新堀川生態系保護問題

2020.12.02

坂本茂雄さん県政かわら版63号

県政かわら版63号1_NEW
 下知地域代表の県議会議員坂本茂雄さん。2003年の初当選以来17年間に63回坂本茂雄県政かわら版を発行されています。年平均3・7回ですから年間に4回発行されています。

 高知県議会は年間4回定例会があるそうです。そのほかに臨時議会や委員会もあります。今回の63号1面では9月定例会での補正予算の審議の様子が記述されています。

「補正予算 コロナ禍対応など過去2番目の規模」であり、「県民の感染拡大防止と社会経済活動回復へ」の目的の予算変遷なのかどうかを坂本茂雄さんはチェックされています。

 このなかで「感染症指定医療機関」などを含め、医療法人の規模の大小を問わず、県民各位のコロナ禍での「受診控え」の影響は大きく、1割から2割受診者が減少しているので、軒並み経営環境が厳しくなっています。
県政かわら版63号2_NEW
 2面から3面にかけては、坂本茂雄さんが「一問一答」形式で「コロナ禍における災害対応の充実を追求」というテーマで知事や担当部局の幹部の答弁を引き出していました。

 坂本茂雄さんは「」コロナ禍の自然災害における避難行動の支援」「避難所の環境整備と充足を」「災害ケースマネジメントと被災者に寄り添う支援を」の3つの観点から県知事や県幹部職員を問いただしています。印象に残ったやりとりを記述します。
県政かわら版63号3_NEW
坂本「南海地震を想定すれば、在宅避難のお宅に、自主防災会やボランティアの方が出向くのは困難。支援策はもっときめ細かく検討すべき」

濵田知事「ボランティアや自主防災組織のみで対応できない場合は、外からの応援を受け入れ、それをどう態勢に組み込むか考えなければならない。
 今後市町村と連携し、避難所運営マニュアルの中にそうした要素も組み込むことを検討したい。」

 実際の話、二葉町において、在宅避難所へのケアは常に話題にはなりますが、支援や安否確認をする仕組みの構築には至ってはいません。地域の公共の指定避難所が下知コミュニュティ・センターのみですから当然収容人数は全く足りません。

 最近国や自治体は豪雨災害時には、指定避難所へ避難するだけでなく、ご近所の3階建て以上の建物への「ご近所避難」を呼び掛けてはいます。しかし「同連絡体制をつくるのか」「支援物資をどう供給するのか」という問題には対応しきれていません。

 今までの災害時における支援体制が、地域の避難所中心になっていて、在宅避難所は無視されるか、なおざりにされてきました。その問題に関する濵田知事の回答は「0回答」に過ぎませんね。

 また避難所整備の問題も県当局の対応はL1想定(100年に1度の昭和南海地震程度)に留まっています。2011年の東日本大震災規模(1000年に1度のL2規模地震)に関しては、県の対応と対策は心もとない限りです。

危機管理部長「現状の避難スペースは、通路も含めて1人当たり3㎡。コロナ対応では4・5㎡。L1地震では、指定避難者数9万2000人に対して、避難スペースは確保できるが、L2地震では8万6000人分の不足になる。」とのこと。

 無為無策というものですね。避難所へ入れない下知のような浸水地域の住民は、津波避難ビルや、防災会指定の地区避難ビル(津波時一時退避場所)のマンションなどの廊下やエレベーターホールの共有スペースで何週間も籠城しなければならないというこいとです。

 東日本大震災から間もなく10年。未だに安全な避難所整備すら出来ない高知県庁危機管理部はまじめに仕事をしているのかと申し上げたい。危機管理部長の答弁からは全くやる気すら感じられません。

 濵田知事や危機管理部長の回答の多くは「事例集をこしらえる」とか「マニュアルの整備をする」程度のことであり、「何百か所避難所を整備し、L2地震でも県民誰もが避難所で安全な避難生活ができます。」というものではまったくありませんから。

