高知の観光

2017.08.11

高知市花火大会は浦戸湾で

 2017年8月9日は高知市の納涼花火大会だったようです。ドンドンという音がしていました。高知市が未だに狭い鏡川河畔に拘って花火大会を開催している理由がわかりません。高知が発展しない理由の1つでしょう。

 もう24年も前の1993年に、高知市納涼花火大会より遥かに小規模な花火大会を浦戸湾で7月13日に開催しました。高知青年会議所40周年記念事業・浦戸湾花火大会でした。1300発・700万円規模の花火大会でした。

 無人島の丸山台と、タナスカ沖に浮かべた港湾工事用の台船からは花火は打ち上げられました。浦戸湾周辺で広域に見ることが出来たので当日数万人に人達が見たのではないかと思います。浦戸湾周辺の堤防と言う堤防は、夕方から宴会場になり、卸売市場の人達は当時あった立体駐車場にて大宴会。漁業者の人達は漁船を繰り出して特等席から花火見物をしていました。

 その後高知市に何度も浦戸湾に移転して花火大会をやるべきだと言いましたが実現していません。5月に横浜で民間人有志が資金を集め、大規模な花火大会を開催されています。民間人がそこまでやっているのに高知市は動こうとしません。

 観光に力を入れるとすれば、浦戸湾での花火大会でしょうに。横浜での有志の皆様の熱意を活用するためにも、来年からは浦戸湾で花火大会をやっていただきたいと切に思いますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.02.21

下知地区県政意見交換会へ参加しました。


Sakamoto_kaizixyou_r

 2017年2月18日は、高知市下知地域代表の高知県議会議員である坂本茂雄さんの「下知地区県政意見交換会」へ出席しました。地域住民40人が参加していました。坂本茂雄さんは現在県議4期目ですが、14年の間に今回で65回目の県政意見交換会を開催し、「県政かわら版」という会報を53号発行されています。
Sakamotosetumei_2_r

 年回4回は選挙区である高知市内各地で開催されていることになります。懇親会だけ開催する県議や何の県政報告会も任期中しない県議が多い中では坂本茂雄さんは「異例な」存在であると思います。
_new_r

 今回の県政意見交換会のテーマは2月県議会では、「一般会計当初予算」を県執行部が提案し、県議会で審議することになっています。膨大な予算事業案の資料を抜粋し、裏表13枚(26ページ)の印刷物をテーマごとのツボどころを説明いただきました。

「下知の地元に関係するとことろでは、二葉町の私の事務所の隣、青柳公園西側に高知県警の下知交番が建築されます。2階建てで9684万円の予算が計上されています。津波浸水地域ですので、3階建てで屋上へ住民が避難できる施設を要望しましたが、実現しませんでした。」

「12か月ベースでは2004年以来のマイナスですが、補正予算の3か月分を含んだ15か月予算ではプラスになってはいます。」
_0001_new_r

「435万人観光を提唱し幕末維新博に期待してはいますが、観光人口は全国43位と低迷しています。42位の岩手県との差は倍以上開けられています。」
_new_r_2

「前々から提唱しているユニバーサルな観光を高知県はすべきでしょう。昨年も会派で三重県の伊勢志摩バリヤフリーセンターを視察してきました。宿泊の手配、施設の利用、交通手段の確保など、障害を持たれた旅行者と家族への配慮がなされています。この施設のお蔭で観光客も増加しています。」

_new_r_3


「高知県版の文化芸術振興組織であるアーツカウンシルを提唱しましたが、来期の県予算にされ実現するに至りました。」

「兵庫県に舞子高校に防災専門学科があります。宮城県の高鷲高校にもあります。南海トラフ地震対策として高知県の高校にも防災専門学科の新設は必要であると思います。」


 全般的な予算の説明で1時間丁寧に説明されました。続いて会場の参加者から質問や意見が出されました。

問「予算案に航空隊基地予算の充実とあるが、具体的に何をするのか?」

答「高知空港にあるヘリ格納庫を盛り土し高台にして津波対策です。」

問「防災科は高校だけでなく県立大学にもこしらえるべき。教官は岡村眞先生らを招聘すべき。高知県南海地震対策研究所をこしらえるべきでしょう。」

答「県教育員会の反応は鈍い。その気にさせないと実現はしません。今後も働きかけをしていきます。」

問「熊本地震でも4階や5階の公共建築物が倒壊した。下知の津波避難ビルは大丈夫なのか?」

答「津波避難ビル指定には地盤調査などはしていません。揺れに耐えられるかどうかは地震が起きないとわからないと思います。揺れの後しっかり建っているビルに雛するしかありません。」


