歴史の宝庫新堀川

2011.03.10

”埋め殺され道路」になった新堀川

Shinborikawakouzigo
 現在県道「はりまや橋ー一宮線」の工事が新堀川を埋め立てる形でおこなわれています。画像は完成後の姿です。歴史資源が周りに多い新堀川。全く「ないがしろ」にされています。


 高知の観光は坂本龍馬にまつわるものでなければならない!と「土佐の歴史」を題材に観光客誘致を企てる。なるほど趣旨は良いとは思います。

 JR高知駅前では昨年NHKの大河ドラマ「龍馬伝」で使用された衣装や小道具を展示していた木製の小屋(わたしは見世物小屋と呼んでいたが、解体撤去され、今年7月に「坂本龍馬の生家の復元」をするために多額の税金を費やして建設工事が行われていました。
Misemonogoya01_r

Misemonogoya2


 その概要だそうです。「志国龍馬ふるさと博」というそうです。

 その一連の行事のなかで、高知市桂浜に、坂本龍馬像と併設して、同じ土佐勤皇党の仲間であった武市半平太と中岡慎太郎の巨大な(5メートル大)を県民の税金500万円で作成し、並立設置するという計画だそうです。
3taizoukaturahama

 県内外の龍馬ファンで賛否両論があり、主催者側としては「話題になって良かった」ということかもしれませんが、逆にそれは主催者側の歴史に対する「底の浅さ」を感じ、肝心の熱烈な坂本龍馬ファンの反発と反感を呼び起こしてしまったマイナス面もありました。

 主催者は「公金を使用している」という意識をもっていただきたい。「俺達が十分な議論を尽くして決めたことだ。後から文句を言うな!」という高圧的な姿勢を感じるから、多くの市民は反発しているのですから。

 高知県庁にしろ、高知市にしろ「志国龍馬ふるさと博」を推進されている人達は、「歴史を活用して観光開発を」と声高に主張していますが、わたしは「歴史を大事にしていない」のではないかと思います。
Furutizu2

 高知市の中心商店街に程近い地域に、新堀川があります。この川は人工の運河です。江戸時代の初期に、北側の江ノ口川と南側の堀川を繋ぐ運河として、藩主の許可を得て町民が自ら工事を行い完成させたものです。

 野中兼山が建設した人工運河の船入川を下って、物部川流域の山間部から材木を切り出し、いかだにして新堀川地域まで運び、引き上げて木材加工して家屋の柱などをこしらえていました。「材木町」という地名も残っていました。

 この地域は武家地域と町民地域の境目であり、水運の要所だったので、様々な人が集まっておりました。岩崎弥太郎の姉婿が、弟子が1000人いたという幕末の土佐南学の儒学者岡本寧浦の学び舎跡が新堀川流域にあります。
Okamoto1

今回巨大なスチロール像が作られる武市半平太ですが、その新堀川のすぐ近くで道場をしていました。その碑は横堀公園に設置されています。
Takechi01_r

Tekechihi_r

Tekechiieato2_r


 この場所などを再検証し、歴史施設のぶらぶら歩きルートをこしらえればいいのですが、高知県庁も高知市役所も「志国龍馬ふるさと博」関係者も無関心であるようです。

 自由民権運動の思想家中江兆民の生家跡もこの新堀川近くにあります。
しかし高知県庁は、道路特定財源を使用して、史跡をすべてないがしろにし、川を「埋め殺して」道路にしてしまいました。
Tyoumindouri02_r

