サッカー

2018.07.18

サッカーが示した自由裁量と多様性


201807170002-spnavi_2018071700039_view_R
 1か月間楽しませていただきましたサッカーのワールドカップ・ロシア大会・2018は、多くの感動と気付きを与えていただき終了しました。毎日「時差ボケ」で苦しみましたが、見て「損した」という試合は1試合もありませんでした。

 サッカーは一たび試合が始まれば、監督やコーチの指示は選手交代時の僅かな時間や、ハーフタイムの15分間の休憩時間しかありません。ピッチの上では出場選手の技量と裁量に任されます。

 個人の技量や、局面を打開する力は、一瞬の判断で行われます。サッカーは選手個々人の自由度と多様性が表現されたチームがより強いと思いました。従来は自由裁量は南米のチームが特色でしたが、今や欧州のチームやアフリカやアジアのチームも出ています。

 多様性は欧州のチームでした。優勝したフランス、3位のベルギーだけでなく、イングランドやスイスなども移民出身の選手が活躍しました。身体能力に優れたアフリカ系の選手は欧州各国で活躍しています。
 
  政治的には「移民排斥」や「一国独善主義」が台頭していますが、サッカーはその邪悪な流れに巻き込まれていません。むしろ偏見と独断を正す働きをしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.07.04

日本と世界水準の差はまだまだあります

 ベルギーと日本の差は「控え選手」の差ですね。前半は日本のペーズでした。ベルギー3で日本が1のシュートで小競り合いをしていました。日本の守備は前線も中盤もプレスが効いていました。前線のベルギーのストライカーのルカクなどは孤立してましたから。それで0-0で前半が終了。
36522945_471601633287859_1862158039834951680_n_R
 後半へはいり柴崎のロングパスから原口が右サイドを駆け上がり、ゴール左隅に蹴り込んで先取点。その数分後に香川からのパスに反応した乾の無回転シュートがゴール右隅に決まりました。
36547134_471601579954531_8886942768908206080_n_R
 しかしベルギーが猛反撃に転じました。技巧派の2人を下げ身体能力のある190㎝大の選手を投入。ゴール前でのパワーゲームに持ち込もうとしました。怒涛のベルギーの反撃で2点を奪われ同点にされました。
36508112_471601749954514_2399571328895025152_n_R
 終盤のロスタイム(4分)の2分過ぎ。本田がコーナーキックをけりました。しかしやすやすとベルギーのGKにキャッチされ、そのままボールを前線に出しベルギーの高速カウンター。DFまで前線にいた日本は対応できず、ゴール前で左右に振られ、決勝点を叩きこまれました。これは本田の状況判断のミズでした。

 カウンターを喰らわんためには、ショートコーナーにして時間稼ぎをして、ゴールを外す大外れのシュートをする。ゴールキックの前に自陣へ帰る。守りの陣形を整えるころですね。

 日本とすれば2-2で延長戦へ行った方が勝機がありました。もう1度状況の変化に対して落ち着かせるミーティングが出来るからです。その余裕もないまま「撃沈」されてしまいました。

 記事のように控え選手の差で負けました。控えには背の高い選手は日本にはいませんでした。控えの武藤や宇佐美や、大島なども守備には難がありベルギーの怒涛の攻撃を止める力はありませんから。
36513702_471601913287831_7165975568406544384_n_R
 もう1度前半のような前線からのプレスをかけ、ロングボールを蹴らせない守備をして、ベルギーの3バックを裏を取るために乾が執拗にドリブルを仕掛け、元気な岡﨑を投入すれば勝機もあったと思います。しかし岡﨑は怪我でれませんでした。

結局似たようなタイプの選手が控えなので、ベルギーとの差がありました。それが現実です。

 ベスト8の道は遠いです。到達することは簡単ではありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.07.02

フェアプレーポイントは大事な指標

W杯フェアプレー点数_NEW_R
 日本はリーグで得失点差で同点であったセネガルを「フェアプレーポイント」で上回ったため、ベスト16へ駒を進めることが出来ました。今回のW杯から実施された制度改革の1つ。試合中のビデオ判定とともにFIFA(国際サッカー連盟)も制度改革をしていることは良い事であると思います。

