認知症症候群について

2017.03.24

母ははりまや橋サロンへ行きました


_r

 2017年3月24日ですが、午後から母(91歳)の付添ではりまや橋商店街へ、買い物と活き活き100歳体操への参加のために行きました。
_r_2


100_r


_r_3

 いつものように歩行補助車で歩きます。まずはコロッケ屋さんで夕飯用のコロッケを購入しました。次に100円饅頭をおやつ用に買いました。パン屋さんでクッキーを購入しました。

 谷ひろ子さんのお店で焼き菓子を買いました。ホットコーヒーと焼き菓子で母とお茶をしました。
_r_4


2_r


_r_5


_r_6

 活き活き100歳体操の準備作業もしました。椅子を並べ、道具を机の上に並びました。暖かくなり今日の活き活き100歳体操(高知市考案の介護予防体操には、18人の参加者がありました。
_r_7


_r_8


3_r


_r_9

 はりまや橋サロン会場に、ご多忙の中、山中晶一さんと横田政道さんが来てくれました。一緒にコーヒーを飲みながら、地域防災活動について意見交換をしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いの町長からの素っ気ない回答にがっかりです


_new_r_3

 私の両親は高知市の隣町のいの町町民です。父(97歳)の自宅もあり、いの町には税金も父は納税しています。父(97歳)はいの町川内の出身。母(91歳)と結婚して高知市に住んでいました。昭和41年(1966年)にいの町に自宅を建築しました。以来51年間両親はいの町住民でした。

 今年両親の介護認定があり、父は要介護度1、母は要介護3でした。父は介護度は低いですが、慢性腎不全でありステージ4です。透析1歩手前で踏ん張っています。そのために週3回専門医の診察と点滴治療に週3回植田医院に通院しないといけません。

 母は身体的には問題は何もありません。しかしアルツハイマー型認知症と9年前から判定されました。2011年から介護判定され、介護予防通所リハビリ施設や、ディサービスを利用しています。

 今年からいの町独自の福祉政策で評価していました「在宅高齢者などオムツチケット交付事業」と「家族介護支給金」が打ち切られてしまいました。

 その理由が「ご両親は住民登録されておりますが、居住地がいの町でないということからオムツチケットの支給要件を満たしていないことになっております。」との「素っ気ない」回答が文章でいの町長から来ました。

 固定資産税や住民税、介護保険料などの納税を両親は一切いの町に滞納しておりません。51年間支払い続けています。

 「役場の裁量」で出来ることらしいですが、いの町長は「福祉の専門家」を全面に出して昨年の町長選挙で当選された人だけに、「事なかれ主義」の「役所点数稼ぎ主義」の対応には、「大いに失望しました。」。がっかりです。

 最近とみに両親は尿失禁と便失禁が多くなりました。オムツの使用量も増えました家計の負担も大変です。在宅介護で懸命に踏ん張っているところです。

 「小さな役場の理屈」で、納税者であるいの町民の支給される権利が奪われる現実には、釈然としません。両親も事情があって高知市の私の自宅に同居しているに過ぎません。仕事しながら在宅介護ケアするのは、職場と自宅が一緒でないと駄目です。その事情に配慮してくれない「社会保障」ってなんだか釈然としませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.03.17

3月17日のはりまや橋サロン

 朝は肌寒かったですが、午後になると暖かくなり事務所で焚いていた灯油ストーブも消しました。先週は父(97歳)の付添でプロギア・レディスを観戦に行きましたので、母(91歳)は2週間ぶりのはりまや橋サロンです。

 お天気でしたので歩行補助車でお買い物。最初はコロッケひろっちゃんで、夕飯用を買いました。続いて谷ひろ子さんのお店で焼き菓子を買いました。今回は娘に送りますので、別に購入しました。
_r

 今日の活き活き100歳体操は、15人の参加がありました。明さん元気に屋外で体操をしました。「先週はどうしました?」と体操仲間の人達に母は言われていました。ありがたいことです。
100_r


_r_2


1001_r


1002_r


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.03.07

両親は元気に介護予防通所リハビリへ


Titi1_r_2


Haha1_r_2

 今日は予想どうり午後から風が強くなり寒い。やはり西高東低の気圧配置です。そんな中父(97歳)と母(91歳)は揃って介護予防通所リハビリへ行きました。筋トレや体操、歩行訓練など専門家の指導でやってくれます。
Jrk_r_2


