趣味

2022.01.30

第3回下知文化展

273004846_1359235927857754_5374533392967766690_n
2022年1月29日から30日迄の予定で、高知市二葉町の下知コミュニティセンターにて「第3回下知知文化展」が開催されていました。
272864725_1359235854524428_4386235513670949813_n
下知地域にお住まいの方や、ゆかりやつながりのある方たち29人が作品を出されておられたした。
272931540_1359235797857767_3062796591945616279_n
やはりコロナ禍の影響で一回目や2回目の文化展より作品はやや少なめでしたが、力作が展示されています。

絵画、書道、陶器、工作、生花、写真など展示を鑑賞しました。
272871777_1359236091191071_691109170695775177_n272904284_1359236197857727_4349703550305534722_n
昨日2週間入院していた母が在宅しているので、家内と交代で鑑賞しました。息子の嫁も作品を出しまし272993924_1359236287857718_2474726416553900891_nた。

無芸大食の私にはない文化を表現出来ることは素晴らしいです。癒やされました。

| | コメント (0)

2021.07.15

なるほど「バカ枠を生きる」には納得

日経コラム「バカ枠を生きる」_NEW
 日本経済新聞2021年7月11日(日曜)の坂井修一氏(歌人・情報科学者)のコラム「バカ枠を生きる」には大いに納得しました。

 大学にしろ企業にしろ、本来の実力では到底合格できるわけがないのに、入学したり入社できた人を「バカ枠」というらしい。坂井氏はこう書いています。

「勉強や研究が大好きだったし、何かを理解したり思いついたらすると,幼児のように興奮するタチ(今でもそうだ)。でも勉強や研究が得意だったかというと、そんなことはなかった。

 どちらかというと勉強は苦手だったし、研究となると、毎日が失敗の連続で、膨大な時間を費やしてやっと半歩前進、という具合。そんな生活が40年以上続いてきた。」

「仕事でバカをやりながら、めげないで何度でも立ち上がれるのが良いところだったと思う。

 七転び八起きという格言があるが、私など、700転び,701起きぐらいがふさわしい言葉ではなかったか。」

 坂井氏は不器用な自分の生き方を少し嘆いています。しかしその生き方を恥じるどころか、誇りにしている記述があります。

「ひとつ思うのは、眼から鼻に抜ける秀才君たちには、学問を通過儀式と思う人が多いということ。この人たち、勉強や研究を自分が上手に世渡りをするための道具と思っている。」世の秀才と称する人たちをバッサリと斬っています。

「私は、学問は(短歌)も人生そのものだと思うので、ここで一生試行錯誤して、成果を宝石のように抱きながら死んでいけばいいと考えている。宝石の価値は人が決めてくれるので自分がくよくよと思い悩む必要はない。」と達観しています。

 そして「決意表明」が素晴らしい。少しの気張りも無理のない言葉です。

「これで生きてこられたのだから、本当に幸運な「バカ枠」だったと言わなければならないだろう。

 それでも人並み以上に苦労はしたと思うし、辛いことも多かったが、とにかく最後までこの右往左往を繰り返したいと願っている。」共感を覚えますね。

 わたしも青年初期の苦い情けない体験から10年ほど前から「連合赤軍と新自由主義の総括」という壮大なテーマで考え事をし、駄文を書いてきました。

http://dokodemo.cocolog-nifty.com/blog/cat21222778/index.html
(連合赤軍と新自由主義の総括)

 かつて「知の巨人」と言われた吉本隆明氏や立花隆氏も総括できなかった大きなテーマを市井の小市民が出来るはずはない。しかし私はこの「大きな課題」に執着し、考え駄文を書き続けています。

| | コメント (0)

2021.04.12

音楽や演劇などの芸術は生活の必需品

ライブハウスの苦境_NEW
 コロナ感染症対策で良く政府関係者や自治体の首長らが、無責任に「不要不急の外出することは辞めてほしい。」などと国民へ生活の自粛を強要しています。執拗に昨年から行われ、今も形を変えて行われています。

「不要不急」とは、『広辞苑』によれば「どうしても必要というわけでもなく、急いでする必要もないこと」と解される。行政等から国民に対して行動の自粛を要請する場合によく使われる。

 しかし何が「不要」で、何が必要なのかは、個人により異なります。役所や政治家が、「不要不急の外出はやめろ」「東京渋谷はこんなに人が出ている」とか、「煽る」ことがやたら多い。それで効果があるのでしょうか?