 一部に「フェアプレーポイント」を揶揄し、矮小化する声も聞こえます。わたしはとても大事なポイントであると思います。

 THE ANSWERというスポーツ文化・育成&総合ニュースサイトとがあります。6月29日の記事に「2018年FIFAワールドカップロシア フェアプレーポイント表」がありました。

https://the-ans.jp/chart/27976/

 一次リーグ3試合での「フェアプレー点表」が掲載されています。私が?黙していますのは参加32国のなかで日本代表は1番ファールが少なかったです。日本の行ったファールは28で堂々1位です。2位がドイツとスペインの29でした。一方ワーストは韓国の63、ワースト2位はモロッコの62です。

 試合に置いてファールを行わずプレーをして試合をすれば、罰として相手側にフリーキックを与えることはありません。ファールが自陣ゴール近くであれば、フリーキックでゴールを脅かされる危険性も出て来ます。PKも与える可能性も高くなります。

 もう1つ注目すべきはファイル数と日ファール数です。相手から受けたファールは被ファール数です。日本はファール数が28.被ファール数が36です。つまり相手側から受けるファールが多いということは、フリーキックが出来ますので。ゴールを獲得するチャンスが増えると言う事です。

 「被ファール数」が多い国はサッカー大国です。アルゼンチンはファール数40で被ファール数は54.ブラジルはファール数30で、被ファール数は41.ウルグアイは、ふぁーす数は33で、被ファール数は42です。スペインはファイル数が29で被ファール数は42です。

 日本の対戦相手となるベルギーは、ファール数は43で、28の日本より15も多い。
被ファール数は42です。被ファール数からファール数を引くと、日本は8です。ベルギーはマイナス1でした。スペインは13、ブラジルは11、ウルグアイは9でした。アルゼンチンは14でした。

 ワーストはと言いますと韓国のマイナス33、モロッコのマイナス26です。セネガルはマイナス14でした。

 要するに自分たちがファールをしないと言うことは、守備においてちゃんと足が着いて行っている。相手にに抜かれてタックルのように相手を倒す行為は日本は殆どしていないということです。韓国はラフプレーが多く、敗退した原因もPKを取られていることですが、ファールが多いことで相手に攻められていると言うことです。

 ブラジル・アルゼンチンは、被ファール数が多いのは、相手陣内に攻め込むことの多い強豪であるからでしょう。メッシやネイマールのようなゴール決定力のある選手がいるからでしょう。

 ベルギーは一次リーグで9点も得点し強いと言われていますが、チェニジアとかパナマなどさほど攻撃力がなさそうな国を相手にリーグで試合していますが、ファール数が被ふぁーえう数より多い所を見ますと、韓国程酷くはないですが、守備に欠点があるのではないかと思いますね。

 日本は前線の大迫、香川、乾、原口が、ベルギーゴール前で活動し動き回ることです。たっまらず守備側がファールすれば、セットプレーで住めることができます。

 逆に勢えこまれた時に。不用意なファールをしないことです。それをすると韓国のように押し込まれ、波状攻撃されるので、PKを献上するようになります。

 「フェアなたたかい」」はサッカー先進国への道であることを思いました。

 ベルギー戦でもファールをせずに相手を止め、コントロールして抱きたい。そうすれば勝機は必ずありますから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.07.01

W杯ベスト16の経済波及効果


日本経済新聞・630_NEW_R
 0-1とリードされながら他会場の結果に運命を託し、ひたすら時間稼ぎのボール回しを10分以上していたサッカー日本代表。ブーイングは会場の観客だけでなく世界各国のサッカー関係者やメディアからもたくさんありました。でもその作戦が実り、日本はアジア勢で唯一ベスト16へ残りました。中米代表のメキシコと南米が4国で、残り10国は欧州勢ですから。話題のアフリカ勢は1国も残りませんでした。

 早速日本がベスト16へ進出したことでFIFAからの賞金が一次リーグで敗退するよりも4.4億円増えました。通算の獲得賞金は14億8500万円位になりました。ですのであのプレーのお蔭で、4.4億円稼いだことになります。

 日本経済新聞2018年6月30日の記事はユニークでした。経営論を絡めて西野監督の指導方法を評価しています。「部下信じて機材適所追及」とあります。傾聴力(聴く力)に優れ、「西野流「聴く力」結実」という記事を書いています。

