ホームページによる交流

2017.02.24

高知青年会議所の「還暦祝い」に出席しました。


J1_r


J1_r_2

 2017年2月22日は、高知青年会議所主催の「還暦祝い」があり行事が重なりました。(所属する組合のボーリンク大会でした。)なんせ1年に1回しか青年会議所関係の会合へは行きませんから。
J3kitaoka_r


J4joyo_r

すみません。懐かしい人達複数お会いしたにで、とことん痛飲したいところですが、うちは超高齢の両親(父97歳。慢性腎不全、母91歳・アルツハイマー型認知症)ですので、一次会で失礼させていただきました。
J23_r


J42_r


J44_r


J45_r


J38_r

 私は時折テレビや新聞に登場するようですが、それはJC時代のように、メディに押しかけて取材依頼は一切しておりません。小さい商いと、両親の在宅介護の合間に自宅まわりの地域防災活動をしているだけです。他のシニアの皆さんのように、商売人でありながら各種経済団体へ参加することがありません。本当に皆様ご無沙汰です。
J62_r


J60_r


J54_r


J57_r

 それも今年4回目の背広着用ですから。今年は昭和32年や33年生まれ(早生まれの)の人達の青年会議所OBの還暦祝いということ。青年会議所(JC)は30歳代の団体で40歳で「卒業」しますが、はや卒業して今年で24年目ですね。「光陰矢のごとし」と言いますが、実感しています。

 わたしが高知青年会議所で活動していた時期は、1985年から1993年までの9年間です。バブル経済の時代であり、バブル崩壊、時代は昭和から平成の時代でした。遠い昔のお話ですね。

 当時の青年会議所のメンバーと普段会うことは殆どありません。年に1度、メンバーの「還暦祝い」には行くので、その時に久しぶりに会うことがありますね。もっとも最近はフェイスブックで、行動履歴を見ることが多いので、実際に会わなくても、「元気にしているんだ。」ということが確認できて便利ですね。

 とは言えリアルな出会いにまさるものはありません。雨の中長靴履いて(夜9時以降は大雨の予報が出ています。)出掛けました。

 懐かしい人たちが「還暦」になりました。それこそ10年以上お会いしていない人もいましたから。良かったです。
J65_r


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.11.01

首都圏へ出張しておりました。

 2016年10月28日から30日まで、横浜・東京へ出張しておりました。若い頃(と言いましてもかれこれ36年前に)大学時代と社会人時代を過ごした場所ではありますが、街の変化と活力に田舎者はついていけません。

 10月28日は、羽田近くの流通センターで午前中は商談。新たに取引条件の提示がありました。即答は出来ないので持ち帰りとなりました。午後1時からは横浜へ移動し、取引先の全国販売店会。需要家対策の提案がありました。会合は13時から17時までみっちりあり、懇親会が横浜中華街でありました。

 その後横浜で地域活動をなさっている青木美佳さんに2年ぶりにお会いしました。情報交換をしました。横浜はやはりラーメンは美味しいですね。
Photo


_r

 10月29日は、10年ぶりぐらいになるんでしょうか、義弟夫妻にお会いしました。近況報告をいしました。吉祥寺も変貌はしていますが、商店街の雰囲気は変わりませんね。
_r_2


_r_3

 午後からは新宿の東京オペラハウス53階にある居酒屋北海道へ行きました。大学時代のサークルの同窓会。段取りは東京在住の安部卓彦さんがしてくれました。北海道から久松伸一さんも仕事で東京五輪への商談のついでに参加されました。野村幸代さん、菊池光夫さん、飯田松男、丸山さんなどが集まりました。このメンバーで集まったのは11年ぶりですね。

_r_4


_r_5


_r_6

 皆全員気分は40年前の学生時代に戻ってはいますが、私も含めみんな爺さん、婆さんになりました。仕事、病気、子供、孫、地域の話などで盛り上がりました。またの再開を約束しました。
_r_9