Tyoumon2

Choumindouri01_r

 韓国ソウル市は、李大統領がソウル市長時代に、王政時代からゆかりのある清渓川を復元しました。高速道路を撤去し、河川をこしらえたのです。

 清渓川復元事業というホームページ   (リンクが切れていますが、たどれば様子はわかるでしょう。)


   http://japanese.seoul.go.kr/chungaehome/seoul/main.htm

Fukugennmae1
Fukugengo2

 30年ほど前の事業計画の見直しもせず、ただ自動車交通渋滞の緩和だけで歴史資源を大事にせず道路をこしらえました。周辺の歴史資源を全く大事にしていません。

 大事にしない人達が「土佐勤皇党結成150年を記念して」と称してススチロール像をこしらえるとう事業自体、到底理解できるものではありません。

高知県民は足元の地域資源を大事にしないといけないと思います。すぐに税金で箱物(見世物小屋)やスチロール像をこしらえる安易な発想では、多くの歴史愛好者の共感を得ることは出来ないことでしょう。
Sinborikawaato_r

 今時川を埋めて自動車道路をこしらえる時代ではあるまいと思います。地球温暖化問題にも「逆行」しています。

 新堀川界隈には、歴史資源がたくさんあります。画像は「はりまや橋商店街」が作成しました。
Sinborikawareksitizu

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.07.05

”東西軸”エリア活性化プランは市民参加がまだまだ少ない!

 今まで議論されてきた基本的な考え方が「歴史」「文化」「食」の3つがテーマのようです。高知市の中心部を空洞化させるのではなく,元気にするいために「3つのテーマ」から派生して,具体化し取り組まえていくというようです。

 私見ですがそれでは「狭い」のではないかと私は思います。その理由は,「都市は社会サービス・システム」であると思うからです。そこで働き,遊び、学び,訪れる街です。

 わたしは以下の要素が必要であると思います。

1)高知市”再生”には都市計画が必要

2)元中心市街地商店街の再生

3)歴史のとらえかた

4)ユニバーサルな都市づくり 高齢者。障害者。乳幼児にやさしいまちづくり

5)エコの問題(地域生態計画)

6)公共交通の最大活用 トランジットモール LRT 車の上手な処理方法

7)防災・減災 南海地震時には高知市住民20万人が水没する街に住んでいる。中心街も。


8)音楽・エンターテイメント 映画館 よさこい まんが文化

高知県庁政策企画課 

 7月2日に「パブリック・コメント」の何人かに話を聞きたいということもあり、検討委員の皆さんと、行政のみなさんに自説の私見(上の項目)を申し上げました。

 ブログ記事「”東西軸エリア活性化検討委員会”へ特別出席」を参考


 そちらに提出資料やコメントも書いてあります。

 しかしこの意見交換会にしても「市民参加の梯子段」の段階から言えば「形式的参加機会の増大」段階でありますね。

Siminsanka5ehashigodan_thumb_3_thum

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.04.08

歴史資源を「埋殺し・蓋をした」県道

S3_r


  2010年の大河ドラマ龍馬伝で高知は少しだけ注目されました。写真の新堀川の河畔沿いには、かつて武市半平太の道場があり、また陽明学者岡本寧甫(大塩平八郎とも懇意とも言われていました。)の塾の跡地があります。

 しかし下の写真を見てもわかりますが、県道「はりまやー一宮(いっく)線の工事により、無残にも新堀川は埋められ、蓋がされ、「単なる自動車道路」になりました。
Shinbori1_r


Shinboriumegoroshi_r


S2_r


 撮影日は年度末の月末の3月31日。さそかし車は綬帯しいるのかと思いきや全然そうではありません。

 歴史的資源を埋めてまで「無理やり」道路をこしらえる理由はなんでしょうか?

