高知の観光

2023.03.05

坂本茂雄さんの質疑を傍聴しました。

 2023年3月1日(水曜日)ですが、役所の訪問の後で少し時間が空きましたので、高知市下知地区の地元県議会議員の坂本茂雄さんの「令和5年2月高知県議会定例会での質疑並びに一御案質問」を傍聴しました。久しぶりです。昨年12月からなにかと気ぜわしく追い立てられる生活の連続でした。少しリズムをかえたいということと、「50年ぶり」に政治に向き合う意味もありました。

 

 坂本茂雄さんの質問項目は5項目でした。

 

①知事の政治姿勢について
②これまでの新型コロナウィルス感染症対策の総括と今後の対策について
③住宅確保配慮者の住宅確保と住いの支援について
➃少子化対策・子育て支援について
⑤南海トラフ地震対策における課題について   でした。
 どれも大事で重たい課題です。なにせ私の場合は「50年間」というもの政治にまともに向き合いませんでした。というか向き合えませんでした。自分で決めた「総括」もできてはいませんが、気もちを新たにして、何の偏見もなく政治に向き合うようにしようと思いました。
 坂本さんと知事以下兼執行部とのやり取りを聞いていましても、奥深い問題があるようで、すべて理解できません。印象に残ったやり取りや、答弁をあげてみたいと思います。

 

①知事の政治姿勢について
 坂本県議「目に見える形で産業振興や健康長寿の県政推進を言われるが、とり残される多くの県民がいます。
 また知事は関西地区との連携を強調されていますが、県民の関心は薄いし、実際に成果があがっているのか。」
 知事「デジタル化、グルーン化、グローバル化は世の中の潮流。県民が取り残されないような手を打ちたいと思う。また関西圏は首都圏よりちかくの経済圏。大阪梅田に県のアンテナ店も出して成果を上げるようにしたい。」

 

②これまでの新型コロナウィルス感染症対策の総括と今後の対策について
 坂本県議「高齢化施設でのクラスターが発生した場合でも、医療機関が対応できない事態になりました。助かるはずの命が救えない事態にもなった。5類になっても感染症の脅威は続く。」
 知事「コロナ禍の3年間はいろんな教訓を残しました。そのなかでも昨年はよさこいの開催や、今年の龍馬マラソンの開催で得られたことと課題も見つかりました。

 

③住宅確保配慮者の住宅確保と住いの支援について

 

 坂本県議「要配慮者への住宅確保十分といは言えない。福祉部門との連携は必要だ。」
 知事「住宅部門と福祉部門の連携はご指摘どうりやらなければならない。」

 

➃少子化対策・子育て支援について

 

 坂本県議「保育士は不足気味であり、支援策が弱い。特に産後の母子への支援は必要。」
 知事「保育士チームをつくり対処したい。保育師の待遇改善は国の制度も活用し行いたい。」

 

⑤南海トラフ地震対策における課題について 

 

 坂本県議「事前復興まちづくり計画を早急に策定する必要がある。その要は仮設住宅用地の確保です。L2想定の場合必要とする7・7万戸の3割しか未だに確保でこいていない。どうするのか?」

 

 知事「今までの民有地確保のやり方であれば年に1ヘクターつしか確保できない。航空写真で適地を探しそのあとから地権者と交渉する。スピードアップしたい。」

 

 詳しい質疑は後日坂本茂雄さんのホームページでも公開されるとおもいます。私は印象に残った断片を記述してみました。
 県議会の議場は写真撮影などが禁止されています。録音も禁止。やり取りをメモ書きしました。50年ぶりの「政治」は新鮮でした。地方社会の多くは議場で議論し決められるのですから大事な場所ですね。

 

| | コメント (0)

2021.04.14

岡内啓明さんのご逝去を悼む

f-tosa07
2021年4月1日に73歳でご逝去されました岡内啓明さん。高知の食文化や観光振興のためにご自身の企業や業界全体で精力的に取り組まれておられました。業績につきましては新聞報道などもありました。私個人の追悼文を記述します。(2021年4月8日に告別式に参列しました。)

 1つ目は私は1985年に高知青年会議所に入会しました。岡内啓明さんは当時四国地区協議会会長でした。新居浜での四国地区大会は船上で開催されていました。大会は懇親会になりステージでバンドが演奏しファンキーな曲になりダンサーが踊っていました。
 わたしもいい気分になり。壇上に上がり一緒に踊りました。そしたら主催者の新居浜青年会議所の皆さんが私を排除しにかかりました。(当然です。)こずかれたりしました。「なにしようらあ」と私はいい、新居浜の連中と壇上で乱闘になりました。高知の先輩方が総出で止めにはいりました。
 岡内啓明さんの晴れの門出の日を高知の1新入会員がぶち壊しました。そのことを岡内さんは覚えておられ、「健一お前には時効はないぜよと」と言っておられました。
 