 30日は首都圏で頑張っている下の子供に会いました。新宿駅前で待ち合わせをしましたが、人の波に酔いました。街並みを観察して高知のような地方都市と違うのは、ビルの貸室に空き家がないということです。看板がすべて埋まっています。なんだかんだいっても東京は景気がいいんです。
_r_10


_r_11

 災害時の避難場所を看板で見ました。指定避難場所が遠い。地震が起きたら丈夫そうなビルへ一時退避し、収まってから移動するしかない。しかし距離は遠い。旅行時も最低限の水と食べ物や最低限の避難グッズは用意しないといけないことが良く理解できました。
_r_12

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.10.05

村上肇さんWEBセミナー2日目

_r_5


_r_6

 2016年9月29日は、昨日に引き続きWEBセミナー2日目です。6時間の講習でした。「ウェブマスターの役割と日々の仕事」」「徹底的コンテンツマーケティング SEM:SEO]についての講演でした。

 相変わらず言葉の断片と、キーワードを書きとるだけで精一杯でした。

「コンテンツマーケティングとは、適切で価値ある一貫したコンテンツをつくり、それを伝達することにフォーカスした、戦略的な考え方である。」

「見込み客として明確に定義された読者を引き寄せ、関係性を維持し、最終的には利益に結び付く行動を促すことである。」

 そのための有力な方法手段は、サイト内部に組み込んだブログをテーマブログとして活用して、1つにテーマで1つのページを作成すること。適切で価値のあるテーマできちんとテキストで書くことである。専門用語を使用して書くことも良い事である。

 よくある質問(Q&A)や事例(制作事例)集などはこしらえるべき。
_r_7

 ページが増えれば、サイトの入り口が1つ増えることになる。文章が短すぎると検索エンジンの評価が下がってしまう。

 「ウェーブマスターはサイトの運営・管理人です。サイトからの情報を全社に的確に伝達しなければならない。」

 5つの項目があります。

1・コンセプト

 「問題解決力」・「独自の価値」

2・売るもの

 「製品」・「技術サービス」

3・裏付け

 「問題解決事例」「完結」

4・おみやげ

 「Q&A]「テーマブログ」

  サイトを訪問いただいた人に「お得な情報」の提供

5・信頼
 
  「人気」「資格」
P1010360_r

「SEOはサイトを最適化するだけのことしかしてはいけない。」

「よく見られているランディング・ページはきちんと作成しないと訪問者もフ増えないし、お客からの信頼も得られない。」

「WEBで新規訪問者を増やす方法は3つしかない①。検索エンジンからの訪問者を増やすこと。②広告(リスティング広告・検索エンジンに有料で広告を出す)によって訪問者を増やすこと。③「紹介(口コミ)によって訪問者を増やす。(SNSの活用など)である。

 また大事なことは「ボールになったお客様の声を無視するのではなく、新たな市場の可能性ととらえ対処すること」です。アクセスログ解析などが大事である。

 断片的な書き出しにすぎませんが、すぐに出来るところから自分の会社のサイトの改良に手を付けたいと思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.10.04

村上肇さんのセミナーを受講しました

_r

 2016年9月28日は村上肇さん((株)創代表)のWEBセミナ-を受講しました。高知では連続8年目になるそうです。不肖の受講生ですが、原点に戻り、ホームページを作成する意義目的について聴講しました。
_r_2


_r_3

 大事な言葉がたくさんあります。記述してみました。

「人は困ったらネットで探してくる」

 20年前からそうでした。インターネット環境が格段に整備されましたので、余計にそういうじだいになりました。

「問題解決型のサイトにして、困ったら探してくれるサイトにすべき」

「売りこんだら売れない」「市場の細分化」「見えない市場の増大」

「独自の価値で顧客を創造する。」

「BtoBで大事なことは、相手企業が儲かること」

「大公開時代。発信しないと情報もお金も入って来ない。」

「スモール・イズ・スマート(小さいことがラッキー)」

「インターネットは神様の贈り物。」「ネットでお客さんが教えてくれる」

 聞き取りしたキーワードは1日目はこんなところでしょうか。聞き逃した言葉もあります。復習用に村上肇さんの著作「中小製造業のための 儲かるWEBブランディングの教科書」を購入しました。じっくり精読します。
_r_4