 この実態を見ますと高知は「歴史を大事にしない県民」であると思います。私も含め反省しないといけません。情けない限りです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.01.10

身近な歴史資源と歴史の破壊

  今日は家内とまちなかウォーキングをしました。ご近所を歩いて、歴史資源を再確認し、日曜市を通過し、県立文学館へ松本清張展を見にくと言うものでした。
 まず菜園場横堀公園に、NHK大河ドラマ「龍馬伝」の1回目に登場した武市半平太(土佐勤王党党首)の道場跡がありました。Hanpeitadouzixyou1_r
Hanpeitadouzixyou2_r
 本当の場所は道路を挟んで北側の敷地にありました。今は更地になっています。
Hanpeitadouzixyousarachi_r
 続いて1回目の龍馬伝でも少しだけ登場した儒学者岡本寧甫の学堂跡。ご近所の西岡謙一さんのお世話で似顔絵や解説もされています。Okamotoneihihi_r
Okamotoneihosasie_r
 龍馬伝では岡本寧甫が心臓発作を起、その後継者に岩崎弥太郎がなるつもりが、上士階級の者に横取りされてふてくされてやけ酒を飲んでいる場面がありました。
 Sinborikawa_r
 新堀川周辺は歴史の宝庫ですが、高知県庁土木部高知駅前都市整備事務所は、歴史資源を破壊し、頑固に4車線道路を建設することに心血を注いでいます。歴史にひたる散策道路をこしらえるのならまだしも、「一過性」の自動車道路を今更こしらえる必要性がどこにあるのでしょう。

 高知県庁は歴史を大事にしない役所です。高知駅前に龍馬の見世物小屋をこしらえてまた税金の無駄遣いをしています。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.01.04

ご近所の歴史遺跡

 年末の肋骨骨折という事故のおかげで、セーリングなどの激しい運動ができない身の上。メタ防止のためひたすら散歩が運動になっています。以前にも紹介していますが、徒歩でいける範囲に高知市は歴史史跡が多い。自宅付近にもたくさんあります。
Shinborikouzi_r

 まずその歴史資源を道路特定財源が付いたからといって、さほど緊急に工事をする必要性のない道路工事を高知県土木部都市計画課高知駅周辺都市整備事務所が、「歴史の宝庫」新堀川の史跡を「破壊」している地域には多くの史跡があります。
Hanpeitaato_r

 まず横堀公園には、土佐勤皇党党首武市瑞山(半平太)の剣術道場跡の史跡がありました。幕末維新で活躍した土佐の志士たちが多く集まったようです。
Naganogensui_r

 そこから北へ少し歩きますと、二次大戦前後に海軍大将で連合艦隊司令長官になったという永野元帥の碑が立っています。
Okamotoneiho_r

 またすぐ近くに幕末の土佐南学の儒学者岡本寧穂(ねいほ)の道場跡があります。吉田松陰ほど有名ではありませんが、当時弟子が数百人おり、土佐南学は行動的な陽明学の影響を受けていたので、土佐の志士の行動規範になっていたようです。
Umetatekaidangogan_r


 新堀川の階段護岸。江戸時代に江ノ口川と堀川をつなぐ運河として町民の民間活力で建設された新堀川。階段護岸は土佐の山林で伐採された材木を筏で浦戸湾から江ノ口川をさかのぼり、新堀川の階段護岸から荷揚げし、材木町へ運搬していたそうです。潮の干満に関係なく材木を荷揚げするのが階段護岸でした。
 道路工事で無残にも「埋め殺され」てしまいました。
Nakaechoumin_r

 その階段護岸のすぐ近くに明治時代の思想家、中江兆民の生家跡があります。幼少時代を新堀川河畔のこの家で過ごしたとあります。
16okumuda3_r

 新堀川を下っていくと、高知市が16億円かけて建設した「ほとんど利用者のいない立派なバス降車場」があります。その西角に幕末の「評論家」「絵師」の河田小龍(しょうりょう)という人の生家跡があります。
 もともと土佐堀という河川で、はりまや橋を超え、大丸百貨店前まで川はありました。それを高知市はすべて埋め立ててしまいました。
Kawadas_r

 高知市の文化施設かるぽーとはもともとは市場があったところです。ここも川があり橋も多く架橋されていました。四つ橋は二次大戦中の高知空襲で焼け、鉄骨部は変形していました。そのほんの1部が保存されています。
Yotubashi_r
Kaisendonyaato_r_2