「部下ありきで適材適所を探していくのが西野監督のスタイル。大会直前の強化試合でつかんだいい流れを迷わずに取り入れ、かつ個々の力を引き出したことが、就任3か月足らずの緊急登板ながらも組織全体を立て直せた主因だった。」

「西野さんのすごいところは人の意見を受け入れること。その強みと、現メンバー内に提言できる選手が多いことがマッチしている」本田が西野監督の「耳を傾ける力に感心したように述べたときがあった。」

 前任の代表監督であったハリホジッチ氏は、独裁的であり、自身のサッカー観を絶対視し、選手に服従を強い、選手やスタッフの異論を一切認めなかったようです。「個々人の選手の力を強める」「1対1で負けない体力」「縦への早い攻撃スタイル」は、今回のW杯を県戦していてもハリホジッチ氏の考え方は間違ってはいないでしょう。

 しかし日本には全盛期のドロクバ選手やエトー選手のように、背が高く、足が速くて、上手くて身体能力のあるFWの選手はいません。つまりハリホジッチ氏が理想とするサッカーを実現できる選手は誰1人いませんでした。

 日本人スタッフの進言には耳を傾けず、頑固で強権的でした。それでも結果が出ている時は良かったですが、結果が出なかった場合には、選手を責めたりしてました。サッカーは「責任追及」のスポーツではなく「コミュニケーケーション」のスポーツであることがハリホジッチ氏は最後まで理解しませんでした。

 本田選手のように若い時から日本を飛び出しオランダで活躍し、ロシアで名を上げて、イタリアのセリエAのACミランで10番を背負い、今はメキシコで活躍中の選手。自分の才覚で世界を歩いている本田選手は、「物言う選手」であり、ハリホジッチ氏とはウマがお合わなかったんではないかと思われます。
 
  トレーニング・スタッフの進言も採用し、選手の体調維持を最優先することを取り入れました。W杯初戦のコロンビア戦での選手各位の大活躍は決して「まぐれ」ではなく、練習環境、食事、選手間のコミュニケーション、情報の共有化など、前任監督と180度変化した環境を構築したことが、日本代表の大躍進に繋がりました。
  
   選手やスタッフの意見を辛抱強く傾聴し、最期の決断は自分で決め、責任をとる。それだけ選手やスタッフに西野監督が信頼されている故に、ポーランド戦の「時間稼ぎ」のボール回しができたのでしょう。そしてベスト16を勝ち取りました。
   
 記事によれば経営コンサルタントも「最悪リスク想定 判断賢明だった」と西野監督の「決断」を評価していました。

「最大のリスクは一次リーグ敗退だ。代表チーム2は、強豪ポーランドと生々堂々戦うよりも、決勝トーナメント進出に大きな期待がかかっていたはずだ。」

「倒産や業績の急激な悪化と言う大きなリスクを前に、従業員のモラルや士気が一時的に下がっても手段を選べない重大な局面はある。ギリギリを攻めた西野監督の選択は賢明な判断だったと考える。」と高い評価をしています。

 一方で国内経済に目を向けますと、今回のW杯では大型TVが昨年の2倍売れたようです。深夜の試合故に録画機能のレコーダーも伸びているとか。宅配ピザも通常の1・5倍の売り上げがあったとか。営業時間を延長し午後10時以降の売り上げは3倍とか。

 ロシア旅行の旅行者は4倍とか。高級紳士服も「日本代表オフィシャル・スーツ」も35万円もするが前年を上回っているとか。なかなか経済波及効果が出ていますね。

 サッカーW杯は平和の祭典。経済効果も大きいようですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.06.30

サッカーは何故面白いのか

 2018年サッカー・ワールドカップロシア大会は、連日連夜が熱戦続き。1次リーグは、午後11時、午前2時 午前3時などの試合開始時間があり、「時差ボケ」状態が続いています。」。日本代表以外の各国代表の試合も可能な限り視聴するようにしています。

 ロシアは欧州なので、試合開始が現地時間の午後19時や20時になります。そうなると日本時間は深夜零時とか午前3時とかの開始になりますね。そのなかで1番きついのが午前0時試合開始。午前2自前に終わりますが、試合観戦で興奮していてなかなか眠れない。

