高知市地域コミュニティ推進課

2018.10.02

市民と行政のパートナーシップのまちづくり条例見守り委員会


DSCN2111_R
 正式な委員会名称は「第8期高知市民と行政のパートナーシップのまちづくり条例見守り委員会」(山崎水起夫・委員長)と言います。今年度第2回目の委員会が、2018年10月1日に、たかじょう庁舎にて行われました。

 今年度のテーマは、「他の自治体の住民自治を学ぶ」と言うこと。主に財源をどうしているのか興味がありました。はたして住民が「権限と財源をもった市民自治制度」があるのでしょうか?
DSCN2110_R
 兵庫県朝来市「地方自治包括交付金制度」

 愛知県一宮市「市民がえらぶ市民活動支援制度」

 長野県飯田市「パワーアップ地域交付金」

 千葉県市川市「1&支援制度」


 千葉県市川市「1%支援制度」などの資料を高知市地域コミュニティ推進課が用意をしてくれました。その資料を讀んでの意見交換をしました。
DSCN2109_R
 市役所側の説明では、愛知県一宮市「市民がえらぶ市民活動支援制度」と、千葉県市川市「1%支援制度」が似ているとの説明。兵庫県朝来市「地方自治包括交付金制度」と長野県飯田市「パワーアップ地域交付金」も似ているので、4つの自治体を2つのグループに分けて意見交換をしました。

 「一宮市も市川市も大都市部のベットタウン。大きな企業に通勤している人も多い。地域の町内会などに属していなかったり関わりが薄い人でも、まちづくりに関われるしくみのようです。」
DSCN2112_R
「自分が市に納税した額の1%を応募してき事業に投票して交付先を決まる。申請額以下の交付なら続けるか、諦め返上するか決めないといけない。市の人口の1割が関心をもっていることは凄い事。」

「朝来市と飯田市は平成の大合併で市域が拡大しました。そのなかで人口減に直面している。地域横断的な組織に一括で交付金を出す。事務職員を雇用する経費も出す。」
DSCN2115_R
「最初のうちは国からの交付金もあったのでは。」

 委員会には、元行政職員や大学教員、コンサルタントや町内会や地域活動のレジェンドの人達もおられ、活発な議論をされていました。
DSCN2113_R
 私の貧弱な頭脳では理解できないことが大半。おとなしくしていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.09.29

高知市に避難準備。高齢者避難開始情報が発令

DSCN2077_R
高知市に台風24号に関し「避難準備情報・高齢者避難開始情報」が17時に出ました。携帯電話へのエリアメールと防災無線で放送していました。
DSCN2080_R
下知コミュニティ・センターが開設され、こういう場合に避難所開設をする高知市役所職員(女性2人)が待機されていました。
simoiti cc
 まだ避難者は来られてはいませんでした。台風は明日土佐沖を通過するであろうと言う予報は出ていますが・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.09.15

二葉町・資源・不燃物ステーション


41761447_534055440375811_5948797929962602496_n_R
 2018年9月14日(金)は毎月第2金曜日の早朝6時から8時までは二葉町町内会(楠瀬繁三会長)による「資源・不燃物ステーション」が、下知コミュニティ・センター前歩道部で行われていました。荒木三芳二葉町町内会副会長(衛生委員)の指揮のもと、各班の班長が出てこられ、仕分けの指導をされています。
41729974_534055443709144_7723233083842887680_n_R
 高知方式と呼ばれている「資源・不燃物ステーション」の町内会管理。最近では維持できない町内会が多いと聞いています。しかし「資源・不燃物ステーション」こそ地域コミュニティの基礎ではないかと最近特に思うようになりました。
41708587_534055447042477_5978731872035799040_n_R
月に1度町内の人が一堂に会し、皆がそれぞれ朝のあいさつし、顔なじみになる。大きな資源・不燃物を皆が手伝い所定の場所に置く。瓶の蓋を開ける。大事なことであり「コミュニケーション」そのものですね。
41656727_534055523709136_2262729985762525184_n_R
 二葉町もいつまで維持できるのかわかりませんが、維持しなければいけないと思いました。
41650092_534055517042470_2757021128860893184_n_R