 2つ目は翌年(1986年)先輩会員の推薦で日本青年会議所の研修委員会へ出向になりました。岡内啓明さんは高知青年会議所の理事長になられました。確か富山での青年会議所全国大会で88年の高知での全国大会の開催が決まりました。岡内啓明さんが日本青年会議所役員に熱弁を振るわれたと聞きました。
 その年翌年私は理事委員長になりました。来年の委員会事業案と予算案の審議を理事予定者会議で決めました。わたしの番が来た時に先輩理事各位から私の事業案は総批判されました。理由は「全国大会前年度に法外な委員会予算だ。」「高知市の青年会議所が何故市外の夜須町の事業(県マリンタウン計画)に肩入れするのか?」ということでした。ごもっともな正論でした。

 わたしは批判すべてに反論し、論証しました。応酬はその日に終わらず徹夜になりました。直前理事長の岡内啓明さんが仲裁に入っていただきました。そして理事各位の理解を得ることが出来ました。翌年(1987年)「海洋連続セミナー」開催し、アメリカ西海岸研修ツアーも実施し、その成果がヤッシーパークになりました。

http://kenchan-radio.sakura.ne.jp/dokodemo/yasu4/index.html

 岡内啓明さんは指導力のある人でした。また議論では独裁的ではなく、異論(私のような異端者)を排除せず、議論を尽くし、落としどころを考え、合意形成を丁寧に行う公平な人でした。(国政のリーダーである安倍晋三や菅のように異論者を排除しまくる指導者より器は遥かに大きな人でした。)。当時の青年会議所の異端者である私が言うのですから間違いありません。

 3つ目は岡内啓明さんが、思うところがあって2003年に高知市長選挙に立候補されたことがありました。当時の高知市長が任期途中で辞職し、県知事選挙に出馬されました。1994年の高知市長選挙時にわたしはある候補者の陣営に1年間いて活動していたこともあり、お声がかかりました。(私が関与した市長候補は敗北しました。)

 事前にある労働組合の幹部に打診しに行きました。すると「市役所内部から候補者は出ます。推薦はできません。」と断りました。市議会議員の知り合いも市役所から出る候補者を支援するとのことで、陣形が既に固まっていました。
 当時私は岡内啓明さんに「市長選挙は青年会議所活動とは異なります。陣形はすでに固まっています。勝算はありません。また高知の観光振興や高知の食文化の振興は超党派で出来ることです。選挙に出馬する必要はありません。」と差出がましいことを申し上げました。嫌われたと思います。

 4つ目は岡内啓明さんは、毎日午後2時すぎにうちの事務所前を通過し、五台山の頂上まで歩き、午後4時過ぎに再び通過しウォーキングを毎日継続されていました。雨の日は合羽を着用、炎天下の時は日よけの帽子を被り毎日歩かれていました。

 体は青年会議所の現役時代に比べ引き締まりスリムになっていました。ご本人は「血糖値が高かったが今は正常だ。」と言われていました。私が昨年から腰痛改善リハビリ・ウォーキングを始めましたが、散歩の先駆者である岡内啓明さんを真似したのです。

 ウォーキングされていた頃の岡内啓明さんは健康そのものでした。今回の訃報には驚いています。まだまだ高知のためにご活躍なさることであると思っていました。

 心よりご冥福をお祈りします。

 岡内啓明さんとご一緒に写った写真はありません。唯一1988年の日本青年会議所全国大会時の記念事業「ふりーじゃきにTOSAビックロックフェスティバル」の開催後の打ち上げの写真があるだけです。
f-tosa18
http://kenchan-radio.sakura.ne.jp/dokodemo/whatnew1/okamura/f-tosa1988.html

 防災の観点から言えば、岡内啓明さんは2007年に社長に就任されました。真っ先にされたことは、本社を海抜1Mの卸団地から、南国市の高台に移転させて事です。会社は盤石です。羨ましいです。

| | コメント (0)