問「人口が増えたと言う島根県の島の地域は、インターネットを上手く活用していました。そのあたりはどうか。」

答「現在検討中と聞いています。」

 2時間の説明と意見交換は無事に終わりました。2月20日の第66回県政意見交換会は、高知共催会館で18時半から開催されます。

 いただいた資料や、「県政かわら版」は県政を観察するのに大変参考になりますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.03.11

坂本茂雄県議の一問一答です

 

 2016年3月7日はは午後から高知市役所に所用が。その後城西公園で。詩人槇村浩の石碑を探しようやく見つけました。その後高知県議会の予算委員会を傍聴しました。地元代表の県議である坂本茂雄さんの一問一答の質疑がありました。

 まずは「南海トラフ地震対策について」でした。

 長期浸水が心配される高知市市街地(下知地区など)に対して、調査のアンケートを実施するが、その場合は地元自主防災会などの意見も徴集し、検討会への参加をさせるべきである。

 また要支援者名簿は、個人情報ではあるが、本人の同意があった場合は、自主防災会や、マンション管理組合にも開示すべきではないか。場合においては事前の開示すべきではないかと質しました。

 危機管理部長が回答。「長期浸水エリアについてはより多くの住民の意見も配慮します。要支援者名簿の開示については慎重に検討中である。

 また坂本氏が「地区防災計画を高知県下で取り組んでいるのは高知市下知地区と黒潮町だけです。兵庫県などは地区防災計画を積極的に取り入れています。高知県はより前へ出てほしい。」と言われました。

 危機管理部長は「検討中である」に留まりました。

 「憲法における緊急事態状況の必要性について」は、坂本茂雄氏は「現行法の枠内で十分に対応できます。緊急事態要項をあらたにつくる必要性はない。」と知事を糺しました。

 知事は「緊急事態、国家存亡の危機になる大災害時は、国会が機能しないことも想定できる。それゆえそういう事態になった場合の「緊急事態法」は必要であるとの見解を示しました。

「観光振興における宿泊施設のバリヤフリー化について」について観光振興部長に質問されました。

 4年前に対して33施設が45施設が対応しています。4年前より増えています。」との回答。坂本さんは「ユニバーサル・ツーリズム」の概念を観光当局や観光業界は理解し、実践すべきだと言われました。

仕事の合間に傍聴し、走り書きをしました。やりとりを正確に再現しているのかは正直自信がありません。_r

地区防災計画や事前復興計画で土木部長の答弁を坂本さんは引き出されています。しかしながら聞いていて県土木部長の観点は「上から目線」であくまで「住民を指導する」「市町村が指導するので、市町村職員を県が指導する」という相川図の上意下竜の思想に染まっています。

 これでは本来の市民参加型の地区防災計画ではありません。このたりの「勘違い」を指摘し続けてください。

Photo

地区防災計画や事前復興計画で土木部長の答弁を坂本さんは引き出されています。しかしながら聞いていて県土木部長の観点は「上から目線」であくまで「住民を指導する」「市町村が指導するので、市町村職員を県が指導する」という相川図の上意下竜の思想に染まっています。

 これでは本来の市民参加型の地区防災計画ではありません。このたりの「勘違い」を指摘し続けてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.03.04

高知市にはユニバーサルなホテルは皆無です

Titihahasyxutupeu_r

 2016年2月28日(日曜日)超高齢の両親(父96歳・母90歳)と家内と、息子も一緒にクラウンパレス・ホテルの2階の和食レストラン七福で会食をしました。
 まず車から降りることが両親とも足腰が弱くなりつつあるので案外大変。降ろすのに時間がかかりました。タワー・パーキングなので、後続車が何台もおると焦ります。こういう場合は駐車場係りの人も乗降を手伝ってもらいたいもの。

