若者支援事業

2012.02.18

まんが甲子園20周年シンポを見学しました。

Mangak29nenhon


Mangak20nenkeikaku

 夜須から戻り、片づけをして、ヨットの道具を干して自転車でRKCホールへ。まんが甲子園20周年記念会場へ。朝から1日行事があったようですが、最後のコーナーのパネルディスカッション「まんがの未来、未来のまんが甲子園」と言うテーマで行なわれていました。

  会場へ着くと既に始まっていました。パネラーの後ろには看板がかけられていました。
「平成23年度文化庁メディア芸術人材育成支援事業 まんが甲子園20周年記念事業 1DAYまんがオープンカレッジIN高知」とありました。
Mkshinpo02_r


 コーディネーターは牧野圭一氏(京都造形大学芸術学部マンガ学科教授)でした。パネラーはなかなか多彩。若井おさむ氏(お笑いタレント)、小室時恵氏(小学館サンデーGX編集長)、フレディレック・トゥルモンド氏(元フランス大使館。ユーロマンガ代表編集長)佐藤万希氏(漫画家。まんが甲子園OG)、MOO念平(漫画家)、くさか里樹氏(漫画家。高知在住)でした。

 印象に残った発言を記載してみます。

 フランス人のフレジック・トォルモンド氏「フランスではまんがは芸術分野です。日本の負けないマンガ大国ですが、4割は日本の漫画です。わたしも「アキラ」や「セイント・聖矢
」を読んで育ちました。何度か投稿しましたが、わたしは入選できませんでした。最近では谷口次郎氏がフランスでは評価が高いですね。フランスは本の文化が根強い。漫画はIT化はされていません。

 佐藤万希氏「まんが甲子園はわたしの実家。高知とは縁もゆかりもありませんでしたが、高3の時にまんが甲子園にきました。翌年も自費できました。漫画家になる決意したのも高知。賞をとりました。マンガデビューしました。とか毎年報告に来ています。今は審査員で来ていますが。わたしにとっては高知は特別です。」

 MOO念平氏「今の子供は漫画を読まない。ゲームばかりしている。それが漫画家として悔しい。なんとか10歳の子供たちに僕の漫画を読ませてうならせていやりたい。子供の時に自分を楽しませてくれたマンガ。今度は僕が今の子供たちを楽しませてやりたい。子供は厳しい。ですので来年はコロコロ・コミックの関係者もまんが甲子園につれてきて欲しい。」

くさか里樹氏「わたしが漫画を描き始めたのは中学2年。入選すると賞金がもらえることを知ったから。それから授業中に描いたり、昔は原稿持込でしたから、修学旅行の自由時間に出版社へ原稿持ち込んだりしました。高知在住の青柳裕介先生の存在は大きかった。プロの全国水準の仕事振りを身近に見れました。

 先生宅へ行くと、まああがりやと言っていただいて、ご馳走になったりいろんな話をしえtくれました。自分も青柳先生のような存在になりたいと思っています、」

若井おさむ氏「ぼくはまんがお宅で、最初はドラエモンや筋肉マン、ガンダムでしたが、中学のときに手塚治虫先生の「アドルフに告ぐ」を読んでとりこになりました。火の鳥やブッタなどその後は手塚作品しか読めなくなりました。28歳の時吉本にはいりました。1000人の同期生がいましたが、今残っているのは僕を含め3人です。

 僕はだれもやらないキャラクターネタをしてきました、これからもしていきます。

小室時恵氏「10年前は電車の中では漫画を読む人が多かった。今はほとんど携帯の画面を見ています。ですので大ヒット作が少なくなりました。でも映像化されることを前提に漫画家を発掘するのが仕事です。なぜかというとアニメになるとビジネスになるからです。

 アニメからゲームになったり、パチンコのなったりするからです。昔は原稿の持ち込みでしたが、いまはデジタル原稿のダウンロードです。そのほうが出版もしやすいですから。漫画は携帯やPCよりもI PADのようなタブレット端末と相性がいいですので。

