.11.23

インディアン・サマーの海


ハーバーぎ装後
 2019年11月23日は、家内の許可が出ましたので、朝は8時に自宅を出発、夜須へ行きました。まずは訪でおむずびと玉子焼きを購入。保冷箱に入れました。

 ハーバーには高知大学ヨット部とジュニア・ヨットクラブがぎ装(ヨットの組み立て)をしていました。わたしも慎重にぎ装しました。
海の上
 ハーバーにいますと、日差しが暑い。上着を脱いでぎ装作業をしました。明け方まで雨が降っていたようでした。雨が上がり晴天になると、強風になることもありますが、今日はその気配はありません。

 先週ウエットスーツが」着用時に破れたので、修繕していました。破れた個所にゴムを貼り、ゴム系接着剤で接着しました。なんとかなりました。

 早々と高知大学ヨット部の艇は海へ出ました。私は出艇は最後に。うねりを心配しましたが、波はありませんでした。

 海へ出たものの風が弱く、少ししか進みません。風が弱いので、高知大学ヨット部も沖合へ出ず、ハーバー近くでブイを打ち、微風の練習をしていました。

 なんとかヤッシー・パークの離岸堤を周遊しました。そしたら風が少し強くなり、南風でしたので、アビームで赤岡沖を目指しました。すいすいと赤岡へ行けました。
赤岡
 赤岡から戻るとお昼を過ぎていました、着艇してお昼ご飯を食べました。食べるとすぐにぎ装し、午後のセーリングをしました。
高知大学ヨット部
 午後からは風が弱くなりました。1時間ぐらい浮かんでいましたが、風が弱くなりましたので着艇しました。社会人のYさんとKさんが出てきました。

 先週に続いて充電が出来ました。家族に感謝です。
ランチ
まるでインディアン・サマー(です。

「秋ないし初冬に,晴天が続き,日中は高温,夜間は冷えこむ特異な期間をいう。北アメリカ東部のニューイングランド地方で最もひんぱんに使用される語。

この時期を利用して,アメリカ・インディアンが冬のために収穫物を貯蔵する作業を行う慣習をもっていたからというのが一説である。 」(ことバンクより引用)

| | コメント (0)

2019.11.19

1か月ぶりの夜須の海


DSCN4329
 2019年11月16日(土曜)ですが、1か月ぶりに夜須の海へやってきました。今日は家内と談合し、母(93歳)のディへの送り出しも依頼し、8時過ぎには夜須のハーバーへ来ました。
DSCN4331
 ブランクがあるので、ぎ装(ヨットの組み立て)は慎重にしないといけないですから。時間をかけて点検しながら組み立てました。

 今日は高知大学ヨット部も早くからハーバーへ来ています。2人乗りの470とスナイプが12艇出艇しましたので、気合が入っていました。

 また愛媛県新居浜市から、新居浜東高校のヨット部も遠征されて夜須へ来ていました。420とFJの2人乗りディンギーが3艇海へ出ていました。
DSCN4347
 今日は波やうねりがなく、風は弱かったですが、快適に帆走出来ました。また沖へ出ますと海水温が高いです。手を入れますとお湯に入っているようです。

 遠くを見つめ、ローリングして体を踏ん張っていましたので、目の疲れや首肩の凝りがほぐれました。家人に感謝です。

 昼前に上がり、訪のおむすびと玉子焼きを食べました。すぐにぎ装し海へ出ました。ところがブームバンクが外れてしましました。よく止めていませんでした。一度ハーバーへ引き返しやり直し。沖合に出て帆走しました。
DSCN4363
 大学生と高校生たちはスタート練習と、マーク回航の練習をしていました。快適に帆走していましたが、左足をつりそうになりました。

 ヨットの上でストレッチをして、足を延ばして切り抜けました。なんせ久しぶりでした。ウェット・スーツを着用しました。ところどころ破れています。また太ったので無理して着用すると破れますね。また購入しないといけないです。
DSCN4365
 片付けしてヤッシー・パークへ行きマナマナでアイスバーを食べました。道の駅やすへ行き、久しぶりにおしゃべりしました。

 駐車場で室戸市の沢山保太郎さん(元東洋町長)お会いしました。わざわざ高知市まで野党共同の集会(中央公園にて開催)へ行かれたようでした。しばらくおしゃべりしました。

 「温厚な天気」で最高でした。充電出来て家族の感謝です。

| | コメント (0)