今朝は午前3時試合開始のアルゼンチンVSナイジェリア戦を見ていました。昨夜は夕食後早寝をしました。午前2時半過ぎに起床。試合が始まるまで朝食の準備をしました。午前5時に番組は終わりました。早い朝食をその後食べました。

 今までサッカーの試合を見たことなかったという知り合いの女性も、日本VSセネガル戦も夜更かしして視聴されたようです。「にわか」のサッカーファンがこのところ大幅に増えました。最近はワイド・ショーもサッカーの話題が多いです。いいことであるとは思います。

 東京渋谷の交差点で騒いでいる人達や、大阪のどぶ川に飛び込む人たちは、「にわか」であり、本来のサッカーファンではないと思います。本当のファンであれば、私がそうしていおるように他国の試合も視聴すべき。街頭で騒いだり、どぶ川へ飛び込むこととサッカーは何の関係もありませんから。

 世界サッカー連盟(FIFA)加盟国や地域は211であり、国連の191より多いです。英国のように1国で4つの加盟団体(イングランド・スコットランド・ウェールズ・北アイルランド)となっていたりして、地域団体の加盟もみとめられているからです。

 五輪の規模を遥かに凌ぐサッカー・ワールドカップです。民族や宗教や経済格差や政治的な対立さえも超える力をサッカーは持っています。階級社会の欧州において、英国のD・ベッカム氏やフランスのジダン氏は階級社会を超越し、サッカーの力でスーパースターになりました。南米諸国やアフリカ諸国の選手が懸命にプレーするのも、欧州のプロクラブと高い条件で契約したいからです。

 私がサッカーファンになったのは50年前の1968年でした。その年に日本アッカーはメキシコ五輪で3位になりました。釜本選手、杉山選手の活躍に刺激され、田舎の中学校でボールを蹴り始めました。高校でもサッカー部へ入りました。事情があって半年で退部しましたが、サッカーの雑誌であるサッカーマガジン等の雑誌も購入していました。私は長く日本代表のサッカーがアジアの壁を破れず、ワールドカップも五輪も出場できない低迷時期を知っています。

 転機はは1993年にJリーグと言うプロサッカー・リーグの発足でした。サッカープロクラブに地域貢献を義務づけ、ジュニア世代の育成も行いました。広範な世代の底上げが可能になり、海外クラブに移籍する選手も増え、。実力が上がって来ました。欧州や南米のサッカー先進国への挑戦ができるところまでに日本のサッカーは成長しました。

 1996年以降五輪へは連続出場、1998年以来ワールドカップへも連続出場が出来るようになり、常時アジアの壁を突破できるようになりました。「弱い時代」を知る者にとっては信じがたい現実です。しかし五輪やワールドカップで優勝するように成るには。まだまだ時間がかかりります。

 211の国と地域が参加するワールドカップ(予選からの参加国を含む)ですが、本大会で優勝した国は世界で8か国だけです。ブラジル・ウルグアイ、アルゼンチンの南米3国と、ドイツ、イタリア、イングランド、フランス、スペインの5か国の8か国です。ただ今回の大会は優勝候補のドイツやブラジル、アルゼンチン、スペインが一次リーグで苦しんでいました。イタリアは予選で敗退し本体へ出場していません。

 過去の優勝国8か国以外の優勝国が現れるかもしれないですね。

 今回のワールドカップでの日本代表の活躍で、サッカーを始める少年少女が増えることでしょう。50年前のわたしがそうであったように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.06.25

心機一転、頑張ります。


IMG00005_R
 昨日父(享年100歳)の49日の法要と納骨が終わりました。5月12日の死去以来、なにかとせわしい日々でしたが、とりあえずは一段落。親類筋にも挨拶しけじめをつけることが出来ました。
IMG00017_Burst01_R

http://dokodemo.cocolog-nifty.com/blog/2018/06/49-ac5f.html

 今朝は午前7時35分発の便で子供が東京へ帰るので6時過ぎに出発し空港へ。搭乗手続き中に武内則男さん(衆議員議員)にお会いしました。「国会の集中審議がありますから。」「防災はこれで大丈夫とは行政側が線引きした対応をとったらいけないね。」とも。そういえば武内則男さんとは、3年前の6月に「東北被災地交流ツアー」でご一緒しましたから。

http://futaba-bousai.cocolog-nifty.com/blog/2015/10/post-f0e7.html

isinomoririmangakan

昨日は納骨式が終わった後、自宅へ戻り遅い昼食(防災会長のお店の折詰)を食べると疲れが出て昼寝していました。「西郷どん」の直前に起床。軽い夕食を食べながら視聴し、番組終了後仮眠しました。そしてW杯の日本VSセネガル戦を視聴しました。