2018.10.17

西郷どんの高知での痕跡

 母(92歳)が通所しているデイ・サービス施設の近くにある東九反田公園。今はひなびた小規模公園ですが、その昔は開誠館があり、憲政記念館もあったようです。建物は取り壊され、小さな児童公園になっています。
開誠館跡。西郷。木戸・板垣
 明治の初めここにあった建物に、西郷隆盛と木戸孝允、板垣退助らが新政府の運営について話し合いをしたと石碑に書いてありました。それを偲ぶ、追体験する建物は既にありません。
西郷来訪
 大きな石造の憲政記念の碑もどうしてこの地にあるのかわかりません。高知県の観光業界は「幕末維新博」であるとか「明治150年」とか、まくし立てていますが、西郷どんが高知に足を踏み入れた場所が、あまりにあっさりと「石碑化」しているのは残念です。
憲政記念碑

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.05.11

どうなる・ヤッシー

 全然知りませんでしたが、(株)ヤッシーの代表者が変更になっていました。どうなるのでしょうか?
,ヤッシー経営者交代_NEW_R

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.04.19

桂浜へ行きました


桂浜_R
 今日は県内を巡回していました。丁度昼食時に、高知市桂浜近くにいましたので、桂浜へ行きました。今年は3月3日の地区防災計画学会・高知大会」の翌日に下知見学の後桂浜に行った以来ですね。

http://futaba-bousai.cocolog-nifty.com/blog/cat73038353/index.html

 最高のお天気でした。海が良く映える。「龍馬像に大接近」というイベントをやっていて、坂本龍馬像の高さと同じ高さのやぐらに上りました。
龍馬像_R
 アイスクリンを食べながら桂浜を散策するのはいいものですね。
アイス_R

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.04.05

娘を送迎しました

 2018年4月5日。天気は晴れ。事務所の気温は19度、湿度は61%です。天気図でも移動性高気圧に覆われ西日本は晴天です。
DSCN4086_R
 月曜日の午後帰省した娘は、尾道へ行きたいとの事で、高知駅午前6時初の南風号(アンパンマン列車)で出発しました。友人の多くは皆県外。学生時代のように会う事もなく退屈であったとか。

 南風号は3両編成。高知駅が始発ですが。娘が乗り込んだ先頭車両の痔自由席には4人、次の自由席車両にも3人、最後尾の指定席車両には2人しか乗車しておらず10人もいません。こんな状態で存続できるのでしょうか?心配ですね。
DSCN4090_R
 駅の中には、郷土の偉人であるやなせたかしさんの小規模なアンパンマン・ワールドがようやく出来ました。乗り物や自販機もアンパンマン仕様です。もっと徹底的にやればいいのにと思います。
DSCN4091_RDSCN4092_R
DSCN4094_R
 いつまでもプラスチック増の「3志士像」が駅前に置かれているのが見苦しい。あれはアンパンマン、ジャムおじさん、バイキンマンの像にし、8年前の「龍馬伝」でNHKがスタジオ・セットに使用した「ガラクタ」を展示するよりは、アンパンマンの施設をこしらえた方が遥かに集客力があるのではないかと思いますね。
DSCN4095_RDSCN4096_R

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.08.11

高知市花火大会は浦戸湾で

 2017年8月9日は高知市の納涼花火大会だったようです。ドンドンという音がしていました。高知市が未だに狭い鏡川河畔に拘って花火大会を開催している理由がわかりません。高知が発展しない理由の1つでしょう。

 もう24年も前の1993年に、高知市納涼花火大会より遥かに小規模な花火大会を浦戸湾で7月13日に開催しました。高知青年会議所40周年記念事業・浦戸湾花火大会でした。1300発・700万円規模の花火大会でした。

 無人島の丸山台と、タナスカ沖に浮かべた港湾工事用の台船からは花火は打ち上げられました。浦戸湾周辺で広域に見ることが出来たので当日数万人に人達が見たのではないかと思います。浦戸湾周辺の堤防と言う堤防は、夕方から宴会場になり、卸売市場の人達は当時あった立体駐車場にて大宴会。漁業者の人達は漁船を繰り出して特等席から花火見物をしていました。

 その後高知市に何度も浦戸湾に移転して花火大会をやるべきだと言いましたが実現していません。5月に横浜で民間人有志が資金を集め、大規模な花火大会を開催されています。民間人がそこまでやっているのに高知市は動こうとしません。

 観光に力を入れるとすれば、浦戸湾での花火大会でしょうに。横浜での有志の皆様の熱意を活用するためにも、来年からは浦戸湾で花火大会をやっていただきたいと切に思いますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.02.21