 堀川は海運の盛んな時代は高知の物流の拠点。海に関わる企業が今も多い。

 堀川のボードウォークから中ノ島地区へ行きますと、「憲政の碑」が立っています。明治時代自由民権運動をリードした板垣退助に関わる関連史跡です。今は跡形も無く石碑とわずかなモニュメントがあるだけです。
Kenseinohi_r
Kenseikinenkan_r

 1時間足らずの散歩コースに歴史資源がたくさんあるものです。変な箱物(見世物小屋)を6億円高知駅前に建設する予定が(来年の大河ドラマ「龍馬伝」をあてこんで)あるやに聞きますが、「まちなか全体」を歴史博物館にする大きな構想を県も高知市ももつべきではないかと思いますね。
Horikawasuimon_r
昔は海運が高知市の物流の中心。堀川は重要な役目がありました。波と風が打ち込まない良港でもありました。

周辺歴史MAPです。「はりまや橋新聞」より転載しました。(クリックすると多少拡大します。)
Rekisimapshinbori

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.12.08

熱い人の新堀川再生プラン

Shinbori1
 現在新堀川は高知県土木部都市計画課高知駅周辺都市整備事務所による県道「はりまやー一宮(いっく)線の道路工事のたけなわ。川には無数の矢板が打ち込まれ、環境破壊が進行しています。

 参考ブログ記事「生き埋めされた歴史的な階段護岸ー新堀川

 残念ながら市民の声は県当局に届かず、県議会や県知事を動かすことはできませんでした。市民運動は惨敗したのです。

 それでもある「熱い」志を持っている人から、「新堀川再生プラン」が提示されました。趣旨は大変良く出来ています。「コンパクト・シティ」というのであれば、この「新堀川再生プラン」も紹介したいと思います。
Shinborisaisei1p
 「再生プラン」のイメージ図です。現状の蓋をして道路にするよりも遥かに都市整備ができていると思います。「熱い思い」も空しく、イメージ図にある桜井橋も無残。大正橋は破壊され姿を消しました。
Shinboribiotop
 だいたい土木部署は県民の意見を無視し、工事を工期どうり施工することが正しいと思い込んでいます。結果として環境破壊だろうが、無駄遣いであろうがおかまいなし。

 今後はこのような無駄な工事を「ストップ」させるしくみを考案しないといけないですね。「経済波及効果は限りなくゼロ」の工事ですし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.11.27

やはり道路も削減傾向に

 ついに国土交通省が、交通量予測の下方修正をしたようです。今まで右肩上がりの予測を公表、地方行政にも影響をし与えていたのですから。

 道路交通量2・6%減 2030年予測 初の下方修正(産経新聞)

 20年前の交通量予測で、県民を欺く道路計画(新堀川にふたをし道路をこしらえる事業)に、道路特定財源がついたので、県は工事をしゃにむにしているようですね。実に愚かなことですが、なかなか改まりません。
Shinbori6021_r

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008.09.10

環境破壊が進む新堀川

Shinbori9091_r
 高知県土木部高知駅周辺都市整備事務所の道路工事である県道はりまや橋ー一宮(いっく)線の工事も道路特定財源によりどんどん進行しています。
Shinbori9092_r

 新堀川中ほどに何本もケーソンが打ち込まれ、生コンが注入され川が破壊されています。道路の橋げたになるようです。
Kaidangogan_r

 また階段護岸周辺も無数にケーソンが打ち込まれ、包囲されています。やがて地下に(埋設保存)されるようです。無残なことです。
Shinbori9095minami_r
 一方新堀小学校角から南の部分については、2006年に当時の橋本大二郎知事に聞いたところでは、「新堀小学校から南の部分ー横堀公園横は、協議する余地があるのではないか。」とのことでした。9月県議会での坂本、吉良県議の質問にも同様の答弁をしていると思っています。

