サッカー

2018.06.25

心機一転、頑張ります。


IMG00005_R
 昨日父(享年100歳)の49日の法要と納骨が終わりました。5月12日の死去以来、なにかとせわしい日々でしたが、とりあえずは一段落。親類筋にも挨拶しけじめをつけることが出来ました。
IMG00017_Burst01_R

http://dokodemo.cocolog-nifty.com/blog/2018/06/49-ac5f.html

 今朝は午前7時35分発の便で子供が東京へ帰るので6時過ぎに出発し空港へ。搭乗手続き中に武内則男さん(衆議員議員)にお会いしました。「国会の集中審議がありますから。」「防災はこれで大丈夫とは行政側が線引きした対応をとったらいけないね。」とも。そういえば武内則男さんとは、3年前の6月に「東北被災地交流ツアー」でご一緒しましたから。

http://futaba-bousai.cocolog-nifty.com/blog/2015/10/post-f0e7.html

isinomoririmangakan

昨日は納骨式が終わった後、自宅へ戻り遅い昼食(防災会長のお店の折詰)を食べると疲れが出て昼寝していました。「西郷どん」の直前に起床。軽い夕食を食べながら視聴し、番組終了後仮眠しました。そしてW杯の日本VSセネガル戦を視聴しました。

 GK川島の1戦目(コロンビア戦)に続くミスキャッチでの失点に起こりTVに向かってわめいていました。試合は乾と本田のゴールで追いつき2-2のドロー。実力差から言えば「勝ちに等しい引き分け」でした。3戦目のポーランドは不調でリーグ戦敗退が決まりましたが、気が楽になったので怖い相手です。引き分けができれば自力突破が可能ですがどうでしょうか。

 今朝は日本VSセネガル戦に続いて、コロンビアVSポーランド戦まで視聴し、そのまま朝食を食べ、子供を空港へ送りました。それで少し眠いです。でも週初めですので仕事に専任します。

 今朝の事務所の気温は26度、湿度は62%です。真夏日(30度)の予報が出ています。沖縄地方は梅雨明けしました。四国はこれからが梅雨本番。今日は梅雨の晴れ間です。天気図でも梅雨前線は、南へ押し下げられていますね。

 「新規事業」のほうも約1カ月作業が遅れてしまいました。7月に集中的に作業を行い遅れを取り戻します。仕事のほうも販路拡大に奔走中ですので今が正念場。ゆっくりすることは出来ません。

 同年代の連中は、ほとんどがリタイヤして「孫の面倒を見ている」とか「病気が見つかった。」とかの話題が多い。うちの子供たちは伴侶が見つからないし、新たな家族が形成される気配はない。でも今回は父の供養は徹底的に家族として頑張ってくれました。家族はありがたいものです。

 昨日の夕食後、家内と子供たちで父の仏壇を飾りつけていました。「仏壇はお寺の出張所」ということらしいです。昨日訪問し、49日の法要したお寺の本堂の「縮小版」であることが良くわかりました。

 「一段落」しましたので、心身の調子を整え、W杯の試合も観戦して、心機一転頑張ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.06.16

スペインVSポルトガル戦を観戦

 一次リーグではスペインとポルトガルが激突しました。
DSCN0774_R
 首になった日本代表前監督の言う「縦への早い動き出しと、ボール回し」という意味は、スペインとポルトガルの試合を見ていると世界水準であることがわかります。正しいです。

しかしこれは個人のレベルが格段に高いことが前提。日本のレベルでは難しいことがわかりました。
DSCN0775_R
スペインVSポルトガルは引き分けに

 3-3というスコアでしたが、両チームはエースが得点。レベルの高い試合でした。

 見ごたえのある試合でした。寝てしまったイランVSモロッコはイランが1-0で勝ったとか。アジア勢の初勝利です。良かったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.06.15

ロシアW杯が始まりました

 2018年FIFAワールドカップ・ロシア大会が、6月14日に開幕しました。開幕式典の前触れとしてNHKはサッカーW杯関連のバラエティ番組を延々としていました。
DSCN0672_R
 そして午後11時半に現地中継に切り替わり。ロシアモスクワ市の8万印収容のスタジアムが映し出されました。サッカーボールを象徴させるオブジェ。歌手たちは歌い、集団群舞もありました。華やかな式典でした。
DSCN0674_R
 ロシア帝国の独裁者プーチン大統領が晴れやかに開会宣言をしました。VIP席でFIFAの会長や対戦国サウジアラビアの王族と握手していました。い良い世開幕しました。眠れない日々の到来です。
pu-tinn