下知地区県政意見交換会へ参加しました。


Sakamoto_kaizixyou_r

 2017年2月18日は、高知市下知地域代表の高知県議会議員である坂本茂雄さんの「下知地区県政意見交換会」へ出席しました。地域住民40人が参加していました。坂本茂雄さんは現在県議4期目ですが、14年の間に今回で65回目の県政意見交換会を開催し、「県政かわら版」という会報を53号発行されています。
Sakamotosetumei_2_r

 年回4回は選挙区である高知市内各地で開催されていることになります。懇親会だけ開催する県議や何の県政報告会も任期中しない県議が多い中では坂本茂雄さんは「異例な」存在であると思います。
_new_r

 今回の県政意見交換会のテーマは2月県議会では、「一般会計当初予算」を県執行部が提案し、県議会で審議することになっています。膨大な予算事業案の資料を抜粋し、裏表13枚(26ページ)の印刷物をテーマごとのツボどころを説明いただきました。

「下知の地元に関係するとことろでは、二葉町の私の事務所の隣、青柳公園西側に高知県警の下知交番が建築されます。2階建てで9684万円の予算が計上されています。津波浸水地域ですので、3階建てで屋上へ住民が避難できる施設を要望しましたが、実現しませんでした。」

「12か月ベースでは2004年以来のマイナスですが、補正予算の3か月分を含んだ15か月予算ではプラスになってはいます。」
_0001_new_r

「435万人観光を提唱し幕末維新博に期待してはいますが、観光人口は全国43位と低迷しています。42位の岩手県との差は倍以上開けられています。」
_new_r_2

「前々から提唱しているユニバーサルな観光を高知県はすべきでしょう。昨年も会派で三重県の伊勢志摩バリヤフリーセンターを視察してきました。宿泊の手配、施設の利用、交通手段の確保など、障害を持たれた旅行者と家族への配慮がなされています。この施設のお蔭で観光客も増加しています。」

_new_r_3


「高知県版の文化芸術振興組織であるアーツカウンシルを提唱しましたが、来期の県予算にされ実現するに至りました。」

「兵庫県に舞子高校に防災専門学科があります。宮城県の高鷲高校にもあります。南海トラフ地震対策として高知県の高校にも防災専門学科の新設は必要であると思います。」


 全般的な予算の説明で1時間丁寧に説明されました。続いて会場の参加者から質問や意見が出されました。

問「予算案に航空隊基地予算の充実とあるが、具体的に何をするのか?」

答「高知空港にあるヘリ格納庫を盛り土し高台にして津波対策です。」

問「防災科は高校だけでなく県立大学にもこしらえるべき。教官は岡村眞先生らを招聘すべき。高知県南海地震対策研究所をこしらえるべきでしょう。」

答「県教育員会の反応は鈍い。その気にさせないと実現はしません。今後も働きかけをしていきます。」

問「熊本地震でも4階や5階の公共建築物が倒壊した。下知の津波避難ビルは大丈夫なのか?」

答「津波避難ビル指定には地盤調査などはしていません。揺れに耐えられるかどうかは地震が起きないとわからないと思います。揺れの後しっかり建っているビルに雛するしかありません。」


問「人口が増えたと言う島根県の島の地域は、インターネットを上手く活用していました。そのあたりはどうか。」

答「現在検討中と聞いています。」

 2時間の説明と意見交換は無事に終わりました。2月20日の第66回県政意見交換会は、高知共催会館で18時半から開催されます。

 いただいた資料や、「県政かわら版」は県政を観察するのに大変参考になりますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.03.11

坂本茂雄県議の一問一答です

 

 2016年3月7日はは午後から高知市役所に所用が。その後城西公園で。詩人槇村浩の石碑を探しようやく見つけました。その後高知県議会の予算委員会を傍聴しました。地元代表の県議である坂本茂雄さんの一問一答の質疑がありました。

 まずは「南海トラフ地震対策について」でした。

 長期浸水が心配される高知市市街地(下知地区など)に対して、調査のアンケートを実施するが、その場合は地元自主防災会などの意見も徴集し、検討会への参加をさせるべきである。

 また要支援者名簿は、個人情報ではあるが、本人の同意があった場合は、自主防災会や、マンション管理組合にも開示すべきではないか。場合においては事前の開示すべきではないかと質しました。

 危機管理部長が回答。「長期浸水エリアについてはより多くの住民の意見も配慮します。要支援者名簿の開示については慎重に検討中である。

 また坂本氏が「地区防災計画を高知県下で取り組んでいるのは高知市下知地区と黒潮町だけです。兵庫県などは地区防災計画を積極的に取り入れています。高知県はより前へ出てほしい。」と言われました。