牧野圭一「高知は不思議なところですよ。横山隆一さんは1コマや4コマ漫画の人でしたが、アニメーションをこしらえた人でした。立体作品や絵画も描いていた。やなせたかしさんは、アンパンマンがブレークしだしたのは70歳前。それまではデザイナーや詩人でした。

 海洋堂ホビー館も打井川の辺鄙な場所にあります。フィギアと言うものづくりを確立した宮脇さんも高知の出身。

 今まではマスコミの取材で言われていましたのは「メディアのなかのまんが」についてどう思われますか?でした。最近は「メディアとしての漫画はどう思われますか?」になりました。つまり漫画を語ることは日本を語ることなんです。

 高知がいいのは20年前に「まんが甲子園」を始めたことです。地元高知にいながら、グローバルな世界を体験できる。高知の子供たちにとってこんな凄い世界はなかなかありません。このまんが甲子園を高知県の人は誇り思ってほしい、」とのことでした。

 会場には歴代の漫画甲子園の優勝作品のパネルが展示されていました。
Rekidaim01_r


Rekidais02_r


Rekidaisakuhin02_r

 またまんがミットや、高知のまんが集団の作品も展示されていました。
Kounar05_r

 せっかくのよい企画であり、イベントですが参加者が少なすぎるのが残念でした。
5do4zihan02_r

 午後4時半の高知市の気温は5度。寒いことも出足が悪かった原因なのかもしれませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.11.13

2011年最後のおびさんマルシェ

  みかん狩りから戻り、ほどなくして2011年最後の「おびさんマルシェ」へ行きました。今日は各地でイベントまっさかりのようです。高知市中心街でも多くの人を見ましたから。

 大橋通でもなんかやっていたようです。看板がでていました。
Oohasigouri01_r

 それで午後4時過ぎにようやくおびさんマルシェ会場へ行きました。
Obisan0003_r


Bisannfd3_r

 青野摩周さんの露店「バッフォーネ」でコーヒーを飲みました。
Aono5_r

 ムカデ人間の映画の宣伝もしていました。
Mukadeningen04_r

 その横で城下秀二さんが奥さんと「みませ干物屋」の露店を出していました。
Shirotake02_r

 2011年最後のおびさんマルシェでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.11.17

立冬後のよさこい踊りとは!

Cn_r
その前に見かけたのはキャンドル・ナイトを商店街でしていました。今回の趣旨はまるで不明ですね。冬至や夏至の時のキャンドル・ナイトは環境問題と絡めたテーマがあるようでしたが、今回はまるで不明。
Yosakoi1_r
 確かに夏の本番に比べますと1チームの編成は極めて小人数。大橋通り商店街などは11人でした。しかし踊りのリーダーの鍋島恵那さんなどは踊りが違いますね。体の切れが違います。さすがに大阪芸術大学舞踏科のご出身だけありますね。恵那さんを取ろうと努力しましたが、動きが激しいのでなかなか撮影できません。ようやく取れましたがアングルが・・・
Una1_r
Una2_r
Una3_r
 その後も学生連や、初出場のグループや名門の京町えびす芝店連や、愛宕町商店街など名門チームが少人数ながら来ていましたね。
Ebisu1_r
 はりまや橋商店街事務局の山本事務局長に聞きますと来年3月にイベントをするそうです。「出会い博覧会」とか言うらしいです。それのプレイベントで繰出したとか。

 それで写真を取りまくりましたので、肝心のはりまや橋商店街での今年最後の高知ファイティング・ドックスの藤城監督壮行会の写真はフィルム切れと電池切れで撮影できませんでした。
Ooyagi2_r


 また何故か中央高校ラグビー部顧問であり、元ラグビー日本代表の大八木淳史さんの姿もお見かけしました。それにしてもなぜここにいたのでしょうか?

