都市論

2017.03.22

「快適都市」はコンパクト・シティそのもの


Kaiteki01

 2017年3月11日(土曜日)の「コミュニティ計画推進市民会議」に初めて出席しておりました。その席上に懐かしい人達に再開し、昔話をしました。

 FBでも交流のある漁師明さんと、元高知短期大学教授の福田善乙さん、市役所の山地さんでした。わたしが27年前の高知青年会議所時代にこしらえた「快適都市」という概念と、小冊子(1990年から92年にかけて都市再開発セミナーを展開、3冊冊子を発刊しました)

 当時は記録媒体がWEBが今の時代のように普遍化していませんでした。紙媒体の小冊子にこだわり作成したものでした。

 現在高知市の「まちづくり」は、知るうるだけで4つのまちづくり計画が、ばらばらに相互連携されず、生真面目に真摯に行われています。

1)地域コミュニティ推進課の
「コミュ二ィティ計画」があります。

2)福祉の関係のまちづくり(福祉関係部署と社会福祉協議会。

「私たちが市と一体的に立てた地域福祉活動推進計画の中でうたっている「誰もが安心して暮らせる支えあいのあるまちづくり」


3)コンパクト・シティ計画(都市計画課)

 都市機能の「立地適正化計画」がある。

4)下知地区防災計画(事前復興まちづくり計画)地域防災推進課と下知地域住民との協働。

 それぞれが秀作の活動をしていますが、ばらばらです。一緒にやれないものでしょうか。

 そんなとき「快適都市」をこしらえた時代を思いだし、3人で昔話をしていました。

「27年も経過しているが、「快適都市」で言われていたことは古びてはいない。今こそやるべきであはないか。」

「高知青年会議所に当時期待していたが、その後は継承される動きはなかったのが残念ですね。」とか言われました。

 当時はバブリーな時代でしたが、アメリカの都市再開発の概念を学んでいました。徹底した市民参加と情報公開の原則。それだけは今でも覚えています。
Pier17ny1988_2


 (NYのサウスストリート・シーポート・1988年)

Borutimoa

(ボルティモア・イナハーバー1988年)
 どんな地域計画づくりの場合も「計画策定段階からの市民の参加」は保証され、」市民自治や市民の自主管理まで到達しないと本物ではないと思うからです。

 住民の合意形成を無視した行政側のごり押しによる復興事業などは、まちとコミュニティの破壊活動以外なにものでもありませんから。

Siminsanka5ehashigodan_thumb_3_thum


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.02.09

活力低下著しい高知市中心街


 先日高知市の中心市街地であるはりまや橋付近。堀詰付近、中の橋付近、高知城前付近を車の視点ではなく、歩行者の視点で見て驚きました。
_r

1)かつて満杯状態、「高知のウォール街」とも揶揄されていた大衆金融業者がひしめいていた雑居ビルがガラガラ状態になっています。
_r_2


_r_3


_r_4

2)電車通り(国道32号線沿い)の交通の便が良く、中心繁華街にも高知駅にも近い利便性があるにもかかわらず、建っているビルに入居している企業が少なくなっています。

3)少し建築年数が経過したビルは、1件も借り手がいない。それが複数存在しています。
_r_5


_r_6

4)生命保険や損保保険の支社のビルも空室が目立ちます。


5)最近行ったことはありませんが、追手筋や柳町などの飲食店街の雑居ビルも空室が目立っています。

6)東京新宿などは、古いビルでも空き室が見当たりません。

 高知市のような地方都市は疲弊しています。毎年5000人から7000人が減少している高知県。高知市中心市街地の疲弊ぶりを改めて見て、ショックを受けました。

 地方都市の意気込みをどこかで示していただきたい。しかし聞こえてくるのは「露店での酒飲み大会」や、「幕末・維新の相も変らぬイベント」しか聞こえません。ますますこんなことでは高知県は衰退の一途であると身に沁みました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.11.12