 GK川島の1戦目(コロンビア戦)に続くミスキャッチでの失点に起こりTVに向かってわめいていました。試合は乾と本田のゴールで追いつき2-2のドロー。実力差から言えば「勝ちに等しい引き分け」でした。3戦目のポーランドは不調でリーグ戦敗退が決まりましたが、気が楽になったので怖い相手です。引き分けができれば自力突破が可能ですがどうでしょうか。

 今朝は日本VSセネガル戦に続いて、コロンビアVSポーランド戦まで視聴し、そのまま朝食を食べ、子供を空港へ送りました。それで少し眠いです。でも週初めですので仕事に専任します。

 今朝の事務所の気温は26度、湿度は62%です。真夏日(30度)の予報が出ています。沖縄地方は梅雨明けしました。四国はこれからが梅雨本番。今日は梅雨の晴れ間です。天気図でも梅雨前線は、南へ押し下げられていますね。

 「新規事業」のほうも約1カ月作業が遅れてしまいました。7月に集中的に作業を行い遅れを取り戻します。仕事のほうも販路拡大に奔走中ですので今が正念場。ゆっくりすることは出来ません。

 同年代の連中は、ほとんどがリタイヤして「孫の面倒を見ている」とか「病気が見つかった。」とかの話題が多い。うちの子供たちは伴侶が見つからないし、新たな家族が形成される気配はない。でも今回は父の供養は徹底的に家族として頑張ってくれました。家族はありがたいものです。

 昨日の夕食後、家内と子供たちで父の仏壇を飾りつけていました。「仏壇はお寺の出張所」ということらしいです。昨日訪問し、49日の法要したお寺の本堂の「縮小版」であることが良くわかりました。

 「一段落」しましたので、心身の調子を整え、W杯の試合も観戦して、心機一転頑張ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.06.16

スペインVSポルトガル戦を観戦

 一次リーグではスペインとポルトガルが激突しました。
DSCN0774_R
 首になった日本代表前監督の言う「縦への早い動き出しと、ボール回し」という意味は、スペインとポルトガルの試合を見ていると世界水準であることがわかります。正しいです。

しかしこれは個人のレベルが格段に高いことが前提。日本のレベルでは難しいことがわかりました。
DSCN0775_R
スペインVSポルトガルは引き分けに

 3-3というスコアでしたが、両チームはエースが得点。レベルの高い試合でした。

 見ごたえのある試合でした。寝てしまったイランVSモロッコはイランが1-0で勝ったとか。アジア勢の初勝利です。良かったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.06.15

ロシアW杯が始まりました

 2018年FIFAワールドカップ・ロシア大会が、6月14日に開幕しました。開幕式典の前触れとしてNHKはサッカーW杯関連のバラエティ番組を延々としていました。
DSCN0672_R
 そして午後11時半に現地中継に切り替わり。ロシアモスクワ市の8万印収容のスタジアムが映し出されました。サッカーボールを象徴させるオブジェ。歌手たちは歌い、集団群舞もありました。華やかな式典でした。
DSCN0674_R
 ロシア帝国の独裁者プーチン大統領が晴れやかに開会宣言をしました。VIP席でFIFAの会長や対戦国サウジアラビアの王族と握手していました。い良い世開幕しました。眠れない日々の到来です。
pu-tinn

ロシアは5-0の圧勝スタート

 下馬評ではFIFAランク70位のロシア。67位のサウジアラビア。開幕戦では今大会出場32か国の中で、ワースト1位の地元ロシアとサウジアラビアの対戦でした。ロシアは開催国なので過酷な欧州予選(そのなかで4度の優勝をしていたイタリアと、3度の準優勝経験のあるオランダが予選敗退)を戦っていません。
DSCN0688_R
 テスト試合では7戦全敗だったロシアです。サウジアラビアはアジア予選で日本にホームで勝ち2006年大会以来の出場を決めています。正直あまり試合には期待をせずに観戦していました。