ロシアは5-0の圧勝スタート

 下馬評ではFIFAランク70位のロシア。67位のサウジアラビア。開幕戦では今大会出場32か国の中で、ワースト1位の地元ロシアとサウジアラビアの対戦でした。ロシアは開催国なので過酷な欧州予選(そのなかで4度の優勝をしていたイタリアと、3度の準優勝経験のあるオランダが予選敗退)を戦っていません。
DSCN0688_R
 テスト試合では7戦全敗だったロシアです。サウジアラビアはアジア予選で日本にホームで勝ち2006年大会以来の出場を決めています。正直あまり試合には期待をせずに観戦していました。

 しかし両チーム大観衆の熱気に押されたのか、きびきびした動きで、眠気が吹き飛びました。ロシアは前半12分位に先取点。前半終了間際にも加点し2-0で戦半終了。

 後半もロシアは前からのプレス、。ボールを奪うとショートカウンターで攻撃します。コーナーキックから加点し3点目。後半終了間際にもサイドを崩して4点目。ふるーキックで5点目を叩きこみました。
DSCN0696_R
 史上最弱のホスト国と揶揄されていたロシアでしたが、終わってみれば5-0でした。サウジは惨敗。アジア勢は今回大会も苦戦しそうです。
DSCN0706_R
 試合終了まで見ていました。眠い事。早起きできませんでした。しかも今日は話題のエジプトVSウルグアイ、モロッコVSイラン、ポルトガルVSスペインと言う好カードが3試合ありますね。寝る時間がありません。梅雨時でもあり体調維持が難しい。
DSCN0714_R
 日本もロシアのように下馬評を覆し、下剋上をしていただきたい。サッカーは「あり得る」スポーツですから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.06.09

史上最弱の日本代表でした。

日本VSスイス戦をTV観戦しました。

 2018年6月9日の午前2時からの試合をNHK総合が生中継します。FIFA(国際サッカー連盟)のランキングが61位の日本。スイスは8位。勝負にはならない筈。
 ただサッカーはラグビーと異なり、実力差があっても「まぐれ」でゴールが決まり、実力の劣っているチームが勝つ場合もあります。それに「期待」をしていますが、望みは薄いでしょう。いくら親善試合であると言っても本番前の「スパーリング」ですから。スイスとしては本番前の調整試合ですから主力組には怪我はしてほしくはない。若手にはチャンスを与えたいはずですから。ガチに来るはずです。
DSCN0553_R
  大口をたたいて自分のプレッシャーをかけている本田啓介選手が果たして欧州の強豪国に実力が通用するのか。それで今回のW杯の日本の実力がわかるでしょう。私は正直通用しないだろうと思いますが、4年に1度の世界大会ですので、草の根サッカーファンとしては、見ないといけない(つらいですが)試合です。
DSCN0557_R
 さて前半ですが、どうでしょうか。前半0-0で終われば日本にも多少の勝機があるでしょうが、先行されますと100%勝ち目はありません。やはり大島と長谷部のボールが狙われています。
 スイスは調整気味。大島へのマークが緩いので自由にボールに触れるが、本番はそうはいかないでしょう。前半41分に吉田がPKを献上。これで勝機は亡くなりました。簡単に決められました。0-1で前半終了。実力差から言えば善戦ではありますが、結局得点できないし、失点するのは弱い証拠。本田も宇佐美も原口も機能してません。大迫は孤軍奮闘してましたが、負傷で交代したのが気になりますね。「つぶれ役」でがんばってました。
DSCN0555_R
 さて後半はどうなるのか。このままずるずる行くのか、それとも追加点をとられるのか。又しても槙野が自陣近くでファール。FKは外れて助かりました。宇佐美のかわりに乾が投入されましたが、目立ちません。本田にかわり香川が入りました。目立った活躍はありませんでした。

 やはりスイスが追加点。0-2。攻めのまずさから切り返されサイドからの追加点でした。まあ実力どうりの結果ですね。日本のコーナーキックからの失点ですので仕方がないですね。見ていて疲れる試合でした。全く希望はないですね。のびしろのある選手もいませんし。終わりました。今回の日本のW杯。「夢も希望も」ありません。