 そもそもはりまや橋商店街で高知FDの世話役をされておられる谷ひろこさんから、高知ファイティング・ドックスの藤城監督の送別会をするので来ませんかとお誘いを受けました。踊りが終わった後に壮行会があり、そこでビールとカレーライスをご馳走になりました。

 はりまや橋商店街が開催し、送別会が行われました。この場所でよく優勝記念会や歓迎会を行っており地元独立リーグとしては地域と一体となった活動をしております。

 地元との交流を重視されていた藤城監督。3年間の在籍ありがとうございました。いつまでも高知を忘れないでください。お願いします。とすみません写真なしで申し上げます。

 気さくな藤城さんを高知の野球ファンは忘れないと思います。

関連記事ブログです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.11.20

11月のニートと親子のホットカフェ

毎月20日にNPO法人ハートリンク・コミュニティ(竹内隆志理事長)が開催されている継続事業です。いつもの大橋通りにある喫茶店メンフィスト・フェレスにて開催されました。先月は「第8回番組出演者交流会」と重なっていたため、出席しませんでしたので、2ヶ月ぶりに見学しています。

 今月の講師は高知県精神保健福祉センター所長 山崎正雄さんです。青年たちのメンタルヘルスについて話をしていただきました。多くの事例をパワーポイントで紹介しながら話をしていただきました。
H1_r_4
 「いじめ」の門題も、いじめがあるかないかばかり議論をされているようです。人間関係はうまく造れなくても思春期になれば皆性的に発達し大人になります。思春期は「親」と別れ自立していく段階を言います。
 いろんな問題を個別の家庭事情に収斂するのでは問題の本質がみれない。

 「他人にとって自分は何者なのか?」と悩みます。誰かに依存して社会とうまく関係がつくれない。「甘えられるところ」から別かれることが自立である。お酒に、パソコンに、親に依存してしまう。これもある段階。
 小学生の詩なども例示しながら、説明されました。人間の発達段階での出来事を丹念になぞって説明いただきました。

 さすがに11月も20日となりますと午後5時半には暗くなり、寒いという感じがします。でも参加者は講師の山崎氏の熱いトークに真剣に耳を傾けていました。話はなかなか入り組んでいまして、ふだんあまり考えたことがないテーマでもありました。

 現実に出て行って生き抜くことが、子供が自立していく段階。「反抗期」も受け止めてくれる人がいること。子供が悩んだり、苦しんでいることを理解することが大切。子供との対立を避けていては自立はできません。

 自分が自分でないのに他人の前に出て行くのは苦しいこと。自分が出せないように自分の居場所がないようです。「社会的ひきこもり」は、個人的な問題に収斂できません。社会との交わりがうまくできない青年たちが多くなっているようです。
Y1_r_1
 「ひきこもり」の青年たちはどうして表へ出れないのか?きちんと自分が他人から認めてくれていないのが不安になるのです。表面的なこだわりではないようです。不安感を吐き出せる場所がとても少ない。
 必要以外に周りに合わせようとして、自分を追い込んでしまいます。

 昔は大学へ行って就職すれば良かったし、情報量は少ないものでした。今は情報が溢れていまして、自分で自分をコントロールできるものではありません。心は自分を簡単にコントロールできるものではありませんね。
 それで「摂食障害」にはまります。減量で自分をコントロールできると錯覚します。

 ひきこもりの解消法についてです。親が密着するのではなく、親が親として自分たちの生活の回復が大事。「子供だけ」のために親が生活をすることからの脱出をすべきでしょう。親の自立ーいろんな社会とのつながりを持つことが大事なのです。親が社会的に孤立していては、子供のひきこもりも解消できないからです。

 驚くような事件を起こした子供たちの手記なども紹介され、わかりやすく解説いただきました。あまりに情報量が多く、普段は精神心理学やメンタルヘルスについては考えたことがないので「ついていけない」部分もありました。
 でもとても有意義な講演でありました。本当の「自立」について普段とは角度の変わった観点からの問題提起をしていただきました。