Jrh2_r_2


Jrh_r_2


Jrh4_r_2

 週1の通所から始めましたが今年で6年目。父は週に4回、母は2回通所しています。さきほど町内の今年班長当番の人が来られました。

「実はうちの102歳の母の具合がよろしくない。夜中に呼ばれることが多いので、班長はようしません。次の当番予定の人も体調が悪いとのこと。飛びますが、班長をしてください。」との申し入れがありました。

 3年後は当番やらんといかんなと思っていましたが、思惑早くなってしまいました。でも考えようによっては超高齢者の父は3年後は100歳。母は94歳です。どうなっているのかわかりません。

 両親が元気なうちに町内の当番をやったほうがいいね。と考え方をかえました。ものは考えようですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.03.03

3月最初のはりまや橋サロン

 2017年3月3日は、母(91歳)ははりまや橋サロンへ行きました。晴天なので歩行補助車を積んで行きました。
_r

 まず最初にコロッケ屋さんで夕飯用のコロッケを買いました。今日は鰹ふんだんコロッケが100円(通常は168円)でしたので購入しました。
_r_2

 次に谷ひろ子さんのお店で焼き菓子を購入しました。出るのが遅かったので、ぜんざいを食べる時間がなく、また暖かいのでテントを出て屋外で体操をしました。
_r_3


_r_4

 今日の活き活き100歳体操は、15人が参加しました。暖かくなると参加者も増えます。これから寒くなることはもうないでしょうから。

1004_r


_r_5

 横田胃腸科内科へ行きました。
Yosimasaharuko_r


 活き活き100歳体操から母(91歳)から戻りますと、父(97歳)と合流して主治医の横田胃腸科内科へ行きました。

 血圧は父は136-72、母は130-68で上等ですね。「特にお2人とも医学的な所見はありません。」と横田哲夫先生。家族は安心です。
Yokotasensei_r

 薬の処方箋が出ましたので、近くの調剤薬局から薬を購入しました。

 2人の超高齢者を古いタイプの乗用車(17年目)に載せて移動するのは、乗車時、乗降時には神経を使います。一時期福祉車両の導入も検討したり、横開きの車の導入も検討しましたが、高価であること、立体駐車場へはいらないこと。などで父は週3回の通院があり契約駐車場がタワーパーキングですからね。検討は保留にしています。

 超高齢者2人を車で連れまわすのは、疲れました。横開きの車が楽です。そうなるとデイサービスが送迎用の車になりますね。箱バンです。家族用としては大きすぎます。本当に悩ましい限りです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.02.24

はりまや橋サロンへは母行きました。

 2017年2月24日ですが、午前中は父(97歳)の付添で植田医院へ行きました。採血しましたので、来週結果は判明します。

「他の数値(クレアチリン値・カリウム・尿素窒素)は小康状態ですが、ヘモグロピン値が9台で10台になりません。来週人参湯を取り寄せ服薬投与しましょう。」と植田一穂先生は言われました。
_r

 午後からは母(91歳)の付添ではりまや橋サロンへ行きました。夕飯分のコロッケを購入し、谷ひろ子さんのお店で焼き菓子を買いました。
_r_2


_r_3

 意外にも寒かったので、母と一緒に暖かいぜんざいを食べました。
活き活き100歳体操の準備をしました。いつも私が行く場合は準備作業は私1人がしています。片付けは元気なお婆さんたちがします。
_r_4


_r_5

 今日の活き活き100歳体操(介護予防体操)は13人の高齢者の皆さんが参加されていました。母はその中でも最高齢のようですが、重りをつけて体操を元気にしていました。
_r_6


_r_7


_r_8


_r_9


_r_10

 なにげないルーチンの報告ですが、高齢者をかかえている家族には「何もない(異常のない)日常が何よりなんです。買い物と体操で多少は母の認知症の悪化に歯止めがかかっているようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.02.17

2月17日のはりまや橋サロン


 先週は得意先との商談で、母をはりまや橋サロンへ連れて行けませんでした。でもその日は高知市はとっても寒く、私の体調も最悪(体がねじれていました)ので。

 今週は各地で「春1番」(強い南風)が吹いているようで、気温が上がるとの予報。ですが高知市はどん曇りで時折雨模様。母(91歳)をはりまや橋商店街へ連れては行きますが、歩行補助車は持ってはいけないですね。
_r_3
 いつものようにコロッケ屋さんで夕食用を購入しました。10円饅頭も買いました。

 谷ひろ子さんのお店で焼き菓子を買いました。シフォン・ケーキも買いました。そして母とぜんざいを食べました。
_r_4

_r_5


 今日の活き活き100歳体操は、暖かい予報が出たので12人の元気な高齢者の皆様が参加していました。(先週は8人寒い中来ていたそうです。)


