父・日赤・ICU

2018.02.19

父・日赤・219


DSCN3087_R
 2018年2月19日に高知日赤病院へ父(98歳)の面会にいきました。今日で丁度1か月目の入院生活となりました。ICU(緊急治療室)に10日間。一般病棟に20日間です。

「はやくうちへ帰りたい。」と父は懇願します。

 廃用症候群からのリハビリ―自宅復帰を目指したいです。

 1月29日から一般病棟へ移りました。しかし相変わらず寝たきりで、両手をグローブや拘束されています。両手を縛られていることもあります。面会時に外してもらいました。

DSCN3089_R

 父と家族の目標は、1月19日以前のように自宅で生活することです。「自分の口から減タンパク食を食べ」「自分の足で歩き」「介護予防通所リハビをに通い身体能力を維持し」「週に1度はゴルフ練習場へ行く。」「自分で着替え、自分でトイレへ行き排泄する。」そういう人間の尊厳を保ちたいのです。
水分補給
 週刊文章(2月15日号)に「誤嚥性肺炎は食べながら治す」という特集記事がありました。この記事の信ぴょう性は、医療の素人である私にはわかりません。ただ言えるのは今でも父は「自分の口から食べたい」という意欲があります。意欲が萎えないうちに嚥下の改善をしていただきたいと思います。

 4年前に高知市が主催する「認知症重度化予防実践塾」(高知市高齢者支援課主催)を受講しました。。当時講師の金田弘子さん(鳥取県・森本外科・脳神経外科病院副院長・看護部長・ケアマネージャー)はこう言われました。

「水分補給、栄養補給、排便、運動は身体維持機能の基本です。まずこれをしっかりケアをする。身体機能が改善されますと、認知機能も回復の兆しが出て来ます。」

「人間は2本足で立ち、自分の足で歩くことで認知機能が覚醒されます。歩けないからといって寝たきりや、車椅子生活をしてはいけないです。寝たきりの人は少しは座る。座れるようになれば、立ち上がらせる。立ち上がることが出来れば歩かせる。それで認知機能は回復に向かいます。」

http://dokodemo.cocolog-nifty.com/blog/2014/09/post-4f37.html

 認知症を事前に予防する、進行を遅らせる具体的な対策でした。父の場合にも適用できるのではないかと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.02.17

父・日赤・217


DSCN3012_R
 2018年2月17日(土)ですが、父(98歳)の面会に3時前に行きました。羽生選手のスケートで金メダルを見てから行きました。
DSCN3008_R
 いつものように父はふてくされて寝ていました。オムツ替えの後だったようです。特に変わったことはないようでした。家族の面会時に場合のみ手にはめたグロープを外してくれました。
DSCN3006_R
 父の部屋はナースステーションの前にあります。
DSCN3011_R

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.02.16

父・日赤・216


DSCN2913_R
 母の付添で横田胃腸科内科へ行った後に、日赤病院へ行きました。

 父(98歳)に面会へ行きました。最近は「ふてくされ」「すねて」寝ていることが多いです。目を覚ましますと「早く帰りたい!まだ帰れんのか!!」と言います。
DSCN2911_R
 担当の看護士の今日の父の様子を聞きました。

「今日は30分ほど歩行器で歩きました。疲れたと言いながら頑張っておられました。お腹のほうは今日は治っています。」とのことでした。

 担当医師との面会は来週申しいれをしました。今後の治療方針を聞いてみたいですので。父の意識ははっきりしています。

「とにかくどくれんと(ひねくれないで)前向きにリハビリをしてください。転院の話はしているので、今はキャンセル待ちだから。」と説明しました。

「もう死ぬ。死にたい!」とか口走ります。
DSCN2917_R
「死んでいるならとっくに死んでいる。せっかく生き延びた命。粗末にしたらいかん。医療スタッフの皆さんも懸命にやってくれている。どくれた言動は今後はしないように」と言い聞かせました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.02.15

父・日赤・215


DSCN2877_R
 2018年2月15日ですが高知赤十字病院に行きました。1月19日から父(98歳)が植田一穂先生のご紹介で入院しています。1月31日までの入院費用の請求書が来ていました。窓口で支払いをしました。