 しかしこのスイスとブラジルが初戦で激突。見逃せない試合ですね。日本代表には期待が全く持てない寂しいW杯です。情けない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.08.31

さあ今日は大一番です。

豪州に勝ってW杯に出場を決めていただきたい。

 2位のサウジアラビアが、アウエーとは言え同じ中東のUAEに1-2で敗戦しました。本当にW杯予選はシビアで何が起こるかわかりません。今晩はホームの埼玉スタジアムで2018年ロシア・ワールドカップ。アジア最終予選の日本VSオーストラリア戦があります。

 オーストラリアと言えば、ジーコ監督時代の2006年ドイツW杯で、前半中村俊介のFKで先行したものの、後半30分過ぎから3点を奪われ1-3と惨敗した印象があります。その後のW杯アジア予選でも2敗5分けと日本はオーストラリアに勝ったことがないと言われています。

 ハリ監督も癇癪持ちで用兵が支離滅裂気味だし、欧州で活躍している選手各位も怪我人が多く、ベンチ要員も多く試合で活躍できるのか不安ですね。

 そのことを息子に言いますと「そろそろ日本が勝つ番ではないのか。実力が均衡しているんだし」とのこと。アウエーの対戦でも後半のPKがなければ試合では勝ってましたから。

 前回大会も引き分けだったのかどうか忘れましたが、本田がPKを決めてW杯出場を決めました。アジア杯では日本はオーストラリアに勝っています。李忠成がジャンプボレーで決勝点を挙げた試合も記憶にあります。

 とにかくすっきりオーストラリアに勝利してもらいたい。そう願います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.06.13

日本VSイラク戦


Dscn0601_r

 W杯アジア最終予選の大一番。日本VSイラク戦です。1200Mの高地。中東特有の暑さ。中盤の香川や今野は負傷欠場。守備ラインが不安定な日本代表。不安だらけです。今日の試合は引き分け以上ならW杯出場に王手です。さてどうなるか。
Dscn0597_r

 イラクは伝統的にモダンなサッカーをします。1993年のドーハの悲劇」ではロスタイムにゴールを決められ、日本のW杯初出場が消えましたので。弱くはないですね。きちんと点を取れるのかそれが問題。失点をしないでいられるのか。それが問題です。

と思いながら見ていました。しかも新しい戦力を3人も投入しています。本田も先発しかもキャプテン。がらがらのスタンド。ホメイニ氏の大きな写真。日本の女性サポーターも顔にブルカを巻いています。

 前半7分過ぎに原口が頑張りシュート。コーナーキックになりました。8分に本田が蹴り、大迫がヘッドで押し込んで日本貴重な先取点。幸先がいい。
Dscn0598_r


Dscn0599_r

 しかし」イラクも諦めない。キック・アンド・ダッシュのようなサッカーです。ゴールをこじ開けようとの迫力はありますね。日本の守備陣も冷静に跳ね返しました。」危ない場面はありましたが、なんとか前半は1-0で終了しました。

 日本痛恨の引き分け!!


 さて後半はどうなるのか?

 34度という気温。乾いた高地の空気。ふかふかのグランド。日本のパスサッカーは出来ません。であるならば臨機応変なプレーをしなければならない。日本はそれが特に後半出来ませんでした。

 一方のイラクは悪いグランド。コンディションを考慮し、「ラグビー・サッカー」を仕掛けtれきました。ラグビーで言えば、ハイパントをあげて、FWがなだれ込むと言う戦術。
Dscn0603_r


Dscn0604_r


Dscn0607_r

 後半28分日本は守備ラインが致命的なミス。イラクの波状攻撃をサイドラインに蹴りだせばいいものを中途半端なクリアボールを押し込まれました。日本の1番悪い所が出ました。

 「つなぐサッカー」は間違いではないですが、今日のグランドや気象条件や選手の疲労度からすれば無理。後半は日本は風上になったのですから、投目からミドルシュートを打ちこぼれ球を押し込む戦術をやるべきでした。

 悪いグランドで「仕掛け」にこだわりことごとく失敗していました。情けない試合でした。
Dscn0613_r


Dscn0610_r


Dscn0612_r

 次の8月31日のホームでのオーストラリア戦で勝てばいいんですよ。情けない試合でしたが、やはり予想どうり引き訳でしたね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.05.30

