健康・体の問題

2018.01.24

父は2日間無言でした。


日赤123_R

 2018年1月23日に父(98歳)が、1月19日に緊急入院した日赤のICUに面会に行きました。面会は家族限定で前日の予約が必要です。今日は私だけで面会に行きました。

 父は薄眼は開けていましたが、無言。一言も話しませんでした。後で担当の看護士の人が来られ、鼻からチューブで痰を吸い出していました。一体父の容体はどうなっているのか?医師の説明がICUでは1回もありませんでした。
父123-1_R
 明日説明をしていただくように要望しました。話が明日通じていなければ直接責任者に問いただしてみるつもりです。少し動く予定です。尿は出ているようです。
父・尿・123_R
 足のむくみは解消しました。左手のむくみはそのまま。何故左手がむくんでいるのか?看護師に聞きましたが回答がありません。医師の説明を求めます。リハビリも何もないので身体能力がどんどん低下します。それが心配です。
父左手むくみ123_R

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.01.22

父の面会に行きました。


DSCN2340_R
 2018年1月22日は午後15時より30分間日赤ICU病棟で吉正に面会しました。昨日と変り、うつらうつらと寝ていました。目を開けこちらを見ていましたが、会話はできませんでした。

 担当看護師の話では、起床時に大きな声を出していたとか。尿は沢山出たそうです。しかし左手がグローブのように異様にむくんでいました。
DSCN2341_R
 熱は37・7度でやや高めであるとか。明日も面会を予約しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.01.21

父の様子見に行きました。

 2018年1月21日ですが、14時に予約して日赤のICU(集中治療室)に父(98歳)のお見舞いに、母(92歳)と家内と3人で行きました。前日に予約し、家族限定で面会時間は30分とされています。
DSCN2326_R
 インフルエンザ流行気になりましたので、入室にマスクを着用してはいりました。靴も上履きに履き替え、手も入念に石鹸で手洗いして入りました。

 父(98歳)はICUのなかでも、隔離された1人部屋にいました。聞きますと大声で騒ぐからだそうです。私や母の姿を見つけると、「帰りたい!!ここは嫌じゃ!!」「いつ帰れるんや!」と大声で訴えます。
titi-121-2
 無るもありません。両手を拘束され(家族承諾済み)、首から緊急透析用に管が突っ込まれています。腕や鼻からも点滴してます。ベットの上で身動きできず天井を眺めるだけですから耐えられないというのは痛いほどわかります。

何とか説得して静かにさせました。緊急透析と利尿剤投与のせいで尿がたくさん出ているようで、足のむくみは入院した日’19日)の半分ぐらいで本来の足の太さになっていました。昨日はしわがありましたが、今日は正常な足の大きさになっています。
asi119asi121
 いつこの緊急事態から脱するのかはわかりません。父は状況を良く理解しています。それゆえ辛いことも。

 「早く出たかったら自分の力で治せよ!」と大きな声で言いました。父はうなづいていました。明日は勤務日なので、私だけが面会に行くので予約しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.01.20

雛人形をヤッシーへ持参しました

 昨日は父(98歳)が日赤へ緊急入院。8時間も病院にいました。WEBから注文と問い合わせが来ていました。今日処理をしました。WEBの場合は24時間、365日稼働ですから。
hinanninngyou2_R
 さて一段落したので、うちの雛人形を道の駅やすの事務所に届けに行きました。数年前から参加していますが、自宅に眠る雛人形を道の駅やすの女性スタッフの皆様が慈しみ丁寧に道の駅やすのギャラリーに展示していただいています。2月から3月末までの間です。
hinanningyoutenzi_r
 うちの雛人形ですが、娘が生まれた時に、沖縄の義母がお金を送ってくれました。母と人形屋さんに見に行って、母(現在92歳)が気に入り即決で購入しました。人形屋さんで小さく見えても、うちの狭い家に置くと自分たちがなるスペースがない有様で、娘の保育園時代に飾った程度でした。狭い納戸にしまわれています。

