東京五輪・パラ五輪の在り方

2021.08.14

沖縄県初の金メダリスト

喜友名諒
 東京五輪の男子空手・形で。沖縄県出身の喜友名諒さんが、見事金メダリストになりました。記事を読むと、うちの子供ともなんとなく縁があるようでした。

 喜友名さんの空手の師匠は、佐久本嗣男さん(さくもと つぐお、1947年12月13日 - は、日本の空手家。沖縄県恩納村出身。沖縄県立芸術大学第6代学長、劉衛流龍鳳会会長。教士8段。)です。

 子供が沖縄県立芸術大学へ通学していた時に、課題で映画製作をしていました。その時に「ゾンビ役」で出演いただたのが佐久本嗣男さんでした。映像では墓地で空手の胴着を着用し、熱演されておられました。ユーモラスな演技者でした。実は空手業界では偉い人物のようですね。

 記事には「空手は沖縄特有の文化。琉球舞踊から柔らかな膝の動きを学び、約2メートルの棒や鎌などを操る琉球古武術を取り入れた。」とありました。

 空手の体育の先生が何故芸大に在職されていて、後に学長までなられたとの理由が記事でようやく理解することができました。琉球空手は「単なる武道」ではなく、琉球文化と一体化した伝統文化を継承し作り上げられてきたものであるという佐久本さんの説明に納得しました。

 佐久本さんは2010年から2014年まで沖縄県立大学の学長をされていました。うちの子供は2010年卒業ですからそのあとですね。

 弟子の喜友名諒さんが金メダリストになりました。世界に琉球空手の文化が発信されなによりでした。

| | コメント (0)

2021.08.03

国民に自粛や我慢を強いてIOCにはいいなりの政府


 全国知事会が「より強い自粛を」「都市のロックダウンも検討を」とか、より国民の個人的な自由をはく奪する規制策を打ち出そうとしています。

 一方で世界規模の大運動会を無理やり開催しておいて、何を基準に国民に我慢を強いるのか?全く理由がわかりません。

https://news.yahoo.co.jp/articles/6e5e2fad2a6d769362f11208d7f04bfea7606a10
(yahooニュース 「帰省原則中止」に国民の怒り爆発 「大運動会で盛り上がってるくせに」「いつまでも大人しく従うと思うな」

 コロナワクチンは政府があれだけ大言壮語していながら全国民の3割程度しか接種していません。ワクチン接種が成功している英国やイスラエルではデルタ株が蔓延し、3回目のワクチン接種を検討しています。沈静化するのが難しいデルタ株のようです。

 感染蔓延の報道が「五輪騒ぎ」で伝達内容も時間も「薄く」なっていることに唖然とします。

 IOC(国際オリンピック委員会)のための五輪ではないはず。終わるまでは危なかしい限りのコロナ感染症対策です。本腰を政府や東京都が入れているように感じません。

| | コメント (0)

2021.07.29

28日は東京は3177人の感染者


 2021年7月28日ですが、東京の新型コロナウィルス感染症の感染者数は3177人とか。隣県の神奈川県は1051人。沖縄は347人、高知は22人。全国的に感染者数は増大しています。

 1か月半ぐらい前に、日本のコロナ感染者数など「さざ波だ」と発言した内閣府関係者がおられ、辞任しました。本当に「さざ波」なんだろうか?

 確かにワクチン効果で高齢者の感染者数や重傷者数、死者は少なくはなりました。しかし働き世代の20代から50代までの人たちが今や感染者の主力です。

「若者は感染しても軽症だから心配ない。」という根拠のないデマを信じる人たちが多いと思う。ワクチン接種もしていない、PCR検査もしていない若い世代の連中が外へ出て動き回るから感染者がどんどん増えますね。今は手の打ちようがないですね。

 東京五輪で受けれている間に感染者は増え続けています。宴が終わった後の「置き土産」が怖いですね。

| | コメント (0)

2021.06.22

国民不在の政治を憂う

五輪開催の是非は総選挙で_NEW
 2021年6月21日(月)ですが、高知新聞の読者投稿欄の「声・広場」欄に「五輪の是非は総選挙で」との私の投稿文が掲載されていました。先月も掲載されていましたから珍しく連続掲載されました。