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.09.03

会社の台風対策をしました。


DSCN1641_R
 と言いましても外に出してある植木鉢を倉庫に収納しました。倉庫のシャッターはブロックで下を抑え、がたがた音がしないように段ボールの切れ端を詰めました。
DSCN1638_R
 朝は暴風雨圏内なので、通過するまで会社は開店休業にします。郡部から通勤する息子には午後から出社するようにと言いました。明日入荷予定の荷物は明後日に変更しました。

 既に高知市内の小中高や保育所などは今日の時点で明日(5日の)休校を決めています。

http://www.city.kochi.kochi.jp/soshiki/77/kyuukouari.html

大阪の取引先も明日は臨時休業とか。JR西日本が明日の運休を公表しています。

「台風21号の接近に伴い、京阪神エリアにおいては、9月4日(火曜日)の早朝から一部列車の運転を取り止め、各線区で概ね午前10時までには全ての列車の運転を取り止める予定です。また台風の影響によって、以降の運転を終日見合わせる可能性があります。」JR西日本HP

https://www.westjr.co.jp/

 との事。取引先の大阪支店は明日は休業するようです。

 だらだら出勤して「帰宅難民」になるよりは、さっさと運休したほうが被害が少ないでしょう。

2018年9月3日17時に高知市は高齢者・避難準備情報を発令しました。下知コミュニティセンターも避難所になりました。
DSCN1644_R

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.09.01

下知地域内連携協議会役員会がありました

DSCN1518_R
 2018年8月30日(木)ですが、下知地域内連携協議会(国見俊介・代表)役員会が下知コミュニティ・センター会議室で開催されました。出席者は役員が14人、市役所職員が2名でした。

 主な議題は今年も11月3日に昭和小運動場を会場にして行われる「昭和秋の感謝祭」についでです。国見代表から現在の進捗状況や、今年の狙いなどの概要説明がありました。今年は同じ日に仁淀川町長者地区ではキャンドルナイトがあり、だんだんクラブさんはこちらへの参加は無理となりました。

 また南金田町でも町内会が防災イベントを開催しますので、はしご車の都合が今の時点もわからないと国見さんが言われていました。役員から意見が出ました。

「綱引きなんかをやってみたらどうだろうか」

「玉入れもあったらいいね」

「皆でラジオ体操をすればいいのでは」

「シェイクアウト訓練もやってみればいいのでは」との話でした。

 事務局長の中島美宝さんからは、KDCHI NO ZOUの活動報告と今後の方向性についての報告がありました。
藁工ミュージアムの松本志帆子さんからは、8月13日開催の藁工夏祭りの報告がありました。「来場者は540人でした。最後の盆踊りまで人が多く残ってくれました。下知減災連絡会もブースを出していただき地域との繋がりがより深まりました。」
2018年ラジオ体操参加者_NEW_R
 青柳公園でのラジオ体操についてお世話役に坂本茂雄さんから「今年で3年目。1年目は20人出したが、今年は50人を下回りませんでした。」

 中宝永町の黒岩博さんは「今年初めてラジオ体操をしました。14~15人は集まってくれました。好評でした。」との報告がありました。

 代理出席された方から「どんな人がどんな組織から参加されているのかわからない」という指摘をされました。全員が自己紹介をして今日の会合は終了しました。次回は9月の終わりの週に役員会を開催します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.08.22

第一回防災部会が開催

DSCN1376_R
 2018年8月22日(水)ですが、下知コミュニティ・センターにて18時30分から防災部会が開催されました。ご多忙の中13人の部会メンバーが参加いただきました。今回の議題は以下のとうりです。

(報告事項)