 しかしこういう有意義な会合を主催している竹内隆志さんを、高知県総務部県政情報課が管理運営している「ぷらっとこうちは、書き込み停止措置をし、登録者から一方的に抹消しました。いったい「何の権限で。何の権利で」そんなことができるのでしょうか?
 満足に県民に「説明責任」すら果たしていません。いまやこそこそ秘密会議して県民の税金を浪費しています。 実に腹立たしく許せない行為を高知県庁はしたと思います、‪徹底的に責任を追及すべきでしょう。
 その経緯を正確に把握するようにしましょう

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006.09.24

地域づくりファンド中間報告会

 高知県庁正庁ホールで、「公益信託こうちNPO地域づくりファンド中間活動報告会」が開催されました。18年度活動資金を助成された高知県下の16のNPO法人や市民グループが参加していました。
Npo_r
 NPOハートリンク・コミュニティ(竹内隆志理事長)も参加しました。活動内容は「ニートのためのほっとカフェ」についてのものでした。パワーポイントを活用して竹内理事長が活動内容を報告しました。
Hl1_r
 回を重ねるごとに、参加者ごとの交流が自然に出てこられました。ゲスト・スピーカー講師には、元ニート生活をされていた人もいまして参加者も力づけられたようです。現実に自己PRセミナーや就職セミナーへ参加される若者達も出始めました。

 会場から取り組みを評価いただく意見も出ました。中学・高校時代の部活がハード過ぎて、就学も就職もできない子供達もいるとの報告がありました。教育研修活動されているグループとの連携も提案されました。

 リハビリのため、ハートリンクの後は退席しましたが、有益な会合でした。ただ配布資料も活動団体の住所、連絡先、ホームページなどを表示いただきたいですね。すぐに連携をする必要性があると思いました。単なる「報告会」ではもったいない会合でした。
Hl2_r

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.09.08

ジコピー講座を見学

 9月7日は雇用能力開発機構高知センター主催の「ジコピー講座」(自己PR講座)が開催されました。講師は羽根拓也氏(アクティブプランニング代表・デジタルハリウッド大学教授)でした。

 参加者は56人。専門学校生、大学生、求職中の人など、自己PR力を高めたいという若者達がつめかけていました。羽根氏の演題は「ハッピー(良いPR)&グッピー(悪いPR)です。NPOハートリンク(竹内隆志理事長)も共催なのでメンバーの一員ですので私も見学しました。

 午後6時からの3時間という講義。長くて大変かと思いきやそれは感じません。導入部分で「自己PRは、知識ではなく、技術トレーニングである。」ことを説明しました。参加者を4人1組に分け、グループでお互いの発言や態度をチェックすることから始まりました。

 まずお互いが自己紹介(氏名、今やっていること)を1分間でしました。終了すると羽根氏は「日本では学校時代に自己PRの方法を習っていません。アメリカは学校時代からしています。誰でもトレーニングすれば上手になります。」と講座の意義目的を説明。

「面接で自分の長所は?と聞かれたら、相手側が欲しいと思われることを話をしないといけない。」ことを提示しました。早速グループにて自分の良い点、悪い点を言いあうようにしました。観察しているとすらすら言っている人もあれば、なかなか言葉に出ない人もいるようでした。
Hane23_r
 適度に参加者に緊張感を与えながら、説明していきます。4人の組で、自分以外の3人の仲でPRの良かった人を指差して選ばせます。羽根氏は「何故自分が選ばれたの?」と高評価に人に質問。「しっかり話していた。」との答え。選んだ人に聞きますと「笑顔が良かったから」との評価。

 ここで羽根氏は自己PRは「自分の言いたいことを言うのではなく、相手が聞きたいことを話すこと」であることをもう一度言われます。参加者は一度「体験」しているのでよく理解したようでした。