 野党側が「内閣不信任案」を提出する前に文章を書いて投函していました。結果は内閣不信任案はあえなく与党の反対で否決されました。「国民の声」を東京五輪の開催前に真摯に聞くことがなく、国会は17日に閉会しました。

 野党側は「会期を延長してコロナ対策の審議を真剣に検討し、万が1事態が悪化したあ場合は特措法の審議も必要。延長すべきである。」と主張しました。与党側は「40兆円の予備費も計上されている。すみやかなコロナ対策は、国会審議を繰り返しながらでは無理。内閣に裁量を与えていただきたい。」というのが言い分。それもわからないわけではない。

 一方でワクチン接種も急ピッチで行われていますが、未だに2割の接種率になっていません。企業接種は大企業中心に行われるようですね。とにかく1億2000万人の国民の8割程度(9600万人)がワクチン接種(2回)をしないと集団免疫は獲得できないとか。現実には1割程度。1か月後でもせいぜい3割程度ではないでしょうか?

 この状況で東京五輪とパラリンピックを7月・8月に開催するというのは物凄い危険性があります。外国人の観客は0になりましたが、選手団、関係者、IOC「貴族」関係者や協賛企業関係者など10万人が世界各地から入国してきます。

 空港の水際対策は「ざる」であり、世界の変異種コロナウィルスが日本国内に一気に持ち込まれる可能性があります。東京五輪の開催中、外国から変異種が持ち込まれ、日本国民に感染が増大した場合の責任の所在はどうなるのか?医療体制は維持できるのか?そのあたりが不安だらけです。

 台風や大雨対策と同じで、事前の対策は取れるはず。いくら首相の記者会見を傾聴しても菅首相は「精神論」をいうばかりで、具体的な感染防止策や危機管理の対策の具体論は全く話しませんでした。丸川五輪担当大臣も、橋本組織委員会会長も小池東京都知事も「感染防止対策の具体策」の話はとうとうありませんでした。

 事前対策なし、具体論なしでどこまで対策がとれるのか?首都圏の医療崩壊は起こらないのか?多くの国民が医療機関へ行けず自宅待機で亡くなることはないのか?その答えは政府閣僚、五輪関係者からは結局具体策は何も出ませんでした。

 総選挙で与党と野党の主張のどちらが正しかったのかを決めないといけない。

 2007年の総選挙は、希望の党騒ぎで野党第1党の民進党が崩壊し、与党が圧勝しました。あまりに議席を与党がとりすぎたんで、国会審議が緊張感がなく、政治的な腐敗が与党議員を中心に出ました。国会審議は与野党伯仲で真剣にやらないと駄目ですね。

 与野党の政策、とくに感染症対策と、経済振興対策を傾聴して、総選挙を棄権せず、国民としての意思表示をすべきです。アメリカもコロナ禍の真っ最中の大統領選挙でした。コロナ対策が劇的に改善し、感染者が激減しました。経済も急速に回復しています。

 かたや日本。感染症対策の具体論がなく、経済振興政策も何がしたいのがよくわかりません。この際政権交代があってもいいと思います。野党側も「どういうコロナ対策をして、経済をどのように再生するのか」の具体策がなければ国民の支持は得られないでしょう。今すぐにでもいいので、衆議院を解散し、与野党の主張がどちらが正しいのかを国民に選択させてもらいたいと思います。

| | コメント (0)

2021.06.21

感染症対策(公衆衛生)と集客装置・都市の形成

 私は学識者や研究者ではないので、自分の考え方の「出展元」や「著作の何ページに書かれていた。」という記述をすることが出来ません。ですので昔読んでいた本の内容を自分が取りこんで、自分の言葉で「感染症対策(公衆衛生)と集客装置・都市の形成」という題目で雑文を書いています。


 


 30年ほど前に個人的に「都市再開発問題」に興味を持ち、当時所属していた高知青年会議所で3年間「都市再開発セミナー」という連続講座を開催したりしていました。当時はバブル全盛時代で、アメリカで開発された再開発の商業施設や店舗や「集客装置」に興味を持ち、専門外の1市民が書籍を読んだり、専門家の話を聴講したりしていました。


 


 19世紀の欧州では内乱と階級闘争と革命の最中に疫病も流行し、公衆衛生の概念が成立し(公衆衛生法1848年)都市の衛生環境が劇的に改善されました。


 


