ニュース

2017.08.15

朝日新聞と読売新聞の8月15日


Asahi815_r

 2017年8月15日。父(98歳)が植田医院で点滴している間に近くのコンビニで朝日新聞と読売新聞2紙を購入しました。反安倍の朝日御新聞と、安倍機関紙の読売新聞。「読み比べを」しないといけないですね。

 ネットのヤフー・ニュースにリンクを張っている記事は、産経系が多く、」偏ったン情報に過ぎません。それにネットの情報は案外「広範ではない」。玉石混合の情報から取捨選択するには意外に難しいしめんどい。

 その点朝日新聞も読売新聞もプロの記者が書き、編集者がチェックし見出しを付け、校閲係が駄目だししてOKなら紙面がつくられていきますから。

「中國軍アフリカの長城」

「小型機墜落2人死亡」

「GDP年4.0%増」

「きょう終戦72年」-朝日新聞1面

「米韓、北に強力対応」

「小型機墜落2人死亡」

「DDP年4・0%増」-読売新聞

 2紙とも終戦記念日の扱いは朝日では小さく、読売は1面に記事すらない。

 両紙とも政府広報として厚生労働省が「8月15日は、戦没者を追悼し、平和を祈念する日です」と広告を掲載しています。読売はそれしか①面にはない。

 紙面上で両紙とも戦争体験者の話を丁寧に取材し記事にしています。それは丹念にさrていました。特に差はありませんね。

 たまに読み比べは必要。やはり情報は「お金を出して買う」ことも必要であると思います。
Yomiuri815_r


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.11.08

驚きの博多駅前の道路陥没事故


201611080008_003

韓国のソウルで道路に穴が開き、陥没しているニュースを時折見聞していましたが、日本でも起こりました。やはり地下鉄工事の関係だそうですね。人口が集積している大都市部の繁華街では、電気も水道も電話線もガスも地中の道路下に穴を掘り埋め込みます。交通手段も地下鉄を建設します。

道路を通行止めに原則できないので、道路に覆工板で蓋をし、その上をアスファルトで舗装するので、見た目には何事もないように思われます。しかし地下には大きな空洞が開いています。テレビの映像でも陥没した道路のすぐ先に地下鉄の階段がありました。

 博多も2つの川に挟まれ中州の軟弱地盤の上の都市市街地です。地盤も弱いし、常に工事は水との戦いです。幸いだったのは、けが人がいなかったことです。

 わたしが東京で仕事をしていた36年前も鉄板にエポキシレジモルを表面に塗布した覆工板で蓋をして、地下空間に天井をつくり、地下鉄工事やCAB工事をしていましたから。

 新宿や渋谷や銀座の幹線道路下は、博多と同じ状況にいつなるかもしれません。地震でもなんでもない時に陥没しました。首都圏直下型地震がくればどうなるのか想像できません。怖いです。

 以前にも博多で道路陥没があったやに聞きました。土木建設業者もしっかりと施工wをしていただきたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.06.25

第5回下知地区減災連絡会総会


 2016年度下知地区減災連絡会第5回総会が、2016年6月21日午後6時半から、下知コミュニティ・センター多目的室にて開催されました。定数48人中37人が出席。委任状出席が5人で、総会は成立しました。
Inosiyakusyo_r_2

http://www.bousai.go.jp/kyoiku/chikubousai/160312forum.html

 来賓で高知市地域防災推進課の猪野課長補佐、山中係長、山本・中山課員が出席されました。
Yamamotosetumei_r

 総会前に、西村副会長が、3月12日の仙台にて行われました内閣府の「地区防災計画フォーラム」の報告をしました。「下知では防災・減災をたしなみや文化とする」ことで地域住民の命は救われると発言しました。
 
 続いて地域防災推進課の山本美咲氏が「地区防災計画策定支援業務」について説明されました。「希望ある未来に向けた事前復興計画を作り、生活と街を再建するためには住民の命を失わないことを最優先し、そのための個別計画(1・命を守る。2・命をつなぐ。3・生活を立ち上げる」を策定し実践することです。」と言われました。

 総会は2015年度事業計画・決算、2016年度事業計画、事業予算、役員人事もすべて承認されました。地区防災計画=事前復興計画=下知が幸せになる物語が、下知地区減災連絡会の核の1つです。高知市の地域防災計画に反映させる具体性をもった地区防災計画にしなければなりません。

 オブザーバーで来られていた弥生南防災会が下知地区減災連絡会に参加することになりました。
_new_r

2_new_r


4_r


6_new_r


7_new_r

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.06.20

被害者が加害者になる怖さを思い知りました

FBのスパムかなんかにやられたようです

 2016年6月20日の午前11時前にFBの友人からFB上のメッセージが。リンクがメッセージに張り付けてありました。お知り合いのブログ等の活動なのかといっかりクリックしたとたん、わけのわからないメッセージがわたしの友人各位の皆さんに拡散した次第です。