東京と地方都市の大きな違い

_r_7


_r_8

 2016年の10月28日から30日まで、東京へ出張していました。商談や研修会や、
同窓会や面会など結構多忙でした。田舎に引きこもっている人間が久しぶりに大都市へ行
きますと気が付くことがありますね。

 いろいろとありますが、「東京は貸しビルに殆ど空き部屋がない。」「その証拠に行燈
式看板は殆ど埋まっている。」[地方都市は中心部でも空きビルだらけ」「行燈式看板に
も白紙が多い」と言う事です。活力の違いです。

 景気は地方ではとても悪いですね。東京一極集中は経済効率はいいですが、地震災害に
は極めて脆い社会となります。それを眺めていて感じました。
_r_9


_r_10


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.10.02

第6回高知市下知地区防災計画検討会

 第6回高知市下知地区防災計画検討会は、2016年9月27日(火曜日)午後6時半から下知コミュニティ・センターで開催されました。今回の検討会には、昭和小の教員が5人参加、津波避難ビルの所有者や管理人、地域内の企業、事業者なども参加、高知市地域コミュニティ推進課から3人、県議の加藤漠氏も見学に来られました。
_r

 初参加の人も多く、60人の参加がありました。坂本茂雄下知地区減災連絡会事務局長から西沢雅道さん(内閣府大臣官房付・福岡大学法学部准教授)の紹介がありました。内閣府時代に平成23年に策定された地区防災計画の「生みの親」の方です。
_r_2

 初参加の人も10数人おられるので、昨年よりのアドバーサーである鍵屋一さん(跡見学園女子大学教授)から、昨年度の経過と振り返り、下知地区がとりくんでいる「事前復興計画」の意義についてわかりやすく解説いただきました。
_r_3

「大災害の直後に、地域の再建、再興について落ち着いて話し合いが出来るのかと言えば難しい。災害が来る前から地域の事を立場の異なる人が集まり、意見交換し、あるべき姿をまとめることはとても大事なことです。」

 鍵屋一さんから東日本大震災の地震の揺れの記録も見せていただきました。震度5強から6弱の揺れだそうですが、軟弱地盤の沿岸部の揺れは強烈。南海トラフ地震は、6強か7と言う揺れはそれ以上であると言う説明がなされました。

「これからの防災は、損失を減らす防災(応急対策)から、「魅力増進型」の防災へ。(事前復興により)日常から人や地域の魅力づくりを進めながら、災害時にも安全安心な取り組みができます、」

「事前復興計画のコンセプト。いのちが助かるだけでは十分ではない。生き続けたくなるまちづくり重要。南海トラフ後のまちづくりを見据えた事前復興計画でなければならない。昨年平成27年の検討委員会で得られたコンセプトは、「こどもたちが伸び伸びと遊べるどこか懐かしいまち、下知(仮置き)であります。」

 ひととうりの説明とふりかえりのあと、各テーブル(6グループ)に着いた参加者(今回は近隣の町同士の組み合わせ)で、「子供たち」「高齢者・障害者」「産業の振興’生活再建)のテーマで、意見交換が行われました。
 _r_4

 そして1人だけ残して、すべて他のグループに移動、そこでの意見交換をおこなう。また元のグループへ戻って意見交換をします。「ワードカフェ」という独特のやりかたです。
P1010314_r


P1010313_r


P1010316_r

 最後に他のグループの意見で賛同の考え方にシールを貼る作業をおこないました。「民意を集める」やりかたとしたら優れものです。各グループも活性化して盛り上がりました。初参加の人達も違和感はなく溶け込んで議論に参加されていました。
Wstensuu1_r


Wstensuu2_r

 今後の日程は10月7日に下知減災連絡会の役員会を行い、次回の検討会(来年1月)までに、各町内で意見交換会を開催していくことです。なかなか大変な作業ですが、いいトレーニングになると思います。
_r_5

 参加者各位もっと議論をしたい盛り上がりでしたが、午後9時前に意見交換会は終了しました。これからが正念場であると思います。内容のまとめは後日頭の整理ができれば行います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.06.16