 関連ブログ記事 橋本大二郎と李明博(イ・ミュンパク)の違いShinbori9093_r

 しかし現実はその南側の新堀川にもケーソンがどんどん打ち込まれています。県は完全に新堀川に蓋をする意向です。高知市中心部の貴重なビオトープと歴史資源がさほど価値のない、環境破壊でしかない県道工事により破壊されつくすのでしょう。
Clbass_r
 かるぽーと(左奥)とはりまや橋バスターミナルという無用の長物のツーショット。再生プランはかるぽーとを「よさこい会館」化し、バスターミナルをレンタサイクル・ターミナルにして活用すべきでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.09.05

道路建設で破壊が進む新堀川

S1_r
 はりま橋商店街金曜市の帰りに、新堀川の工事現場をと通りました。のどかな運河の雰囲気は破壊され、重機や矢板が設置され、あわただしい工事現場になっていました。護岸も見事に壊されていました。
S2_r
 これほど川を破壊し、護岸を破壊する意味があるのでしょうか?これも道路特定財源で建設されている道路ではありますが、どれほどの経済的効果があるのでしょうか?もはや無意味としか思えません。
S3_r

 道路建設されていない新堀川は高知市中心街とは思えない景観です。もっとこの景色と歴史的ないわれをきちんと検証すべきでしょう。
Syokobori_r

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.05.12

新堀川に関する高知県庁の基本姿勢

Tyoumindouri01sekihi
(かつて中江兆民を顕彰する石碑が県民有志の手で新堀川河畔にありました。

Shib6nakae1_tyouminyuhei
(新堀川に「蓋をし道路にする工事」のため、ぞんざいに保管されているようです。)
 連休中にパソコンの「整理整頓」「掃除」をしていましたら、ちょうど2年前の高知県庁都市計画課荒川辰雄課長に新堀川問題で公開質問状を出していました。その回答が2006年の6月30日付で来ておりました。回答文は周辺都市整備事務所長名で来ていました。

平成18年6月30日

 西村健一 様

高知駅周辺都市整備事務所長 
横山芳正  

「はりまや町一宮線工事に関する質問」について(回答)

日頃から都市計画事業に対しまして貴重なご意見をいただき、誠にありがとうございます。
さて、平成18年6月28日都市計画課長にEメールでいただきましたご質問について下記によりお答えします。


1.「兆民通り」の石碑について

 この石碑は、高知市道上に設置されていましたが、今回、旧新堀水門の撤去工事に支障となり移設する必要が生じました。このため、設置された「兆民通りの碑を建てる会」の関係者や高知市と協議をおこない、平成14年に地域の皆様にご説明したとおり、道路工事期間中は別の場所に一時移設することで協議が整いました。今回、町内会にも連絡したうえで、現在石碑は新堀駐車場南側部分に移設しています。このことを周知するため、石碑が設置された場所には説明文を掲示しております。
なお、兆民通りを案内する「兆民通り」の標柱は、工事期間中も元の設置位置周辺に設置する予定です。

2.汚濁防止フェンス(オイルフェンス)について

 ご指摘の汚濁防止フェンスは、工事中に濁水を出来るだけ拡散させないため、平成15年から工事期間中に設置しているものです。現在、旧新堀川水門を撤去するため水門南側にも設置しています。
また、取付け位置等で堤防部の強度に対してのご質問がありましたが、堤防強度に影響はないと考えています。
 なお、今後とも工事を進めるにあたっては可能な限り周辺環境に配慮する予定ですが、工事施工中については、汚濁防止が必要でありご理解をいただきたいと思います。

 最後になりましたが、貴重なご意見をいただきましたことに対しまして、誠にありがたく御礼申し上げます。今後とも、地域の皆様方のご意見をいただきながら事業を進めてまいる所存ですので、なにとぞよろしくお願いします。
 今後ますますのご活躍を祈念いたしております。