 以下の発言には腰を抜かしました。

危機管理部長「地域住民が主体になって避難所を運営している自主防災組織もあり、そうした先進的な取り組みを知っていただくため、今年度改定する自主防災組織の活動事例集に掲載して、市町村や自主防災組織に配布する。」とか。

 この危機管理部長の「基準」では、10月25日(日曜)に実施されました「二葉著総合防災訓練2020年」は、住民主体で役割分担し、コロナ感染症対策も含め避難訓練。避難所開設。運営訓練を実施し、120人の参加がありました。

http://futaba-bousai.cocolog-nifty.com/blog/2020/10/post-02ecb9.html

(二葉町総合防災訓練2020 2020年10月25日実施)

 でも私は二葉町自主防災会が「先進的である」と少しも思っていません。いくら先進的であると褒められても、災害の脅威は全く減少していないからです。

 二葉町は町内全域が海抜0Mで海が近く、軟弱地盤で高台はありません。浸水や津波から逃れるためには、もよりの津波避難ビルや地区防災会指定「津波一時退避場所」の階段を歩いて登るしかありません。斜路はありません。災害時に生き延びることがとても難しい地域であることには変わりはありません。
高知市津波ハザードMAP_NEW
 0M地盤が5M隆起したわけではありません。危険性が放置されたまま、単位自主防災会の努力はたかが知れています。公助が本当に下知地域に関しては「弱すぎる」としか言いようがありません。

 坂本茂雄さんが提起した「災害ケースマネジメント」に関しては、濵田知事や危機管理部長の回答は、「一応は前向き」であることは確認できました。

4面は都市計画道路はりまや町―一宮線の件です。当初計画段階から高知市の都市構造が変化しており、今更全く意味をなさない都市計画道路です。新堀川には、シオマネキなどの希少生物が生存しています。暗渠化により絶滅することでしょう。

 また江戸時代初期の石垣などもありますが、それも撤去されていまします。歴史資源と希少生物を犠牲にしてまで、道路を拡幅し、新堀川を暗渠にする必要性はもはや不要であると思います。

| | コメント (0)

2020.08.24

下知地区減災連絡会・役員会

DSCN0481
 下知地区減災連絡会(皆本隆章会長)の第1回役員会が、下知コミュニュティ・センターで開催されwました。役員定数39人中20人が出席、10人が委任状出席。定数を満たしていますので役員会は成立しました。
DSCN0483
 皆本会長の挨拶の後、中岡寛典さん(アルファステイツ知寄2防災会・熊本へ単身赴任中)の熊本豪雨後のボランティア報告が行われました。
DSCN0490
「現地の支援場所へ到着したとたん、言葉が出ませんでした。車は家に突き刺さり、2階屋根までの浸水家屋がありました。」

「20分作業したら10分休憩。14時30分には作業終了。ボランティアは県内に限られていますので、泥出しもなかなか進みません。」
DSCN0492
 現地へ支援に行かれた人でないと分からない、知らない話が多くありました。中岡さん貴重なお話ありがとうございました。
DSCN0496
 議事は、経過報告や、事業計画の具体化などを坂本事務局長が説明されました。

 「災害時の避難所における感染症対策について」も意見交換されました。

 「津波避難行動要支援者対策について」も議論されました。

  下知地区担当の市役所職員から、9月の行事予定の説枚がありました。会合の最後は、全員で「シェイク・アウト訓練」をしました。内容が重く、真剣な課題ばかりなので、「手短に」終了することは難しいです。

| | コメント (0)

2018.09.16

坂本茂雄・県政かわら版57号

 地域代表の高知県議会議員である坂本茂雄さんから「県政かわら版・2018年晩夏号・NO57)をいただきました。坂本さん自らが執筆・編集されている「県政かわら版」今回が57号とか。
県政かわら版ー1_NEW_R
 2003年4月に県議会議員になられて15年目。57号÷15年は、3・8回。年間に3回もしくは4回県政かわら版を発行されていることになります。白黒刷ですが、今回の57号も内容が濃厚ですね。