 いわゆる「なりすまし」が、わたしの名前と写真をつかっていかがわしい内容のと投稿を執拗しています。サーバーは海外にあり、自動送信されている可能性もあります。

 「被害者が加害者になる」有様で、FB上で友人になって下さっている皆さんには結果的にご迷惑をおかけしました。

  経過報告

1)FBに取り込んでいたアプリはすべて削除しました。

2)私のFBの投稿画面に成りすましで、いかがわしいアダルト系の画像が貼り付けられていました。わたしの投稿ではありません。(発見次第削除していますが、また現れる可能性があります。7件ありすべて削除しました。)

3)PCをウィルス・スキャンしましたが異常はありません。FB以外は異常はありません。

4)FBのメッセンジャーは、この件に関しお問い合わせのみ返信します。わたしのほうから新たにメッセージを送ることはしばらく(問題が解決しないと)しないようにします。

 以上対策はしました。FB上で737人の友人がいることになっています。今後「西村健一」でメッセンジャーからメッセージが行くことは当分ありません。またリンクのあるメッセージも送りません。もしあれば「なりすまし」なので躊躇なく削除してください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.05.21

朝日新聞の原発特報記事には驚きだ


Asahi5201_r

 2014年5月20日から始まった朝日新聞の福島第1原子力発電所の故吉田昌郎所長(2013年死去)が、政府調査・検証委員会の聴取に答えた「吉田調書」の内容を披露した記事には驚くばかりですね。
Asahi5202_r

 20日では「放射性料の低い福島第1原発敷地内に一時退避。様子を見て収拾作業を開始する。」と吉田所長が指示。

 ところが原子力発電所に勤務していた東京電力の社員650人が、吉田所長の指示を無視して、バスで福島第2原発へ退避していた。驚愕の事実です。

韓国のフェリー沈没事故で、船長以下乗り組員の大半が乗客の救助をせず1番さきに退避しました。同じことを福島原子力発電所でも起きていたんです。深刻なのは周辺住民にその事実が知らされず、今の今になるまで公表されてこなかったことです。

 朝日新聞の5月20日の記事、21日の記事とコラムの天声人語も淡々と書かれていて、それゆえに驚愕の原発事故の実態が明らかになりました。わたしも朝日新聞は定期購読していませんが、昨日今日とコンビニで購入し読みました。
Asahi5211_r


Asahi5212_r


Asahi5213_r


Asahi521tenseizingo_r


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.11.16

岡本直也氏講演会を高知新聞と朝日新聞が報道しました

  高知新聞と朝日新聞が、11月5日に下知減災連絡会で実施されました「岡本直也さん講演会」の様子をきちんとした記事にされていました。
 
 高知新聞は「防災啓発へ住民実践」と、下知コミュニティ・センターを活用した講演会・防災講習会・炊き出し訓練・仁淀川町との交流などの経過や告知などをしていただきました。
Kouchinews1108


 朝日新聞・高知版では「地震後に備え人材を」と曳家職人岡本直也さんの講演の様子の詳細が記事になっています。高知では安価で適正な沈下修正工事ができるシステム作りが今後は大事である。とレポートされていました。
Asahi1109

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.10.27

たまに読む朝日新聞に注目。

 2013年10月25日朝日新聞1面記事「在外被爆者医療費認める」「大阪地裁 支給却下取り消し」、35面「同じ被爆者だから」は良い判決でした。現在は韓国にいようが1945年当時広島にいて被爆したことは事実ですから。

 厚生労働省と大阪府は控訴などしないでいただきたいと思います。
Hibakusyaasahi1mm


Asahi0hibakusya2mm


 また同じ日の朝日新聞の1面と34面に、ヤマト運輸とファミリーマートの配送センターでの冷蔵品の取り扱いについての記事が掲載されていました。これも問題ですね。

Yamatoasahgikiimm


Fmfusei2mm


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.06.21

分譲済みマンションが津波避難ビルに初指定になりました。

Tunamibmm


 6月21日付の高知新聞朝刊には「分譲済み 避難ビル初指定」という見出しが出ています。画期的なことです。いままで実例が高知市ではありませんでした。

 全域が海抜0メートルの下知地域。地域の「高台」は高層ビルであるマンションになりますが、なかなか理解を得ることが難しかった。しかし「昭和防災プロジェクトや地域の儒防災会、町内会、高知市地域防災推進課の尽力で、稲荷町のセラビ21という分譲済みマンションが津波避難ビルとして初指定となりました。