市役所 水害時避難所開設担当職員との連携について

災害時の鍵の管理についての市役所との協議について


(議題)◎意見交換をします


防災備品の購入について


防災倉庫の整理と活用について


避難所運営について


その他・意見交換  でした・
DSCN1375_R
「市役所 水害時避難所開設担当職員との連携について」

 6月22日(火曜日)に、市職員の下知地区の水害時避難所開設担当職員と坂本茂雄コミュ二ティ・センター運営委員会会長と下坂センター長と顔合わせをしました。新しく担当になった職員もおられ、センターの施設の説明をされてとのことでした。


「災害時の鍵の管理についての市役所との協議について」

下知コミュニティ・センターの施設管理者である高知市地域協働部地域コミュニティ推進課との協議を行いました。市役所側はセンター職員、図書館職員、鍵管理人に鍵を渡している。また市役所の水害時避難所開設担当職員にも鍵を渡している。現状ではそれ以上鍵を渡せる状態ではないとの説明。それでは災害の緊急時に対応できないことを地域防災の立場で地元要望として伝達。継続協議することになりました。


「防災備品の購入について」

 国際信号旗の「連絡旗」の購入。下知コミュニティ・センターの非常階段部へのセンサーライトの購入が承認されました。


「防災倉庫の整理と活用について」

 4階と5階の防災倉庫が狭い。整理・整頓して必要な備品を在庫するようにすることになりました。シャベルやリヤカーは1階倉庫に置くことになりました。


「避難所運営について」

 10月28日(日)に下知コミュニティ・センター全館(図書室を除く)にて、二葉町襦民を中心とした防災避難・避難所開設・運営訓練をすることに防災部会も共催と言う形で協力することが承認されました。

 下坂センター長より「台風20号の接近していますので明朝8時半に市役所は協議し、上京により「避難準備情報」を発令する可能性があります。発令された場合は午前10時から下知コミュニティ・センターは避難所開設をします。」と報告がありました。

 また市役所との「協議事項」については、下知地区防災計画を高知市に提案したこともありますので、市役所幹部との協議を行うことに賛同が得られました。

 明日以降の台風20号の動向も気になります。第1回防災部会は午後8時に終了しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.08.13

8月の二葉町不燃・資源仕分けステーション


DSCN1197_R
 毎月第2金曜日は、高知市二葉町町内会(楠瀬繁三会長)の「不燃物・資源仕分けステーション」です。下知コミュニティ・センター前の歩道に、仕分け表示が立てられ、二葉町町内会副会長(衛生委員)の荒木三芳さんの指導に下に、当番の班長が持ち込まれる資源・不燃物を仕分け支持をしています。
DSCN1202_R
 2018年8月10日は、持ち込みが早かったんで、あまり資源・不燃物が集積されていませんでした。後の時間帯に持ちこまれることでしょうから。
DSCN1202_R
 町内の地域コミュニティを維持するためには大事な行事です。月に1度ほとんどの町民がステーションで顔合わせをしますから。今後も出来る範囲で維持していきたいものですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.08.06

二葉町町内会・消毒・清掃作業


DSCN1047_R
 2018年6月5日(日曜日)は、午前6時半から、二葉町町内会(楠瀬繁三会長)の3回目の町内消毒・清掃活動日です。6月・7月もお天気に恵まれ、8月も晴天でした。

 防虫液を噴霧器に充填し、二葉町を4つのブロックに分け、噴霧器4台で消毒作業をします。荒木三芳副会長の指揮の下噴霧作業が始まりました。補助員は二葉町内の街路のゴミ拾いをします。
DSCN1068_R
 ラジオ体操終了後に二葉町の北東部からゴミ拾いをしました。前日の夜須での海体験のサポートで腰を痛めたのか、ぎっくり腰気味です。動作が緩慢です。暑い中での腰痛は辛いです。
DSCN1064_R
 なんとか町内の消毒とゴミ拾いが終わりました。蚊は少なくなりましたが、暑いので出てこないだけかもしれないですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.07.26