 1面は「6月定例会 求められる南海地震対策の加速化 頻発する災害に学び 安心して暮らせる県政の前進を」「インフラの充実と有効活用に課題あり」との見出し。

 2018年度一般会計補正予算の説明がされてます。ポスト「幕末維新博」への取り組みとして、「自然・体験型観光の取り組みの本格化」が上げられています。名古屋に地産外商の店舗を出す計画であるとか。

 その関係で、わたしが「海の散帆」(セーリング)をしています香南市夜須のヤッシー・パーク。「体験型(海体験型)の施設の整備の調査をするということで、地元と意見交換をしていたようでした。ハンディのある人でも帆走が楽しめるハンザ・ヨットの拠点にヤッシー。パーク西側海面がなればいいなと思います。
県政かわら版ー2_NEW_R
 2面は「はりまや橋一宮線 工事再開に課題はないのか」「統合型リゾート施設整備法案 廃案を求める意見書 自公の反対で否決」との見出しと記事です。

 都市計画道路・県道はりまや橋ー一宮線ですが、そもそも計画された時期が30年以上前の事であり、現在の「高知市中心商店街」となっている秦南町のイオンモールが存在していない時期の計画でした。とでん西武百貨店もあり、現在よりアーケード商店街も集客し、元気でした。

 当時は交通需要も多く、渋滞緩和に南北道路の貫通は市民からの要望も強いものでした。しかし20年ほど前からの都市構造の変化しました。高知市の中心商店街が、はりまや橋―大橋通りのアーケード街から、秦南町のイオンモールに移行した事。
 
 新堀川に蓋をして道路を拡幅する道路計画ですが、歴史的な史跡や、シオマネキなどの希少生物の生態系維持の問題が浮上してきました。地元の住民組織と言われている「まちづくり協議会」なるものが、記事で指摘されていますように「計画策定プロセスの透明性、客観性、合理性、公正性の観点から疑問であること。4車線への道路拡幅前提の自転車・歩行者道での安全確保が子供の安全確保とは言えるものではないこと。」と指摘されています。
kouzimae1-sinkouzigo2-sin
 「希少野生動植物保護の観点もきちんと担保出来てはいない。」と言う観点から、工事再開に反対したようですが、283Mの道路工事で国が27・3億円、県が9億円、高知市が2・7億円をかけて、新堀川の大半を蓋をし、道路が4車線に拡幅することになりました。

 10年前のレポートです。

http://www.nc-21.co.jp/dokodemo/whatnew1/shinborikawa/shinborikawa4.html

 韓国ソウル市は清渓川の高速道路を撤去し、親水空間をこしらえました。ソウルの親水空間「清渓川(チョンゲチョン)復元事業」です。
fukugennmae1fukugengo2
 また統合型リゾート施設なるものは、中身がよくわかりません。日本は既に「ギャンブル大国」。パチンコ、競馬、競輪、競艇と所轄官庁が異なるだけでギャンブリ施設は数多く全国にあります。
 
 全盛期の3分の2程度の売り上げになったとはいえパチンコ業界は27兆円規模。3兆円程度のカジノと統合型リゾート施設が出来たところで、たいした経済波及効果があるとは思えませんね。

 県当局も努力はしましたが、ルネサス高知工場が5月末で閉鎖され、多数の雇用が失われました。工場の継承先も見つかっていません。
県政かわら版ー3_NEW_R
 3面は「南海トラフ地震に備え あらゆる自然災害に学ぶ」「大阪北部地震の教訓 ブロック塀改修の加速化」と見出しにありました。

 高知県内では公立小中学校にブロック塀が490カ所あり、うち46カ所が危険、203カ所が「注意が必要」と判定されています。応急対策済みは8月時点で27%で全国平均を大きく下回っています。学校により報告内容の違いがあり、再調査したところ84.6%が応急対策をとっているとのことでした。

 また県の推計では、県内の住宅ブロック塀は13万カ所あり、避難道路沿いの危険個所は5000カ所あると言われています。「2012年度から複数の市町村で改修工事に対する補助制度を設けているが、昨年度の補助件数は178件で。これまでの合計でも668件で改修が進んでいるとは言い難い状況です。」とのことです、
 