JICAの皆様の研修に関する事前打ち合わせ


P1010055_r

 2016年6月15日は、下知コミュニティ・センターにてJICA(開発途上国に資金や技術を支援する政府の途上国援助(ODA)を担う独立行政法人。国内17カ所、海外約100カ所の拠点を持ち、150以上の国と地域で事業を展開する。青年海外協力隊の活動でも知られる。)の留学生の人達の研修が、9月22日に下知地区で行われます。
P1010056_r

 その事前打ち合わせを高知大学大槻准教授と、下知地区減災連絡会有志(坂本・大崎・西村)と、高知市地域防災推進課山中係長といたしました。

 昨年は4時間程度の滞在でしたが、今年は「コミュニティ防災」と言うテーマで、」8時間近く下知地域に滞在する予定です。地区住民との意見交換やまち歩き、をすることになっています。

 下知地区防災計画=事前復興計画は「コミュニティ防災」そのものなので、いろんな国から来られるJICA留学生の皆さんとの交流は楽しみです。

 2015年の交流の様子や報告書の画像です。
J2_r


Nisimurajica


Jica8131_new_r


Jica8132_new_r


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.06.07

日本記者クラブの皆様からのコメント

2016年5月9日に、日本記者クラブの8人の記者や編集部局の皆様が、下知コミュニティ・センターを訪問され、意見交換をしました。
Kisyakurabu_r


Kondankai_1_r


Kondann_r

 坂本茂雄さんが窓口になり連絡を取り合っていました。翌日名刺交換をした6人にお礼のメールを送信しました。3人の方から返信をいただきました。

 また新潟日報に高知を取材した記事の特集が掲載されております。高知の状況がきちんと書かれています。返信コメントもきちんとした文章を書かれていまして感心しました。

日本記者クラブの人達からのコメント

西村健一様

メール、ありがとうございます。
そして9日は夕方にもかかわらず、長時間、興味深い話を聞かせていただき、ありがとうございました。
私は2012年12月から2年余、福島県で勤務しました。震災後、というより原発事故後の苦労を見て、記事にしてきました。
おかげで、マスコミにありがちな東京中心の視点とは違う記事を書いています。
今回、意見交換をさせていただき、下知地区は大都市と共通の課題がある場所だと思いました。東京なら下町でしょうか。災害には弱い地域だが、人と人の関係はゼロではない。ハードでの防災には限界があるが、人間力は期待できる。そんな風に思いました。
避難ビルについて質問をしたのもそのせいです。
東京では帰宅困難者を収容するビルが不足しています。オフィスビルで大量の昼間人口は収容できるのにです。

ところで、メールやブログなどを読ませていただいて感じたことがあります。
それは、震災後は人は都会に集まります。田舎ほど復旧が遅いからです。下知地区は、地盤沈下の回復次第でしょうが、中心部に近いので、住宅地としての復旧は早いほうになると考えます。地権者が再建できるかどうかは分かりませんが。

もう一つは、震災後、住んでいた人がみんな帰ってくるということにこだわる必要はないのです。震災をきっかけに新しい人生を歩み出す人が出ます。地区から去る人もいれば、新しく入ってくる人もいます。新しく来る人が多ければ、地区は前よりも発展します。
福島県で見ていると、ボランティアなどで福島に来た人が住み着いたり、若いときにふるさとを離れた人が家族で戻ってきたりしているのを見聞きします。
おもしろいのは、震災前から、行政が住民の声を聞くことに力を入れていた飯舘村とか、若い村長が率いる川内村は、情報の発信力が大きいのです。
高知市の場合はどうかは分かりませんが、住民の間で議論する習慣があるのは、震災後を考えると大事なことだと思います。

事情が違うので、参考にはならないかもしれませんが、私が福島に関して書いた記事の多くは東京新聞のホームページ(アドレスは下に記してあります)で読めます。2015年3月までが私の記事で、その後は後任の記者のものです。どちらも同じような内容ですが。

http://www.tokyo-np.co.jp/article/feature/tohokujisin/fukushima_report/

近いうちに、高知をテーマにした記事を書くつもりです。
そのとき、質問のメールを送るかもしれません。
これから、よろしくお願いします。

○○新聞 ○○

 西村さま

 先日は、ありがとうございました。こちらから先にお礼を申し上げるべきです
のに、ご丁寧なメールに恐縮しております。
 また、大変失礼な質問をして誠に申し訳ございません。