_r_6


_r_7


_r_8


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.02.03

2月3日のはりまや橋サロン

 今日は節分。明日は立春です。今日は昼から高知市は寒気が緩んできたように感じます。午後からは母(91歳)と一緒にはりまや橋商店街へ繰り出しました。
P1010070_r

 お天気ですので、歩行補助車を出します。
P1010071_r

 まずは夕飯のコロッケを購入します。
P1010074_r

谷ひろ子さんのお店でも焼き菓子を購入します。
P1010078_r

10円饅頭もおやつに買いました。
P1010075_r


P1010076_r

 暖かいぜんざいも母と一緒に食べました。わたしは甘いものは苦手ではないので、甘党なのかと思いますね。お酒の方はあまり得意ではありませんから。

 今日の活き活き100歳体操(介護予防体操)は13人が来ていました。冷たい風が吹き込まないので、皆さん元気にやっておりました。
P1010079_r


P1010080_r


P1010083_r

P1010083_r_2


 横田胃腸科内科へ行きました。
P1010087_r

 午後3時前に活き活き100歳体操体操が終わり片付けしました。、事務所で父(97歳)と合流し、両親揃って横田胃腸科内科へ行きました。横田哲夫先生の診察を受けました。
P1010085_r

 血圧は父は134ー76、母(91歳)は122-64です。正常な血圧をキープしているようです。 です。横田先生曰く「特に医学的所見は見当たらない」とのこと。ようは健康であると言うことです。
家族には何よりのことですね。
P1010086_r

 ただ横田先生が「今日はインフルエンザの患者さんが5人来院しました。」と言われていました。手洗いやうがいをして予防に努めないといけないですね。
P1010088_r


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.01.27

超高齢の両親は元気です


_r

 今朝は寒気の緩んだ高知市です。北日本は大荒れのようですが、四国は今日は穏やかな1日でした。父(97歳)は朝1番に植田医院へ。貧血予防の注射もし、点滴(週に3回)しました。なんとか自力でゆっくりですが歩いてはいます。
_r_2

「腎機能は小康状態ですね。まだまだ寒いので感染症にならないようにしてください。」と植田一穂先生。この時期正直医療機関へ行きたくはないですね。
_r_3

 昼食後は母(91歳)の付添ではりまや橋商店街へ行きました。先週の厳しい寒さから言えば緩んではいますが、午後から日差しが亡くなったので、暖かくはありませんでした。
_r_4

 今日は私も息子もそれぞれが別の新年会。夕飯用のコロッケは買いませんでした。直接谷ひろ子さんの焼き菓子を母は買いました。
_r_5

 10円饅頭をおやつに買いました。ぜんざいも食べました。
_r_6

 今日の活き活き100歳体操(介護予防体操)は、12人の参加者がありました。母は当初寒いので「帰りたい」と言っておりましたが、体操仲間が来られるとニコニコして話しをしていました。

 元気に体操をしていました。
_r_7


_r_8


_r_9

途中横田政道さんが立ち寄られ、谷ひろ子さんのお店でコーヒーとお菓子を飲んで食べて、下知地域の将来を懇談しました。

もう少しすると今年2回目の背広に着替えて新年会へ行きます。お酒を飲むと太るから困ります。明日は早朝は五台山農園へ。父のゴルフ・リハビリに付添い、お天気が温厚なら久々の「海の散帆」を少々。無理ならインドアのトレーニングする予定です。でもお酒を飲んだら、それを1日では消費できませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.01.26

介護担当者会議・2017


Titityousa


Titi_2

 2017年1月24日、両親が各種介護ケアでお世話になっている施設やサービスの事業所担当者が集合し、事務所にて介護担当者会議が行われました。ケアマネージャーの下村恵子さんの呼びかけで、事務所にて両親と家内も出席して行われました。

 昨年役所の担当者の「介護認定調査」がありました。その後「介護認定審査会」があり、1月13日付で判定が出ました。
_new_r_3

 父の要介護は1。母は要介護3でした。父は今までは要支援2でしたが、加齢から来るADL(Activities of Daily Living)「日常生活動作」または「日常生活能力」とも言い、歩行・起立・トイレ動作・入浴・食事・着替え・身だしなみなど、日常生活を営むために最低限必要な能力のこと」が随分低下したからです。

 母は要介護3。アルツハイマー型認知症で、最近では排尿・排便の感覚すらなくなってきています。なんとかこれ以上悪化しないように、人格破壊にならないように、歯止めをかけたいと思います。要介護3が在宅介護の限界でしょうね。