 「住宅ブロック塀の危険個所は改修補助の活用促進で」より加速化が求められます。と指摘されています。
県政かわら版ー4_NEW-完_R
 4面は「西日本豪雨の教訓 災害弱者支援対策の強化」「避難行動要支援者名簿から個別日年計画策定へ」とあります。西日本豪雨でも、亡くなられた方の大半が高齢者や障害者の人達でした。

「被害の大きかった岡山県倉敷市真備町地区で、市が身元確認した死者51人の約8割にあたる42人が、障害者や高齢者で自力で避難することが困難な「要支援者だったことがわかっています。」と記事にあります。

 「要支援者名簿」を作成はしていても、要支援者への具体的な避難計画などを定める「個別計画」は、今回被害を受けられた岡山、広島、愛媛の市町村の8割が、要支援者に「個別計画」を策定していませんでした。

 やはり日頃からの連携が必要であるとのことです。

 坂本茂雄さんは、県政かわら版(57回発行)以外に「県政意見交換会」を開催されています。「第67回県政意見交換会」は9月16日(日曜)に、16時から下知コミュニティ・センターで開催されます。私も参加しようと思っています。

 「第68回県政意見交換会」は、9月18日(火曜)18時から高知市共済会館3階で開催されます。こちらも15年間に68回も開催されておられます。年間4回から5回開催されています。

 坂本茂雄さんの県政意見交換会は、感心するのは、高知県の予算事業の解説があり詳細な資料をいただけることでです。
 
  2016年3月に開催された@県政意見交換会」です。

http://dokodemo.cocolog-nifty.com/blog/2016/03/post-de9b.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.09.27

どうなる新堀川


_new_r

 先日新堀川の生態に詳しいMさんからメールが送信されてきました。

「添付のファイルは小生の知人による高新の記事です.内容ははりま
や一宮線の新堀川沿いの道路拡幅計画の環境アセスに関連したもので
す.

実は昨年の10月にこのアセスの結論が出鱈目であることに気づき
ました(県のHP はりまや一宮線 で検索できます).

.委員長は過去に新堀川のシオマネキの移植を可とした人です.移植先のシオマ
ネキはとっくに姿を消しています.明らかに失敗です.私は門外漢が
何をほざくか! という事で,県の意向に背く悪者になりましたが,
生物学的根拠で失敗すると判断しており,その通りになりました.も
う皆さん忘れたかもしれません.

 これはさておき,これまで2度にわたり都市計画課にアセスの結論
を見直すよう「陳情」しましたが,その後,何の反応もありません.」

 との内容でした。

 高知県庁土木部都市計画課

 県道はりまやー一宮線工区について

http://www.pref.kochi.lg.jp/soshiki/171701/harimayacyouikkusennnituite.html

 都市河川である新堀川ですが、シオマネキとかアカメが散見されます。現在県道はりまや―一宮線ははりまや小学校手前まで4車線化されています。その先は2車線のまま。
8_r


4_r


5_r


7_r


Kouzimae1sin


Kouzigo2sin

 県のほうは無理やり長距離バスなどもわざわざこの道路に通過させ、県民に「「不便さ」を強いるやり方をして、道路の4車線化をもくろんでいるようです。
 
  しかしながら20数年前に道路計画された頃は、とでん西武百貨店があり、中心商店街もお元気でした。今はとでん西武百貨店は撤退し、商店街も衰退し、高知市の中心街は秦南町のイオンモールになってしまいました。
 
 計画当初の都市の状況が明らかに変化しています。また追う手前小学校を廃校にし、新堀小学校と統合してはりまや橋小学校に改組しました。そのすぐ横を交通量の多い道路に整備することは、今となってはおかしなことです。

 都市の真ん中にシオマネキなど珍しい水生動物がいる河川の方が面白いと思います。韓国ソウルの清渓川(チョンゲチョン)や米国サンアントニア市のリバーウォークなど、都市と河川とが調和した都市づくりがあっても良いとは思います。