 危機管理部長は「検討中である」に留まりました。

 「憲法における緊急事態状況の必要性について」は、坂本茂雄氏は「現行法の枠内で十分に対応できます。緊急事態要項をあらたにつくる必要性はない。」と知事を糺しました。

 知事は「緊急事態、国家存亡の危機になる大災害時は、国会が機能しないことも想定できる。それゆえそういう事態になった場合の「緊急事態法」は必要であるとの見解を示しました。

「観光振興における宿泊施設のバリヤフリー化について」について観光振興部長に質問されました。

 4年前に対して33施設が45施設が対応しています。4年前より増えています。」との回答。坂本さんは「ユニバーサル・ツーリズム」の概念を観光当局や観光業界は理解し、実践すべきだと言われました。

仕事の合間に傍聴し、走り書きをしました。やりとりを正確に再現しているのかは正直自信がありません。_r

地区防災計画や事前復興計画で土木部長の答弁を坂本さんは引き出されています。しかしながら聞いていて県土木部長の観点は「上から目線」であくまで「住民を指導する」「市町村が指導するので、市町村職員を県が指導する」という相川図の上意下竜の思想に染まっています。

 これでは本来の市民参加型の地区防災計画ではありません。このたりの「勘違い」を指摘し続けてください。

Photo

地区防災計画や事前復興計画で土木部長の答弁を坂本さんは引き出されています。しかしながら聞いていて県土木部長の観点は「上から目線」であくまで「住民を指導する」「市町村が指導するので、市町村職員を県が指導する」という相川図の上意下竜の思想に染まっています。

 これでは本来の市民参加型の地区防災計画ではありません。このたりの「勘違い」を指摘し続けてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.03.04

高知市にはユニバーサルなホテルは皆無です

Titihahasyxutupeu_r

 2016年2月28日(日曜日)超高齢の両親(父96歳・母90歳)と家内と、息子も一緒にクラウンパレス・ホテルの2階の和食レストラン七福で会食をしました。
 まず車から降りることが両親とも足腰が弱くなりつつあるので案外大変。降ろすのに時間がかかりました。タワー・パーキングなので、後続車が何台もおると焦ります。こういう場合は駐車場係りの人も乗降を手伝ってもらいたいもの。

 移動は徒歩とエレベーター。あらかじめ2階の七福は予約してありゆっくり出来ます。和室ですが椅子席を予約していました。ところが靴を脱いで畳の上へ上がらないといけない。
 靴を脱ぐのに、いったん座敷へ座ると、今度は立ち上がるのに往生しました。父や母の体を抱え込み引っ張り上げないと立ち上がれません。段差が15センチで実に中途半端。高齢者は1度座り込むと立ち上がることが困難何。思い知りました。
Titihaha228_r

 食事はめいめいが好きなものを頼みました。和定食ですね。結構多くの食材があり、美味しかったです。この部屋を改造したばかりと言うことで、食後のコーヒーをサービスしていただきました。
Titihahasyokuzi1_r


Titithahasyokuzi_2_r


Tittihahakohi_r

 食事が終わって靴を履かせることがまたまた大変。部屋に会った椅子を靴脱ぎ場へ持ち出し、父を椅子に座らせ、先に靴を履かせました。立っては履かすよりは安定性があります。

 高齢化社会といいます。足腰の弱い高齢者も多いと思います。ホテル側もユニバーサルな施設の在り方を、きちんと勉強し対応してもらいないものです。実に不便でしんどかったです。息子と家内は写真嫌いなので同席はしていますが、写ってはいません。

 高知にはユニバーサルな施設対応、職員の協力をしているホテルは皆無ですね。恐らく職員研修もしていません。黒服の男性職員もおろおろするだけ。これでは高齢化社会に対応しているとは到底言えませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