 わかりきったことですが、「無症状のコロナ陽性者を誰でもいつでも検査が出来る体制をこしらえ、あぶり出し隔離する。」「有効だというコロナワクチンを集中的に短期間ですべての国民に2回接種する。」ことがコロナ対策の有効な処方箋のはず。

 しかるに「未だに」検査数は少なく、変異種の検査すらほとんど行われていない。また政府は「コロナワクチン担当大臣」までこしらえたのに未だに(4月6日時点)で全国民の0・5%未満のコロナワクチン接種に留まっています。

 そのくせ東京五輪の聖火リレーは「なにがなんでも」スタートさせました。、また政府の一部に「感染の低い地域限定でもGOTOトラベルを再開する。」などと「正気の沙汰」ではない戯言をいう政府与党関係者がいることにも驚きです。国民の命と生活を守ることが「政治であると」おもってきましたが、政府与党はそうではないらしい。

 国民各位にとって音楽や演劇を楽しむことは、生活の必須であると私は思います。
コンサートへ行く、ライブハウスへ行くことも、仕事や学業の憂さ晴らしに行くし、自己回復手段として、芸術は人を元気にする力があります。

 全体主義的に抑え込んだら効果があるのかと言えば、そうではないと思いますね。

 報道では飲食店やホテルや観光業が大変だと言われていますが、一過性のインバウンド需要に依存しすぎた経営上の問題もあったと思われます。

 その点ライブハウスやコンサートなどは、国民経済的には健全な経済社会です。「癒し」として社会に必要な装置であるし、仕組みです。

 政治は特定の観光業者や飲食業者の救済には多少熱心ですが、イベント関係や音楽関係の幅広い芸術文化の関係者の救済処置はまるでないように思われます。

 このままでは「面白くないまち」ばかりになりそうです。危機感を感じます。

| | コメント (0)

2011.09.20

義母の作品ー人形編

 家内が8月に沖縄の実家に10日間行っておりました。それは誰も住まない実家を売却することになり、義母の遺品の整理などもありました。

  義母の家から遺品である人形をいくつかもらってきました

1997年に亡くなった義母。1987年に亡くなった父の供養をする傍ら、サークルで人形をこしらえていたようです。人形は紙粘土。着色も自分でして、洋服もこしらえていたそうです。

 狭いうちの自宅ではすべてが展示できないのがとても残念。私も家内も全くこうしたアートナ部分には才覚がありません。隔世遺伝で娘に伝わったかもしれません。

 義母が生前に、まだ小さな娘と一緒に紙粘土で人形を共同制作してましたから。
Haha001_r


Ihaah002_r


Haha003_r


Haha04_r


Haha005_r


Haah006_r


Haha007_r


Imhahaningyou001_r

 娘の紙粘度人形群です。妖怪シリーズのようですね。義母のような可愛い路線ではないようです。
Musumesakuhin08_r

 義母の家にあった息子の小さいときの写真です。可愛い時期もあったんですね。今は183センチの大男に成長しています。
Imusuko3sai09_r

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.10.27

WAYNO(ウェイノ)コンサートを鑑賞

 ヨット仲間の芝藤敏彦さんは、アンデス音楽を演奏しています。その縁もあり、26日はかるぽーと内のレストランで「WAYNO(ウェイノ)と南米音楽愛好者の演奏会」を家内と2人で鑑賞に行きました。

 セーリング仲間のWさんも来られていました。「芝藤さんがこのような趣味をお持ちとは驚き」と言われていました。本当に多彩なひとです。

 WAYNO(ウェイノ)については富山の人がサイトで紹介されています。

 WAYNO(ウェイノ)

 WAYNOが演奏する前に、高知で南米アンデス音楽を演奏している愛好者の皆さん方が、オカリナで2曲演奏。その後WAYNOが演奏しました。
Ueino1_r

 南米音楽といえば「コンドルは飛んでいく」しか知りませんでした。陽気でリズムに乗った音楽は聴いていて楽しかったです。

 珍しい木製の笛(?)の演奏もありました。
Ueinotatebue_r

 後半は芝藤さんたち愛好者たちとWAYNOのメンバーたちとの合同演奏会。会場は盛り上がりました。縦笛や珍しい笛で演奏されていました。
Shibafuzi1_r


Shibafuzi2_r

 午後7時から10時過ぎまで。途中食事タイムを交えての演奏会でしたが楽しいひと時を過ごさせていただきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