 道の駅やすのギャラリーは、他の人達の雛人形と一緒に女性スタッフの皆様が展示していただいています。人形たちも伸び伸びした表情をしています。

 今日は大寒でしたが暖かい日でした。雑務の合間に届けました。父が元気であれば明日は「海の散帆」を計画していましたが、それもできません。家族が元気であればこその海の散帆ですから。雛人形の展示が始まると春を意識しますね。

 午前中の「スマホDEリレー」はうまく行ったのでしょうか?もうすぎしますと父への面会に家内と一緒に行く予定です。

父(98歳)の面会に行きました。
ICU(集中治療室)へ入院2日目の父です。家内と息子と3人で行きました。面談時間は前日予約で30分だけです。

 意外に元気そうでした。首からの緊急透析のお蔭か、足のむくみは引いていました。看護士さんによれば今日は緊急透析なしで利尿剤投与だけとか。

「朝食は食べましたが、水を飲むとむせてしまいましたので鼻からの栄養チューブにしました。」とのこと。

 父は「全然面白くない!!死んだらましや」とか言っていました。全部わかっています。家内と息子にも会うと温和になりました。

 短い時間でしたが生存が確認できました。明日は母(92歳)を連れて行きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.01.19

父(98歳)が救急入院しました

 2018年1月19日ですが、植田医院にて父の診察を受けました。そのつど利尿治療をしていただいていますが、とくにこの数日は尿の量も少なく、足のむくみが酷くなり、歩行も困難になっていました。
DSCN2320_RDSCN2325_R
 それで植田一穂先生が日赤病院に連絡をしていただき、救急外来で診察していただきました。父は日赤は全く初めて。データが何もありません。例によって高度医療の検査を何項目かしたようです。ベットに乗せられ運ばれて検査していました。父は検査室の中で大きな声で「助けてくれ!」と叫んでいました。
DSCN2322_R
 植田先生が紹介状を書いて頂きましたので西山謹吾救命救急センター長・救急部長が診察していただきました。西山先生はDMAT(災害時緊急医療チーム)の隊長もなさっておられますね。お話を聞きました。

http://kochi-med.jrc.or.jp/section/emergency/index.htm

「今まで頑張ってきたことが奇跡ですね。腎臓の働きが極めて悪く、片方は機能していません。もう片方が少しだけ稼動していますが、利尿剤を植田先生ところで投与しても尿を出す力がないような状態ですね。

 この状態では緊急透析して体の中の水分を体外へ出さないといけないです。その過程で心筋梗塞や、感染症になるリスクもあり、ご家族として覚悟しておいてください。」と言われました。

 植田先生の指示で減タンパク食を実施し、運動療法と適度な水分補給で父は頑張って来ました。ことここへきて限界なのかとも思いました。

 午前10時間から午後16時30分まで日赤にいました。ICU(集中治療室)に入院することになりました。全く予想外の展開となりました。
DSCN2326_R
 ようやく16時半過ぎにICUで父と面談しました。意外に元気そうでした。明日また14時に来るからと言って別れました。電話で明日の行事「スマホDEリレー」への参加はお断りし、状況をケアマネージャーと介護予防通所リハビリ施設に報告しました。

 帰りに日赤を紹介いただいた植田一穂先生に報告に行きました。

「緊急透析は高知医療センターでもやると言われました。首からカテーテル注入ですが事故が多く難しい処置ですが順調になさったようでなによりですね。また今日は金曜日ですべての点で医療機関がフル稼働して良かったです。明日は休診ですからね。緊急透析すれば良くなって腎臓が動きように思いますよ。」と言われました。それを信じたいし、祈りたいです。

 昼食は食べぬかりましたが、お腹は減りませんでした。ICUでその昔高知青年会議所で一緒に活動していたUさんに会いました。お父さんが脳梗塞で救急搬送されてきたそうです。どこも大変です。
DSCN2329_R
 入院は想定外でしたので、今晩準備をして、午後から面談に行く予定です。午前中は今日1日が仕事が飛びましたので残務処理をします。