07高知県知事選挙 08syugin_ 2008年衆議院選挙関連 2009年衆議院選挙関係 2012年衆議院選挙関係 2012年車椅子で行く高知の観光施設 2013年参議院選挙関係 2014年東京都知事選挙 2015年雨漏り修繕工事 2015雨漏り・外壁補修工事 2016年参議院選挙 2016年首都圏遠征 2019年参議院選挙 2019年高知市長選挙 2019年高知県知事選挙 2019年高知県議会議員選挙 2019高知市議会議員選挙 2022年沖縄県知事選挙 2023年二葉町総合防災訓練 2023年東京見聞録 2023年高知市長選挙 2024二葉町自主防災会事業計画 70sai AIが作る未来 AI失業の現実 blogによる自由民権運動 blogの伝道師・blogの鬼 BMI22 bousai_ EV自動車 EV車は環境に負荷 Eコマース・スキルアップ講座 koutikengikaigin NPO法人高知減災ネットワーク会議 SOSカード U23優勝2024年 W杯カタール大会2022 おんぶらっく おんぶらっく大人用 お花見遊覧船 けんちゃんの今すぐ実行まちづくり けんちゃん1人weblog なでしこジャパン はりまや橋サロン まちづくり まちづくり条例見守り委員会 よさこい祭り アニメ・コミック イラク派兵問題 インド映画 ウェブログ・ココログ関連 エアーボート 救命艇 カタールW杯2022年 カップヌードル。ミュージアム カップヌードルを完全食品に カップヌードルミュージアム カラー・ユニバーサルデザイン コロナ感染症療養体験 ゴミの不法投棄対策 ゴーヤ栽培日誌 サイエンスカフェ サッカー サッカー観戦日誌 シニア世代の労働力 スポーツ スポーツのありかた スマホへの依存は危険 スマホ活用防災講座 スマホDEリレー スマホSOSシステム タウンモビリティ・ステーションふくねこ ダブルスタンダード チベット問題 デジタル全体主義 トラック物流問題 ニュース ハイパーレスキュー艇・シーレックス バリヤアリー住宅 バリヤフリー パソコン・インターネット ヒューマンネットワーク ピアフロート(浮力体) ピースウィンズ・ジャパン ファクトチェック プレゼンの方法 ホームページによる交流 マンション自主防災会の訓練 メガネのテスト走行 メディアリテラシー ヤッシー西開口口テトラ投入問題 ヨットと人生 ヨット関係 リハビリ・ウォーキング レトルト玄米長期保存食 ロシアのウクライナ軍事侵攻問題 ロック音楽の元祖 ロープワーク 三好市との交流事業 下知コミュニティセンター防災部会 下知中小零細企業BCP研究会 下知交番だより 下知交番との地域での協働 下知地区減災連絡会 下知地区防災計画 下知地区防災計画・ブロック会 下知地域内連携協議会 下知町内会連合会 下知防災紙芝居 不当要求防止責任者講習 不燃物・資源仕分けステーション 両下肢蜂巣炎 両親の供養 中国四川大地震 中土佐町との交流事業 事前復興まちづくり計画 事前減災対策としてのインフラ整備 事業継続力強化計画 事業継続力強化計画支援セミナー 事業継続力強化計画策定支援セミナー 二葉町ゆかりの巨匠 二葉町ゴミ問題 二葉町町内会の動き 二葉町町内会防虫・清掃活動 二葉町総合防災訓練2020年 二葉町総合防災訓練2019年 二葉町総合防災訓練2021年 二葉町総合防災訓練2022年 二葉町総合防災訓練2023年 二葉町自主防災会 二葉町防災世帯調査 五台山・市民農園 井原勝介さん講演会 交通事故防止対策 人助けの国際貢献 人助けの国際貢献を! 人繋がりネットワーク 人間の体は不思議です。 