 今日の父は不機嫌そうに「早く帰りたい!!。もうここは嫌じゃ!」と言っています。元気になると退屈になるものです。次の展開ができるリハビリ病院の空きがないので「キャンセル待ち状態」です。
DSCN2878_R
「長い綿棒を凍らせて口腔ケアの刺激をしました。」

「リハビリで歩行器を使って歩きました。」とのこと。ほんのわずかなリハビリですが、少しはやtぅていただいています。なかなかこちらの希望どうりにはなりませんが、父には「気を落とさずに頑張ってほしい。」と伝えています。
DSCN2876_R

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.02.14

父・日赤・214


DSCN2873_R
 2018年2月14日は、営業の終わりに高知日赤病院で父(98歳)に面会しました。」顔を合わせると「早く帰りたい!ここは嫌じゃ!」と大きな声で懇願します。相変わらず口からものが食べらせてくれないようです。
DSCN2871_R
 担当看護師によれば、今日は歩行器で歩いたそうです。リハビリの時間が短いのですぐには効果は出ないようです。転院を前提に相談員とも話しました。なかなか希望する病医院のベットが開いていないようで難航しています。現在は「キャンセル待ち」状態のようですね。気長に待つしかありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.02.13

父・日赤・213


DSCN2865_R
 2018年2月13日ですが、午後から月に1度老師の整体をしていただいてから、帰路に高知日赤病院に父(98歳)の面会に行きました。
DSCN2863_R
 特に変わった様子はなさそうでした。リハビリをした様子は伺えました。相変わらず鼻からの栄養チューブによる措置です。口から食物を食べるリハビリはしていただけないようです。

 もどかしい思いです。せっかく危機的な状態を脱したので次の回復段階へ進んでほしいとは思いますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.02.12

父・日赤・212


DSCN2841_R
 高知市安心センターにて13時から「自主防災会活動事例発表会」(高知市自主防災組織連絡協議会・主催)が15時過ぎまでありました。その後高知日赤病院で父(98歳)を見舞いに行きました。
DSCN2838_R
 鼻からの栄養チューブは抜かれていました。「食事」は終わっていました。看護士に聞きますとお腹を壊したようなので、スピードを次回から遅くするとか。
DSCN2839_R
 父は「帰りたい」と言っていましたが、ほどなく眠ってしまいました。嚥下訓練もしないようだし、口からものが食べられないのでもどかしいかぎりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.02.11

父・日赤・211


DSCN2805_R
 2018年2月11日(日)ですが、面会は母(92歳)と家内と3人で午後から行きました。父は相変わらず看護師詰所前の部屋で1人縛られて寝ていました。
DSCN2807_R
 「早く帰りたい!!」「もう嫌だ、出たい!」と強い意志ではっりとした言葉で言います。休日はリハビリもないので退屈な1日のようです。面会時間は30分程度。帰りに近所のスーパーへ立ち寄り買い物をしました。
DSCN2808_R

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.02.10

父・日赤・210

 2018年2月10日(土)ですが朝から雨が降っています。1月19日(金)の緊急入院から3週目を過ぎ、22日目になりました。今日は家内と2人で面会に行きました。タオルを持ってくるようにと言われましたので数枚持参しました。
DSCN2775_R
 父(98歳)は退屈そうにうとうとしていました。命に係わる緊急事態はやり過ごし、症状も安定し小康状態になっています。間髪を入れず機能回復訓練をしていただきたいと家族としては思いますが、なかなかそうはなりません。

 父に聞きますと「今日はリハビリはお休み」であるとのこと。今日の担当看護師に聞いても土日はリハビリはお休みとか。ちゃんと父と会話ができるようになりました。退屈極まりない生活には父は辟易しているようです。
DSCN2773_R
 ちゃんと事をわけて話をし、目標を設定すれば父は勤勉なので努力をする人ですから。焦らず時が来るのを待つしかありません。症状は必ず良くなるでしょう。そう信じます。

DSCN2777_R

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.02.09

父・日赤・209


DSCN2765_R
 今日で日赤に入院して21日目の父(98歳)です。
緊急事態は脱しましたが、俗にいうADL(日常生活動作(にちじょうせいかつどうさ)が「衰退」しています。