 エンゲルスの著作「イギリスにおける労働者階級の状態」のなかで、当時の労働者の藤堂形態は過酷そのもので、住宅の衛生環境も劣悪であった。家族の汚物を道路にまき散らしたりしていたとか。


 


 当時の公衆衛生を記述した本(なんだか忘れました)は、産業資本家は郊外の環境のいい場所に庭のある住宅に住んでいた。工場のある町の工業地区へ行く途中に劣悪な労働者住宅があり、衛生環境も劣悪。いつしか疫病が労働者間で流行し、資本家階級にまで感染する事態になりました。


 


 それで国は公衆衛生法を制定し、労働者住宅の衛生環境の改善、公共下水道の整備や水道の整備など、公衆衛生の改善事業を英国やフランスでも莫大な事業費で行いました。怪盗ルパンが逃げる公共下水道もパリの公衆衛生の改善に大いに役立ちました。


 


 公衆衛生の確立が出来て初めて、今風の都市形成が可能になりました。百貨店や映画館、劇場、サッカースタジアム、商店街、動物園、遊園地、鉄道駅舎、港湾設備などは「集客装置」と呼ばれています。


 


 公衆衛生が確立したから、人々が安心して集まり、密になり、観覧し、買い物し、飲食する楽しい都市空間が誕生しました。19世紀から20世紀にかけて出来上がった都市はたくさんの「集客装置」が集積しています。


 


 都市は「社会サービス・システム」とも言われ、形を変えながら、人々を魅了し、多くの人口を都市部に吸収してきました。


 


 21世紀の疫病である新型コロナウィルス感染症は、19世紀から20世紀をかけて確立してきた都市の「集客装置」を全否定する存在でした。多くの都市では都市閉鎖し、集客装置を閉鎖し、利用禁止にし、人間同士の交流を禁止しました。


 


 解決策は多くの感染症と同様に、予防するためにワクチン開発と特効薬の開発以外はありません。


 


 事態は始まったばかりであり、今後都市がどう変化するのか、疫病は収まるのか。難しい課題は延々と続くことでしょう。


 


 19世紀は公衆衛生事業が解決しました。21世紀はどのような事業が疫病を抑え込むことができるのか?興味深いです。

| | コメント (0)

2021.06.16

2回目のコロナワクチン接種

ワクチン2
2021年6月15日ですが、ようやく2回目のコロナワクチン予防接種を終えました。
ワクチン3
副反応が2回目の接種後に1回目より強くあらわれるとか。発熱、倦怠感、腕の痛みなどとか。いろいろ言われています。同年代の家内も一緒です。

指定書類提出、医師の問診、接種と病院側も手際よかったです。
指定時間待機して異常はないので帰りました。今のところ大丈夫です。
ワクチン1
しかし日本のワクチン接種は欧米諸国に比べ完全に「出遅れました。」あちらはワクチン接種が国民の5割を超え、感染者が劇的に下がっています。日本はようやく高齢者層と医療関係者を合わせて人口の9%の接種でしかない。U65の現役世代に早く打たないと、インド変異種株がが入りこんだらどうしようもありませんよ。
wakutinn6
 これで東京五輪を開催し、おまけに3月も国会審議をしないのはおかしい。狂っていますね政府と与党は。万が1感染爆発したら誰が責任を取りますか?
wakutinn4

| | コメント (0)

2021.06.14

コロナ敗戦国の日本は没落するだろう。


 コロナ感染症は変異株が次々と出現し、緊急事態宣言と飲食店などの営業自粛を延長しても感染者数は劇的に減少せず、いまだに病床に余裕がない。感染爆発の日本で五輪の開催は「ありえない」話であると思う。

 しかし政府閣僚はそうは考えない。「国民の安心安全を最大限に確保し、東京五輪を行う。」と言います。3万人を超えるコロナ陽性者が入院できず自宅待機し,500人の日本国民が自宅で亡くなりました。

 今すぐ野党は内閣不信任案を提出し、解散総選挙に追い込むべき。総選挙で「東京五輪を開催する」(与党)と「五輪は中止。コロナ対策最優先」(野党)の主張のどちらが正しいのか国民が総選挙で投票し決めたらいい。
 首相がきちんとコロナ禍の中での五輪開催の意義目的を、自分の言葉で話せない以上、だらだらと五輪を開催するわけにはいけない。感染爆発に対応できないからです。助かる命が助かりまsねんから。」

 「東京五輪を中止し、来年2月に北京冬季五輪を中国に開催されれば、日本はアジアのリーダーから滑り落ち、中国にとって代わられるのがいけないから。」という理由を主張される人たちもいます。それも一理あるので堂々と主張してほしい。

 「開催の決定権はIOCにある。日本からコロナ禍を理由に中止を言い出せば、莫大な賠償金をとられるので、怖くて言えない。」という理由は本当なのでしょうか?