 日本記者クラブでの神戸・長田地区の取材に参加したほか、東北の被災地にも
足を運んでいろいろお話を伺っているところです。
 今回、高知県を訪れて感じたのは、「共生」ということでした。「病との共
生」という言い方があります。病を完全に治すことはできないが、病を抱えながら、どう生活のQOLを高めていくかという趣旨です。巨大災害という大きな問題を抱えなが
ら、日ごろの暮らしや将来の地域の問題をどうしていくのかという難題にそれぞれの方が、
賢明に取り組んでいらっしゃる姿を間近に目にすることができたのは、大きな収穫で
した。ご教授いただいた資料にも目を通して、今回の取材を私のコラムに書いてみたい
と考えています。
 また、新聞記者としての経験もありますので、今後とも何かお役に立てることがご
ざいましたら、お声掛けください。

 本当にありがとうございました。皆様にもよろしくお伝えください。

 ○○拝

「取り組みを通して街を知り、絆を深めていくことで、オンリーワンのまちづくりができるのだと思います。これからも下知地区の取り組みに注目していきたいと思います。

取り組みは、防災だけでなく、福祉にも、教育にも、都市計画にも繋がる「幸せ計画」なんだと実感します。南海トラフ巨大地震が起きてほしくはありません。けれど、その想定がこんな素晴らしいコミュニティーづくりに繋がっていると思うと、想像する、想定する、備えるということが本当に大切なんだと思いました。」

 ●●新聞 ●●
Niigata_nixtupou_new_r


Niigata_nixtupou_new_new_r


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.05.21

藁工ミュージアムでの講演会へ行きました。


 
 先週金曜日(5月13日)も藁工ミュージアムの講演会へ行きました.伊地知裕子さんの「コミュニティ・アート」の話は地域でのまちづくりに大変参考になりました

 2016年5月18日の講演会は「ART=アート」と「GENSAI=減災」です。講師は大槻知史さん(高知大学地域協働学部准教授)です。Federica Ionta(フェデリカ・イオンタ)さん(イタリア・サッサリ大学 建築デザイン・計画学科 3年生)です。ファシリテーターは藤岡武洋さん(シアターTACOGURA代表、NPO蛸蔵理事)です。
_r

 先週のコミュニティ・アートは大変興味がありました。またそれとは別に「下知の防災・減災意識を高めるために藁工ミュージアムに集うアートな人たちと連携できないものかと、意見交換も先週行いました。そういう「前置き」があって今日の講演会と意見交換会に参加しました。20人ぐらい集まっていました。

 最初に大槻知史さんの講演がありました。
_r_2

「まず参加された皆さんに床に座っていただきました。まさにこれが災害が起きた時の避難所と同じですね。防災畳(プラすチックとウレタンを貼り合わせた人工畳)と段ボールの上に座って話を聞いてください。」という「つかみ」から大槻先生の話は始まりました。以下大槻知史さんのお話の断片を記述します。

「災害は社会の抜き打ちテストです。」

「災害は社会のひずみをあからさまにします。」

「可視化されないことが可視化されました。神戸でも東北でも、熊本でも。」

「避難所から追われた障害者の人達が多くおられました。」

 発達障害などの精神障害の人達は、避難所生活になじめず、余震が続く中で被害のあった自宅へ戻るしかなかった。ということです。
_r_3

「野外で暮らした施設の入所者。建物が倒壊の危険があり、野外生活を強いられました。」
_r_4

「猫が避難所へ入れないため車中泊の人も多い。車を持っていない1人暮らしの高齢者の人達は、結局自宅へ戻られました。」

「避難所でおむすびが配られました。イスラム教徒の人達がいましたが、おむすびの具について聞くことができなかったそうです。(イスラム教では調味料でも豚を使用してはいけないと言う戒律がありますから。)