 移動は徒歩とエレベーター。あらかじめ2階の七福は予約してありゆっくり出来ます。和室ですが椅子席を予約していました。ところが靴を脱いで畳の上へ上がらないといけない。
 靴を脱ぐのに、いったん座敷へ座ると、今度は立ち上がるのに往生しました。父や母の体を抱え込み引っ張り上げないと立ち上がれません。段差が15センチで実に中途半端。高齢者は1度座り込むと立ち上がることが困難何。思い知りました。
Titihaha228_r

 食事はめいめいが好きなものを頼みました。和定食ですね。結構多くの食材があり、美味しかったです。この部屋を改造したばかりと言うことで、食後のコーヒーをサービスしていただきました。
Titihahasyokuzi1_r


Titithahasyokuzi_2_r


Tittihahakohi_r

 食事が終わって靴を履かせることがまたまた大変。部屋に会った椅子を靴脱ぎ場へ持ち出し、父を椅子に座らせ、先に靴を履かせました。立っては履かすよりは安定性があります。

 高齢化社会といいます。足腰の弱い高齢者も多いと思います。ホテル側もユニバーサルな施設の在り方を、きちんと勉強し対応してもらいないものです。実に不便でしんどかったです。息子と家内は写真嫌いなので同席はしていますが、写ってはいません。

 高知にはユニバーサルな施設対応、職員の協力をしているホテルは皆無ですね。恐らく職員研修もしていません。黒服の男性職員もおろおろするだけ。これでは高齢化社会に対応しているとは到底言えませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.11.28

高知市は過疎化の一方ですね

 月に1度の老師(89歳)の整体の日。11月は5回も長距離日帰り巡業がありましたので、体はがたがたに。ゆがみを老師に調整していただきました。今は快調です。

 しかし老師の整体所のある古家は12月末で取り壊されるとか。周辺の愛宕商店街も廃業した店舗は解体され更地になっています。
Atasgo1


Atago2

 高知駅前のプラスチック製の巨大な3志士像。実に見苦しい。イベント広場も閑散としています。撤去していただきたい。跡地は南海地震啓発館でもこしらえるべきであると思いますね。高知県は南海地震で甚大な被害が予想されてますから。県民各位の啓発は必要ですから。」
3sisizou1


Garagara

 室戸のジオパークも足摺の竜串海岸もすべて南海地震の痕跡ですから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.09.21

大渋滞の鏡川大橋付近

シルバー・ウィーク3日目。今日は1日自宅に引きもりです。さきほどようやく浴室の掃除(湯垢落とし)を終えました。耐水ペーパー(番手の大きい細かい目)でこすると水垢は良く落ちます。

 散歩で鏡川大橋方面へ。東西南北車が大渋滞しているではありませんか。そういえば昼前に来られた父が通所する介護予防リハビリ施設の職員の人が、桂浜方面は大渋滞で参りました。とのコメントが・・。
 シルバー・ウィークは近場で行楽と言うのりで皆お出かけではないでしょうか?二葉町歩道橋から見ると大渋滞。久しぶりの光景です。
_r


_r_2


_r_3


_r_4

 どうやら今年の5連休のシルバー・ウィークは県も市も桂浜方面への対策は何もしていないようです。5月の連休時には、高知新港に臨時駐車場を設置、シャトルバスで観光客を送迎していましたのに。今回は全くなしで交通がマヒしていましたね。素晴らしい県庁・市役所公務員の「事なかれ主義」「前例主義」ですね。役所は不滅です。ビジターのことなどおかまいなしですから。

 鏡川大橋南から橋を渡り1番手前の信号のところの道路を右折せられません。標識が真っ直ぐと左折の矢印しかなくわかりません。うっかり右折しますと御用となります。高知県警が待ち構えておりますのでご注意。
_r_5


_r_6


_r_7


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.05.22

タウンモビリティ・S・ふくねこへ行きました。


Fukjuneko1_r

 2015年5月22日の午後2時過ぎからは、母(89歳)が、午後2時からはりまや橋商店街で活き活き100歳体操をしている間に、電車道を挟んだ対岸にある京町商店街のタウンモビリティ・センターふくねこへ行きました。
_new_r