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.06.20

被害者が加害者になる怖さを思い知りました

FBのスパムかなんかにやられたようです

 2016年6月20日の午前11時前にFBの友人からFB上のメッセージが。リンクがメッセージに張り付けてありました。お知り合いのブログ等の活動なのかといっかりクリックしたとたん、わけのわからないメッセージがわたしの友人各位の皆さんに拡散した次第です。

 いわゆる「なりすまし」が、わたしの名前と写真をつかっていかがわしい内容のと投稿を執拗しています。サーバーは海外にあり、自動送信されている可能性もあります。

 「被害者が加害者になる」有様で、FB上で友人になって下さっている皆さんには結果的にご迷惑をおかけしました。

  経過報告

1)FBに取り込んでいたアプリはすべて削除しました。

2)私のFBの投稿画面に成りすましで、いかがわしいアダルト系の画像が貼り付けられていました。わたしの投稿ではありません。(発見次第削除していますが、また現れる可能性があります。7件ありすべて削除しました。)

3)PCをウィルス・スキャンしましたが異常はありません。FB以外は異常はありません。

4)FBのメッセンジャーは、この件に関しお問い合わせのみ返信します。わたしのほうから新たにメッセージを送ることはしばらく(問題が解決しないと)しないようにします。

 以上対策はしました。FB上で737人の友人がいることになっています。今後「西村健一」でメッセンジャーからメッセージが行くことは当分ありません。またリンクのあるメッセージも送りません。もしあれば「なりすまし」なので躊躇なく削除してください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.03.31

ネット依存症?

 今朝(3月30日にことです。)は何故が、インターネットの接続が悪い。パソコンを起動したときに、まずウイルス除去ソフトを起動させますが、「インターネットの接続を確認してください。」と表示が出ています。

 かれこれ2時間ぐらい接続できない状態。始業時までには繋がるのでしょうか?おかげで始業前の1仕事が今日は出来ないことに。そうなるといつものルーチンが出来ないから朝からリズムが狂いますね。それだけ普段は意識はしていませんでしたが、ネット依存症になっていますね。

 たかだかお客様からのメールのチェックをするにすぎませんが、注文やお問い合わせがあり、その業務が始業前にやっていましたから。いつもなら10分程度接続できない状態がたまにあります。しかし今日は断続時間が長い。

 慌てずに始業時まで待ってみましょう。さて始業後も接続できないとなると、どちらへ連絡すればいいのか良くわからない。書類を見て見ないといけない。年度末の月末だと言うのにめんどくさいことこの上ないですね。

始業前にようやく正常化に。今朝は2時間のネット不通状態に。始業前の一仕事ができなかったことが「被害」と言えば被害。原因は不明。なんだかよくわからん社会の仕組みですね。

12931102_1006021832805873_887675848


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.02.25

高知青年会議所「還暦祝い」へ行きました。

 2016年2月24日は珍しくスーツ姿で出かけました。
 会場は城西館でした。路面電車に乗って来ました。そしたら私の白髪頭をみて席を譲られました。これも体験です。年寄りの世界にも慣れないといけないですね。
J3okauchji_r

 23年前に「卒業」(40歳が定年)である高知青年会議所「JC」の「昭和31年生まれの還暦祝い」へ行きました。JCのユニフォームがスーツなので、2016年度4回目のスーツ着用です。スーツ姿を披露してくれとのリクエストもありました。恥ずかしながらお披露目します。
J10okamura_r