 大槻さんは熊本地震も支援に行かれたそうです。

「最初は混乱していた避難所も地震後2週間ぐらいしますと避難所運営の体制が出来ていました。強い人は避難所を出て行きますが、弱い人が避難所に残されますね。」

「排除・隔離・無視・我慢の強制をついついやってしまいがち。」

「大切なことは想像力を働かせること。人々それぞれの多様性を認め合うことです。」
_r_5


_r_6

「高知県民が100人としますと。うち25人は65歳以上の高齢者です。9人は1人暮らしです。うち5人は介護を受けています。53人は女性です。12人は14歳以下の子供です。

 6人は障害者手帳を持っています。3人は食物アレルギーを持っています。」

 皆それぞれに立場があり、境遇もちかいます。
_r_7

「多様性であることを理解することはとても大事なことです。」

 続いてフェデリカ・イオンタさんの講演になりました。こちらも言葉の断片を拾い集めで来ました。
_r_8

「外国人の私からしますと津波避難ビルの位置が皆目わかりません。わかる標識もなにもありません。

「高齢者は手助けが必要です。外国人は「言葉の壁」があり、うまくコミュニケーションがとれません。」
_r_9

「1.芸術は私の気持ちを落ち着かせてくれます。

 2.言葉がいりません。

 3。芸術は人の手と心が繋がります。」

「劇場でのパフォーマンスは一時的な者。

 道路のグラフィックは永久的なものとなります。」


「ブラジルの都市部のスラム街。住民に地域を誇るために、多数の住民も参加し家屋をペイントしました。
_r_10

 フェデリカ・イオンタさんはまだ若いのに堂々とした説明でした。フェデリカ・イオンタさんがお話されることを。大槻知史さんが通訳をしていただきました。
_r_11

 話を聞いていて、先週聴講した「コミュニティ・アートの概念」に抵触するところがありますね。
_r_12

 参加者から意見が出されました。

「どこへ逃げたらいいかと万人が理解できる仕掛けは必要です。例えば皆が歌を歌う。声がする方に逃げればよい。という判断が出来ればいいですね。」

「私は明るい絵を描きたいです。明るい絵で人々に希望を与えたい。」

 私の方からはこう申し上げました。

「今下知地域では下知地区減災連絡会が地区防災計画を検討しています。下知地区では「事前復興計画になりました。そして「下知が幸せになる物語をこしらえる」ことが目標です。

 地域防災活動をし、避難訓練や講演会を開催しましても参加するのは年配者が中心です。若い現役世代の人達は参加しない。うまく情報が伝達されていません。

 そのあたりアートの力で、異なる世代間のコミュニケーションが出来たらいいなと思っています。」と言いました。

 防災講演と意見交換会でしたが、アートの場所で開催しますと、雰囲気も異なっている者であると感心しました。是非ともアートの人達も7月から始まる下知地区防災計画=事前復興計画のワークショップなどへ参加していただきたいと切に思います。

 今回の企画を実現いただきました藁工ミュージアムと蛸蔵の皆様に感謝です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.02.01

空洞化が進展する高知市市街地

_r_2

 年末年始を夜の街並みを照らした高知市中央公園のイルミネーションが撤去されていました。
_r_3

平日の午後は自称「高知市中心商店街」の通行人はまばら。空き店舗も目立ちますね。リブロードの跡はホテルが建設中。
_r_4

 愛宕商店街はシャッター通りから家屋の解体が進行し更地が増えています。土地は売れないので多くはコインパーキングになり、場所の良い場所はコンビニになるようですね。
_r_5

 高知駅前のプラスチックの3志士像。閑散としています。見苦しいので早く撤去していただきたいものです。
Ekimae_r


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.12.16

本を読まない高知県人に巨大な図書館は無用の長物


Pc080045_r

先日地元新聞で話題になっていた、帯屋町アーケードから現在は県立追手前高校の時計台が見えていますが、建築中の県と市の合築図書館オーテピアが建つと見えなくなるのが惜しいとの記事が出ていました。
Pc080048_r