仁淀川整備計画変更説明会 仁淀川町と二葉町との交流 仁淀川町への広域避難訓練 仁淀川町への疎開(広域避難訓練)が全国放映に 仁淀川町防災キャンプ 今治市防災士会・連合自治防災部会との交流会 今野清喜さん講演会 仙波敏郎さん講演会 令和5年度高知県南海トラフ地震対策優良取組事業所認定制度・認定書交付式 企業BCP 企業の社会貢献 企業版ふるさと納税 企業BCPの策定 伊野町問題 伝える力の大切さ 低温火傷 体力ドックはよい仕組み」 体成分測定 価値観の違いを道める多様性の必要 偉大な日本人・中村哲さんお映画 健康・体の問題 健康問題 傷害のある方との協働 入野敏郎さんみかん園 公共交通問題 公共社会インフラの維持管理 公共財のありかた 公共避難所の食料備蓄 共謀罪反対運動 内臓脂肪レベルの低下は目標 内閣府地区防災フォーラム2016年仙台 内閣府地区防災計画 分譲マンション建て替え問題 前田康博さん講演会 加山雄三さんは凄い 南海地震対策 南海地震特別税 危機意識・リスクマネジメント 原子力政策 原発と核のゴミ処理場アンケート 原発災害 厳しい自治体の現状 反ファシズム運動 叔母・車椅子来高・2014・10・18 受援力」(支援を受ける力) 口腔ケア 台湾は防災対策の先進国 台風・大雨対策 台風・大雨情報 台風対策 司馬遼太郎氏の帝国主義論 吉本隆明氏・追悼文 吉正の7回忌 名取市閖上地区との交流 名古屋大学室井研二准教授 品川正治さん講演会関係 嚥下障害改善食 国政問題 国語力・読解力の向上 国際問題 土佐電鉄ーごめん・なはり線 在宅介護と仕事 在日外国人との共生 地区防災計画学会・高知大会2018年 地域警察との連携 地方の公共交通 地方紙の衰退を憂う 地震保険 坂本茂雄・県政かわら版 坂本龍馬像建立運動 報道関係 変わるアジアのサッカー勢力図 夜須沖からの津波避難 夜須町関係 大学問題 大阪万博問題 大阪北部地震2018 天木直人さん講演会関係 宇田川知人さん出演番組 安田純平さんを高知へ招く会関係 家庭用放射線測定器 少子化問題 岡村眞先生講演会 岡林信康コンサート 岩手日報の震災特集記事 島本茂雄さん・中平崇士さん出演 巨大地震・津波対策用高強度発泡樹脂浮力体 市民参加のありかた 平和・反核・護憲の社会運動 平和問題 平成天皇を称えます 平成28年度下知地区防災計画 広域地域間交流 広域避難訓練 建築物 弥右衛門公園は防災機能公園? 徳島県美波町との交流 性加害問題 悪路走行可能な台車 感染症対策 憲法問題 戦争を知らない子供たちへの映画会」 戦争法案反対運動 戦争災害 手結福島・南地区自主防災会 排泄ケア(排尿・排便)の重要性 揺れ対策 損保会社の対応 携帯・デジカメ 摂食嚥下障害 政治のありかた 政治評論 故井内市長との意見交換2023年 救命船南風 教育問題 散歩の効用 文藝春秋6月号 新しいメディアの創出 新しい生活習慣(その2) 新型インフルエンザ対策 新型コロナウィルス対策 新堀川市民大学 新堀川生態系保護問題 日本の裁判官 日本国憲法の再評価 日清食品・完全メシ 日米地位協定の改定 日誌風の感想 映画「六ヶ所村ラプソディー」 映画スープとイデオロギー 映画・テレビ 映画・福田村事件 春子ロス 昭和南海地震の記録 昭和小学校・防災じゅぎう 昭和小学校防災学習 暴力追放運動 書籍・雑誌 有機農業の支援 朝鮮半島問題 木質バイオマス地域循環システム 村上肇さんWEBセミナー 村上肇氏BtoBセミナー 東京五輪・パラリンピック2021 東京五輪・パラ五輪の在り方 東京近辺見聞録2013年 東京近辺見聞録2014年(1) 東京近辺見聞録2015年 東京近郊見聞録2010 東京近郊見聞録2011年 東京近郊見聞録2012年 東北被災地ツアー2015年 東北被災地交流ツアー2005 東日本大震災の被災者の皆様との交流事業 東洋町サポーターズクラブ 核融合発電 桜の開花はエポキシ塗料の硬化剤の見極めに季節 横紋筋融解症 橋本大二郎さん出演番組 橋本県政16年の検証 橋本県政16年の総括 歩いて見る高知市 歯の健康維持 歴史の宝庫新堀川 歴史問題 死生観・終末観 母ショートスティ 母・デイケア 母・春子の供養 母・春子の健康情報 母・春子の在宅介護日誌 母・毛山病院入院2017 母・西村春子介護日誌 母入院・細木病院 母入院2022年 母春子の供養 母春子の逝去 母春子の1周忌 母春子を支援いただいた皆様へのお礼状 毛様体筋 気象庁情報の正確な伝達 水道管凍結防止対策 沖縄ー高知の交流 沖縄基地問題 沖縄返還50年 沖縄返還52年目 沢山保太郎東洋町長出演 河瀬聡一郎さん講演会 治す介護の推進 津波浸水仮想救助訓練 津波避難ビル巡り2023 