2_r

 目的は金曜日は、お菓子屋さんが来られ焼き菓子などを販売するので買い出しに行きました。焼き菓子を買いました。

 事務所には、笹岡和泉さんと、仙頭忍さんと前田梢さんがおられました。
Sinobukozueizumi_r


Sinoibukouzezibun_r

4人でお喋りをしました。写真撮影もしました。オープン・ハートの宇賀恵子さんが来られたので、4人での写真も撮影いただきました。
Sinobukozueizumizibun

 先日は高知市長が来られていたそうです。今年は市長選挙もありますからね。知事も知事選挙もあるので、ご招待してみてください。
 
 「常設のタウンモビリティ・センターが誕生したことは大きな前進です。留守番をやっていただいている忍さんや梢さん達に、日当が支払えるようにしたいですね。現状は家賃補助は行政がしていただいていますが、光熱費などはふくねこ負担ですから。」

「車椅子や乳母車などの貸し出しはまだまだですが、問い合わせはあります。また通りがかりの観光客の方なども寄っていただきます。関心は高まりつつありますね。」

 市や県の事業委託などが出来ればいいなと思いました。ユニバーサルな観光案内所になれば良いと思います。市長や知事に直接要望を出したり、知り合いの市議や県議とも意見交換をされて、市議会や県議会へ請願していくことも今後は必要になると思いました。

 また街中でのタウンモビリティ・センターも含んだ、商店街での防災訓練なども必要であると思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.05.01

タウンモビリティ・センター・ふくねこへ行きました。


F1_r

 母(89歳)が、活き活き100歳体操をやっている間に、電車通りを挟んだ対岸の京町商店街に、タウンモビリティ・センター・ふくねこが、4月29日に開所したので、訪問しました。手土産に谷ひろ子さんの焼き菓子と10円饅頭を持参しました。
F2_r

 今日のふくねこのお留守番には、前田梢さんと仙頭忍さんがお2人でおられました。NPO法人OPEN HERATの宇賀恵子理事長もおられました。しばらくわいわいと雑談をしていました。
Ft1_r

 タウンモビリティ・センター・ふくねこの内部の展示も見ました。
Ftenzi4_r


Ftenzi5_r


Ftenzi7_r

 そして3人のスリー・ショット写真も撮りました。前田梢さん、仙頭忍さん、宇賀恵子さんお世話になりました。
Maedasentouz_r

 こうしたユニバーサルな思想を啓蒙する施設が、高知市中心商店街に誕生したことは喜ばしいと思います。

 今まで月に1度のタウンモビリティ活動(長時間にわたる買い物が困難な人々と、特に高齢者に電動3輪車などを提供して移動を支援する仕組み。イギリスにおいてショップモビリティ(Shopmobility) として始まりました。日本では中心市街地などに導入されたので、よりなじみやすい名前が付けられ、各所で試みられています。)が、週に2回から3回開催できますので、大きく前進したと思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.04.13

高知県人の特異性は居酒屋文化かも

 私はお酒を飲むことはそれほど得意ではない。2日も飲み会が続くと調子が悪くなる方であるからです。若い時も「高知出身だからお酒は飲めるでしょう」と言われ困ったことが多々ありました。

 県民所得が低く、産業基盤の弱い高知県。そのくせ禿鷹商業資本は大好きな県民性があります。イオンやヤマダ電機やニトリや、最近進出した禿鷹コンビニのセブン・イレブンは人気ですから。

 ところが居酒屋だけは、大手居酒屋チェーンもあるにはあるが、地元勢を駆逐して、禿鷹商業資本の店舗のようにはなぜかはびこらないですね。

 夫婦でやっているような地元の居酒屋がしっかり繁盛されています。ご主人がお病気で亡くなり廃業された万太呂などは、県外の人達にも大人気でした。

 価格帯が高いので行くことはないですが、ひろめ市場などのような商業形態は、高知県以外では成り立ちません(高松でも姫路でも短期間で閉鎖したようです。)不思議な県民性であるとは思います。
Izakayahabotan_r