 2008年5月現在郷土の偉人中江兆民を顕彰する石碑は無残な姿です。

 歴史資源もそんざいな扱いー新堀川道路工事

 高知県庁が郷土の歴史を全く大事にしない部署であることは一目瞭然。工事のための工事になっているからです。

 歴史資源の新堀川を単に用地買収費がかからない公共用地だからなんでもかんでも埋めちまえという発想。当時国土交通省から高知県庁土木部都市計画課長として出向されていた荒川辰雄氏も見識がなかったようですね。

 この荒川辰雄氏ですが、建設省大臣官房政策課福祉環境推進室課長補佐時代には、「「歩いて暮らせる街づくり」構想についてということで 、日本福祉まちづくり学会の座長もされていたようでした。

 まさに高知市の新堀川は「歩いて暮らせるまちづくり」のモデル例になることができるはずでした。でも荒川氏は、新堀川に蓋をし自動車道路をこしらえることにGOサインを出されました。

 その部署、部署で言うことが異なるのでしょうか?日本の官僚が市民に信用されないのはそういう態度ではないでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

07高知県知事選挙 08syugin_ 2008年衆議院選挙関連 2009年衆議院選挙関係 2012年衆議院選挙関係 2012年車椅子で行く高知の観光施設 2013年参議院選挙関係 2014年東京都知事選挙 2015年雨漏り修繕工事 2015雨漏り・外壁補修工事 2016年参議院選挙 2016年首都圏遠征 2019年参議院選挙 2019年高知市長選挙 2019年高知県知事選挙 2019年高知県議会議員選挙 2019高知市議会議員選挙 blogによる自由民権運動 blogの伝道師・blogの鬼 bousai_ Eコマース・スキルアップ講座 koutikengikaigin NPO法人高知減災ネットワーク会議 お花見遊覧船 けんちゃんの今すぐ実行まちづくり けんちゃん1人weblog はりまや橋サロン まちづくり まちづくり条例見守り委員会 アニメ・コミック イラク派兵問題 ウェブログ・ココログ関連 エアーボート 救命艇 ゴーヤ栽培日誌 サッカー スポーツ スポーツのありかた スマホDEリレー スマホSOSシステム タウンモビリティ・ステーションふくねこ チベット問題 ニュース ハイパーレスキュー艇・シーレックス バリヤフリー パソコン・インターネット ホームページによる交流 メディアリテラシー ヨット関係 ロープワーク 三好市との交流事業 下知コミュニティセンター防災部会 下知地区防災計画 下知地区防災計画・ブロック会 下知地域内連携協議会 下知町内会連合会 中国四川大地震 二葉町町内会の動き 二葉町総合防災訓練2019年 二葉町自主防災会 五台山・市民農園 井原勝介さん講演会 交通事故防止対策 人繋がりネットワーク 仁淀川町と二葉町との交流 今治市防災士会・連合自治防災部会との交流会 今野清喜さん講演会 仙波敏郎さん講演会 伊野町問題 健康・体の問題 健康問題 入野敏郎さんみかん園 公共交通問題 公共財のありかた 共謀罪反対運動 内閣府地区防災フォーラム2016年仙台 内閣府地区防災計画 前田康博さん講演会 南海地震対策 南海地震特別税 危機意識・リスクマネジメント 原子力政策 原発と核のゴミ処理場アンケート 原発災害 反ファシズム運動 叔母・車椅子来高・2014・10・18 口腔ケア 台風・大雨対策 台風・大雨情報 台風対策 司馬遼太郎氏の帝国主義論 吉本隆明氏・追悼文 名古屋大学室井研二准教授 品川正治さん講演会関係 国政問題 国際問題 土佐電鉄ーごめん・なはり線 