 さきほど夕食を食べることが出来ました。家内に感謝です。息子も明日見舞いに行くと言うので家内と息子と3人で行きます。母(92歳)は夕方でも連れて行くようにします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.01.13

父の血液検査の結果

父(98歳)は今朝は植田医院へ行きました。昨日(12日)の血液検査をした結果を教えてくれました。
吉正血液検査2018-112_NEW_R
「腎臓関係の数値は小康状態です。炎症反応を示すCRPが高いのは歯の炎症でしょう。腎臓に負荷をかけないバナンという抗生剤をだしましたので飲んで下さい。

 BNPは心不全がある場合の数値。高齢者は高めに出ます。足のむくみは改善しつつあります。」とのことです。

 自宅へ戻り昼食を食べて父は介護予防通所リハビリへ行きました。母(92歳)が朝から1日ディへ行っています。家内は、友人と映画鑑賞に出掛けました。留守番をしています。

 4時過ぎに両親は戻りますので受け入れをします。父の入浴介助も今日します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

両親は横田胃腸科内科へ行きました

 はりまや橋商店街から母(92歳)と戻り、父(98歳)と合流して横田胃腸科内科へ診察に行きました。2人とも血圧は130-70台。不整脈もありません。

 父ははーはーぜいぜい言うのに血中酸素濃度は95%ありますから。2人とも「年相応」に元気です。
DSCN2238_R

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年最初のはりまや橋サロン

 11日まで火傷治療で毛山病院へ入院していた母(92歳)ですが、1月12日は午後から2018年最初のはりまや橋サロンへ行きました。
DSCN2226_R
 いつものように歩行補助車を伴いはりまや橋商店街へ。山中ベーカリーでクッキーを買いました。

 続いて谷ひろ子さんのお店で焼き菓子を買いました。ホットコーヒーを注文し、母とお茶しました。
DSCN2228_RDSCN2230_R
 寒い中でしたが、2018年初めの「活き活き100歳体操」には12人が参加していました。皆さんお元気でした。
DSCN2234_R

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.01.12

母が退院しました


DSCN2212_R
 昨年12月9日に自宅で火傷し、22日から毛山病院に入院していました母(92歳)ですが、2018年1月11日に午後12時半に退院することが出来ました。
DSCN2213_R
 病院の関係者に挨拶し、持ち込んでいた荷物をすべて引き取り自宅へ戻りました。とても寒い日でしたが、風邪をひくこともなく入院生活を乗り切りました。

 自宅での処置が必要です。それが結構長くかかりそうですね。
DSCN2214_R

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.01.06

1月6日の超高齢者の両親の動向です

父は植田医院へ朝1番に行きました。

 2018年1月6日(土曜ですが、なんと父(98歳)は熟睡したのか午前4時半に起床していました。テレビの音がやかましく私も起床する羽目に。すぐさま暖房を入れて父の着替えの手伝いをしました。オムツも変えました。ぼったりと尿が出ていました。重たい。

 起床直後の父の両足を見ますと、足のむくみはかなり解消しています。着替えのサポートをして2階へ降り朝食の準備をしました。それでも朝食を終えてもまだ午前6時です。薬を飲んでトイレへ行って、午前8時に1階の事務所に降ろしました。

 家内は午後9時以降に溜め撮りした音楽番組のDVDを視聴し、時に深夜になるようなので、朝起床するのが辛そうなので起こしませんでした。出発前の8時に起きて来て「久しぶりに良く眠れた」と言いました。
DSCN2154_R
 8時15分過ぎに植田医院に向けて出発。8時半前に到着しました。1番乗りでした。診察は9時からでしたが、今日は父の後に既に多くの人達が来ていました。バイタル・チェックの後植田先生に診察いただきました。起床し立ち上がって歩き出すと足はむくんでいます。
DSCN2159_R
「やわらかいむくみなので、徐々に解消するとは思います。血液検査の結果も小康状態ですね。健康状態はいいので、後1歩です。」と言われました。病院でみるとふくらはぎがむくみが出ています。