 マンション住民の皆様も「4分の3の特別決議」で指定になっていただきました。大変重たい決断であります。本当に下知地域の住民としてありがたいことです。

 今後も地域内の分譲マンションの皆様のご理解を得て、津波避難ビル指定になるようにお願いします。

 まだまだ数は足りません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.02.10

素晴らしい夜須中ヨット部・スポーツ大賞受賞

Yasujyckizi


Yasujystkizi


高知新聞スポーツ大賞の記事が、2月10日付けの高知新聞朝刊10面に掲載されていました。

 高知新聞スポーツ大賞に、夜須中学ヨット部が受賞されました。昨年7月に千葉県で開催されました全国中学校ヨット選手権大会で見事に総合優勝しました。

 しかし夜須中学校長は、あろうことか、優勝杯を生徒たちから受け取ることも拒絶し、学校へ飾ることをさせず、策を弄して夜須中学ヨット部を廃部に追い込みました。記事にあるように地域スポーツ型クラブ「香南ジュニア・ヨットクラブ」として4月から再スタートすることになりました。

 頑なな一部教育関係者の行為には釈然とはしませんが、「海のように器の大きな」香南市のスポーツ関係者の尽力で、NPO法人YASU海の駅クラブが香南市教育委員会から委託管理という形で、セーリング活動をすることになりました。

 冬の強風の中でも、懸命に練習された成果です。生徒たちはたくましく成長していくと信じます。
Yasuyaj_r


Yacttin


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.09.27

さすが役者は朝青龍

Sumou1_r
 今日は大相撲9月場所は千秋楽。相撲は日本の国技。NHKが6場所を全国放送する人気スポーツでもあります。伝統的な作法や服装。髷にふんどし。風習をマスターすれば外国人でも日本人でも関係ない。
 勝ち負けがはっきりしているし。伝統の重みもあります。
Paruto_r
 今場所は大活躍したのは把瑠都(ぱると)。ユーモラスな受け答えで実力も伴った力士。この人もバルト諸国の出身。大関になりそうな勢いですね。
Yokozunat_r
 千秋楽決戦は、横綱白鳳VS朝青龍。両方ともモンゴル出身。それを大勢の日本人観客が声援を送ります。今日は総理大臣杯の受け渡しに鳩山首相も夫人とともに来場していました。
Asayushou
 本割では白鳳の圧勝。解説者の北の富士も舞の海も、白鳳びいき。「稽古量や相撲に対する姿勢からして白鳳が優勝するのが当然。」のような口調で解説しておりました。

 横で見ていた家内が「朝青龍が優勝する。自分の誕生日だし。鳩山首相夫妻が米国か帰国したばかりで駆けつけているし。この人派手好きだから絶対に優勝する。」と断言。事実優勝決定戦は本割と異なり、朝青龍の立会いが鋭く、結局白鳳を破り24回目の優勝を決めました。

 なんだかんだの悪太郎。悪者横綱朝青龍。見事な優勝でした。決定戦のおかげで鳩山首相が優勝杯を渡す場面も優勝力士インタビューもカットされてしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