2019.11.07

久保博道さんが丸池へ来られました。


すすめ父兄会会長の入交智子さん
 2019年11月4日ですが、岩手県の地震・津波語り部である菅野和夫さんを、高知市丸池町にある勤労者交流館へ設置した救命艇(11月3日に高知大学ヨット部の皆さんにサポートいただき夜須から運搬)に案内し、見ていただいていました。

 そこへ勤労者交流館の目の前にあるすずめ共同作業所があります。すすめ父兄会会長の入交智子さんも来てくれました。
DSCN4172
 高知市長選挙に立候補なさっている久保博道さん(元高知県議会議員)が来られました・。丸池東弥生防災会会長の吉本豊道さんが声がけされていたようです。吉本さんがあらかじめ避難用の外階段と屋上の一時退避場所の見学を申し入れをされていましたので、皆で階段んを登り見学することが出来ました。

 高知市下知(しもじ)地域は海抜0メートル。丸池地区は古い木造低層住宅が密集し、勤労者交流館の外階段が出来るまでは津波避難ビルはありませんでした。階段昇降が出来る人は浸水時に助かりますが、出来ない人たちは溺死しています。東日本大震災でも多くの悲劇がありました。

 そこで関係者が努力し、元高知大学ヨット部の海上練習サポート船である南風を11月3日に夜須から丸池へ運搬してきました。

http://futaba-bousai.cocolog-nifty.com/blog/2019/11/post-049ea1.html

久保博道さんは階段を登られ、屋上で地元の吉本豊道さんや入交智子さんと意見交換されていました。

階段下に仮設置された救命艇も見ていただきました。
DSCN4174
高知市の低地の市街地(海抜0Mから2M以下)は2800ヘクタールあり、そのエリアに13万人の高知市民が生活しています。最大規模(L2想定)での南海トラフ地震が起きれば、13万人が浸水のため見動き出来ず、もよりの津波避難ビルや地区避難ビルに「籠城」しひたすら救助を待つことになります。
救命艇救命ボートの説明
 その現実を参加者全員で「体感]していただきました。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