 家族も施設も努力しましたが、両親とも身体能力の低下(とくに歩行能力、下半身の身体能力)の衰えは顕著になり、見守らないと常に転倒する恐れが日常化してきました。

 今回の介護者担当者会議では、両親の身体能力の低下防止、尿失禁・便失禁の抑止するための体操や措置をお願いしました。
Haha01


Hahatyosa

 母が通所するデイサービスの担当の方がこう言われました。

「食事の後、10分ぐらいは職員が付き添って排便をトイレでするように仕向けています。うまくいったときはみんなで喜んでいます。」というお話には感動しました。「排泄は人間の尊厳である。」と思うからです。

 おむつで排尿、排便すれば簡単ですが、やはり尿意や便意を感じ、トイレに行き用を足すことは人間としてとても大事な行為であると思うからです。両親とも消化器系の疾患はなにもない健康体なので、超高齢者とは言え、排尿と排便を自分で用を足すことができれば言うことはないからです。’(父は慢性腎不全ですが、他の内臓は健康体です。)

 リハビリ系の施設に担当者も「便秘気味の利用者さんもいるので、運動の時も排便体操のようなことも取り入れて行きます。」と言ってくれました。福祉機器レンタル会社の人は「おくだけ手摺」や「突っ張り棒」などのレンタルもしていて、動作の補助をしてくれています。今日はお試しで歩行を補助する4点つえをお試しで借りました。

 2011年に両親は介護保険の認定を受け、今年で6年目になります。在宅介護では限界ぎりぎりではないかと思っています。なんせ超高齢者(父97歳・母91歳)ですから。

 両親の在宅介護が始まってから、人生観が変わりました。「見えないもの」が見えるようになりました。両親から学ぶことも多いです。介護関係者の皆様、ありがとうございました。良い人生勉強をさせていただいています。

 人間の命は限りがあります。いつまで超高齢者の両親の在宅介護が出来るのかわかりません。私も家内もともに還暦を過ぎました。「老・老介護」になりつつあります。

 両親の在宅介護ケアをする以上は、自分たちが元気でないといけないし、風邪をひくこともいけないのです。健康に気遣うようになりました。かえって健康になったような気がします。性格的にも「気が長くなりました。」

 また街中で、高齢者や身体のハンディを持たれている人などが転倒しそうな姿を見たり、車に乗り込むのに苦労されている姿を見ますと、とっさに駆けつけサポートが出来るようになりました。毎日・日にち両親の在宅介護ケアをしているからでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