Izayaya1_r

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.03.20

はりまや橋商店街と野根まんじゅう浜口福月堂へ行きました。

 午後からは、母(89歳)と一緒にはりまや橋商店街へ、買い物と活き活き100歳体操(介護予防体操)へ行きました。今日は暖かい1日と高知市はなりました。
Hahaaruku1_r

 はりまや橋商店街から少し離れた駐車場にしか駐車出来ませんでした。折りたたんでトランクに入れていた歩行補助車を取り出し、母に利用してもらいました。
Hahakoroxtukeya_r


Hahasenbei_r

 まず母はコロッケ屋さんで夕飯のコロッケを調達しました。次に露店市でせんべいを購入しました。谷ひろ子さんのお店で焼き菓子を買いました。
Hahatanisan_r

 今日の活き活き100歳体操は、17人のお元気な高齢者の皆さんが参加していました。陽気もこれから良くなるので参加者が増えて行くことでしょう。
Ikiiki100sai1_r


Ikiiki100sai2_r


Hahaounotana_r

 体操が終わり、一度会社へ戻りました。高知市南部方面に集金するお客さんがありましたので、お天気もいいので母をドライブに誘いました。高知市長浜の野根まんじゅうの浜口福月堂さんへ立ち寄りました。野根まんじゅうは両親が好きなので購入しました。
Hahahamaguchi3_r