 一進一退ですが、気長に利尿治療しないといけないでしょう。午後からは昼食を母(92歳)が入院していている病院で一緒に食べ、今日の午後から明後日の夕方まで一時帰宅させます。母の気分転換になるでしょうから。

 父は昼食後は午後から介護予防通所リハビリへ行く予定です。動作が緩慢になりましても積極的に体は動かさないといけないからです。

母を一時帰宅させました。
DSCN2161_R
 火傷で昨年12月21日から毛山病院に治療のため入院している母です。1月6日の昼食を病院の食堂で一緒に食べ、自宅へ連れて帰りました。少し自宅まわりを散歩し、すみれさんへコーヒーを飲みに行きましたが満席で入れませんでした。
DSCN2163_R

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

07高知県知事選挙 | 2008年衆議院選挙関連 | 2009年衆議院選挙関係 | 2012年衆議院選挙関係 | 2012年車椅子で行く高知の観光施設 | 2013年参議院選挙関係 | 2014年東京都知事選挙 | 2015年雨漏り修繕工事 | 2015雨漏り・外壁補修工事 | 2016年参議院選挙 | 2016年首都圏遠征 | blogによる自由民権運動 | blogの伝道師・blogの鬼 | bousai_ | Eコマース・スキルアップ講座 | koutikengikaigin | NPO法人高知減災ネットワーク会議 | お花見遊覧船 | けんちゃんの今すぐ実行まちづくり | けんちゃん1人weblog | はりまや橋サロン | まちづくり | まちづくり条例見守り委員会 | アニメ・コミック | イラク派兵問題 | ウェブログ・ココログ関連 | エアーボート 救命艇 | ゴーヤ栽培日誌 | サッカー | スポーツ | スポーツのありかた | タウンモビリティ・ステーションふくねこ | チベット問題 | ニュース | ハイパーレスキュー艇・シーレックス | バリヤフリー | パソコン・インターネット | ホームページによる交流 | メディアリテラシー | ヨット関係 | ロープワーク | 三好市との交流事業 | 下知コミュニティセンター防災部会 | 下知地区防災計画・ブロック会 | 下知地域内連携協議会 | 下知町内会連合会 | 中国四川大地震 | 二葉町町内会の動き | 二葉町自主防災会 | 五台山・市民農園 | 井原勝介さん講演会 | 交通事故防止対策 | 人繋がりネットワーク | 仁淀川町と二葉町との交流 | 今治市防災士会・連合自治防災部会との交流会 | 今野清喜さん講演会 | 仙波敏郎さん講演会 | 伊野町問題 | 健康・体の問題 | 健康問題 | 入野敏郎さんみかん園 | 公共交通問題 | 公共財のありかた | 共謀罪反対運動 | 内閣府地区防災フォーラム2016年仙台 | 内閣府地区防災計画 | 前田康博さん講演会 | 南海地震対策 | 南海地震特別税 | 危機意識・リスクマネジメント | 原子力政策 | 原発と核のゴミ処理場アンケート | 原発災害 | 反ファシズム運動 | 叔母・車椅子来高・2014・10・18 | 口腔ケア | 台風・大雨対策 | 台風・大雨情報 | 台風対策 | 司馬遼太郎氏の帝国主義論 | 吉本隆明氏・追悼文 | 名古屋大学室井研二准教授 | 品川正治さん講演会関係 | 国政問題 | 国際問題 | 土佐電鉄ーごめん・なはり線 | 地方の公共交通 | 地震保険 | 坂本龍馬像建立運動 | 報道関係 | 夜須町関係 | 大学問題 | 天木直人さん講演会関係 | 宇田川知人さん出演番組 | 安田純平さんを高知へ招く会関係 | 少子化問題 | 岡村眞先生講演会 | 岡林信康コンサート | 島本茂雄さん・中平崇士さん出演 | 巨大地震・津波対策用高強度発泡樹脂浮力体 | 市民参加のありかた | 平和・反核・護憲の社会運動 | 平和問題 | 平成28年度下知地区防災計画 | 広域地域間交流 | 建築物 | 感染症対策 | 憲法問題 | 戦争を知らない子供たちへの映画会」 | 戦争法案反対運動 | 戦争災害 | 排泄ケア(排尿・排便)の重要性 | 携帯・デジカメ | 政治のありかた | 政治評論 | 教育問題 | 新しいメディアの創出 | 新型インフルエンザ対策 | 新堀川市民大学 | 新堀川生態系保護問題 | 日誌風の感想 | 映画「六ヶ所村ラプソディー」 | 映画・テレビ | 昭和南海地震の記録 | 昭和小学校・防災じゅぎう | 昭和小学校防災学習 | 書籍・雑誌 | 有機農業の支援 | 朝鮮半島問題 | 木質バイオマス地域循環システム | 村上肇さんWEBセミナー | 村上肇氏BtoBセミナー | 東京近辺見聞録2013年 | 東京近辺見聞録2014年(1) | 東京近辺見聞録2015年 | 東京近郊見聞録2010 | 東京近郊見聞録2011年 | 東京近郊見聞録2012年 | 東北被災地ツアー2015年 | 東北被災地交流ツアー2005 | 東日本大震災の被災者の皆様との交流事業 | 東洋町サポーターズクラブ | 橋本大二郎さん出演番組 | 橋本県政16年の検証 | 橋本県政16年の総括 | 歩いて見る高知市 | 歴史の宝庫新堀川 | 歴史問題 | 死生観・終末観 | 母・毛山病院入院2017 | 沖縄ー高知の交流 | 沖縄基地問題 | 沢山保太郎東洋町長出演 | 河瀬聡一郎さん講演会 | 津波避難施設について | 漫画文化 | 父・日赤・ICU | 環境問題 | 田辺浩三さん映画会(小夏の映画会) | 社会問題一般 | 社会思想問題 | 社会運動 | 神戸市長田区鷹取との交流 | 神戸市長田区鷹取東地域との交流 | 福井照 | 福井照さん出演番組 | 福祉の問題 | 空のあんちくしょう | 経済・政治・国際 | 経済問題 | 耐震偽装問題 | 脱水症対策 | 自然エネルギーの活用 | 自衛隊の救助訓練 | 芸能・アイドル | 芸術・文化 | 若者支援事業 | 蓄光塗料 | 西村吉正・春子服薬・食事情報 | 認知症症候群について | 認知症重度化予防実践塾 | 講演会・研修会 | 講演会・講習会 | 超高齢者の事前減災対策 | 趣味 | 路上詩人はまじさん | 連合赤軍と新自由主義の総括 | 都市再開発 | 都市論 | 錆を防ぐさびのある話 | 阪神大震災20年慰霊と交流 | 防災問題 | 防災対策 | 防衛問題 | 音楽 | 高レベル廃棄物問題 | 高知の根源・由来を考える | 高知の観光 | 高知シティFM | 高知シティFM「けんちゃんのどこでもコミュニティ」 | 高知シティFMけんちゃんのどこでもブログ | 高知シティFM最終収録 | 高知大学防災すけっと隊 | 高知学研究所 | 高知市地域コミュニティ推進課 | 高知市政問題 | 高知市社会福祉協議会 | 高知市長との意見交換会・資料2015年 | 高知減災ネットワーク会議 | 高知県政ぷらっとこうち問題 | 高知県政問題 | 高知県民マニュフェスト大会 | 高知県物産公社構想 | 高知県議会立候補者への公開質問状 | 高知蛍プロジェクト | 鵜の目鷹の目 | 2006年白バイ・スクールバス衝突事件 | 2010年参議院選挙 | 2014年東京・横浜出張 | 2014年衆議院選挙関連 | 2015年叔母北海道より車椅子の旅・高知 | 2015年県議選・市議選 | 2016年熊本地震 | 2017年衆議院選挙