 今日担当看護師とお話しましたが、今は鼻からの栄養チューブと利尿剤のてんてきぐらいになりました。今後は身体機能(足腰の機能回復)と嚥下の機能回復がより重要になることでしょう。
DSCN2768_R
 しかし遅々として進んでいないのが現実です。決して病院側も悪気があるわけではないことは理解していますが、「緊急入院した1月19日現在の父の状態と病状」がすべての治療のベースであり、それ以前の父の生活は「参考資料」程度の扱いになっているように感じました。医療関係者の真摯な態度は尊敬し、敬意をもって感謝していますが、どうもずれを感じるのは私がおかしいのでしょうか?
 DSCN2766_R
 父は「自宅へ帰りたい」「生き抜きたい」という強い意志があります。それゆえ家族も支援しています。リハビリや機能回復は本人の意欲の部分が大きな原動力になるのであhないでしょうか。それがうまくかみ合わないいないことがもどかしい。わたしの表現の仕方が拙いのかもしれないです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

07高知県知事選挙 | 2008年衆議院選挙関連 | 2009年衆議院選挙関係 | 2012年衆議院選挙関係 | 2012年車椅子で行く高知の観光施設 | 2013年参議院選挙関係 | 2014年東京都知事選挙 | 2015年雨漏り修繕工事 | 2015雨漏り・外壁補修工事 | 2016年参議院選挙 | 2016年首都圏遠征 | blogによる自由民権運動 | blogの伝道師・blogの鬼 | bousai_ | Eコマース・スキルアップ講座 | koutikengikaigin | NPO法人高知減災ネットワーク会議 | お花見遊覧船 | けんちゃんの今すぐ実行まちづくり | けんちゃん1人weblog | はりまや橋サロン | まちづくり | まちづくり条例見守り委員会 | アニメ・コミック | イラク派兵問題 | ウェブログ・ココログ関連 | エアーボート 救命艇 | ゴーヤ栽培日誌 | サッカー | スポーツ | スポーツのありかた | タウンモビリティ・ステーションふくねこ | チベット問題 | ニュース | ハイパーレスキュー艇・シーレックス | バリヤフリー | パソコン・インターネット | ホームページによる交流 | メディアリテラシー | ヨット関係 | ロープワーク | 三好市との交流事業 | 下知コミュニティセンター防災部会 | 下知地区防災計画・ブロック会 | 下知地域内連携協議会 | 下知町内会連合会 | 中国四川大地震 | 二葉町町内会の動き | 二葉町自主防災会 | 五台山・市民農園 | 井原勝介さん講演会 | 交通事故防止対策 | 人繋がりネットワーク | 仁淀川町と二葉町との交流 | 今治市防災士会・連合自治防災部会との交流会 | 今野清喜さん講演会 | 仙波敏郎さん講演会 | 伊野町問題 | 健康・体の問題 | 健康問題 | 入野敏郎さんみかん園 | 公共交通問題 | 公共財のありかた | 共謀罪反対運動 | 内閣府地区防災フォーラム2016年仙台 | 内閣府地区防災計画 | 前田康博さん講演会 | 南海地震対策 | 南海地震特別税 | 危機意識・リスクマネジメント | 原子力政策 | 原発と核のゴミ処理場アンケート | 原発災害 | 反ファシズム運動 | 叔母・車椅子来高・2014・10・18 | 口腔ケア | 台風・大雨対策 | 台風・大雨情報 | 台風対策 | 司馬遼太郎氏の帝国主義論 | 吉本隆明氏・追悼文 | 名古屋大学室井研二准教授 | 品川正治さん講演会関係 | 国政問題 | 国際問題 | 土佐電鉄ーごめん・なはり線 | 地方の公共交通 | 地震保険 | 坂本龍馬像建立運動 | 報道関係 | 夜須町関係 | 大学問題 | 