津波避難施設について 浦戸湾三重防護整備 海からの高台への津波避難 海での防災対策 浸水地区に救命艇 浸水対策備品 漫画文化 災害ボランティアセンター 災害大国日本 父・いずみの病院 父・吉正の7回忌 父・日赤・ICU 牧野富太郎さんの偉大さ 牧野富太郎と植物 献血定年 献血時血液検査表 環境問題 田辺浩三さん映画会(小夏の映画会) 町内会資源・不燃物仕分けステーション 略奪文化財の返還問題 発泡スチロール板 白内障と眼病の治療 目の治療とメンテナンス 目指せYA体 県内大学防災サークル 県地産・地消課 県教育委員会学校安全対策課 県立大学地域学概論 真備町関係者との交流 眼鏡による視力矯正 眼鏡の調整は難しい 硝子体切除術 社会問題一般 社会思想問題 社会運動 神戸市長田区鷹取との交流 神戸市長田区鷹取東地域との交流 福井照 福井照さん出演番組 福祉の問題 福祉事業所との防災連携 福祉防災に学ぶ 私の腰痛 空のあんちくしょう 窓ガラス飛散防止講習会 紙媒体二葉町防災新聞 経済・政治・国際 経済問題 統一教会問題 老木は危険 耐震偽装問題 聴覚障害者との情報共有 脂質異常症 脱水症対策 脳ドックと脳トレ 脳幹トレーニング 臨時情報 自民党裏金問題 自然エネルギーの活用 自然地形の高台 自然災害と経営責任 自衛隊の救助訓練 芸能・アイドル 芸術・文化 若いアーティストの台頭 若者支援事業 葬儀で感じたこと 蓄光塗料 西日本豪雨災害・真備 西日本豪雨災害・真備町 西村吉正・春子服薬・食事情報 西村吉正・死去後の動き 西村吉正1周忌・3回忌 要支援者用食材 観天望気・日常観察からの天気予報 訪問看護 認知症機能検査 認知症症候群について 認知症重度化予防実践塾 誤嚥性肺炎対策 講演会・研修会 講演会・講習会 警察広報 豊後水道地震 超高齢化社会の厳しい現実 超高齢者の事前減災対策 趣味 路上詩人はまじさん 軍拡は誰のため 近江商人の先見性 連合赤軍と新自由主義の総括 過脂肪体質 遠地津波 避難所の食事の問題 都市再開発 都市論 都知事の学歴詐称事件 錆を防ぐさびのある話 閖上だより 関東大震災から100年 関東大震災後の朝鮮人虐殺事件 阪神大震災20年慰霊と交流 防災備品整理棚 防災問題 防災対策 防災紙芝居 防災紙芝居プロジェクト 防衛問題 阿部晃成さん講演会 陸上自衛隊手漕ぎボート 雛人形の展示 雪道対策 非常備蓄用ミキサー粥 靴底消毒 音楽 音楽文化 飲料水の備蓄 高レベル廃棄物問題 高知の根源・由来を考える 高知の結婚披露宴 高知の観光 高知シティFM 高知シティFM「けんちゃんのどこでもコミュニティ」 高知シティFMけんちゃんのどこでもブログ 高知シティFM最終収録 高知初の疎開訓練(広域避難訓練) 高知大学防災すけっと隊 高知学研究所 高知市みどり課 高知市副市長人事案件2023年 高知市地域コミュニティ推進課 高知市政問題 高知市津波SOSアプリ 高知市社会福祉協議会 高知市長との意見交換会・資料2015年 高知市長期浸水救出計画020年 高知減災ネットワーク会議 高知県政ぷらっとこうち問題 高知県政問題 高知県民マニュフェスト大会 高知県物産公社構想 高知県立大学との協働 高知県議会立候補者への公開質問状 高知県高校生津波サミット 高知県高校生津波サミット学習会 高知県高校生津波サミット2023 高知蛍プロジェクト 高知警察署下知交番 高知青年会議所70周年 魔の合同研修会1210 鵜の目鷹の目 2006年白バイ・スクールバス衝突事件 2010年参議院選挙 2014年東京・横浜出張 2014年衆議院選挙関連 2015年叔母北海道より車椅子の旅・高知 2015年県議選・市議選 2016年熊本地震 2017年衆議院選挙 2018年沖縄県知事選挙 2021年衆議院議員選挙 2021年衆議院選挙 2022年参議院選挙 2023年参議院補欠選挙 2023年徳島・高知合区参議院補欠選挙 2023年県議選 2023年高知市議選 2023自民党政治資金疑惑 2024年二葉町総合防災訓練 2024能登半島地震 3・11ミニ慰霊祭 70歳のスタート A型RHマイナス血液型 SUP同窓会2023年