悔い残る日本の敗戦


Nihonsp_r


Siai_r

 U-20W杯決勝トーナメント。日本VSべネゼエラ戦。前後半で決着がつかず延長戦へ突入しました。延長後半押し込まれる展開の中で、コーナーキックからヘッドで押し込まれ失点し、それが決勝点となりました。惜敗です。
Benetokutenn_r

 堂安のフリーキックがバーに当たるなどもう1歩でした。15歳の久保も途中出場しましたが、3人がかりで囲まれたりして本領を発揮できませんでした。
Bkansyuu_r

 今日は守備陣が奮闘していました。ただ押し込まれる展開の場合は、守備でボールを奪うと何も考えず前へボールを蹴るだけとか、前線との連携が悪い。パスが駄目ならサイドに大きく蹴り出すべき。クリアも小さいから相手ボールになり攻め込まれる。

 後半べネゼエラの選手は動きが緩慢になっていただけに、そのしょうもないミスが残念ですね。監督・コーチはそのあたりの指導をすべき。フル代表でも日本が負けるパターンはすべてその展開ですから。
Ucjoyamakantoku_r


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.01.01

お正月は運動不足になりがちですね

 いい加減最近ストレスで太り気味なんですが、だらだらしたお正月で食って飲酒することばかりなので、余計にやばい状態に。遠い昔のことですが家内の沖縄のご両親がお元気だったころは、家族で正月は沖縄でした。それは今は昔。引きこもりの寝正月です。
_r


_r_2

 両親に昼食後DVDで、100歳体操をやってもらうことにしました。その間に家内が高知駅前のブック・オフで特売をしているので行きたいと言います。徒歩で行くことにしました。
_r_3


_r_4

 途中はりまや橋商店街もはりまや橋も静かなこと。高知駅前でなにやらイベントをしていました。
_r_5


_r_6

 家内のお目当ては最近頭角を現してきたONE OFF ROCKのCDを購入すつ事でした。目的のCDがあったようです。私も聞いていてレベルの高い伸び盛りのロック・バンドであると思います。


ONE OFF ROCK  http://www.oneokrock.com/jp/


 アルテック跡は更地になっていました。
_r_7


_r_8

 2016年10月末に惜しまれつつ閉店したジャズ文化の伝統アルテック。駅前のブックオフへ行く途中前を通りました。建物や看板も駐車場の路面もすべて撤去され更地になっていました。
_r_9


_r_11

 あの数千枚になるという店舗裏の部屋に収納されていた青山清水さんの収集されたジャスのレコードやCDは東京の音楽店がトラックで引き取られたとか。高知の文化の殿堂がなくなりました。
_r_10

 看板を見ますと1階建ての貸店舗が大和ハウスで建てられるようです。敷地からしてコンビニが出来るんでしょうか?しかし隣接してローソンとファミリーマートがあるのですが。なにが出来るのかは不明です。

 ブログ記事「ショックアルテックが10月末に閉店」


http://dokodemo.cocolog-nifty.com/blog/2016/02/10-1219.html

天皇杯は鹿島が優勝

 ウオーキングから戻り、TVでサッカー天皇杯決勝の鹿島VS川崎戦を観戦しました。鹿島はJリーグチャンピオンになりました。また昨年12月のクラブW杯で準決勝で南米のチームを破り、決勝で欧州王者リアル・マドリードに大善戦しました。苛酷な試合日程で勝ち上がって来ました。

 一方の川崎は、今まで何度もJリーグの制覇に挑戦するものの、あと1歩で戴冠できていません。ことごとく鹿島によって阻止されてきただけに気合が入っていました。

 試合は川崎が押し気味に進め、ゴールを脅かすが得点できません。鹿島は前半42分位にコーナーキックを山本が押し込んで先取点。前半が終わります。
_r_12

 後半川崎は猛然と反撃に行きます。パスが面白いように決まります。特にU-19三好の投入からリズムが出来、後半8分位流れるようなパス回いから小林が鮮やかな同点ゴール。ゲームは振り出しになりました。そして90分で決着がつかず延長戦に。
_r_13


_r_14

 またも延長前半5分位にコーナーキックから小笠原と交代したファブリシオがこぼれ球をゴールにけり込み2-1に。川崎毛猛反撃を押さえ、勝利し、優勝しました。
 _r_15