 世の中「イベント中止保険」なるものもあるし、役員が弁護士であるというIOCは抜かりはなく保険賭けているはず。だとすれば保険金をせしめ、なおかつ日本から巨額の賠償金をせしめるなんぞ、できるはずはあるまい。五輪が平和の祭典、人々の絆を高める祭典などではない。

 感染爆発で開催国国民が塗炭の苦しみをしているのに五輪を開催出来なければ、日本から巨額の賠償金をせしめることなどあれば、五輪が平和の祭典、人々の絆を高める祭典などではない。害悪でありぶっ壊さないといけない対象になります。

 今のところ東京五輪の中止を主張しているのは共産党ぐらいですね。他の野党は何をしているのか。また民族主義的な愛国者を自認される人たちもIOCに抗議し、東京五輪反対運動をすべきであると思います。

| | コメント (0)

2021.05.01

世の流れは東京五輪中止に

緊急事態宣言なるものが東京都.大阪府、兵庫県、京都府に出されました。しかし劇的に感染者が減少する気配はなく、じわじわと全国的に増加傾向。医療資源は枯渇寸前であり、大阪は既に医療崩壊状態。

政府や大都市の首長は自らの責任「いつでも・どこでも・だれでもPCR検査」「コロナワクチン予防接種の早期の実施」を全くせず、後手後手に対策が回り、コロナ陽性になりながら入院できない人たちが1万人を超えました。

まことに残念極まりないことですが、毎日日にち国民の命が奪われ、コロナ感染症罹患者が増加する状況の中で、東京五輪・パラリンピックの開催は無理であると思います。開催すれば選手団や関係者のPCR検査は毎日実施し、コロナ患者用の病院も設置、1万人の医療関係者を五輪用に貼り付けるとか。ワクチンの優先接種も行われるらしい。

国民の命を守らずして東京五輪の開催に意義があるのだろうか?政府や東京都は、単なる商業団体に過ぎないIOCときちんと交渉すべきです。「フル開催であれば来年に延期」「延期が無理なら国民を守るために中止します」と言うべきです。東京大会が中止となれば、1984年から継続してきた「商業五輪」は未来永劫開催できなくなるでしょう。

仕方がありません。「日本政府と東京都があまりにも無能であり、危機管理能力がないために中止になりました。」ということになるでしょう。

| | コメント (0)

2021.04.19

二階自民党幹事長の五輪中止発言を評価します

nikai
 「なにがあっても東京五輪は開催」と強弁する発言ばかりが政府関係者や五輪関係者から聞こえてきて、「一体だれのための東京五輪なのか」がわからなくなりました。


 


 以前から医療関係者の多くが指摘されているように「症状の出ない感染者を見つけるための大量のPCR検査」もせず、未だにコロナワクチン接種率は1%程度とか。


 


せめて現時点で国民の6割がコロナワクチン予防接種を行い、いつでもだれでもどこでもPCR検査をしている状態なら、余裕をもって「日本でコロナワクチンも接種しますのでどうぞ東京五輪へお出ましください」ということは言えます。現状では言えませんね。


 


 二階幹事長の発言は「勇気をもって撤退もあり得る」選択肢を提供しました。国民の命を優先すれば当然の発言です。

| | コメント (0)