 しかし両チーム大観衆の熱気に押されたのか、きびきびした動きで、眠気が吹き飛びました。ロシアは前半12分位に先取点。前半終了間際にも加点し2-0で戦半終了。

 後半もロシアは前からのプレス、。ボールを奪うとショートカウンターで攻撃します。コーナーキックから加点し3点目。後半終了間際にもサイドを崩して4点目。ふるーキックで5点目を叩きこみました。
DSCN0696_R
 史上最弱のホスト国と揶揄されていたロシアでしたが、終わってみれば5-0でした。サウジは惨敗。アジア勢は今回大会も苦戦しそうです。
DSCN0706_R
 試合終了まで見ていました。眠い事。早起きできませんでした。しかも今日は話題のエジプトVSウルグアイ、モロッコVSイラン、ポルトガルVSスペインと言う好カードが3試合ありますね。寝る時間がありません。梅雨時でもあり体調維持が難しい。
DSCN0714_R
 日本もロシアのように下馬評を覆し、下剋上をしていただきたい。サッカーは「あり得る」スポーツですから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.06.09

史上最弱の日本代表でした。

日本VSスイス戦をTV観戦しました。

 2018年6月9日の午前2時からの試合をNHK総合が生中継します。FIFA(国際サッカー連盟)のランキングが61位の日本。スイスは8位。勝負にはならない筈。
 ただサッカーはラグビーと異なり、実力差があっても「まぐれ」でゴールが決まり、実力の劣っているチームが勝つ場合もあります。それに「期待」をしていますが、望みは薄いでしょう。いくら親善試合であると言っても本番前の「スパーリング」ですから。スイスとしては本番前の調整試合ですから主力組には怪我はしてほしくはない。若手にはチャンスを与えたいはずですから。ガチに来るはずです。
DSCN0553_R
  大口をたたいて自分のプレッシャーをかけている本田啓介選手が果たして欧州の強豪国に実力が通用するのか。それで今回のW杯の日本の実力がわかるでしょう。私は正直通用しないだろうと思いますが、4年に1度の世界大会ですので、草の根サッカーファンとしては、見ないといけない(つらいですが)試合です。
DSCN0557_R
 さて前半ですが、どうでしょうか。前半0-0で終われば日本にも多少の勝機があるでしょうが、先行されますと100%勝ち目はありません。やはり大島と長谷部のボールが狙われています。
 スイスは調整気味。大島へのマークが緩いので自由にボールに触れるが、本番はそうはいかないでしょう。前半41分に吉田がPKを献上。これで勝機は亡くなりました。簡単に決められました。0-1で前半終了。実力差から言えば善戦ではありますが、結局得点できないし、失点するのは弱い証拠。本田も宇佐美も原口も機能してません。大迫は孤軍奮闘してましたが、負傷で交代したのが気になりますね。「つぶれ役」でがんばってました。
DSCN0555_R
 さて後半はどうなるのか。このままずるずる行くのか、それとも追加点をとられるのか。又しても槙野が自陣近くでファール。FKは外れて助かりました。宇佐美のかわりに乾が投入されましたが、目立ちません。本田にかわり香川が入りました。目立った活躍はありませんでした。

 やはりスイスが追加点。0-2。攻めのまずさから切り返されサイドからの追加点でした。まあ実力どうりの結果ですね。日本のコーナーキックからの失点ですので仕方がないですね。見ていて疲れる試合でした。全く希望はないですね。のびしろのある選手もいませんし。終わりました。今回の日本のW杯。「夢も希望も」ありません。

 しかしこのスイスとブラジルが初戦で激突。見逃せない試合ですね。日本代表には期待が全く持てない寂しいW杯です。情けない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.08.31

さあ今日は大一番です。

豪州に勝ってW杯に出場を決めていただきたい。

 2位のサウジアラビアが、アウエーとは言え同じ中東のUAEに1-2で敗戦しました。本当にW杯予選はシビアで何が起こるかわかりません。今晩はホームの埼玉スタジアムで2018年ロシア・ワールドカップ。アジア最終予選の日本VSオーストラリア戦があります。