07高知県知事選挙 | 2008年衆議院選挙関連 | 2009年衆議院選挙関係 | 2012年衆議院選挙関係 | 2012年車椅子で行く高知の観光施設 | 2013年参議院選挙関係 | 2014年東京都知事選挙 | 2015年雨漏り修繕工事 | 2015雨漏り・外壁補修工事 | 2016年参議院選挙 | 2016年首都圏遠征 | blogによる自由民権運動 | blogの伝道師・blogの鬼 | bousai_ | Eコマース・スキルアップ講座 | koutikengikaigin | NPO法人高知減災ネットワーク会議 | お花見遊覧船 | けんちゃんの今すぐ実行まちづくり | けんちゃん1人weblog | はりまや橋サロン | まちづくり | まちづくり条例見守り委員会 | アニメ・コミック | イラク派兵問題 | ウェブログ・ココログ関連 | エアーボート 救命艇 | ゴーヤ栽培日誌 | サッカー | スポーツ | スポーツのありかた | タウンモビリティ・ステーションふくねこ | チベット問題 | ニュース | ハイパーレスキュー艇・シーレックス | バリヤフリー | パソコン・インターネット | ホームページによる交流 | メディアリテラシー | ヨット関係 | 三好市との交流事業 | 下知地区防災計画・ブロック会 | 下知地域内連携協議会 | 中国四川大地震 | 二葉町町内会の動き | 二葉町自主防災会 | 五台山・市民農園 | 井原勝介さん講演会 | 交通事故防止対策 | 人繋がりネットワーク | 仁淀川町と二葉町との交流 | 今治市防災士会・連合自治防災部会との交流会 | 今野清喜さん講演会 | 仙波敏郎さん講演会 | 伊野町問題 | 健康・体の問題 | 健康問題 | 入野敏郎さんみかん園 | 公共交通問題 | 公共財のありかた | 共謀罪反対運動 | 内閣府地区防災フォーラム2016年仙台 | 内閣府地区防災計画 | 前田康博さん講演会 | 南海地震対策 | 南海地震特別税 | 危機意識・リスクマネジメント | 原子力政策 | 原発と核のゴミ処理場アンケート | 原発災害 | 反ファシズム運動 | 叔母・車椅子来高・2014・10・18 | 台風・大雨対策 | 台風対策 | 司馬遼太郎氏の帝国主義論 | 吉本隆明氏・追悼文 | 品川正治さん講演会関係 | 国政問題 | 国際問題 | 土佐電鉄ーごめん・なはり線 | 地方の公共交通 | 地震保険 | 坂本龍馬像建立運動 | 報道関係 | 夜須町関係 | 大学問題 | 天木直人さん講演会関係 | 宇田川知人さん出演番組 | 安田純平さんを高知へ招く会関係 | 少子化問題 | 岡林信康コンサート | 島本茂雄さん・中平崇士さん出演 | 巨大地震・津波対策用高強度発泡樹脂浮力体 | 市民参加のありかた | 平和・反核・護憲の社会運動 | 平和問題 | 平成28年度下知地区防災計画 | 建築物 | 感染症対策 | 憲法問題 | 戦争を知らない子供たちへの映画会」 | 戦争法案反対運動 | 排泄ケア(排尿・排便)の重要性 | 携帯・デジカメ | 政治のありかた | 政治評論 | 教育問題 | 新しいメディアの創出 | 新型インフルエンザ対策 | 新堀川市民大学 | 新堀川生態系保護問題 | 日誌風の感想 | 映画「六ヶ所村ラプソディー」 | 映画・テレビ | 昭和南海地震の記録 | 昭和小学校・防災じゅぎう | 昭和小学校防災学習 | 書籍・雑誌 | 有機農業の支援 | 朝鮮半島問題 | 木質バイオマス地域循環システム | 村上肇さんWEBセミナー | 村上肇氏BtoBセミナー | 東京近辺見聞録2013年 | 東京近辺見聞録2014年(1) | 東京近辺見聞録2015年 | 東京近郊見聞録2010 | 東京近郊見聞録2011年 | 東京近郊見聞録2012年 | 東北被災地ツアー2015年 | 東北被災地交流ツアー2005 | 東日本大震災の被災者の皆様との交流事業 | 東洋町サポーターズクラブ | 橋本大二郎さん出演番組 | 橋本県政16年の検証 | 橋本県政16年の総括 | 歩いて見る高知市 | 歴史の宝庫新堀川 | 歴史問題 | 死生観・終末観 | 沖縄ー高知の交流 | 沖縄基地問題 | 沢山保太郎東洋町長出演 | 河瀬聡一郎さん講演会 | 津波避難施設について | 漫画文化 | 環境問題 | 田辺浩三さん映画会(小夏の映画会) | 社会問題一般 | 社会思想問題 | 社会運動 | 神戸市長田区鷹取との交流 | 神戸市長田区鷹取東地域との交流 | 福井照 | 福井照さん出演番組 | 福祉の問題 | 空のあんちくしょう | 経済・政治・国際 | 経済問題 | 耐震偽装問題 | 脱水症対策 | 自然エネルギーの活用 | 自衛隊の救助訓練 | 芸能・アイドル | 芸術・文化 | 若者支援事業 | 蓄光塗料 | 西村吉正・春子服薬・食事情報 | 認知症症候群について | 認知症重度化予防実践塾 | 講演会・研修会 | 超高齢者の事前減災対策 | 趣味 | 路上詩人はまじさん | 連合赤軍と新自由主義の総括 | 都市再開発 | 都市論 | 錆を防ぐさびのある話 | 阪神大震災20年慰霊と交流 | 防災問題 | 防災対策 | 防衛問題 | 音楽 | 高レベル廃棄物問題 | 高知の根源・由来を考える | 高知の観光 | 高知シティFM | 高知シティFM「けんちゃんのどこでもコミュニティ」 | 高知シティFMけんちゃんのどこでもブログ | 高知シティFM最終収録 | 高知大学防災すけっと隊 | 高知学研究所 | 高知市地域コミュニティ推進課 | 高知市政問題 | 高知市社会福祉協議会 | 高知市長との意見交換会・資料2015年 | 高知減災ネットワーク会議 | 高知県政ぷらっとこうち問題 | 高知県政問題 | 高知県民マニュフェスト大会 | 高知県物産公社構想 | 高知県議会立候補者への公開質問状 | 高知蛍プロジェクト | 鵜の目鷹の目 | 2006年白バイ・スクールバス衝突事件 | 2010年参議院選挙 | 2014年東京・横浜出張 | 2014年衆議院選挙関連 | 2015年叔母北海道より車椅子の旅・高知 | 2015年県議選・市議選 | 2016年熊本地震