その他のカテゴリー

07高知県知事選挙 08syugin_ 2008年衆議院選挙関連 2009年衆議院選挙関係 2012年衆議院選挙関係 2012年車椅子で行く高知の観光施設 2013年参議院選挙関係 2014年東京都知事選挙 2015年雨漏り修繕工事 2015雨漏り・外壁補修工事 2016年参議院選挙 2016年首都圏遠征 2019年参議院選挙 2019年高知市長選挙 2019年高知県知事選挙 2019年高知県議会議員選挙 2019高知市議会議員選挙 2022年沖縄県知事選挙 blogによる自由民権運動 blogの伝道師・blogの鬼 bousai_ Eコマース・スキルアップ講座 koutikengikaigin NPO法人高知減災ネットワーク会議 SOSカード W杯カタール大会2022 おんぶらっく おんぶらっく大人用 お花見遊覧船 けんちゃんの今すぐ実行まちづくり けんちゃん1人weblog はりまや橋サロン まちづくり まちづくり条例見守り委員会 アニメ・コミック イラク派兵問題 ウェブログ・ココログ関連 エアーボート 救命艇 カタールW杯2022年 カラー・ユニバーサルデザイン ゴーヤ栽培日誌 サッカー スポーツ スポーツのありかた スマホへの依存は危険 スマホ活用防災講座 スマホDEリレー スマホSOSシステム タウンモビリティ・ステーションふくねこ チベット問題 ニュース ハイパーレスキュー艇・シーレックス バリヤアリー住宅 バリヤフリー パソコン・インターネット ピースウィンズ・ジャパン ホームページによる交流 メディアリテラシー ヤッシー西開口口テトラ投入問題 ヨット関係 リハビリ・ウォーキング ロシアのウクライナ軍事侵攻問題 ロープワーク 三好市との交流事業 下知コミュニティセンター防災部会 下知中小零細企業BCP研究会 下知交番との地域での協働 下知地区減災連絡会 下知地区防災計画 下知地区防災計画・ブロック会 下知地域内連携協議会 下知町内会連合会 下知防災紙芝居 両下肢蜂巣炎 中国四川大地震 中土佐町との交流事業 事前復興まちづくり計画 事前減災対策としてのインフラ整備 二葉町ゆかりの巨匠 二葉町町内会の動き 二葉町総合防災訓練2020年 二葉町総合防災訓練2019年 二葉町総合防災訓練2021年 二葉町総合防災訓練2022年 二葉町自主防災会 二葉町防災世帯調査 五台山・市民農園 井原勝介さん講演会 交通事故防止対策 人繋がりネットワーク 仁淀川町と二葉町との交流 今治市防災士会・連合自治防災部会との交流会 今野清喜さん講演会 仙波敏郎さん講演会 伊野町問題 低温火傷 体成分測定 健康・体の問題 健康問題 傷害のある方との協働 入野敏郎さんみかん園 公共交通問題 公共社会インフラの維持管理 公共財のありかた 共謀罪反対運動 内閣府地区防災フォーラム2016年仙台 内閣府地区防災計画 前田康博さん講演会 南海地震対策 南海地震特別税 危機意識・リスクマネジメント 原子力政策 原発と核のゴミ処理場アンケート 原発災害 反ファシズム運動 叔母・車椅子来高・2014・10・18 受援力」(支援を受ける力) 口腔ケア 台風・大雨対策 台風・大雨情報 台風対策 司馬遼太郎氏の帝国主義論 吉本隆明氏・追悼文 名古屋大学室井研二准教授 品川正治さん講演会関係 嚥下障害改善食 国政問題 国際問題 土佐電鉄ーごめん・なはり線 在宅介護と仕事 地区防災計画学会・高知大会2018年 地方の公共交通 地震保険 坂本龍馬像建立運動 報道関係 夜須沖からの津波避難 夜須町関係 大学問題 大阪北部地震2018 天木直人さん講演会関係 宇田川知人さん出演番組 安田純平さんを高知へ招く会関係 少子化問題 岡村眞先生講演会 岡林信康コンサート 岩手日報の震災特集記事 島本茂雄さん・中平崇士さん出演 巨大地震・津波対策用高強度発泡樹脂浮力体 市民参加のありかた 平和・反核・護憲の社会運動 平和問題 平成天皇を称えます 平成28年度下知地区防災計画 広域地域間交流 建築物 徳島県美波町との交流 感染症対策 憲法問題 戦争を知らない子供たちへの映画会」 