天木直人さん講演会関係 | 宇田川知人さん出演番組 | 安田純平さんを高知へ招く会関係 | 少子化問題 | 岡村眞先生講演会 | 岡林信康コンサート | 島本茂雄さん・中平崇士さん出演 | 巨大地震・津波対策用高強度発泡樹脂浮力体 | 市民参加のありかた | 平和・反核・護憲の社会運動 | 平和問題 | 平成28年度下知地区防災計画 | 広域地域間交流 | 建築物 | 感染症対策 | 憲法問題 | 戦争を知らない子供たちへの映画会」 | 戦争法案反対運動 | 戦争災害 | 排泄ケア(排尿・排便)の重要性 | 携帯・デジカメ | 政治のありかた | 政治評論 | 教育問題 | 新しいメディアの創出 | 新型インフルエンザ対策 | 新堀川市民大学 | 新堀川生態系保護問題 | 日誌風の感想 | 映画「六ヶ所村ラプソディー」 | 映画・テレビ | 昭和南海地震の記録 | 昭和小学校・防災じゅぎう | 昭和小学校防災学習 | 書籍・雑誌 | 有機農業の支援 | 朝鮮半島問題 | 木質バイオマス地域循環システム | 村上肇さんWEBセミナー | 村上肇氏BtoBセミナー | 東京近辺見聞録2013年 | 東京近辺見聞録2014年(1) | 東京近辺見聞録2015年 | 東京近郊見聞録2010 | 東京近郊見聞録2011年 | 東京近郊見聞録2012年 | 東北被災地ツアー2015年 | 東北被災地交流ツアー2005 | 東日本大震災の被災者の皆様との交流事業 | 東洋町サポーターズクラブ | 橋本大二郎さん出演番組 | 橋本県政16年の検証 | 橋本県政16年の総括 | 歩いて見る高知市 | 歴史の宝庫新堀川 | 歴史問題 | 死生観・終末観 | 母・毛山病院入院2017 | 沖縄ー高知の交流 | 沖縄基地問題 | 沢山保太郎東洋町長出演 | 河瀬聡一郎さん講演会 | 津波避難施設について | 漫画文化 | 父・日赤・ICU | 環境問題 | 田辺浩三さん映画会(小夏の映画会) | 社会問題一般 | 社会思想問題 | 社会運動 | 神戸市長田区鷹取との交流 | 神戸市長田区鷹取東地域との交流 | 福井照 | 福井照さん出演番組 | 福祉の問題 | 空のあんちくしょう | 経済・政治・国際 | 経済問題 | 耐震偽装問題 | 脱水症対策 | 自然エネルギーの活用 | 自衛隊の救助訓練 | 芸能・アイドル | 芸術・文化 | 若者支援事業 | 蓄光塗料 | 西村吉正・春子服薬・食事情報 | 認知症症候群について | 認知症重度化予防実践塾 | 講演会・研修会 | 講演会・講習会 | 超高齢者の事前減災対策 | 趣味 | 路上詩人はまじさん | 連合赤軍と新自由主義の総括 | 都市再開発 | 都市論 | 錆を防ぐさびのある話 | 阪神大震災20年慰霊と交流 | 防災問題 | 防災対策 | 防衛問題 | 音楽 | 高レベル廃棄物問題 | 高知の根源・由来を考える | 高知の観光 | 高知シティFM | 高知シティFM「けんちゃんのどこでもコミュニティ」 | 高知シティFMけんちゃんのどこでもブログ | 高知シティFM最終収録 | 高知大学防災すけっと隊 | 高知学研究所 | 高知市地域コミュニティ推進課 | 高知市政問題 | 高知市社会福祉協議会 | 高知市長との意見交換会・資料2015年 | 高知減災ネットワーク会議 | 高知県政ぷらっとこうち問題 | 高知県政問題 | 高知県民マニュフェスト大会 | 高知県物産公社構想 | 高知県議会立候補者への公開質問状 | 高知蛍プロジェクト | 鵜の目鷹の目 | 2006年白バイ・スクールバス衝突事件 | 2010年参議院選挙 | 2014年東京・横浜出張 | 2014年衆議院選挙関連 | 2015年叔母北海道より車椅子の旅・高知 | 2015年県議選・市議選 | 2016年熊本地震 | 2017年衆議院選挙