07高知県知事選挙 08syugin_ 2008年衆議院選挙関連 2009年衆議院選挙関係 2012年衆議院選挙関係 2012年車椅子で行く高知の観光施設 2013年参議院選挙関係 2014年東京都知事選挙 2015年雨漏り修繕工事 2015雨漏り・外壁補修工事 2016年参議院選挙 2016年首都圏遠征 2019年参議院選挙 2019年高知市長選挙 2019年高知県知事選挙 2019年高知県議会議員選挙 2019高知市議会議員選挙 2022年沖縄県知事選挙 blogによる自由民権運動 blogの伝道師・blogの鬼 bousai_ Eコマース・スキルアップ講座 koutikengikaigin NPO法人高知減災ネットワーク会議 SOSカード W杯カタール大会2022 おんぶらっく おんぶらっく大人用 お花見遊覧船 けんちゃんの今すぐ実行まちづくり けんちゃん1人weblog はりまや橋サロン まちづくり まちづくり条例見守り委員会 アニメ・コミック イラク派兵問題 ウェブログ・ココログ関連 エアーボート 救命艇 カタールW杯2022年 カラー・ユニバーサルデザイン ゴーヤ栽培日誌 サッカー スポーツ スポーツのありかた スマホへの依存は危険 スマホ活用防災講座 スマホDEリレー スマホSOSシステム タウンモビリティ・ステーションふくねこ チベット問題 ニュース ハイパーレスキュー艇・シーレックス バリヤアリー住宅 バリヤフリー パソコン・インターネット ピースウィンズ・ジャパン ホームページによる交流 メディアリテラシー ヤッシー西開口口テトラ投入問題 ヨット関係 リハビリ・ウォーキング ロシアのウクライナ軍事侵攻問題 ロープワーク 三好市との交流事業 下知コミュニティセンター防災部会 下知中小零細企業BCP研究会 下知交番との地域での協働 下知地区減災連絡会 下知地区防災計画 下知地区防災計画・ブロック会 下知地域内連携協議会 下知町内会連合会 下知防災紙芝居 両下肢蜂巣炎 中国四川大地震 中土佐町との交流事業 事前復興まちづくり計画 事前減災対策としてのインフラ整備 二葉町ゆかりの巨匠 二葉町町内会の動き 二葉町総合防災訓練2020年 二葉町総合防災訓練2019年 二葉町総合防災訓練2021年 二葉町総合防災訓練2022年 二葉町自主防災会 二葉町防災世帯調査 五台山・市民農園 井原勝介さん講演会 交通事故防止対策 人繋がりネットワーク 仁淀川町と二葉町との交流 今治市防災士会・連合自治防災部会との交流会 今野清喜さん講演会 仙波敏郎さん講演会 伊野町問題 低温火傷 体成分測定 健康・体の問題 健康問題 傷害のある方との協働 入野敏郎さんみかん園 公共交通問題 公共社会インフラの維持管理 公共財のありかた 共謀罪反対運動 内閣府地区防災フォーラム2016年仙台 内閣府地区防災計画 前田康博さん講演会 南海地震対策 南海地震特別税 危機意識・リスクマネジメント 原子力政策 原発と核のゴミ処理場アンケート 原発災害 反ファシズム運動 叔母・車椅子来高・2014・10・18 受援力」(支援を受ける力) 口腔ケア 台風・大雨対策 台風・大雨情報 台風対策 司馬遼太郎氏の帝国主義論 吉本隆明氏・追悼文 名古屋大学室井研二准教授 品川正治さん講演会関係 嚥下障害改善食 国政問題 国際問題 土佐電鉄ーごめん・なはり線 在宅介護と仕事 地区防災計画学会・高知大会2018年 地方の公共交通 地震保険 坂本龍馬像建立運動 報道関係 夜須沖からの津波避難 夜須町関係 大学問題 大阪北部地震2018 天木直人さん講演会関係 宇田川知人さん出演番組 安田純平さんを高知へ招く会関係 少子化問題 岡村眞先生講演会 岡林信康コンサート 岩手日報の震災特集記事 島本茂雄さん・中平崇士さん出演 巨大地震・津波対策用高強度発泡樹脂浮力体 市民参加のありかた 平和・反核・護憲の社会運動 平和問題 平成天皇を称えます 平成28年度下知地区防災計画 広域地域間交流 建築物 徳島県美波町との交流 感染症対策 憲法問題 戦争を知らない子供たちへの映画会」 