 何が相手は良いと考えているのか、ふだんはなかなか気付かないものです。4人1組でお互いを評価させるワークショックによって「相手の視点が自己PR上達の鍵」ということを実感すると思いました。

「あなたはどんな時にやり甲斐を感じますか?」「どんな職場が良いと思いますか?」というとっさの相手の質問にとっさに答えることもとても大事であるようです。
 それには手法があり、雛形があることを説明されました。

 「やりがいがあることを一言で言いますと」を最初に短く話し、
「具体的にはこういう体験をしたので、そう思いました。」と具体例を交えて話します。
「そういうわけでやりがいがあることをまとめますと」と話の最後にまとめます。

 そして見て目の印象もとても大事であること。それは体の中心線がずれたり、揺れてはいけないことです。軸はしっかりして、笑顔や、手を動かしながら話すことです。

 伝えることはトレーニングであります。練習すれば上手になります。
「教えることは学ぶこと」ということも言われました。参加者の理解度のよって講義の内容も変更するようです。

 目からうろこの講義であり、参考になりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.07.21

自分が変われば世界が変わる

 NPO法人ハート・リンク・コミュニティ(竹内隆志理事長)では毎月20日を「ニートのためのコミュニケーションDay」と位置づけ「ニートと親子のためのほっとカフェ」を継続的に開催しています。

 7月20日も会場の大橋通りの喫茶店「メンフィスト・フェレス」の2階にて開催されました。今回の講師は西風の会代表の堀俊明さんです。ご経歴につきましては、ご本人の記述がございますので、ブログを参考にしてください。

瀬戸キリスト教会牧師 堀俊明, 西風の会代表 (躁鬱病とアルコール依存症で精神障害2級)

1時間を超える掘俊明さんの講演は印象深いものがありました。
 学生時代は常に学校の成績はトップクラス。進学校で周りの皆が、テストの結果に一喜一憂しているときも、授業でノートもとらず、さぼりがちであったとか。

 今にして思えば若いときから躁鬱病を発病していたので、躁状態のときは、普通3年で覚えることを3ヶ月で覚える集中力がありましたと言われました。
Hot1_r

 京都大学農学部へ入学しましたが、当時は全共闘運動の時代であり、授業はなく閉鎖されたり、レポート提出で卒業できる状態でしたとか。学校が混乱していた時期でしたので卒業も出来ました。
 またその「集中力」で上級公務委員試験に合格していましたので、大学側も配慮し卒業させてくれたとも。

 成績や学歴では成果を上げながら、「自分が周りと壁をつくり、生きることに積極的ではなかった。今で言う登校拒否状態だったのでしょう。」と掘さんは言われました。

 卒業後は福井県の水産試験場の研究所に配属され、原子力発電の環境アセスメントを担当されました。そこで、研究者としての良心、公務員としての良心と、現実の仕事とのジレンマがあり眠れない状態になり、躁鬱病「気分障害」を発病遂にはお酒で紛らわすようになりアルコール依存症にもなりました。

 精神病院にも入院され治療も受けましたが、改善されず職場も退職されました。準公務災害扱いで、退職金も割り増し給付されたそうです。

 1983年に断酒を決意し、高知へ来られ、下司病院に入院されました。入院しても飲酒を続けたりしていました。下司先生の治療が良く、パキシルの投与で劇的に症状が改善されたそうです。

 そのときに初めて「生きたい」と心底思ったようです。そう思ったから信仰心が出来、牧師になろうと決意されました。東京神学大学へ行くことを決意し、テストケースとして精神病者の入学が認められたそうです。しかし当時大学側から紹介された病院とは相性が合わず倒れました。
 夏休みに下司病院に入院し回復されました。そして2年間で卒業されました。
Hori1_r

 高知で高知教会の伝道師として活動するも「何をするのかわからないものに牧師として招聘できぬ」と反対されたようです。青年会には精神障害者が集まるようになりました。徐々に理解者は増えていかれました。