 ソウルの親水空間「清渓川復元事業」と新堀川


http://www.nc-21.co.jp/dokodemo/whatnew1/shinborikawa/shinborikawa4.html

Fukugennmae1


Fukugengo2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.03.09

坂本茂雄県議の代表質問を傍聴しました

_r_4
 3月8日高知県議会。午後1時から坂本茂雄県議が代表質問をされることを聞いていました。いつもは金曜日の午後は仕事をやりくりして、母(87歳)をはりまや橋商店街へ活き活き100歳体操(介護予防体操)へ行っています。今日は母の送迎を息子と叔母に依頼して県議会へ行きました。

 午後1時からということでしたが、午前中の議会質疑が長引いたため、午後1時15分からの開始でした。少し早めに来ましたので議場にも傍聴席にも誰もいませんでした。議会が始まれば写真撮影はできませんので、誰もいない県議会議場を撮影しました。

 坂本茂雄県議は地元高知市下知地域の地域代表です。昨年10月に結成しました地域の自主防災会連合会である「下知減災連絡会」の事務局長をされ、わたしが副会長、二葉町自主防災会の森宏氏が会長という地域社会ではお世話になっています。

 わたしは「南海トラフ巨大地震への備えについて」という問題で傍聴に行きました。

「昨年東日本大震災級の巨大地震による大津波予想などにより、県民が避難を諦めるムードにならないように、県が持っている情報を県民に開示する必要があります。
 自主防災組織と県民への情報公開が今後はますます必要となります。

 津波や浸水からの多様な方法を県も検討すべきです。自助・共助を熱心にやっている地域の自主防災会からは、横断歩道橋を津波避難施設にする構想や、命山構想、人工浮体構造物構想などが提案されています。住民と一緒になって取り組みべきです。」

「現在南海地震対策行動計画のパブリック・コメントを県ホームページなどで情報開示していますが、テレビや新聞などの広報手段も活用していただきたい。」

「また空き家対策についてもお聞きします。震災時の避難路を古家が倒壊してふさいでしまう事態も想定されます。
 固定資産税の減免化や、国からの補助以外に県の補助もすべきではないのか。」

「震災後の仕事を罹災者自身が担うことを事前に検討すべきではないだろうか。瓦礫の片づけ業務や、避難所の共同炊事などもちゃんと報酬を払い、罹災者が自立できる仕組みづくりが必要です。キャッシュ・フォローの体制づくりは事前対策が必要です。」

 県知事や危機管理部長の答弁は「平板で」「通り一編」にしか聞こえませんでした。横断歩道橋の避難施設に関しては、国道56号線と国道32号線が高知市下知地域をとおっています。国に県知事が真摯に働きかけをしておれば、静岡県吉田町以前に実現していたことでしょう。

 県知事自らが「深入り:しすぎている「津波避難シェルター構想」のおかげで、はるかに効果的で低い事業費で多くの市民が救われる避難方法(避難歩道橋・人工浮体構造物など)が無視されていました。県庁の本気度を疑いますね。

 確かに坂本県議の質問で「県職員の健康管理と残業、給与削減問題」でも総務部長の答弁で「残業が多い部署は危機管理部。国の新想定への対応に対する業務がありました。」との理由はあるでしょう。」ということですから、県職員の皆様各位は懸命に業務をされておられます。

 しかしながら壊滅的な被害が想定されている高知市の下知地域に居住する二葉町にいますと、高知県庁の南海地震対策の施策は「2階から目薬」程度にしか思えないのです。

 代表質問は南海地震のテーマや県職員問題ばかりでなく「知事の政治姿勢について」「社会的包摂と支え合いの仕組みについて」「原発事故子供罹災者支援法の拡充などについて」「第2期産業振興計画の林業分野における取組について」「新堀川など地域資源を生かしたまちづくりについて」など多岐にわたっていました。

 県知事が答弁し、副知事や総務部長、危機管理部長、産業振興推進部長、商工労働部長、林業振興・環境部長、土木部長、教育長、県警本部長などが答弁していました。

 坂本茂雄県議は」50分の持ち時間のうち42分で代表質問を登壇してしました。知事以下の担当部局の答弁をすべて聞いた後に、8分間の持ち時間で知事や担当部長に再質問を議場から行い、再答弁を引き出していました。