戦争法案反対運動 戦争災害 手結福島・南地区自主防災会 排泄ケア(排尿・排便)の重要性 携帯・デジカメ 政治のありかた 政治評論 救命船南風 教育問題 新しいメディアの創出 新型インフルエンザ対策 新型コロナウィルス対策 新堀川市民大学 新堀川生態系保護問題 日誌風の感想 映画「六ヶ所村ラプソディー」 映画・テレビ 昭和南海地震の記録 昭和小学校・防災じゅぎう 昭和小学校防災学習 書籍・雑誌 有機農業の支援 朝鮮半島問題 木質バイオマス地域循環システム 村上肇さんWEBセミナー 村上肇氏BtoBセミナー 東京五輪・パラリンピック2021 東京五輪・パラ五輪の在り方 東京近辺見聞録2013年 東京近辺見聞録2014年(1) 東京近辺見聞録2015年 東京近郊見聞録2010 東京近郊見聞録2011年 東京近郊見聞録2012年 東北被災地ツアー2015年 東北被災地交流ツアー2005 東日本大震災の被災者の皆様との交流事業 東洋町サポーターズクラブ 横紋筋融解症 橋本大二郎さん出演番組 橋本県政16年の検証 橋本県政16年の総括 歩いて見る高知市 歴史の宝庫新堀川 歴史問題 死生観・終末観 母ショートスティ 母・デイケア 母・春子の健康情報 母・春子の在宅介護日誌 母・毛山病院入院2017 母・西村春子介護日誌 母入院・細木病院 母入院2022年 気象庁情報の正確な伝達 水道管凍結防止対策 沖縄ー高知の交流 沖縄基地問題 沖縄返還50年 沢山保太郎東洋町長出演 河瀬聡一郎さん講演会 津波避難施設について 浦戸湾三重防護整備 海からの高台への津波避難 海での防災対策 浸水地区に救命艇 浸水対策備品 漫画文化 災害大国日本 父・いずみの病院 父・日赤・ICU 献血時血液検査表 環境問題 田辺浩三さん映画会(小夏の映画会) 真備町関係者との交流 社会問題一般 社会思想問題 社会運動 神戸市長田区鷹取との交流 神戸市長田区鷹取東地域との交流 福井照 福井照さん出演番組 福祉の問題 私の腰痛 空のあんちくしょう 窓ガラス飛散防止講習会 経済・政治・国際 経済問題 統一教会問題 耐震偽装問題 脱水症対策 臨時情報 自然エネルギーの活用 自然地形の高台 自然災害と経営責任 自衛隊の救助訓練 芸能・アイドル 芸術・文化 若者支援事業 蓄光塗料 西村吉正・春子服薬・食事情報 西村吉正・死去後の動き 西村吉正1周忌・3回忌 要支援者用食材 観天望気・日常観察からの天気予報 訪問看護 認知症症候群について 認知症重度化予防実践塾 誤嚥性肺炎対策 講演会・研修会 講演会・講習会 超高齢者の事前減災対策 趣味 路上詩人はまじさん 連合赤軍と新自由主義の総括 遠地津波 都市再開発 都市論 錆を防ぐさびのある話 閖上だより 阪神大震災20年慰霊と交流 防災備品整理棚 防災問題 防災対策 防災紙芝居 防災紙芝居プロジェクト 防衛問題 雛人形の展示 雪道対策 非常備蓄用ミキサー粥 靴底消毒 音楽 飲料水の備蓄 高レベル廃棄物問題 高知の根源・由来を考える 高知の観光 高知シティFM 高知シティFM「けんちゃんのどこでもコミュニティ」 高知シティFMけんちゃんのどこでもブログ 高知シティFM最終収録 高知大学防災すけっと隊 高知学研究所 高知市地域コミュニティ推進課 高知市政問題 高知市社会福祉協議会 高知市長との意見交換会・資料2015年 高知市長期浸水救出計画020年 高知減災ネットワーク会議 高知県政ぷらっとこうち問題 高知県政問題 高知県民マニュフェスト大会 高知県物産公社構想 高知県議会立候補者への公開質問状 高知蛍プロジェクト 鵜の目鷹の目 2006年白バイ・スクールバス衝突事件 2010年参議院選挙 2014年東京・横浜出張 2014年衆議院選挙関連 2015年叔母北海道より車椅子の旅・高知 2015年県議選・市議選 2016年熊本地震 2017年衆議院選挙 2018年沖縄県知事選挙 2021年衆議院議員選挙 2021年衆議院選挙 2022年参議院選挙 2023年県議選 2023年高知市議選 3・11ミニ慰霊祭 A型RHマイナス血液型