 そして奥さんと結婚され、現在は高知市瀬戸でキリスト教会を設立され、奥様と2人で牧師として活動をされています。

 堀さんは「私はいろんな人のお陰で30年ぶりに社会復帰しました。20歳のときから58歳の間が空白。怪我をして体の機能回復にはリハビリが必要なように、今それをしています。脳のリハビリです。
 今ようやく健康な人が、起床してどう感じるか。食事の時はどう感じるのかが少しづつわかってきました。最近人並みのことが出来るようになったことがとても嬉しく思います。

 生きる。ということに衝動を感じました。それは信仰を持っていたから感じたのではなく。生きたいという衝動を感じたから信仰心を持ったのです。

 自分が一生懸命生きようとしたら必ず助ける人が出てきます。わたしも下司さんに助けられました。

 世の中が変わったのではなく、自分が変わったのです。生きようというエネルギーが自分から出れば必ず相手が感じます。

 掘俊明さんのお話しはご自身の体験から、言葉を搾り出すような語り口でした。どんな境遇におかれても「一生懸命に生きよう」と強く思えば回りに伝わり、助けてくれる人が必ず現れます。」
 「自分が変われば世界が変わります」と言う話しに、来場された若者達は真剣に傾聴されていました。

 重たい掘さんの体験談ゆえに、すぐに反応はありませんでしたが、いつまでも心に残る話でありました。

 話は盛り上がり、最終バスの時刻も過ぎましたので自宅まで送りました。奥様とノエル「雌犬)が出迎えていただきました。瀬戸教会は住宅街の中に溶け込まれていました。


| | コメント (1) | トラックバック (2)

2006.06.21

心に響くメッセージ

 毎月20日に法人ハート・リンク・コミュニティ竹内隆志理事長)の「ニートと親子のためのホットカフェ」に2回目ですが参加させていただきました。会場は大橋通りのメンフィスト・フェレスです。
 今回の講師は高知県特別職知事秘書の
今城逸雄さんです。

 今城さんは、「前向きに考え、ある意味考えもなく流れに任せてきたことが人生を切り開いてきた」ことを言われていました。「実家が建設業の左官業でしたので、大学進学を考えなかったのではなく、丁度その時に仕事がうまく行ってなくて、両親に経済的負担をかけられないなと思ってあきらめて就職コースに行きました。」とのこと。
。それで、高校時代は就職コースを選択、結果公務員試験に合格し、警視庁に採用されたようです。夜間大学へ通学し、またアメリカへホームスティされたり、その都度決断し、人生を切り開かれてこられました。


 今城逸雄さんのお話しは大変参考になりました。
 ます「元気に挨拶すること。」と言われました。それにより自分を他人の知っていただくことができます。そしてお話相手を「誠意を持って相手の姿が見えなくなるまでお見送りをすることです。」
Imazixyou
 「話を聞いて、聞き上手になること」ですね。そして「相手を誉めることです」と。
 日本人は誉めることが下手ですね。人間は苦情を言われるよりも誉められたい動物なのですね。
 直接相手の目を見て話すこと。連絡事項もメールやFAXだけでなく、直接相手に手渡すこと。このちょっとしたことが「コミュニケーション能力」を高めることにもなるとも言われていました。
 
 そして「相手のやる気を引き出すことです」と言われました。「相手を見送る配慮もとても大切です。」さすがに学生や若者相手の事業をいくつか推進され実績を上げられている人の言葉ですね。

 講演後、会場は大いに盛り上がり、個別相談も活発に行われました。
この「ニーと親子のためのホッとカフェ」。次回は7月20日です。
 つくづくニートの問題は個別の問題ではなく、社会問題であると思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.04.20

若者支援セミナー開催中

 NPO法人ハート・リンクコミニュニティ(竹内隆志理事長)主催の若者支援セミナーが、高知市の大橋通り商店街にある喫茶店メンフィスト・フェレスで開催されました。
 参加対象者である若者達と父兄、高知市役所商工課の人達や、土佐高校放送部員なども参加していました。