下知地域内連携協議会役員会

 2018年7月24日ですが、下知地域内連携協議会の2018年度の第1回役員会が開催されました。父が重篤状態になり逝去した時期と前年度の役員会などが重なり欠席を繰り返していましたので久しぶりの出席となりました。
DSCN0720_R
出席役員10人と7名の委任状が出ていますので、役員会は成立しました。事務局長が中岡寛典さんが転勤で熊本へ移動され、新事務局長は中島美宝さんになり、国見会長―中島事務局長の新体制での役員会でした。市役所側も地域コミュニティ推進課からは2人が、地域支援隊として2人が出席されました。

 議題は「活動費・運営費の補助金申請について」でいたが、市役所側は7月18日時点ですべて交付できる体制になっているとのことでした。
DSCN0719_R
 「昭和秋の感謝祭」についは、11月3日の開催(昭和小)です。国見会長は「可能であれば、餅まきの個数を増やしたい。」との意向で↓。来年からは実行委員会形式で運営したいとの事でした。
昭和秋の感謝祭2018年_NEW_R
 「新聞発行事業」と「ホームページ開設事業」につきましては、藁工ミュージアムとシアターTACOGURAなどの協力を得て、独自の動きをしていると国見会長から報告がありました。

 次回役員会は8月30日(木曜日)に決まりました。

 その他の項目では、坂本茂雄理事から「8月14日に開催予定の。災害時要支援者支援行動計画についての説明がありました。

 また「ラジオ体操:は、今年は、7月27日(金)から、8月9日(木)までの14日間土日も含み連続開催となりました。場所は青柳公園です。
ラジオ体操2018年_NEW_R
 会議は自己紹介も交えながら午後8時半位に終了しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.06.12

見守り委員会が再スタート


DSCN0612_R
 2018年6月12日(月)ですが、高知市役所鷹匠庁舎にて、午後7時より「高知市市民と行政のパートナーシップのまちづくり条例見守り委員会」が開催されました。2年前に二葉町町内会の楠瀬繁三会長から「市役所の委員会を公募しているので応募してみたら」とチラシを渡され、公募したことが始まりです。
DSCN0611_R
 2年間委員をやってきた、今一つわからないので、今回もう1期(2年)やろうかと思い最近することになりました。第1回目の顔合わせと言うことで、吉岡章高知市副市長も来られていました。「委嘱書」が14人の委員に渡されました。
DSCN0613_R

見守り委員会・委嘱状_NEW_R

 新任の委員が5人おられます。委員のメンバーを見ますと、地域活動の重鎮、まちづくりのアドバーサー、学識者。公益青年団体の人達や多士済々。女性メンバーも増えました。」各委員の自己紹介を聞いていますと、いろんな立場の人達がいることに感心しました。
見守り委員会・iinmeibo_NEW_R
 会の運営を担当する委員長に山崎水起夫さん(NPO高知市民会議理事)と副委員長に大槻知史さん(高知大学准教授)が就任されました。最初なので意見交換をしました。

 第8期の議論するテーマが山﨑委員長のほうから原案が示されました。

「地域が権限や財源をもつパートナーシップの形を、他紙の事例から学ぶ」と」「まちづくり活動に市民参画を増やすためにはどうすればよいか」という原案でした。

 「そもそもこのテーマは昨年の委員会時に西村さんが言われていたこと。強く印象に残っていたので今年の議論の議題にしました。」と言われてしましました。再任された委員各位も賛同の意見が相次ぎました。「そりゃそうだ」と。

 いきなりその議題が出た事にも驚きました。もともとは大昔活動していた高知青年会議所にて「都市再開発セミナー」を3年間事業でやっていました。その時に参考図書にしていましたのは「都市開発を考える」(大野輝之・レイコ・ハバ・エバンス・共著・岩波新書・1992年刊)の193Pにある「市民参加の梯子8段階」(提唱者アメリカの社会学者シェーン。アーンスティン氏)を述べただけです。
市民参加の梯子段_NEW_R
 行政と市民のパートナーシップというのはお手軽に使用されていますが、現在明確な定義がされていません。それをはっきりさせようということが、議論のテーマになったということは「いきなり」でしたが、意義のあることであると思います。