Jsatake_r

 ふだんFBの上でしか交流のない皆さんにリアルな場でお会いすることができました。たまには刺激があっていいですね。
J5_r


J7_r


J6_r


J8_r


J9_r


J12_r


J17_r


Jcsonguhoka__new_r

 思い出してみれば。JC時代は定例会などには、JCソングを歌い、若いわれらも参加者全員で斉唱しました。最近は1年に1回この還暦祝いだけは出席しております。23年前の昔が蘇りますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.12.30

フェイスブックの特性や癖があるようですね。


Photo

 年末の自分なりの多忙さと上手くいかないなの嘆き節をFBに投稿しておりました。原因は全くわからないのですが、自分の会社のHPのURLを貼り付けたら、「このページは存在しません)というリンクになってしましました。

 原因がわからず勝手に腹を立て、俺のHPはFBと相性が悪い。嫌われているのではないかと思っていました。

 そしたら曽我部浩一さんから、的確な対応策を伝授されました。原因もわかりました。

(原因)

 「ページが見つかりません」という表示は、(防錆屋のURLのリンク)に続けて文章を書きますと、FBがその日本語の文章までURLと読み取りをするので、「ページが見つかりません」と言う表示になるようです。

(対策)

 文章を書くときに、ブログやHPのリンクを表示する場合は、改行すること。もしくは余白を意識して新しいページを作成することです。

 新しいページに投稿してみました。

 http://www.nc-21.co.jp/index.html

 うまく行ったようですね。WEBは奥が深いというか、中高年親父には「山あり谷あり」の世界のようですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.09.02

BtoBセミナー2日目 


Mukakami9021_r

 セミナー2日目は、[探してもらえること」と「紹介(シェア)してもらえること」の説明です。[困ったときの検索エンジン」で、サイトへの訪問者は来ますが、最近はSNSの興隆で、[紹介(シェアする)」ことの効用も言われるようになりました。

 時代は「マスからソーシャル」へ。マスメディアが取り上げる場合は「ニュース性」「新規性」「社会性」「話題性」があることです。要素があればマスメディアを活用しましょう。


 SNSと言えば個人ではフェイスブックをやっていますが、現在仕事関係で活用したことはありません。他人が善意でシェアしてもらうことが、零細企業の経営者にもチャンスが増え、逆に今まで調子の良かったマクドナルドやワタミなどの大手飲食業が苦戦しているのもSNSの影響であると言われています。

 漫画にも詳しく解説してありましたね。

http://dokodemo.cocolog-nifty.com/blog/2015/06/post-e78b.html

 (漫画で理解する商売の原則)
Manga1


Manga2

 確実にネット社会の蔓延で社会は変化しています。

9月1日の講座にて村上肇先生に「ネット上の誹謗中傷に対してどう対応すればいいのか」という実例で、デザイナーの佐野研二郎氏の実例があります。本人の情報の出し方にも問題があるのではないか。誹謗中傷に対しては、無視するしか方法はないとのことでした。

 午前中はワークもありました。無い知恵を絞り、書き出す作業もしました。村上肇さんの講座の良いところは、「自社の特色・強みを探し出し」「それをホームページにてどう表現するのか」の基本設計を考える習慣をつけていただけることです。


 サイトの設計についてのキーワードがいくつかありました。

「お客の範囲が広げれば広げるほど、トンガリと、特色がなければ、いけない。」

「コンテンツ設計がしっかりしておれば、きっちりしたサイトはできます。」

「自社できちんとコンセプトと、コンテンツ設計を固めておれば間違いない。」

「あとは見せ方(デザイン)ですが、他の先行しているサイトをいくつか見て、デザインの感じをつかんでから、プロのサイト制作者に依頼すればうまく作成できるでしょう。」とのことでした。
Benkyou_r