Hahamhamaguchi2_r

 お店の若奥さんに母との2ショット写真を撮影していただきました。

 戻って両親は早速お茶をして野根まんじゅうを食べていました。
Hahatitimangyou_r


| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

07高知県知事選挙 | 2008年衆議院選挙関連 | 2009年衆議院選挙関係 | 2012年衆議院選挙関係 | 2012年車椅子で行く高知の観光施設 | 2013年参議院選挙関係 | 2014年東京都知事選挙 | 2015年雨漏り修繕工事 | 2015雨漏り・外壁補修工事 | 2016年参議院選挙 | 2016年首都圏遠征 | blogによる自由民権運動 | blogの伝道師・blogの鬼 | bousai_ | Eコマース・スキルアップ講座 | koutikengikaigin | NPO法人高知減災ネットワーク会議 | お花見遊覧船 | けんちゃんの今すぐ実行まちづくり | けんちゃん1人weblog | はりまや橋サロン | まちづくり | まちづくり条例見守り委員会 | アニメ・コミック | イラク派兵問題 | ウェブログ・ココログ関連 | エアーボート 救命艇 | ゴーヤ栽培日誌 | サッカー | スポーツ | スポーツのありかた | タウンモビリティ・ステーションふくねこ | チベット問題 | ニュース | ハイパーレスキュー艇・シーレックス | バリヤフリー | パソコン・インターネット | ホームページによる交流 | メディアリテラシー | ヨット関係 | 三好市との交流事業 | 下知地区防災計画・ブロック会 | 下知地域内連携協議会 | 中国四川大地震 | 二葉町町内会の動き | 二葉町自主防災会 | 五台山・市民農園 | 井原勝介さん講演会 | 交通事故防止対策 | 人繋がりネットワーク | 仁淀川町と二葉町との交流 | 今治市防災士会・連合自治防災部会との交流会 | 今野清喜さん講演会 | 仙波敏郎さん講演会 | 伊野町問題 | 健康・体の問題 | 健康問題 | 入野敏郎さんみかん園 | 公共交通問題 | 公共財のありかた | 共謀罪反対運動 | 内閣府地区防災フォーラム2016年仙台 | 内閣府地区防災計画 | 前田康博さん講演会 | 南海地震対策 | 南海地震特別税 | 危機意識・リスクマネジメント | 原子力政策 | 原発と核のゴミ処理場アンケート | 原発災害 | 反ファシズム運動 | 叔母・車椅子来高・2014・10・18 | 台風・大雨対策 | 台風対策 | 司馬遼太郎氏の帝国主義論 | 吉本隆明氏・追悼文 | 品川正治さん講演会関係 | 国政問題 | 国際問題 | 土佐電鉄ーごめん・なはり線 | 地方の公共交通 | 地震保険 | 坂本龍馬像建立運動 | 報道関係 | 夜須町関係 | 大学問題 | 天木直人さん講演会関係 | 宇田川知人さん出演番組 | 安田純平さんを高知へ招く会関係 | 少子化問題 | 岡林信康コンサート | 島本茂雄さん・中平崇士さん出演 | 巨大地震・津波対策用高強度発泡樹脂浮力体 | 市民参加のありかた | 平和・反核・護憲の社会運動 | 平和問題 | 平成28年度下知地区防災計画 | 建築物 | 感染症対策 | 憲法問題 | 戦争を知らない子供たちへの映画会」 | 戦争法案反対運動 | 排泄ケア(排尿・排便)の重要性 | 携帯・デジカメ | 政治のありかた | 政治評論 | 教育問題 | 新しいメディアの創出 | 新型インフルエンザ対策 | 新堀川市民大学 | 新堀川生態系保護問題 | 日誌風の感想 | 映画「六ヶ所村ラプソディー」 | 映画・テレビ | 昭和南海地震の記録 | 昭和小学校・防災じゅぎう | 昭和小学校防災学習 | 書籍・雑誌 | 有機農業の支援 | 朝鮮半島問題 | 木質バイオマス地域循環システム | 村上肇さんWEBセミナー | 村上肇氏BtoBセミナー | 東京近辺見聞録2013年 | 東京近辺見聞録2014年(1) | 東京近辺見聞録2015年 | 東京近郊見聞録2010 | 東京近郊見聞録2011年 | 東京近郊見聞録2012年 | 東北被災地ツアー2015年 | 東北被災地交流ツアー2005 | 東日本大震災の被災者の皆様との交流事業 | 東洋町サポーターズクラブ | 橋本大二郎さん出演番組 | 橋本県政16年の検証 | 橋本県政16年の総括 | 歩いて見る高知市 | 歴史の宝庫新堀川 | 歴史問題 | 死生観・終末観 | 沖縄ー高知の交流 | 沖縄基地問題 | 沢山保太郎東洋町長出演 | 河瀬聡一郎さん講演会 | 津波避難施設について | 漫画文化 | 環境問題 | 田辺浩三さん映画会(小夏の映画会) | 社会問題一般 | 社会思想問題 | 社会運動 | 神戸市長田区鷹取との交流 | 神戸市長田区鷹取東地域との交流 | 福井照 | 福井照さん出演番組 | 福祉の問題 | 空のあんちくしょう | 経済・政治・国際 | 経済問題 | 耐震偽装問題 | 脱水症対策 | 自然エネルギーの活用 | 自衛隊の救助訓練 | 芸能・アイドル | 芸術・文化 | 若者支援事業 | 蓄光塗料 | 西村吉正・春子服薬・食事情報 | 認知症症候群について | 認知症重度化予防実践塾 | 講演会・研修会 | 超高齢者の事前減災対策 | 趣味 | 路上詩人はまじさん | 連合赤軍と新自由主義の総括 | 都市再開発 | 都市論 | 錆を防ぐさびのある話 | 阪神大震災20年慰霊と交流 | 防災問題 | 防災対策 | 防衛問題 | 音楽 | 高レベル廃棄物問題 | 高知の根源・由来を考える | 高知の観光 | 高知シティFM | 高知シティFM「けんちゃんのどこでもコミュニティ」 | 高知シティFMけんちゃんのどこでもブログ | 高知シティFM最終収録 | 高知大学防災すけっと隊 | 高知学研究所 | 高知市地域コミュニティ推進課 | 高知市政問題 | 高知市社会福祉協議会 | 高知市長との意見交換会・資料2015年 | 高知減災ネットワーク会議 | 高知県政ぷらっとこうち問題 | 高知県政問題 | 高知県民マニュフェスト大会 | 高知県物産公社構想 | 高知県議会立候補者への公開質問状 | 高知蛍プロジェクト | 鵜の目鷹の目 | 2006年白バイ・スクールバス衝突事件 | 2010年参議院選挙 | 2014年東京・横浜出張 | 2014年衆議院選挙関連 | 2015年叔母北海道より車椅子の旅・高知 | 2015年県議選・市議選 | 2016年熊本地震