_r_16


_r_17


_r_18


 鹿島は9度目の戴冠だとか。過密日程にもめげず頑張りました。見ごたえのある試合でした。両チームとも日本人監督。そろそろフル代表監督も日本人監督にすべきでしょう。いい試合ができるようになりましたから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.10.11

日本VS豪州戦 はドローに

 世代交代に失敗した日本代表。特に守備力が弱い。屈強な豪州相手に通用するのか。負ければ予選で敗退します。さてどうなるのか、見るのが辛い。先に失点すれば100%負けですから。

 と言いつつ見ていましたが、日本の動きが良い、特に本田と香川がプライドを捨ててつぶれ役になっている。前半5分に本田が前線でキープし原口に、落ち着いて決めて先制点。
Haraguru0gookl_r


Haraguti_r


Yorokobi_r

 豪州の猛攻もしのぎう、高い位置で奪いカウンターを仕掛ける、イエローは豪州が多い。1-0で前半は終了。しかし安心は出来ませんね。2006年のドイツW杯は前半は1-0でリード、後半に3点取られ豪州に惨敗してますから。後半ももう一点取らないと危ない。選手交代が鍵。だらだら指示をしないことだ。監督は。あれでリズムが狂う。

 後半になると豪州は一気に前がかりになりました。早いパス交換とドリブルで日本は押し込まれる。守備が遅れがちに。後半7分に原口が後ろから倒したと言う判定でPKに。微妙な判定でしたが、PKを決められ1-1に。
Haragutihansoku_r


Pk_r

 豪州はかさにかかって攻める。日本はきちんと守る。でもセカンドボールを拾われ危ない場面も何度もありました。2回ほど日本も決定機がありましたが決められません。
Honda_r


Kantoku_r

 結果は1-1の引き分け。まあそんなものでしょう。それにしても後半は豪州ボールが多すぎる。もっと攻撃をしなければ勝てないですね。順位は変わらず3位のまま。ま会負けないからよしとしましょう。
Niohondaihyout_r

日本代表98年W杯のころのクラッシック代表ユニフォームがまた着用できます。また女性サポーターが多かったです。日本のサッカーは健全に発展してますよ。原口は次世代のエースにならないといけないですね。
 ドイツのフィンケ監督が見抜いただけの才能はありますから。
Womanfan_r


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.10.07

日本VSイラク戦hは劇的な勝利

 サッカーW杯アジア最終予選のホームでのイラク戦。イラクはアウエーに関わらず守備ラインが高い。引いて守ってカウンターという中東特有の作戦ではありません。イラクは上手いしずるがしこい。難敵です。

 お互いチャンスがありましたが、なかなか決めきれない。そうしたなか前半26分なんとか分、森重からスルーパスが前線の本田へ、本田の外側を清武が回り込みパスを受け、原口にパス。原口は後ろ向きのシュートが決まり日本が1-0と先制点。
_r

_r_2
_r_3


 しかしイラクは全然へこたれない。セットプレーの対応が悪い日本。心配ですね。日本はダイレクトパスで上手く繋ぐが、両サイドのクロスが精度がなさすぎますね。

 なんとか1-0で前半を終えました。

イラク戦後半

 さてこのまま日本がイラクに勝ちきれるのか?そうはいかないと思います。何故かと言いますとイラクの選手は背負っているものが違います。サッカーが国民の希望だからです。戦乱がいまだに続くイラク。モチベーションは最後まで衰えないでしょう。

 後半の立ち上がりと、終了間際がポイントです。でも今日の日本代表は攻守の切り替えが早い。ボールを奪われたら奪われた選手が奪いに行くコンセプトに徹しているが最後まで崩れなければ日本は3-0ぐらいで勝てるでしょう。

 最後まで集中力を切らさず、疲れた選手を交代させ、最後まで走り切れたら勝つでしょう。後半立ちからガンガンイラクが来ます。イラクの攻撃力は侮りがたい。」

 しかし今日日本は清武、原口、柏木、岡崎がいいようです。ワンタッチパスが通るうちは日本は大丈夫です。イラクはしぶとい。危ない場面がおおくなって来てますね。

 選手交代が鍵ですね。最初の交代は山口蛍ですね。交代でだらだらと監督が指示をしているときに、イラクのクロスから綺麗に決められ1-1の同点。これは監督の完全なチョンボ。変えるなら指示を短く、手早くすることど。長谷部、清武を変えるべき。

_r_4

 疫病神は監督。もし負ければ監督解任ですね。酒井は下手くそ。両サイドが日本は駄目。長友、内田の復帰が待たれます。酒井はファールが多すぎる。イエローをもらい次戦は出場停止。なにをやつている!!