 わたしはハートリンクのメンバーですが、初参加です。講演は管理栄養士で、自然環境にやさしい取り組みをされている野本えりかさんです。
 野本さんは土佐高校ー徳島大学医学部卒という高学歴が邪魔になり、なかなか社会になじめない生活が長く続いていました。

 妻として、嫁として、娘として失格の生活が長く続いていました。仕事も家庭生活も満足に出来なかったそうです。
 2003年から1年間オーストラリアへワーキングホリディに行かれたそうです。日本での属性が消されて自分を相対化した自分と向き合ったそうです。

 帰国後ご主人の薦めもあり、食生活改善セミナーに参加し、食生活を改善しました。社会に適応できない時期は、体脂肪が50%もあり、コンビニ弁当、冷凍食品大好きで、体重も15キロ以上過体重状態だったそうです。

 今は何事にも積極的に生活するようになりました。「管理栄養士」の資格は有名無実でしたが、実生活の変化ともに前向きな人生の実践をしているようです。

 恵まれた環境と高い学歴が自分を苦しめていた時代が10年以上続きましたが、今日の彼女の講演は清々しいものでした。

Nmot_r

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

07高知県知事選挙 2008年衆議院選挙関連 2009年衆議院選挙関係 2012年衆議院選挙関係 2012年車椅子で行く高知の観光施設 2013年参議院選挙関係 2014年東京都知事選挙 2015年雨漏り修繕工事 2015雨漏り・外壁補修工事 2016年参議院選挙 2016年首都圏遠征 2019年高知県議会議員選挙 2019高知市議会議員選挙 blogによる自由民権運動 blogの伝道師・blogの鬼 bousai_ Eコマース・スキルアップ講座 koutikengikaigin NPO法人高知減災ネットワーク会議 お花見遊覧船 けんちゃんの今すぐ実行まちづくり けんちゃん1人weblog はりまや橋サロン まちづくり まちづくり条例見守り委員会 アニメ・コミック イラク派兵問題 ウェブログ・ココログ関連 エアーボート 救命艇 ゴーヤ栽培日誌 サッカー スポーツ スポーツのありかた スマホDEリレー スマホSOSシステム タウンモビリティ・ステーションふくねこ チベット問題 ニュース ハイパーレスキュー艇・シーレックス バリヤフリー パソコン・インターネット ホームページによる交流 メディアリテラシー ヨット関係 ロープワーク 三好市との交流事業 下知コミュニティセンター防災部会 下知地区防災計画 下知地区防災計画・ブロック会 下知地域内連携協議会 下知町内会連合会 中国四川大地震 二葉町町内会の動き 二葉町自主防災会 五台山・市民農園 井原勝介さん講演会 交通事故防止対策 人繋がりネットワーク 仁淀川町と二葉町との交流 今治市防災士会・連合自治防災部会との交流会 今野清喜さん講演会 仙波敏郎さん講演会 伊野町問題 健康・体の問題 健康問題 入野敏郎さんみかん園 公共交通問題 公共財のありかた 共謀罪反対運動 内閣府地区防災フォーラム2016年仙台 内閣府地区防災計画 前田康博さん講演会 南海地震対策 南海地震特別税 危機意識・リスクマネジメント 原子力政策 原発と核のゴミ処理場アンケート 原発災害 反ファシズム運動 叔母・車椅子来高・2014・10・18 口腔ケア 台風・大雨対策 台風・大雨情報 台風対策 司馬遼太郎氏の帝国主義論 吉本隆明氏・追悼文 名古屋大学室井研二准教授 品川正治さん講演会関係 国政問題 国際問題 