 しかし私の大嫌いなスターバックスなどのジャンク・フード店が出店しているので都市景観がどうののレベルで議論しても始まらないでしょう。

 合築図書館とやらは、130年の歴史のある追手前小学校を廃校にして、県立図書館と市民図書館をその跡地に建築し、こども科学館まで併設する複合施設だそうです。
Pc080049_r

 だいたい書籍を読まない高知県人に、大きな図書館などが必要なのか?酒ばかり飲むこと飲めることばかり自慢している人(本を読まないことを恥じないで)が多い高知県には、このような大きな図書館は無用の長物であると私は思いますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.12.09

2015年最後の老師の整体


Pc080050_r

 12月8日には老師の今年最後の整体に行きました。愛宕商店街は古い店舗が取り壊され、更地になっています。呉服屋さんでした。老師の整体所も借家ですが、来年5月に取り壊すそうです。90歳に間もなくなるので引退も考えたそうですが、「エネルギーをため込むばかりなので、放出のために仕事は続ける」とのことです。
Pc080051_r

 老師の部屋には僅かな光に反応し動き続ける招き猫の置物がありました。自然界にはエネルギーが満ち溢れています。それを感じ、取り込むことも意識してしないといけないと思いました。
Pc080052_r


Pc080054_r

 帰り際に携帯ショップで充電器がこわれたので見てもらいました。30分待ち。やはり使用不能。700円で取り換えに。携帯ショップの店員さんは超多忙ですね。接客も丁寧で、お客のどんな質問も丁寧に対応され、偉いと思いました。
Pc080055_r


| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

07高知県知事選挙 | 2008年衆議院選挙関連 | 2009年衆議院選挙関係 | 2012年衆議院選挙関係 | 2012年車椅子で行く高知の観光施設 | 2013年参議院選挙関係 | 2014年東京都知事選挙 | 2015年雨漏り修繕工事 | 2015雨漏り・外壁補修工事 | 2016年参議院選挙 | 2016年首都圏遠征 | blogによる自由民権運動 | blogの伝道師・blogの鬼 | bousai_ | Eコマース・スキルアップ講座 | koutikengikaigin | NPO法人高知減災ネットワーク会議 | お花見遊覧船 | けんちゃんの今すぐ実行まちづくり | けんちゃん1人weblog | はりまや橋サロン | まちづくり | まちづくり条例見守り委員会 | アニメ・コミック | イラク派兵問題 | ウェブログ・ココログ関連 | エアーボート 救命艇 | ゴーヤ栽培日誌 | サッカー | スポーツ | スポーツのありかた | タウンモビリティ・ステーションふくねこ | チベット問題 | ニュース | バリヤフリー | パソコン・インターネット | ホームページによる交流 | メディアリテラシー | ヨット関係 | 三好市との交流事業 | 下知地区防災計画・ブロック会 | 下知地域内連携協議会 | 中国四川大地震 | 二葉町町内会の動き | 二葉町自主防災会 | 五台山・市民農園 | 井原勝介さん講演会 | 交通事故防止対策 | 人繋がりネットワーク | 仁淀川町と二葉町との交流 | 今治市防災士会・連合自治防災部会との交流会 | 今野清喜さん講演会 | 仙波敏郎さん講演会 | 伊野町問題 | 健康・体の問題 | 健康問題 | 入野敏郎さんみかん園 | 公共交通問題 | 公共財のありかた | 内閣府地区防災フォーラム2016年仙台 | 内閣府地区防災計画 | 前田康博さん講演会 | 南海地震対策 | 南海地震特別税 | 原子力政策 | 原発と核のゴミ処理場アンケート | 原発災害 | 叔母・車椅子来高・2014・10・18 | 台風対策 | 司馬遼太郎氏の帝国主義論 | 吉本隆明氏・追悼文 | 品川正治さん講演会関係 | 国政問題 | 国際問題 | 土佐電鉄ーごめん・なはり線 | 地方の公共交通 | 地震保険 | 坂本龍馬像建立運動 | 報道関係 | 夜須町関係 | 大学問題 | 天木直人さん講演会関係 | 宇田川知人さん出演番組 | 安田純平さんを高知へ招く会関係 | 少子化問題 | 岡林信康コンサート | 島本茂雄さん・中平崇士さん出演 | 巨大地震・津波対策用高強度発泡樹脂浮力体 | 市民参加のありかた | 平和・反核・護憲の社会運動 | 平和問題 | 平成28年度下知地区防災計画 | 建築物 | 感染症対策 | 憲法問題 | 戦争を知らない子供たちへの映画会」 | 戦争法案反対運動 | 排泄ケア(排尿・排便)の重要性 | 携帯・デジカメ | 政治のありかた | 政治評論 | 教育問題 | 新しいメディアの創出 | 新型インフルエンザ対策 | 新堀川市民大学 | 新堀川生態系保護問題 | 日誌風の感想 | 映画「六ヶ所村ラプソディー」 | 映画・テレビ | 昭和南海地震の記録 | 昭和小学校・防災じゅぎう | 昭和小学校防災学習 | 書籍・雑誌 | 有機農業の支援 | 朝鮮半島問題 | 木質バイオマス地域循環システム | 村上肇さんWEBセミナー | 村上肇氏BtoBセミナー | 東京近辺見聞録2013年 | 東京近辺見聞録2014年(1) | 東京近辺見聞録2015年 | 東京近郊見聞録2010 | 東京近郊見聞録2011年 | 東京近郊見聞録2012年 | 東北被災地ツアー2015年 | 東北被災地交流ツアー2005 | 東日本大震災の被災者の皆様との交流事業 | 東洋町サポーターズクラブ | 橋本大二郎さん出演番組 | 橋本県政16年の検証 | 橋本県政16年の総括 | 歩いて見る高知市 | 歴史の宝庫新堀川 | 歴史問題 | 死生観・終末観 | 沖縄ー高知の交流 | 沖縄基地問題 | 沢山保太郎東洋町長出演 | 河瀬聡一郎さん講演会 | 津波避難施設について | 漫画文化 | 環境問題 | 田辺浩三さん映画会(小夏の映画会) | 社会問題一般 | 社会思想問題 | 社会運動 | 神戸市長田区鷹取との交流 | 神戸市長田区鷹取東地域との交流 | 福井照 | 福井照さん出演番組 | 福祉の問題 | 空のあんちくしょう | 経済・政治・国際 | 経済問題 | 耐震偽装問題 | 脱水症対策 | 自然エネルギーの活用 | 自衛隊の救助訓練 | 芸能・アイドル | 芸術・文化 | 若者支援事業 | 蓄光塗料 | 西村吉正・春子服薬・食事情報 | 認知症症候群について | 認知症重度化予防実践塾 | 講演会・研修会 | 超高齢者の事前減災対策 | 趣味 | 路上詩人はまじさん | 連合赤軍と新自由主義の総括 | 都市再開発 | 都市論 | 錆を防ぐさびのある話 | 阪神大震災20年慰霊と交流 | 防災問題 | 防災対策 | 防衛問題 | 音楽 | 高レベル廃棄物問題 | 高知の根源・由来を考える | 高知の観光 | 高知シティFM | 高知シティFM「けんちゃんのどこでもコミュニティ」 | 高知シティFMけんちゃんのどこでもブログ | 高知シティFM最終収録 | 高知大学防災すけっと隊 | 高知学研究所 | 高知市地域コミュニティ推進課 | 高知市政問題 | 高知市長との意見交換会・資料2015年 | 高知県政ぷらっとこうち問題 | 高知県政問題 | 高知県民マニュフェスト大会 | 高知県物産公社構想 | 高知県議会立候補者への公開質問状 | 高知蛍プロジェクト | 鵜の目鷹の目 | 2006年白バイ・スクールバス衝突事件 | 2010年参議院選挙 | 2014年東京・横浜出張 | 2014年衆議院選挙関連 | 2015年叔母北海道より車椅子の旅・高知 | 2015年県議選・市議選 | 2016年熊本地震