07高知県知事選挙 08syugin_ 2008年衆議院選挙関連 2009年衆議院選挙関係 2012年衆議院選挙関係 2012年車椅子で行く高知の観光施設 2013年参議院選挙関係 2014年東京都知事選挙 2015年雨漏り修繕工事 2015雨漏り・外壁補修工事 2016年参議院選挙 2016年首都圏遠征 2019年参議院選挙 2019年高知市長選挙 2019年高知県知事選挙 2019年高知県議会議員選挙 2019高知市議会議員選挙 blogによる自由民権運動 blogの伝道師・blogの鬼 bousai_ Eコマース・スキルアップ講座 koutikengikaigin NPO法人高知減災ネットワーク会議 SOSカード お花見遊覧船 けんちゃんの今すぐ実行まちづくり けんちゃん1人weblog はりまや橋サロン まちづくり まちづくり条例見守り委員会 アニメ・コミック イラク派兵問題 ウェブログ・ココログ関連 エアーボート 救命艇 カラー・ユニバーサルデザイン ゴーヤ栽培日誌 サッカー スポーツ スポーツのありかた スマホDEリレー スマホSOSシステム タウンモビリティ・ステーションふくねこ チベット問題 ニュース ハイパーレスキュー艇・シーレックス バリヤフリー パソコン・インターネット ホームページによる交流 メディアリテラシー ヨット関係 ロープワーク 三好市との交流事業 下知コミュニティセンター防災部会 下知地区防災計画 下知地区防災計画・ブロック会 下知地域内連携協議会 下知町内会連合会 中国四川大地震 事前減災対策としてのインフラ整備 二葉町町内会の動き 二葉町総合防災訓練2019年 二葉町自主防災会 五台山・市民農園 井原勝介さん講演会 交通事故防止対策 人繋がりネットワーク 仁淀川町と二葉町との交流 今治市防災士会・連合自治防災部会との交流会 今野清喜さん講演会 仙波敏郎さん講演会 伊野町問題 健康・体の問題 健康問題 入野敏郎さんみかん園 公共交通問題 公共財のありかた 共謀罪反対運動 内閣府地区防災フォーラム2016年仙台 内閣府地区防災計画 前田康博さん講演会 南海地震対策 南海地震特別税 危機意識・リスクマネジメント 原子力政策 原発と核のゴミ処理場アンケート 原発災害 反ファシズム運動 叔母・車椅子来高・2014・10・18 口腔ケア 台風・大雨対策 台風・大雨情報 台風対策 司馬遼太郎氏の帝国主義論 吉本隆明氏・追悼文 名古屋大学室井研二准教授 品川正治さん講演会関係 国政問題 国際問題 土佐電鉄ーごめん・なはり線 地区防災計画学会・高知大会2018年 地方の公共交通 地震保険 坂本龍馬像建立運動 報道関係 夜須町関係 大学問題 大阪北部地震2018 天木直人さん講演会関係 宇田川知人さん出演番組 安田純平さんを高知へ招く会関係 少子化問題 岡村眞先生講演会 岡林信康コンサート 島本茂雄さん・中平崇士さん出演 巨大地震・津波対策用高強度発泡樹脂浮力体 市民参加のありかた 平和・反核・護憲の社会運動 平和問題 平成天皇を称えます 平成28年度下知地区防災計画 広域地域間交流 建築物 感染症対策 憲法問題 戦争を知らない子供たちへの映画会」 戦争法案反対運動 戦争災害 手結福島・南地区自主防災会 排泄ケア(排尿・排便)の重要性 携帯・デジカメ 政治のありかた 政治評論 救命船南風 教育問題 新しいメディアの創出 新型インフルエンザ対策 新堀川市民大学 新堀川生態系保護問題 日誌風の感想 映画「六ヶ所村ラプソディー」 映画・テレビ 昭和南海地震の記録 昭和小学校・防災じゅぎう 昭和小学校防災学習 書籍・雑誌 有機農業の支援 朝鮮半島問題 木質バイオマス地域循環システム 村上肇さんWEBセミナー 村上肇氏BtoBセミナー 東京近辺見聞録2013年 東京近辺見聞録2014年(1) 東京近辺見聞録2015年 東京近郊見聞録2010 東京近郊見聞録2011年 東京近郊見聞録2012年 東北被災地ツアー2015年 東北被災地交流ツアー2005 東日本大震災の被災者の皆様との交流事業 東洋町サポーターズクラブ 橋本大二郎さん出演番組 橋本県政16年の検証 橋本県政16年の総括 歩いて見る高知市 歴史の宝庫新堀川 歴史問題 死生観・終末観 母・毛山病院入院2017 沖縄ー高知の交流 沖縄基地問題 沢山保太郎東洋町長出演 河瀬聡一郎さん講演会 津波避難施設について 浸水地区に救命艇 浸水対策備品 漫画文化 父・いずみの病院 父・日赤・ICU 環境問題 田辺浩三さん映画会(小夏の映画会) 社会問題一般 社会思想問題 社会運動 神戸市長田区鷹取との交流 神戸市長田区鷹取東地域との交流 福井照 福井照さん出演番組 福祉の問題 空のあんちくしょう 経済・政治・国際 経済問題 耐震偽装問題 脱水症対策 自然エネルギーの活用 自衛隊の救助訓練 芸能・アイドル 芸術・文化 若者支援事業 蓄光塗料 西村吉正・春子服薬・食事情報 西村吉正・死去後の動き 西村吉正1周忌 認知症症候群について 認知症重度化予防実践塾 講演会・研修会 講演会・講習会 超高齢者の事前減災対策 趣味 路上詩人はまじさん 連合赤軍と新自由主義の総括 都市再開発 都市論 錆を防ぐさびのある話 阪神大震災20年慰霊と交流 防災問題 防災対策 防災紙芝居プロジェクト 防衛問題 雪道対策 音楽 高レベル廃棄物問題 高知の根源・由来を考える 高知の観光 高知シティFM 高知シティFM「けんちゃんのどこでもコミュニティ」 高知シティFMけんちゃんのどこでもブログ 高知シティFM最終収録 高知大学防災すけっと隊 高知学研究所 高知市地域コミュニティ推進課 高知市政問題 高知市社会福祉協議会 高知市長との意見交換会・資料2015年 高知減災ネットワーク会議 高知県政ぷらっとこうち問題 高知県政問題 高知県民マニュフェスト大会 高知県物産公社構想 高知県議会立候補者への公開質問状 高知蛍プロジェクト 鵜の目鷹の目 2006年白バイ・スクールバス衝突事件 2010年参議院選挙 2014年東京・横浜出張 2014年衆議院選挙関連 2015年叔母北海道より車椅子の旅・高知 2015年県議選・市議選 2016年熊本地震 2017年衆議院選挙 2018年沖縄県知事選挙