 ほかにもいくつかありましたが、ここら辺で午前中は終わりです。

 BtoB講座2日目午後の部です。

 昼食後は午後の講座が続きます。

 WEBで新規訪問者を蓋す方法は3つあります。

1)検索エンジンからの訪問者を増やす。

2)広告によって訪問者を増やす。

3)紹介(口コミ)によって訪問者を増やす。

3tunohouhou_r


 検索エンジンからのお客様の引き込み。SEM(サーチエンジン・マーケティング)と言われています。検索エンジンはグーグルが主体です。ヤフーも中身はグーグルです。

*SEOとは、「検索エンジンから自社への訪問者を増やすこと。WEBサイトの目的にあったユーザーだけを検索エンジンから適切に集めること。」です。

 SEOの本質は「優れた検索エンジンは私たちの味方です。」「すべてのページが検索対象になります。」「WEBサイトの目的にあったユーザーだけを、検索エンジンから適切に集まること。」

 「ホームページは、1ページ項目にする。」「ヘッターにキーワードや屋号を常に表示する。」「検索エンジンはテキストできちんと文章で書くことです。」「タイトルは大事です。」

 「ページ内できちんとキーワードを含んだテキスト(文字)でリンクを張ることも大事です。」

 繰り返しますが、「1ページ、1テーマで文章を書くことです。」
 
 「質の高いコンテンツを増やす。それをCMS(コンテンツ・マネジメント・システム)をサーバー内に取り込む。ムーバルタイプやワードプレスのようなブログを内蔵し、常に文章や関連記事を書いて更新することです。」
P9020193_r

「専門分野での情報発信が大事です。」

「サイトの内部に組み込まれたブログ「ムーバル]などで書けば、資産をためることになります。」

 [サイトコロン・ドメイン」で調べますと、弊社の「防錆屋」は3300ページあります。3300ページの入口があります。
Bouseiya_r

  防錆屋ホームページ

*広告について

 グーグルやヤフーの有料広告があります。出せば検索エンジンの上位に確実に出せます。検索エンジン連動型広告です。[キーワード]選びによって、広告の値段が決まります。

「キーワードで広告を出す。そのキーワードがあるページが表記される、そのページがランディング・ページと言います。」

 ソーシャルメディアの特色(シェア・マーケティング)

 繋がりっぱなしという状態(情報インフラは、とても大きい。

 市場が細分化されたので、ソーシャル・メディアが最適。

「人が主役。人と人とのつながりが大事です。」「顔出して本名で情報発信すること。」[自分を公開すること。」

「信頼関係の中で、広がっている。」

「人と人とのつながり」「紹介(シェア)」「信頼される人間」が基本です。」

「顔の見える人間同士が、信頼関係の中でのシェア・マーケティングができます。」

シェア・マーケティングの手だけ

「実名・顔写真で情報発信すること。」

「笑いや、お役立ち、感謝」

「ネタを提供できるのか」

「みんなに見られる中でのコミュニュ・ケーション力」

「友人に喜ばれる存在であること。」

 今回の村上肇さんのセミナーの結論です。

「共存共栄の考えの方」

「棲み分ける共存によって、争わない利益を享受すること。共に栄えるという思想。奪い合いより全体の利益の拡大を重視する。」


「三方よしの考えから。売り手より、買い手よし、世間よし」

 SNSには共存共栄・三方よしの考え方で取り組むべきです。」

Murakami902_r


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.09.01

BtoBセミナーに参加しています(1日目)


_r

 高知県産業センターにて、BtoBセミナーに参加しました。講師は村上肇さん(株式会社創代表)です。村上さんはこうした講習会は全国各地でなされ、今月で1000回を超えるそうです。高知での今回の講習会は995回目とか。
Semiona_r

 参加者は農業者や漁業者や、商業者、サイトの製作者やシステム・エンジニアや製造業の人たちなど多様。18人が参加しています。独自ドメインのWEBサイトでどう販売していくのか。それがテーマです。
Semina1_r

 今一度原点に戻り、ホームページや通販のありかたを考えたいと思っています。言ってしまえば、精神の[健康診断」[人間ドック」のようなものですね。問題解決の手法を学ぶセミナーです。
P9010182_r