07高知県知事選挙 | 2008年衆議院選挙関連 | 2009年衆議院選挙関係 | 2012年衆議院選挙関係 | 2012年車椅子で行く高知の観光施設 | 2013年参議院選挙関係 | 2014年東京都知事選挙 | 2015年雨漏り修繕工事 | 2015雨漏り・外壁補修工事 | 2016年参議院選挙 | 2016年首都圏遠征 | blogによる自由民権運動 | blogの伝道師・blogの鬼 | bousai_ | Eコマース・スキルアップ講座 | koutikengikaigin | NPO法人高知減災ネットワーク会議 | お花見遊覧船 | けんちゃんの今すぐ実行まちづくり | けんちゃん1人weblog | はりまや橋サロン | まちづくり | まちづくり条例見守り委員会 | アニメ・コミック | イラク派兵問題 | ウェブログ・ココログ関連 | エアーボート 救命艇 | ゴーヤ栽培日誌 | サッカー | スポーツ | スポーツのありかた | タウンモビリティ・ステーションふくねこ | チベット問題 | ニュース | バリヤフリー | パソコン・インターネット | ホームページによる交流 | メディアリテラシー | ヨット関係 | 三好市との交流事業 | 下知地区防災計画・ブロック会 | 下知地域内連携協議会 | 中国四川大地震 | 二葉町町内会の動き | 二葉町自主防災会 | 五台山・市民農園 | 井原勝介さん講演会 | 交通事故防止対策 | 人繋がりネットワーク | 仁淀川町と二葉町との交流 | 今治市防災士会・連合自治防災部会との交流会 | 今野清喜さん講演会 | 仙波敏郎さん講演会 | 伊野町問題 | 健康・体の問題 | 健康問題 | 入野敏郎さんみかん園 | 公共交通問題 | 公共財のありかた | 内閣府地区防災フォーラム2016年仙台 | 内閣府地区防災計画 | 前田康博さん講演会 | 南海地震対策 | 南海地震特別税 | 原子力政策 | 原発と核のゴミ処理場アンケート | 原発災害 | 叔母・車椅子来高・2014・10・18 | 台風対策 | 司馬遼太郎氏の帝国主義論 | 吉本隆明氏・追悼文 | 品川正治さん講演会関係 | 国政問題 | 国際問題 | 土佐電鉄ーごめん・なはり線 | 地方の公共交通 | 地震保険 | 坂本龍馬像建立運動 | 報道関係 | 夜須町関係 | 大学問題 | 天木直人さん講演会関係 | 宇田川知人さん出演番組 | 安田純平さんを高知へ招く会関係 | 少子化問題 | 岡林信康コンサート | 島本茂雄さん・中平崇士さん出演 | 巨大地震・津波対策用高強度発泡樹脂浮力体 | 市民参加のありかた | 平和・反核・護憲の社会運動 | 平和問題 | 平成28年度下知地区防災計画 | 建築物 | 感染症対策 | 憲法問題 | 戦争を知らない子供たちへの映画会」 | 戦争法案反対運動 | 排泄ケア(排尿・排便)の重要性 | 携帯・デジカメ | 政治のありかた | 政治評論 | 教育問題 | 新しいメディアの創出 | 新型インフルエンザ対策 | 新堀川市民大学 | 新堀川生態系保護問題 | 日誌風の感想 | 映画「六ヶ所村ラプソディー」 | 映画・テレビ | 昭和南海地震の記録 | 昭和小学校・防災じゅぎう | 昭和小学校防災学習 | 書籍・雑誌 | 有機農業の支援 | 朝鮮半島問題 | 木質バイオマス地域循環システム | 村上肇さんWEBセミナー | 村上肇氏BtoBセミナー | 東京近辺見聞録2013年 | 東京近辺見聞録2014年(1) | 東京近辺見聞録2015年 | 東京近郊見聞録2010 | 東京近郊見聞録2011年 | 東京近郊見聞録2012年 | 東北被災地ツアー2015年 | 東北被災地交流ツアー2005 | 東日本大震災の被災者の皆様との交流事業 | 東洋町サポーターズクラブ | 橋本大二郎さん出演番組 | 橋本県政16年の検証 | 橋本県政16年の総括 | 歩いて見る高知市 | 歴史の宝庫新堀川 | 歴史問題 | 死生観・終末観 | 沖縄ー高知の交流 | 沖縄基地問題 | 沢山保太郎東洋町長出演 | 河瀬聡一郎さん講演会 | 津波避難施設について | 漫画文化 | 環境問題 | 田辺浩三さん映画会(小夏の映画会) | 社会問題一般 | 社会思想問題 | 社会運動 | 神戸市長田区鷹取との交流 | 神戸市長田区鷹取東地域との交流 | 福井照 | 福井照さん出演番組 | 福祉の問題 | 空のあんちくしょう | 経済・政治・国際 | 経済問題 | 耐震偽装問題 | 脱水症対策 | 自然エネルギーの活用 | 自衛隊の救助訓練 | 芸能・アイドル | 芸術・文化 | 若者支援事業 | 蓄光塗料 | 西村吉正・春子服薬・食事情報 | 認知症症候群について | 認知症重度化予防実践塾 | 講演会・研修会 | 超高齢者の事前減災対策 | 趣味 | 路上詩人はまじさん | 連合赤軍と新自由主義の総括 | 都市再開発 | 都市論 | 錆を防ぐさびのある話 | 阪神大震災20年慰霊と交流 | 防災問題 | 防災対策 | 防衛問題 | 音楽 | 高レベル廃棄物問題 | 高知の根源・由来を考える | 高知の観光 | 高知シティFM | 高知シティFM「けんちゃんのどこでもコミュニティ」 | 高知シティFMけんちゃんのどこでもブログ | 高知シティFM最終収録 | 高知大学防災すけっと隊 | 高知学研究所 | 高知市地域コミュニティ推進課 | 高知市政問題 | 高知市長との意見交換会・資料2015年 | 高知県政ぷらっとこうち問題 | 高知県政問題 | 高知県民マニュフェスト大会 | 高知県物産公社構想 | 高知県議会立候補者への公開質問状 | 高知蛍プロジェクト | 鵜の目鷹の目 | 2006年白バイ・スクールバス衝突事件 | 2010年参議院選挙 | 2014年東京・横浜出張 | 2014年衆議院選挙関連 | 2015年叔母北海道より車椅子の旅・高知 | 2015年県議選・市議選 | 2016年熊本地震