戦争法案反対運動 戦争災害 手結福島・南地区自主防災会 排泄ケア(排尿・排便)の重要性 携帯・デジカメ 政治のありかた 政治評論 救命船南風 教育問題 新しいメディアの創出 新型インフルエンザ対策 新型コロナウィルス対策 新堀川市民大学 新堀川生態系保護問題 日誌風の感想 映画「六ヶ所村ラプソディー」 映画・テレビ 昭和南海地震の記録 昭和小学校・防災じゅぎう 昭和小学校防災学習 書籍・雑誌 有機農業の支援 朝鮮半島問題 木質バイオマス地域循環システム 村上肇さんWEBセミナー 村上肇氏BtoBセミナー 東京五輪・パラリンピック2021 東京五輪・パラ五輪の在り方 東京近辺見聞録2013年 東京近辺見聞録2014年(1) 東京近辺見聞録2015年 東京近郊見聞録2010 東京近郊見聞録2011年 東京近郊見聞録2012年 東北被災地ツアー2015年 東北被災地交流ツアー2005 東日本大震災の被災者の皆様との交流事業 東洋町サポーターズクラブ 横紋筋融解症 橋本大二郎さん出演番組 橋本県政16年の検証 橋本県政16年の総括 歩いて見る高知市 歴史の宝庫新堀川 歴史問題 死生観・終末観 母ショートスティ 母・デイケア 母・春子の健康情報 母・春子の在宅介護日誌 母・毛山病院入院2017 母・西村春子介護日誌 母入院・細木病院 母入院2022年 気象庁情報の正確な伝達 水道管凍結防止対策 沖縄ー高知の交流 沖縄基地問題 沖縄返還50年 沢山保太郎東洋町長出演 河瀬聡一郎さん講演会 津波避難施設について 浦戸湾三重防護整備 海からの高台への津波避難 海での防災対策 浸水地区に救命艇 浸水対策備品 漫画文化 災害大国日本 父・いずみの病院 父・日赤・ICU 献血時血液検査表 環境問題 田辺浩三さん映画会(小夏の映画会) 真備町関係者との交流 社会問題一般 社会思想問題 社会運動 神戸市長田区鷹取との交流 神戸市長田区鷹取東地域との交流 福井照 福井照さん出演番組 福祉の問題 私の腰痛 空のあんちくしょう 窓ガラス飛散防止講習会 経済・政治・国際 経済問題 統一教会問題 耐震偽装問題 脱水症対策 臨時情報 自然エネルギーの活用 自然地形の高台 自然災害と経営責任 自衛隊の救助訓練 芸能・アイドル 芸術・文化 若者支援事業 蓄光塗料 西村吉正・春子服薬・食事情報 西村吉正・死去後の動き 西村吉正1周忌・3回忌 要支援者用食材 観天望気・日常観察からの天気予報 訪問看護 認知症症候群について 認知症重度化予防実践塾 誤嚥性肺炎対策 講演会・研修会 講演会・講習会 超高齢者の事前減災対策 趣味 路上詩人はまじさん 連合赤軍と新自由主義の総括 遠地津波 都市再開発 都市論 錆を防ぐさびのある話 閖上だより 阪神大震災20年慰霊と交流 防災備品整理棚 防災問題 防災対策 防災紙芝居 防災紙芝居プロジェクト 防衛問題 雛人形の展示 雪道対策 非常備蓄用ミキサー粥 靴底消毒 音楽 飲料水の備蓄 高レベル廃棄物問題 高知の根源・由来を考える 高知の観光 高知シティFM 高知シティFM「けんちゃんのどこでもコミュニティ」 高知シティFMけんちゃんのどこでもブログ 高知シティFM最終収録 高知大学防災すけっと隊 高知学研究所 高知市地域コミュニティ推進課 高知市政問題 高知市社会福祉協議会 高知市長との意見交換会・資料2015年 高知市長期浸水救出計画020年 高知減災ネットワーク会議 高知県政ぷらっとこうち問題 高知県政問題 高知県民マニュフェスト大会 高知県物産公社構想 高知県議会立候補者への公開質問状 高知蛍プロジェクト 鵜の目鷹の目 2006年白バイ・スクールバス衝突事件 2010年参議院選挙 2014年東京・横浜出張 2014年衆議院選挙関連 2015年叔母北海道より車椅子の旅・高知 2015年県議選・市議選 2016年熊本地震 2017年衆議院選挙 2018年沖縄県知事選挙 2021年衆議院議員選挙 2021年衆議院選挙 2022年参議院選挙 2023年県議選 2023年高知市議選 3・11ミニ慰霊祭 A型RHマイナス血液型