 市川市でしたでしょうか「市税の1%を市民活動にあてる」とかいう条例を制定してる自治体もありますから。それを調査し、取り入れ可能なものは取り入れることは、今後の市民自治活動ではとても大事なことであると思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

07高知県知事選挙 | 2008年衆議院選挙関連 | 2009年衆議院選挙関係 | 2012年衆議院選挙関係 | 2012年車椅子で行く高知の観光施設 | 2013年参議院選挙関係 | 2014年東京都知事選挙 | 2015年雨漏り修繕工事 | 2015雨漏り・外壁補修工事 | 2016年参議院選挙 | 2016年首都圏遠征 | blogによる自由民権運動 | blogの伝道師・blogの鬼 | bousai_ | Eコマース・スキルアップ講座 | koutikengikaigin | NPO法人高知減災ネットワーク会議 | お花見遊覧船 | けんちゃんの今すぐ実行まちづくり | けんちゃん1人weblog | はりまや橋サロン | まちづくり | まちづくり条例見守り委員会 | アニメ・コミック | イラク派兵問題 | ウェブログ・ココログ関連 | エアーボート 救命艇 | ゴーヤ栽培日誌 | サッカー | スポーツ | スポーツのありかた | タウンモビリティ・ステーションふくねこ | チベット問題 | ニュース | ハイパーレスキュー艇・シーレックス | バリヤフリー | パソコン・インターネット | ホームページによる交流 | メディアリテラシー | ヨット関係 | ロープワーク | 三好市との交流事業 | 下知コミュニティセンター防災部会 | 下知地区防災計画 | 下知地区防災計画・ブロック会 | 下知地域内連携協議会 | 下知町内会連合会 | 中国四川大地震 | 二葉町町内会の動き | 二葉町自主防災会 | 五台山・市民農園 | 井原勝介さん講演会 | 交通事故防止対策 | 人繋がりネットワーク | 仁淀川町と二葉町との交流 | 今治市防災士会・連合自治防災部会との交流会 | 今野清喜さん講演会 | 仙波敏郎さん講演会 | 伊野町問題 | 健康・体の問題 | 健康問題 | 入野敏郎さんみかん園 | 公共交通問題 | 公共財のありかた | 共謀罪反対運動 | 内閣府地区防災フォーラム2016年仙台 | 内閣府地区防災計画 | 前田康博さん講演会 | 南海地震対策 | 南海地震特別税 | 危機意識・リスクマネジメント | 原子力政策 | 原発と核のゴミ処理場アンケート | 原発災害 | 反ファシズム運動 | 叔母・車椅子来高・2014・10・18 | 口腔ケア | 台風・大雨対策 | 台風・大雨情報 | 台風対策 | 司馬遼太郎氏の帝国主義論 | 吉本隆明氏・追悼文 | 名古屋大学室井研二准教授 | 品川正治さん講演会関係 | 国政問題 | 国際問題 | 土佐電鉄ーごめん・なはり線 | 地区防災計画学会・高知大会2018年 | 地方の公共交通 | 地震保険 | 坂本龍馬像建立運動 | 報道関係 | 夜須町関係 | 大学問題 | 大阪北部地震2018 | 天木直人さん講演会関係 | 宇田川知人さん出演番組 | 安田純平さんを高知へ招く会関係 | 少子化問題 | 岡村眞先生講演会 | 岡林信康コンサート | 島本茂雄さん・中平崇士さん出演 | 巨大地震・津波対策用高強度発泡樹脂浮力体 | 市民参加のありかた | 平和・反核・護憲の社会運動 | 平和問題 | 平成28年度下知地区防災計画 | 広域地域間交流 | 建築物 | 感染症対策 | 憲法問題 | 戦争を知らない子供たちへの映画会」 | 戦争法案反対運動 | 戦争災害 | 排泄ケア(排尿・排便)の重要性 | 携帯・デジカメ | 政治のありかた | 政治評論 | 教育問題 | 新しいメディアの創出 | 新型インフルエンザ対策 | 新堀川市民大学 | 新堀川生態系保護問題 | 日誌風の感想 | 映画「六ヶ所村ラプソディー」 | 映画・テレビ | 昭和南海地震の記録 | 昭和小学校・防災じゅぎう | 昭和小学校防災学習 | 書籍・雑誌 | 有機農業の支援 | 朝鮮半島問題 | 木質バイオマス地域循環システム | 村上肇さんWEBセミナー | 村上肇氏BtoBセミナー | 東京近辺見聞録2013年 | 東京近辺見聞録2014年(1) | 東京近辺見聞録2015年 | 東京近郊見聞録2010 | 東京近郊見聞録2011年 | 東京近郊見聞録2012年 | 東北被災地ツアー2015年 | 東北被災地交流ツアー2005 | 東日本大震災の被災者の皆様との交流事業 | 東洋町サポーターズクラブ | 橋本大二郎さん出演番組 | 橋本県政16年の検証 | 橋本県政16年の総括 | 歩いて見る高知市 | 歴史の宝庫新堀川 | 歴史問題 | 死生観・終末観 | 母・毛山病院入院2017 | 沖縄ー高知の交流 | 沖縄基地問題 | 沢山保太郎東洋町長出演 | 河瀬聡一郎さん講演会 | 津波避難施設について | 浸水対策備品 | 漫画文化 | 父・いずみの病院 | 父・日赤・ICU | 環境問題 | 田辺浩三さん映画会(小夏の映画会) | 社会問題一般 | 社会思想問題 | 社会運動 | 神戸市長田区鷹取との交流 | 神戸市長田区鷹取東地域との交流 | 福井照 | 福井照さん出演番組 | 福祉の問題 | 空のあんちくしょう | 経済・政治・国際 | 経済問題 | 耐震偽装問題 | 脱水症対策 | 自然エネルギーの活用 | 自衛隊の救助訓練 | 芸能・アイドル | 芸術・文化 | 若者支援事業 | 蓄光塗料 | 西村吉正・春子服薬・食事情報 | 西村吉正・死去後の動き | 認知症症候群について | 認知症重度化予防実践塾 | 講演会・研修会 | 講演会・講習会 | 超高齢者の事前減災対策 | 趣味 | 路上詩人はまじさん | 連合赤軍と新自由主義の総括 | 都市再開発 | 都市論 | 錆を防ぐさびのある話 | 阪神大震災20年慰霊と交流 | 防災問題 | 防災対策 | 防衛問題 | 音楽 | 高レベル廃棄物問題 | 高知の根源・由来を考える | 高知の観光 | 高知シティFM | 高知シティFM「けんちゃんのどこでもコミュニティ」 | 高知シティFMけんちゃんのどこでもブログ | 高知シティFM最終収録 | 高知大学防災すけっと隊 | 高知学研究所 | 高知市地域コミュニティ推進課 | 高知市政問題 | 高知市社会福祉協議会 | 高知市長との意見交換会・資料2015年 | 高知減災ネットワーク会議 | 高知県政ぷらっとこうち問題 | 高知県政問題 | 高知県民マニュフェスト大会 | 高知県物産公社構想 | 高知県議会立候補者への公開質問状 | 高知蛍プロジェクト | 鵜の目鷹の目 | 2006年白バイ・スクールバス衝突事件 | 2010年参議院選挙 | 2014年東京・横浜出張 | 2014年衆議院選挙関連 | 2015年叔母北海道より車椅子の旅・高知 | 2015年県議選・市議選 | 2016年熊本地震 | 2017年衆議院選挙 | 2018年沖縄県知事選挙