土佐電鉄ーごめん・なはり線 地区防災計画学会・高知大会2018年 地方の公共交通 地震保険 坂本龍馬像建立運動 報道関係 夜須町関係 大学問題 大阪北部地震2018 天木直人さん講演会関係 宇田川知人さん出演番組 安田純平さんを高知へ招く会関係 少子化問題 岡村眞先生講演会 岡林信康コンサート 島本茂雄さん・中平崇士さん出演 巨大地震・津波対策用高強度発泡樹脂浮力体 市民参加のありかた 平和・反核・護憲の社会運動 平和問題 平成28年度下知地区防災計画 広域地域間交流 建築物 感染症対策 憲法問題 戦争を知らない子供たちへの映画会」 戦争法案反対運動 戦争災害 手結福島・南地区自主防災会 排泄ケア(排尿・排便)の重要性 携帯・デジカメ 政治のありかた 政治評論 教育問題 新しいメディアの創出 新型インフルエンザ対策 新堀川市民大学 新堀川生態系保護問題 日誌風の感想 映画「六ヶ所村ラプソディー」 映画・テレビ 昭和南海地震の記録 昭和小学校・防災じゅぎう 昭和小学校防災学習 書籍・雑誌 有機農業の支援 朝鮮半島問題 木質バイオマス地域循環システム 村上肇さんWEBセミナー 村上肇氏BtoBセミナー 東京近辺見聞録2013年 東京近辺見聞録2014年(1) 東京近辺見聞録2015年 東京近郊見聞録2010 東京近郊見聞録2011年 東京近郊見聞録2012年 東北被災地ツアー2015年 東北被災地交流ツアー2005 東日本大震災の被災者の皆様との交流事業 東洋町サポーターズクラブ 橋本大二郎さん出演番組 橋本県政16年の検証 橋本県政16年の総括 歩いて見る高知市 歴史の宝庫新堀川 歴史問題 死生観・終末観 母・毛山病院入院2017 沖縄ー高知の交流 沖縄基地問題 沢山保太郎東洋町長出演 河瀬聡一郎さん講演会 津波避難施設について 浸水対策備品 漫画文化 父・いずみの病院 父・日赤・ICU 環境問題 田辺浩三さん映画会(小夏の映画会) 社会問題一般 社会思想問題 社会運動 神戸市長田区鷹取との交流 神戸市長田区鷹取東地域との交流 福井照 福井照さん出演番組 福祉の問題 空のあんちくしょう 経済・政治・国際 経済問題 耐震偽装問題 脱水症対策 自然エネルギーの活用 自衛隊の救助訓練 芸能・アイドル 芸術・文化 若者支援事業 蓄光塗料 西村吉正・春子服薬・食事情報 西村吉正・死去後の動き 認知症症候群について 認知症重度化予防実践塾 講演会・研修会 講演会・講習会 超高齢者の事前減災対策 趣味 路上詩人はまじさん 連合赤軍と新自由主義の総括 都市再開発 都市論 錆を防ぐさびのある話 阪神大震災20年慰霊と交流 防災問題 防災対策 防衛問題 雪道対策 音楽 高レベル廃棄物問題 高知の根源・由来を考える 高知の観光 高知シティFM 高知シティFM「けんちゃんのどこでもコミュニティ」 高知シティFMけんちゃんのどこでもブログ 高知シティFM最終収録 高知大学防災すけっと隊 高知学研究所 高知市地域コミュニティ推進課 高知市政問題 高知市社会福祉協議会 高知市長との意見交換会・資料2015年 高知減災ネットワーク会議 高知県政ぷらっとこうち問題 高知県政問題 高知県民マニュフェスト大会 高知県物産公社構想 高知県議会立候補者への公開質問状 高知蛍プロジェクト 鵜の目鷹の目 2006年白バイ・スクールバス衝突事件 2010年参議院選挙 2014年東京・横浜出張 2014年衆議院選挙関連 2015年叔母北海道より車椅子の旅・高知 2015年県議選・市議選 2016年熊本地震 2017年衆議院選挙 2018年沖縄県知事選挙