地区防災計画学会・高知大会2018年 地方の公共交通 地震保険 坂本龍馬像建立運動 報道関係 夜須町関係 大学問題 大阪北部地震2018 天木直人さん講演会関係 宇田川知人さん出演番組 安田純平さんを高知へ招く会関係 少子化問題 岡村眞先生講演会 岡林信康コンサート 島本茂雄さん・中平崇士さん出演 巨大地震・津波対策用高強度発泡樹脂浮力体 市民参加のありかた 平和・反核・護憲の社会運動 平和問題 平成天皇を称えます 平成28年度下知地区防災計画 広域地域間交流 建築物 感染症対策 憲法問題 戦争を知らない子供たちへの映画会」 戦争法案反対運動 戦争災害 手結福島・南地区自主防災会 排泄ケア(排尿・排便)の重要性 携帯・デジカメ 政治のありかた 政治評論 救命船南風 教育問題 新しいメディアの創出 新型インフルエンザ対策 新堀川市民大学 新堀川生態系保護問題 日誌風の感想 映画「六ヶ所村ラプソディー」 映画・テレビ 昭和南海地震の記録 昭和小学校・防災じゅぎう 昭和小学校防災学習 書籍・雑誌 有機農業の支援 朝鮮半島問題 木質バイオマス地域循環システム 村上肇さんWEBセミナー 村上肇氏BtoBセミナー 東京近辺見聞録2013年 東京近辺見聞録2014年(1) 東京近辺見聞録2015年 東京近郊見聞録2010 東京近郊見聞録2011年 東京近郊見聞録2012年 東北被災地ツアー2015年 東北被災地交流ツアー2005 東日本大震災の被災者の皆様との交流事業 東洋町サポーターズクラブ 橋本大二郎さん出演番組 橋本県政16年の検証 橋本県政16年の総括 歩いて見る高知市 歴史の宝庫新堀川 歴史問題 死生観・終末観 母・毛山病院入院2017 沖縄ー高知の交流 沖縄基地問題 沢山保太郎東洋町長出演 河瀬聡一郎さん講演会 津波避難施設について 浸水対策備品 漫画文化 父・いずみの病院 父・日赤・ICU 環境問題 田辺浩三さん映画会(小夏の映画会) 社会問題一般 社会思想問題 社会運動 神戸市長田区鷹取との交流 神戸市長田区鷹取東地域との交流 福井照 福井照さん出演番組 福祉の問題 空のあんちくしょう 経済・政治・国際 経済問題 耐震偽装問題 脱水症対策 自然エネルギーの活用 自衛隊の救助訓練 芸能・アイドル 芸術・文化 若者支援事業 蓄光塗料 西村吉正・春子服薬・食事情報 西村吉正・死去後の動き 西村吉正1周忌 認知症症候群について 認知症重度化予防実践塾 講演会・研修会 講演会・講習会 超高齢者の事前減災対策 趣味 路上詩人はまじさん 連合赤軍と新自由主義の総括 都市再開発 都市論 錆を防ぐさびのある話 阪神大震災20年慰霊と交流 防災問題 防災対策 防災紙芝居プロジェクト 防衛問題 雪道対策 音楽 高レベル廃棄物問題 高知の根源・由来を考える 高知の観光 高知シティFM 高知シティFM「けんちゃんのどこでもコミュニティ」 高知シティFMけんちゃんのどこでもブログ 高知シティFM最終収録 高知大学防災すけっと隊 高知学研究所 高知市地域コミュニティ推進課 高知市政問題 高知市社会福祉協議会 高知市長との意見交換会・資料2015年 高知減災ネットワーク会議 高知県政ぷらっとこうち問題 高知県政問題 高知県民マニュフェスト大会 高知県物産公社構想 高知県議会立候補者への公開質問状 高知蛍プロジェクト 鵜の目鷹の目 2006年白バイ・スクールバス衝突事件 2010年参議院選挙 2014年東京・横浜出張 2014年衆議院選挙関連 2015年叔母北海道より車椅子の旅・高知 2015年県議選・市議選 2016年熊本地震 2017年衆議院選挙 2018年沖縄県知事選挙