 県議会をじっくり、(会社からの電話で呼び出されながらも)真剣に傍聴したのは久しぶりでした。真摯なやりとりがされていると思いました。

 おかしなことがありました。傍聴席で居眠りをされていたご婦人は衛視に注意をされていました。しかし議場で堂々と居眠りをしていた県会議員は注意をされません。そのあたりはなんだかおかしいと思います。

 今度は高知市議会も時間があれば傍聴に行こうと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.04.13

新堀川を読む

Hinborikawahonhyoushi


 図書館で借りてきました。「新堀川」(溝渕栄子・発行・高知新聞総合印刷・2010年刊)です。今は道路になり面影のないかつての新堀川の風景が土居利光さんの写真で蘇っています。

 そういえばこれほど高知市中心街に近い小さな川なのに、生き物も多種多様であるし、いくつも歴史的な資源が短い流域に点在しています。

 高知県庁は何億もかけて高知駅前にまたまた巨大な見世物小屋を建設しています。そんな偽者施設よりも、今ある歴史資源を大事にしないのかとても不思議です。
Shinbori02_r


Shinbori03_r


 よい風景も今思えばありましたね。でも今は蓋をされ道路になりました。車で通過すれば5分もかかりません。」歴史的な感慨を味わうこともなく通過してしまいますね。
Shinborikawadouro002_r


Shinborikawadouro03_r
 南側の1部に川が残っています。ここも蓋がされ道路になるようです。

Sinborikawa41101_r


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.05.15

”桟橋方式”では生態系はアウトですね

Shinborikawakui_r

 こちらは高知市の県道「一宮ーはりまや橋」線工事現場。道路特定財源の補助を受け(総工費110億円)、高知県土木部の道路工事として行われています。いわゆる桟橋方式。

 貴重な魚資源の宝庫の新堀川に蓋をして、道路をこしらえるというもの。たいした交通利用もありません。歴史資源としては、周辺に中江兆民生家跡、武市半平太道場跡、岡本寧甫塾跡、河田小龍自宅跡などがありますが、「台なしに」。全く無意味な公共事業です。

 普天間基地代替えでの辺野古沖桟橋方式の米軍飛行場。桟橋方式で環境保全になるかといえば、そうでもありません。日光は当たらなければ、藻が生えず魚は生息出来ません。沖縄でも同じでしょう。

Saenbaksato_r


 周辺商店街も寂れるばかりです。菜園場の高知スーパー跡は駐車場になっていました。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010.04.08

歴史資源を「埋殺し・蓋をした」県道

S3_r


  2010年の大河ドラマ龍馬伝で高知は少しだけ注目されました。写真の新堀川の河畔沿いには、かつて武市半平太の道場があり、また陽明学者岡本寧甫(大塩平八郎とも懇意とも言われていました。)の塾の跡地があります。

 しかし下の写真を見てもわかりますが、県道「はりまやー一宮(いっく)線の工事により、無残にも新堀川は埋められ、蓋がされ、「単なる自動車道路」になりました。
Shinbori1_r


Shinboriumegoroshi_r


S2_r


 撮影日は年度末の月末の3月31日。さそかし車は綬帯しいるのかと思いきや全然そうではありません。

 歴史的資源を埋めてまで「無理やり」道路をこしらえる理由はなんでしょうか?

 この実態を見ますと高知は「歴史を大事にしない県民」であると思います。私も含め反省しないといけません。情けない限りです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.07.22

部分日食は見えません

Bubunn_r
 今日は皆既日食が日本で見れる日。奄美列島付近がよい地点らしい。高知でも部分日食らしいですが、生憎分厚い雲に覆われ見れません。

 NHKが全国を中継しているようです。それを見たほうがましですね。
Nhk_r
 午前11時35分過ぎに太平洋上の観測船からの中継をNHKはしていました。画像の悪いアナログTVでも様子はわかりますね。

 あと何10年かしてその日は日食でしたと言われても、曇ってみていなければ記憶に残りませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.07.01