「もともとある自社の強み、製品をきちんと正確に伝える。」

「地域ブランドをこしらえる。買いやすいパッケージをつくる。」

「ホームページはお客様目線でつくること。伝える顧客が異なれば、ホームページも対応すること。」

「自分の考えをホームページで正確に伝えることができる。」

「専門性がある範囲を独立させる。」

「困りごとに対応する専門であることを強調する。」

「1ページに1テーマできちんとホームページをつくる。」

「狭いターゲットに対してきちんとした専門性を活用する」

「困ったら探してもらうコンテンツでホームページをこしらえる。」

「専門家として”とんがった”情報を発信する。お客様に選ばれる情報発信をする。」

午後からは実践編になりました。

 班をこしらえて、ディスカッション。私の班は食品メーカー、通販で食材を販売している人、NPO法人就労継続支援B型事業所と防錆屋の私。皆で評論する。
 昔はスーパースターがいましたが、いまはAKBのように、だれがだれだかわからない事例が多い。
 P9010176_r

 技術論ではなく、ホームページを作成する場合に、自社の強みを強調し、組み立てて、設計していくことですね。昔と違って多様な社会になりました。
P9010175_r

 SNSが登場してネット社会も大きく変貌しました。明日はその活用に仕方、注意点などをじっくり学びます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