 原口は攻守に頑張っている。次は浅野が投入されるらしい。監督は愚だ愚だ言わず早く交代させろ!!29分に浅野が投入。イラクは前がかりなのでスペースがあるのでチャンスですね。柏木を下げてから日本がリズムが悪い。監督の交代ミスですね。

 浅野は居るがパスを出す人がいない日本。引き分けなら御の字。しかし監督の采配ミスなので、UAE戦の二の舞になりる可能性も50%。引き分けは40%。勝つのは10%。
でしょう。柏木の交代がミスです。
_r_5

 後半39分。イラクは明らかに引き分け狙い。日本も足がとまっています。ホームで勝ちきれない日本は情けない。監督は解任すべきでしょう。へぼです。

 ロスタイムにゴール前のこぼれ球を山口蛍がゴールを決めて2-1に。そのまま日本が勝ちました。監督のミスを選手がカバーしました。


_r_6


_r_7


_r_8


_r_9

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

07高知県知事選挙 | 2008年衆議院選挙関連 | 2009年衆議院選挙関係 | 2012年衆議院選挙関係 | 2012年車椅子で行く高知の観光施設 | 2013年参議院選挙関係 | 2014年東京都知事選挙 | 2015年雨漏り修繕工事 | 2015雨漏り・外壁補修工事 | 2016年参議院選挙 | 2016年首都圏遠征 | blogによる自由民権運動 | blogの伝道師・blogの鬼 | bousai_ | Eコマース・スキルアップ講座 | koutikengikaigin | NPO法人高知減災ネットワーク会議 | お花見遊覧船 | けんちゃんの今すぐ実行まちづくり | けんちゃん1人weblog | はりまや橋サロン | まちづくり | まちづくり条例見守り委員会 | アニメ・コミック | イラク派兵問題 | ウェブログ・ココログ関連 | エアーボート 救命艇 | ゴーヤ栽培日誌 | サッカー | スポーツ | スポーツのありかた | タウンモビリティ・ステーションふくねこ | チベット問題 | ニュース | ハイパーレスキュー艇・シーレックス | バリヤフリー | パソコン・インターネット | ホームページによる交流 | メディアリテラシー | ヨット関係 | ロープワーク | 三好市との交流事業 | 下知コミュニティセンター防災部会 | 下知地区防災計画・ブロック会 | 下知地域内連携協議会 | 下知町内会連合会 | 中国四川大地震 | 二葉町町内会の動き | 二葉町自主防災会 | 五台山・市民農園 | 井原勝介さん講演会 | 交通事故防止対策 | 人繋がりネットワーク | 仁淀川町と二葉町との交流 | 今治市防災士会・連合自治防災部会との交流会 | 今野清喜さん講演会 | 仙波敏郎さん講演会 | 伊野町問題 | 健康・体の問題 | 健康問題 | 入野敏郎さんみかん園 | 公共交通問題 | 公共財のありかた | 共謀罪反対運動 | 内閣府地区防災フォーラム2016年仙台 | 内閣府地区防災計画 | 前田康博さん講演会 | 南海地震対策 | 南海地震特別税 | 危機意識・リスクマネジメント | 原子力政策 | 原発と核のゴミ処理場アンケート | 原発災害 | 反ファシズム運動 | 叔母・車椅子来高・2014・10・18 | 口腔ケア | 台風・大雨対策 | 台風・大雨情報 | 台風対策 | 司馬遼太郎氏の帝国主義論 | 吉本隆明氏・追悼文 | 名古屋大学室井研二准教授 | 品川正治さん講演会関係 | 国政問題 | 国際問題 | 土佐電鉄ーごめん・なはり線 | 地区防災計画学会・高知大会2018年 | 地方の公共交通 | 地震保険 | 坂本龍馬像建立運動 | 報道関係 | 夜須町関係 | 大学問題 | 大阪北部地震2018 | 天木直人さん講演会関係 | 宇田川知人さん出演番組 | 安田純平さんを高知へ招く会関係 | 少子化問題 | 岡村眞先生講演会 | 岡林信康コンサート | 島本茂雄さん・中平崇士さん出演 | 巨大地震・津波対策用高強度発泡樹脂浮力体 | 市民参加のありかた | 平和・反核・護憲の社会運動 | 平和問題 | 平成28年度下知地区防災計画 | 広域地域間交流 | 建築物 | 感染症対策 | 憲法問題 | 戦争を知らない子供たちへの映画会」 | 戦争法案反対運動 | 戦争災害 | 排泄ケア(排尿・排便)の重要性 | 携帯・デジカメ | 政治のありかた | 政治評論 | 教育問題 | 新しいメディアの創出 | 新型インフルエンザ対策 | 新堀川市民大学 | 新堀川生態系保護問題 | 日誌風の感想 | 映画「六ヶ所村ラプソディー」 | 映画・テレビ | 昭和南海地震の記録 | 昭和小学校・防災じゅぎう | 昭和小学校防災学習 | 書籍・雑誌 | 有機農業の支援 | 朝鮮半島問題 | 木質バイオマス地域循環システム | 村上肇さんWEBセミナー | 村上肇氏BtoBセミナー | 東京近辺見聞録2013年 | 東京近辺見聞録2014年(1) | 東京近辺見聞録2015年 | 東京近郊見聞録2010 | 東京近郊見聞録2011年 | 東京近郊見聞録2012年 | 東北被災地ツアー2015年 | 東北被災地交流ツアー2005 | 東日本大震災の被災者の皆様との交流事業 | 東洋町サポーターズクラブ | 橋本大二郎さん出演番組 | 橋本県政16年の検証 | 橋本県政16年の総括 | 歩いて見る高知市 | 歴史の宝庫新堀川 | 歴史問題 | 死生観・終末観 | 母・毛山病院入院2017 | 沖縄ー高知の交流 | 沖縄基地問題 | 沢山保太郎東洋町長出演 | 河瀬聡一郎さん講演会 | 津波避難施設について | 浸水対策備品 | 漫画文化 | 父・いずみの病院 | 父・日赤・ICU | 環境問題 | 田辺浩三さん映画会(小夏の映画会) | 社会問題一般 | 社会思想問題 | 社会運動 | 神戸市長田区鷹取との交流 | 神戸市長田区鷹取東地域との交流 | 福井照 | 福井照さん出演番組 | 福祉の問題 | 空のあんちくしょう | 経済・政治・国際 | 経済問題 | 耐震偽装問題 | 脱水症対策 | 自然エネルギーの活用 | 自衛隊の救助訓練 | 芸能・アイドル | 芸術・文化 | 若者支援事業 | 蓄光塗料 | 西村吉正・春子服薬・食事情報 | 西村吉正・死去後の動き | 認知症症候群について | 認知症重度化予防実践塾 | 講演会・研修会 | 講演会・講習会 | 超高齢者の事前減災対策 | 趣味 | 路上詩人はまじさん | 連合赤軍と新自由主義の総括 | 都市再開発 | 都市論 | 錆を防ぐさびのある話 | 阪神大震災20年慰霊と交流 | 防災問題 | 防災対策 | 防衛問題 | 音楽 | 高レベル廃棄物問題 | 高知の根源・由来を考える | 高知の観光 | 高知シティFM | 高知シティFM「けんちゃんのどこでもコミュニティ」 | 高知シティFMけんちゃんのどこでもブログ | 高知シティFM最終収録 | 高知大学防災すけっと隊 | 高知学研究所 | 高知市地域コミュニティ推進課 | 高知市政問題 | 高知市社会福祉協議会 | 高知市長との意見交換会・資料2015年 | 高知減災ネットワーク会議 | 高知県政ぷらっとこうち問題 | 高知県政問題 | 高知県民マニュフェスト大会 | 高知県物産公社構想 | 高知県議会立候補者への公開質問状 | 高知蛍プロジェクト | 鵜の目鷹の目 | 2006年白バイ・スクールバス衝突事件 | 2010年参議院選挙 | 2014年東京・横浜出張 | 2014年衆議院選挙関連 | 2015年叔母北海道より車椅子の旅・高知 | 2015年県議選・市議選 | 2016年熊本地震 | 2017年衆議院選挙