山のアジサイは元気がある

Azisai1_r
Azisai2_r

 6月30日は午前中は佐川で製品説明会をしました。その後郡部巡業に越知の片岡から吾北、本川へ行きました。途中道端にアジサイが咲いていました。高知市内と違い元気があります。アジサイの大きな群落もありました。
Kataoka_r

 仁淀川水系の上流域には29日から30日にかけて結構雨が降ったようです。河川が増水していました。
Zousui_r
Niyodozousui_r

Zousui2_r

 仁淀川も増水しております。

 しかし吉野川水系(本川地域)は現地へ行くと大雨でしたが、それまであまり降っていないようでした。ダム湖も水量が少ないし。
Oohashidamu_r


 梅雨もそろそろ終わりに近づいているのかもしれません。少し多めの雨を期待したいと思います。

 梅雨前線の関係で九州から中国地方は大雨の予報。四国も今晩から明日の明け方にかけて雨がまとまって降るようです。話題の早明浦ダムの付近でたくさん降っていただきたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

07高知県知事選挙 08syugin_ 2008年衆議院選挙関連 2009年衆議院選挙関係 2012年衆議院選挙関係 2012年車椅子で行く高知の観光施設 2013年参議院選挙関係 2014年東京都知事選挙 2015年雨漏り修繕工事 2015雨漏り・外壁補修工事 2016年参議院選挙 2016年首都圏遠征 2019年参議院選挙 2019年高知市長選挙 2019年高知県知事選挙 2019年高知県議会議員選挙 2019高知市議会議員選挙 blogによる自由民権運動 blogの伝道師・blogの鬼 bousai_ Eコマース・スキルアップ講座 koutikengikaigin NPO法人高知減災ネットワーク会議 SOSカード お花見遊覧船 けんちゃんの今すぐ実行まちづくり けんちゃん1人weblog はりまや橋サロン まちづくり まちづくり条例見守り委員会 アニメ・コミック イラク派兵問題 ウェブログ・ココログ関連 エアーボート 救命艇 カラー・ユニバーサルデザイン ゴーヤ栽培日誌 サッカー スポーツ スポーツのありかた スマホDEリレー スマホSOSシステム タウンモビリティ・ステーションふくねこ チベット問題 ニュース ハイパーレスキュー艇・シーレックス バリヤフリー パソコン・インターネット ピースウィンズ・ジャパン ホームページによる交流 メディアリテラシー ヨット関係 ロープワーク 三好市との交流事業 下知コミュニティセンター防災部会 下知中小零細企業BCP研究会 下知地区防災計画 下知地区防災計画・ブロック会 下知地域内連携協議会 下知町内会連合会 中国四川大地震 中土佐町との交流事業 事前減災対策としてのインフラ整備 二葉町町内会の動き 二葉町総合防災訓練2020年 二葉町総合防災訓練2019年 二葉町自主防災会 五台山・市民農園 井原勝介さん講演会 交通事故防止対策 人繋がりネットワーク 仁淀川町と二葉町との交流 今治市防災士会・連合自治防災部会との交流会 今野清喜さん講演会 仙波敏郎さん講演会 伊野町問題 健康・体の問題 健康問題 入野敏郎さんみかん園 公共交通問題 公共財のありかた 共謀罪反対運動 内閣府地区防災フォーラム2016年仙台 内閣府地区防災計画 前田康博さん講演会 南海地震対策 南海地震特別税 危機意識・リスクマネジメント 原子力政策 原発と核のゴミ処理場アンケート 原発災害 反ファシズム運動 叔母・車椅子来高・2014・10・18 口腔ケア 台風・大雨対策 台風・大雨情報 台風対策 司馬遼太郎氏の帝国主義論 吉本隆明氏・追悼文 名古屋大学室井研二准教授 