 オーストラリアと言えば、ジーコ監督時代の2006年ドイツW杯で、前半中村俊介のFKで先行したものの、後半30分過ぎから3点を奪われ1-3と惨敗した印象があります。その後のW杯アジア予選でも2敗5分けと日本はオーストラリアに勝ったことがないと言われています。

 ハリ監督も癇癪持ちで用兵が支離滅裂気味だし、欧州で活躍している選手各位も怪我人が多く、ベンチ要員も多く試合で活躍できるのか不安ですね。

 そのことを息子に言いますと「そろそろ日本が勝つ番ではないのか。実力が均衡しているんだし」とのこと。アウエーの対戦でも後半のPKがなければ試合では勝ってましたから。

 前回大会も引き分けだったのかどうか忘れましたが、本田がPKを決めてW杯出場を決めました。アジア杯では日本はオーストラリアに勝っています。李忠成がジャンプボレーで決勝点を挙げた試合も記憶にあります。

 とにかくすっきりオーストラリアに勝利してもらいたい。そう願います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

07高知県知事選挙 | 2008年衆議院選挙関連 | 2009年衆議院選挙関係 | 2012年衆議院選挙関係 | 2012年車椅子で行く高知の観光施設 | 2013年参議院選挙関係 | 2014年東京都知事選挙 | 2015年雨漏り修繕工事 | 2015雨漏り・外壁補修工事 | 2016年参議院選挙 | 2016年首都圏遠征 | blogによる自由民権運動 | blogの伝道師・blogの鬼 | bousai_ | Eコマース・スキルアップ講座 | koutikengikaigin | NPO法人高知減災ネットワーク会議 | お花見遊覧船 | けんちゃんの今すぐ実行まちづくり | けんちゃん1人weblog | はりまや橋サロン | まちづくり | まちづくり条例見守り委員会 | アニメ・コミック | イラク派兵問題 | ウェブログ・ココログ関連 | エアーボート 救命艇 | ゴーヤ栽培日誌 | サッカー | スポーツ | スポーツのありかた | タウンモビリティ・ステーションふくねこ | チベット問題 | ニュース | ハイパーレスキュー艇・シーレックス | バリヤフリー | パソコン・インターネット | ホームページによる交流 | メディアリテラシー | ヨット関係 | ロープワーク | 三好市との交流事業 | 下知コミュニティセンター防災部会 | 下知地区防災計画・ブロック会 | 下知地域内連携協議会 | 下知町内会連合会 | 中国四川大地震 | 二葉町町内会の動き | 二葉町自主防災会 | 五台山・市民農園 | 井原勝介さん講演会 | 交通事故防止対策 | 人繋がりネットワーク | 仁淀川町と二葉町との交流 | 今治市防災士会・連合自治防災部会との交流会 | 今野清喜さん講演会 | 仙波敏郎さん講演会 | 伊野町問題 | 健康・体の問題 | 健康問題 | 入野敏郎さんみかん園 | 公共交通問題 | 公共財のありかた | 共謀罪反対運動 | 内閣府地区防災フォーラム2016年仙台 | 内閣府地区防災計画 | 前田康博さん講演会 | 南海地震対策 | 南海地震特別税 | 危機意識・リスクマネジメント | 原子力政策 | 原発と核のゴミ処理場アンケート | 原発災害 | 反ファシズム運動 | 叔母・車椅子来高・2014・10・18 | 口腔ケア | 台風・大雨対策 | 台風・大雨情報 | 台風対策 | 司馬遼太郎氏の帝国主義論 | 吉本隆明氏・追悼文 | 名古屋大学室井研二准教授 | 品川正治さん講演会関係 | 国政問題 | 国際問題 | 土佐電鉄ーごめん・なはり線 | 地区防災計画学会・高知大会2018年 | 地方の公共交通 | 地震保険 | 坂本龍馬像建立運動 | 報道関係 | 夜須町関係 | 大学問題 | 大阪北部地震2018 | 天木直人さん講演会関係 | 宇田川知人さん出演番組 | 安田純平さんを高知へ招く会関係 | 少子化問題 | 岡村眞先生講演会 | 岡林信康コンサート | 島本茂雄さん・中平崇士さん出演 | 巨大地震・津波対策用高強度発泡樹脂浮力体 | 市民参加のありかた | 平和・反核・護憲の社会運動 | 平和問題 | 平成28年度下知地区防災計画 | 広域地域間交流 | 建築物 | 感染症対策 | 憲法問題 | 戦争を知らない子供たちへの映画会」 | 戦争法案反対運動 | 戦争災害 | 排泄ケア(排尿・排便)の重要性 | 携帯・デジカメ | 政治のありかた | 政治評論 | 教育問題 | 新しいメディアの創出 | 新型インフルエンザ対策 | 新堀川市民大学 | 新堀川生態系保護問題 | 日誌風の感想 | 映画「六ヶ所村ラプソディー」 | 映画・テレビ | 昭和南海地震の記録 | 昭和小学校・防災じゅぎう | 昭和小学校防災学習 | 書籍・雑誌 | 有機農業の支援 | 朝鮮半島問題 | 木質バイオマス地域循環システム | 村上肇さんWEBセミナー | 村上肇氏BtoBセミナー | 東京近辺見聞録2013年 | 東京近辺見聞録2014年(1) | 東京近辺見聞録2015年 | 東京近郊見聞録2010 | 東京近郊見聞録2011年 | 東京近郊見聞録2012年 | 東北被災地ツアー2015年 | 東北被災地交流ツアー2005 | 東日本大震災の被災者の皆様との交流事業 | 東洋町サポーターズクラブ | 橋本大二郎さん出演番組 | 橋本県政16年の検証 | 橋本県政16年の総括 | 歩いて見る高知市 | 歴史の宝庫新堀川 | 歴史問題 | 死生観・終末観 | 母・毛山病院入院2017 | 沖縄ー高知の交流 | 沖縄基地問題 | 沢山保太郎東洋町長出演 | 河瀬聡一郎さん講演会 | 津波避難施設について | 浸水対策備品 | 漫画文化 | 父・いずみの病院 | 父・日赤・ICU | 環境問題 | 田辺浩三さん映画会(小夏の映画会) | 社会問題一般 | 社会思想問題 | 社会運動 | 神戸市長田区鷹取との交流 | 神戸市長田区鷹取東地域との交流 | 福井照 | 福井照さん出演番組 | 福祉の問題 | 空のあんちくしょう | 経済・政治・国際 | 経済問題 | 耐震偽装問題 | 脱水症対策 | 自然エネルギーの活用 | 自衛隊の救助訓練 | 芸能・アイドル | 芸術・文化 | 若者支援事業 | 蓄光塗料 | 西村吉正・春子服薬・食事情報 | 西村吉正・死去後の動き | 認知症症候群について | 認知症重度化予防実践塾 | 講演会・研修会 | 講演会・講習会 | 超高齢者の事前減災対策 | 趣味 | 路上詩人はまじさん | 連合赤軍と新自由主義の総括 | 都市再開発 | 都市論 | 錆を防ぐさびのある話 | 阪神大震災20年慰霊と交流 | 防災問題 | 防災対策 | 防衛問題 | 音楽 | 高レベル廃棄物問題 | 高知の根源・由来を考える | 高知の観光 | 高知シティFM | 高知シティFM「けんちゃんのどこでもコミュニティ」 | 高知シティFMけんちゃんのどこでもブログ | 高知シティFM最終収録 | 高知大学防災すけっと隊 | 高知学研究所 | 高知市地域コミュニティ推進課 | 高知市政問題 | 高知市社会福祉協議会 | 高知市長との意見交換会・資料2015年 | 高知減災ネットワーク会議 | 高知県政ぷらっとこうち問題 | 高知県政問題 | 高知県民マニュフェスト大会 | 高知県物産公社構想 | 高知県議会立候補者への公開質問状 | 高知蛍プロジェクト | 鵜の目鷹の目 | 2006年白バイ・スクールバス衝突事件 | 2010年参議院選挙 | 2014年東京・横浜出張 | 2014年衆議院選挙関連 | 2015年叔母北海道より車椅子の旅・高知 | 2015年県議選・市議選 | 2016年熊本地震 | 2017年衆議院選挙