07高知県知事選挙 | 2008年衆議院選挙関連 | 2009年衆議院選挙関係 | 2012年衆議院選挙関係 | 2012年車椅子で行く高知の観光施設 | 2013年参議院選挙関係 | 2014年東京都知事選挙 | 2015年雨漏り修繕工事 | 2015雨漏り・外壁補修工事 | 2016年参議院選挙 | 2016年首都圏遠征 | blogによる自由民権運動 | blogの伝道師・blogの鬼 | bousai_ | Eコマース・スキルアップ講座 | koutikengikaigin | NPO法人高知減災ネットワーク会議 | お花見遊覧船 | けんちゃんの今すぐ実行まちづくり | けんちゃん1人weblog | はりまや橋サロン | まちづくり | まちづくり条例見守り委員会 | アニメ・コミック | イラク派兵問題 | ウェブログ・ココログ関連 | エアーボート 救命艇 | ゴーヤ栽培日誌 | サッカー | スポーツ | スポーツのありかた | タウンモビリティ・ステーションふくねこ | チベット問題 | ニュース | バリヤフリー | パソコン・インターネット | ホームページによる交流 | メディアリテラシー | ヨット関係 | 三好市との交流事業 | 下知地区防災計画・ブロック会 | 下知地域内連携協議会 | 中国四川大地震 | 二葉町町内会の動き | 二葉町自主防災会 | 五台山・市民農園 | 井原勝介さん講演会 | 交通事故防止対策 | 人繋がりネットワーク | 仁淀川町と二葉町との交流 | 今治市防災士会・連合自治防災部会との交流会 | 今野清喜さん講演会 | 仙波敏郎さん講演会 | 伊野町問題 | 健康・体の問題 | 健康問題 | 入野敏郎さんみかん園 | 公共交通問題 | 公共財のありかた | 内閣府地区防災フォーラム2016年仙台 | 内閣府地区防災計画 | 前田康博さん講演会 | 南海地震対策 | 南海地震特別税 | 原子力政策 | 原発と核のゴミ処理場アンケート | 原発災害 | 叔母・車椅子来高・2014・10・18 | 台風対策 | 司馬遼太郎氏の帝国主義論 | 吉本隆明氏・追悼文 | 品川正治さん講演会関係 | 国政問題 | 国際問題 | 土佐電鉄ーごめん・なはり線 | 地方の公共交通 | 地震保険 | 坂本龍馬像建立運動 | 報道関係 | 夜須町関係 | 大学問題 | 天木直人さん講演会関係 | 宇田川知人さん出演番組 | 安田純平さんを高知へ招く会関係 | 少子化問題 | 岡林信康コンサート | 島本茂雄さん・中平崇士さん出演 | 巨大地震・津波対策用高強度発泡樹脂浮力体 | 市民参加のありかた | 平和・反核・護憲の社会運動 | 平和問題 | 平成28年度下知地区防災計画 | 建築物 | 感染症対策 | 憲法問題 | 戦争を知らない子供たちへの映画会」 | 戦争法案反対運動 | 排泄ケア(排尿・排便)の重要性 | 携帯・デジカメ | 政治のありかた | 政治評論 | 教育問題 | 新しいメディアの創出 | 新型インフルエンザ対策 | 新堀川市民大学 | 新堀川生態系保護問題 | 日誌風の感想 | 映画「六ヶ所村ラプソディー」 | 映画・テレビ | 昭和南海地震の記録 | 昭和小学校・防災じゅぎう | 昭和小学校防災学習 | 書籍・雑誌 | 有機農業の支援 | 朝鮮半島問題 | 木質バイオマス地域循環システム | 村上肇さんWEBセミナー | 村上肇氏BtoBセミナー | 東京近辺見聞録2013年 | 東京近辺見聞録2014年(1) | 東京近辺見聞録2015年 | 東京近郊見聞録2010 | 東京近郊見聞録2011年 | 東京近郊見聞録2012年 | 東北被災地ツアー2015年 | 東北被災地交流ツアー2005 | 東日本大震災の被災者の皆様との交流事業 | 東洋町サポーターズクラブ | 橋本大二郎さん出演番組 | 橋本県政16年の検証 | 橋本県政16年の総括 | 歩いて見る高知市 | 歴史の宝庫新堀川 | 歴史問題 | 死生観・終末観 | 沖縄ー高知の交流 | 沖縄基地問題 | 沢山保太郎東洋町長出演 | 河瀬聡一郎さん講演会 | 津波避難施設について | 漫画文化 | 環境問題 | 田辺浩三さん映画会(小夏の映画会) | 社会問題一般 | 社会思想問題 | 社会運動 | 神戸市長田区鷹取との交流 | 神戸市長田区鷹取東地域との交流 | 福井照 | 福井照さん出演番組 | 福祉の問題 | 空のあんちくしょう | 経済・政治・国際 | 経済問題 | 耐震偽装問題 | 脱水症対策 | 自然エネルギーの活用 | 自衛隊の救助訓練 | 芸能・アイドル | 芸術・文化 | 若者支援事業 | 蓄光塗料 | 西村吉正・春子服薬・食事情報 | 認知症症候群について | 認知症重度化予防実践塾 | 講演会・研修会 | 超高齢者の事前減災対策 | 趣味 | 路上詩人はまじさん | 連合赤軍と新自由主義の総括 | 都市再開発 | 都市論 | 錆を防ぐさびのある話 | 阪神大震災20年慰霊と交流 | 防災問題 | 防災対策 | 防衛問題 | 音楽 | 高レベル廃棄物問題 | 高知の根源・由来を考える | 高知の観光 | 高知シティFM | 高知シティFM「けんちゃんのどこでもコミュニティ」 | 高知シティFMけんちゃんのどこでもブログ | 高知シティFM最終収録 | 高知大学防災すけっと隊 | 高知学研究所 | 高知市地域コミュニティ推進課 | 高知市政問題 | 高知市長との意見交換会・資料2015年 | 高知県政ぷらっとこうち問題 | 高知県政問題 | 高知県民マニュフェスト大会 | 高知県物産公社構想 | 高知県議会立候補者への公開質問状 | 高知蛍プロジェクト | 鵜の目鷹の目 | 2006年白バイ・スクールバス衝突事件 | 2010年参議院選挙 | 2014年東京・横浜出張 | 2014年衆議院選挙関連 | 2015年叔母北海道より車椅子の旅・高知 | 2015年県議選・市議選 | 2016年熊本地震