品川正治さん講演会関係 国政問題 国際問題 土佐電鉄ーごめん・なはり線 地区防災計画学会・高知大会2018年 地方の公共交通 地震保険 坂本龍馬像建立運動 報道関係 夜須町関係 大学問題 大阪北部地震2018 天木直人さん講演会関係 宇田川知人さん出演番組 安田純平さんを高知へ招く会関係 少子化問題 岡村眞先生講演会 岡林信康コンサート 島本茂雄さん・中平崇士さん出演 巨大地震・津波対策用高強度発泡樹脂浮力体 市民参加のありかた 平和・反核・護憲の社会運動 平和問題 平成天皇を称えます 平成28年度下知地区防災計画 広域地域間交流 建築物 感染症対策 憲法問題 戦争を知らない子供たちへの映画会」 戦争法案反対運動 戦争災害 手結福島・南地区自主防災会 排泄ケア(排尿・排便)の重要性 携帯・デジカメ 政治のありかた 政治評論 救命船南風 教育問題 新しいメディアの創出 新型インフルエンザ対策 新型コロナウィルス対策 新堀川市民大学 新堀川生態系保護問題 日誌風の感想 映画「六ヶ所村ラプソディー」 映画・テレビ 昭和南海地震の記録 昭和小学校・防災じゅぎう 昭和小学校防災学習 書籍・雑誌 有機農業の支援 朝鮮半島問題 木質バイオマス地域循環システム 村上肇さんWEBセミナー 村上肇氏BtoBセミナー 東京近辺見聞録2013年 東京近辺見聞録2014年(1) 東京近辺見聞録2015年 東京近郊見聞録2010 東京近郊見聞録2011年 東京近郊見聞録2012年 東北被災地ツアー2015年 東北被災地交流ツアー2005 東日本大震災の被災者の皆様との交流事業 東洋町サポーターズクラブ 橋本大二郎さん出演番組 橋本県政16年の検証 橋本県政16年の総括 歩いて見る高知市 歴史の宝庫新堀川 歴史問題 死生観・終末観 母・毛山病院入院2017 気象庁情報の正確な伝達 沖縄ー高知の交流 沖縄基地問題 沢山保太郎東洋町長出演 河瀬聡一郎さん講演会 津波避難施設について 浸水地区に救命艇 浸水対策備品 漫画文化 父・いずみの病院 父・日赤・ICU 環境問題 田辺浩三さん映画会(小夏の映画会) 社会問題一般 社会思想問題 社会運動 神戸市長田区鷹取との交流 神戸市長田区鷹取東地域との交流 福井照 福井照さん出演番組 福祉の問題 空のあんちくしょう 経済・政治・国際 経済問題 耐震偽装問題 脱水症対策 自然エネルギーの活用 自衛隊の救助訓練 芸能・アイドル 芸術・文化 若者支援事業 蓄光塗料 西村吉正・春子服薬・食事情報 西村吉正・死去後の動き 西村吉正1周忌・3回忌 認知症症候群について 認知症重度化予防実践塾 講演会・研修会 講演会・講習会 超高齢者の事前減災対策 趣味 路上詩人はまじさん 連合赤軍と新自由主義の総括 都市再開発 都市論 錆を防ぐさびのある話 阪神大震災20年慰霊と交流 防災問題 防災対策 防災紙芝居プロジェクト 防衛問題 雪道対策 音楽 高レベル廃棄物問題 高知の根源・由来を考える 高知の観光 高知シティFM 高知シティFM「けんちゃんのどこでもコミュニティ」 高知シティFMけんちゃんのどこでもブログ 高知シティFM最終収録 高知大学防災すけっと隊 高知学研究所 高知市地域コミュニティ推進課 高知市政問題 高知市社会福祉協議会 高知市長との意見交換会・資料2015年 高知減災ネットワーク会議 高知県政ぷらっとこうち問題 高知県政問題 高知県民マニュフェスト大会 高知県物産公社構想 高知県議会立候補者への公開質問状 高知蛍プロジェクト 鵜の目鷹の目 2006年白バイ・スクールバス衝突事件 2010年参議院選挙 2014年東京・横浜出張 2014年衆議院選挙関連 2015年叔母北海道より車椅子の旅・高知 2015年県議選・市議選 2016年熊本地震 2017年衆議院選挙 2018年沖縄県知事選挙