けんちゃん1人weblog

2010.12.10

何故ブログにこだわっているのか

 最近はよく知人から「MIXIをしないの?」「ツイッターはしないのか?」と言われることがあります。ブログを時折していた知人もブログ辞めてツィッターに移行されて人もいるようです。

 理由は単純。ブログはわたしに合った道具、書くための道具で手軽であるからです。

 情報発信というよりも、備忘録であり、自分の為に、今思いついたことを忘れないために書いているのですから。社会や世間を意識しては全然書いていません。ブログがどのように評価されようが全く関心はありません。

 ブログは2004年1月1日からはじめました。毎日欠かさず更新するようになって2年程度が経過しました。ブログはまさに「息をすること」と同じです。それ以上でも、以下でもありません。

 2005年頃には「ブログの鬼」だとか、「ブログの伝道士」「ブログ中高年の星」などと地方紙やローカル局の取材があったりしました。それ以降も変わりなくブログを続けています。

 ブログは自分の考え方を整理するにはとてもよい道具であり、パソコンさえあればどこでも見ることが出来、書くことができるのも良いのです。

 未だに所有していませんが、I-padなどがもう少しお安くなれば、携帯できるのでもっと便利になることでしょうから、当分辞めてしまうことはないでしょう。

 匿名での情報発信には興味がありません。ネット上での個人的なネットワークには期待していません。すぐに連絡を取り合わないといけないほど暇ではありません。

 現状ではパソコンがないとブログは書けないから、丁度ではないかと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.10.28

ブログは生存記録なのです

  下手な文章を毎日なぜ書き、それをブログにしているのか?
  それはわたしの「生存記録」の証であるからです。でもまだまだブログを見てくれている、かつての知り合いは少ない。わたしらの世代から上の世代は、パソコンやインターネットを敵視する世代が多いからでしょう。

 むしろ地元新聞の「声・ひろば」欄に投稿し掲載されたほうが、現状では「生存記録」になります。この現象は20年前から変わらない。いかに高知がネットの影響が小さい県であるか。地元新聞のおかげでいかに「情報化」が遅れたのかの証でもあります。

 ブログにいいところは、その場その場の感じたことや、思いをすぐに書いて、掲載できる簡便性です。それからあとから振り返ることのできる「記録」としての価値があります。ココログの会社が廃業しない限り、記録はWEB上に残ります。それがいいのです。

 文学的な才能のない文章ではありますが、今日も仕事の合間に、「寸暇を惜しんで」ブログを書いています。書くことはあくびをすることと同じで苦痛ではありません。書くうちに発見することもあるからです。そのうちいい文章が書けることを信じて、今日も書き続けます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.07.09

米国発ブログ革命を読んで

Beikokuhatubloghon
 先日知人に「米国発ブログ革命」(池尾伸一・著・集英社書房・2009年6月刊)を借りて読みました。一読して「アメリカと日本はかくもブログのありかたが違う」なとため息が出ましたね。

 日本のブログには「社会性」は殆どない。趣味の日記が多いし、全体の4割がスパム系の「迷惑ブログ」であります。アクセス数を増やすためにブログランクなどという無意味なランキングもあるようですし。全く無意味なランク。

 マルコス・モーリツャス(35歳)が運営するブログがアメリカ政界を震撼させ、民主党系の政治家が面会を熱望し、保守系の政治家が警戒する青年。

http://www.dailykos.com/

 2002年マルコス青年はブログをアップした。」当時のアメリカは2001年の「9・11テロ」でマスメディアは保守化し、ブッシュ政権の政策批判はタブーであったそうです。

 その状況のなかでマルコス青年はブログに書いた。

「戦争はぼくに死をもたらすだけでなく家族を壊し、生き残った者に傷を与える。戦争は最終手段であるべきものなのに、ぼくたちの政府を乗っ取った「軍事政権」の連中は戦争を自分たちの都合の良い政治手段として使おうとしているのだ。」と。(P16)

 その当時の心境をマルコス氏はこう述べています。

「テレビも新聞も視聴率や購読者を増やすことだけを考えて,ブッシュ政権が進める戦争の応援団に変わっていった。ジャーナリズムの定義は真実を追及することじゃないのか。ところが記者たちは政府を恐れ、リークのエサにつられ、政権の言うがままにそのまま報道するだけになってしまったんだ。反戦を叫ぶ声は完全に隅っこに追いやられてしまった。不満と不安と孤独感でいっぱいだったよ。」(P16)

 いくらマスコミが取り扱わなくても真実の声を求める人たちはいます。最初こそコメントが付かなかったマスコスのブログは注目される存在に成長していきます。

 それは民主的なしくみにブログがなっていたからであると。一方通行型の新聞・テレビと異なり、誰でも自分の意見を書き込む機能を導入した。だれでもサイト内に「ダイアリー」という自分のブログサイトを開設できる。書き込んだ内容をほかの読者が評価し、投票方式で多くの「推薦」を集めるほど人の目に触れやすい位置におかれるしくみになっている。

 トップページの左側はマルコスや数人の定期ライターの文章が置かれている。右側は一般の人々のダイアリーのページ。多くの記事の中で注目を集める記事は「最新記事」として目次に列挙されるため、どんな記事でも1度はチャンスをあたえられる仕組みだ。

 「ネットの海のなかで埋もれないしくみ」を構築したマスコス青年の功績は大きいですね。共和党上院議員が人種差別発言をマスコスのデイリー・コスに掲載されたことで落選することになりましたし。ブログの「オフ会」にはオバマ.ヒラリーなどの大統領候補まで来るようになりまし。

 アメリカは自己主張社会であるからブログの意味合いが違うなと思いした。顔を出して実名でどんどん発言する。そして評価されネットワークが広がる。

 日本はどうだ。匿名掲示板が未だにのさばっている。自分だけは安全地帯にいて、面と向かっていえない罵倒をWEBでしている。スパムコメントとなんら変わらない非生産性。その違いでしょうか。今でも嘆かわしい。

 日米の気質の差を思い知りましたね。社会運動を展開する場合も、ブログやサイトの作り方も検討する必要がありますね。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.02.23

 地方政治家のblogについて

blogharimaya 政治は遠いもの。関係者だけのもの。いゆゆる無党派層が
5割を超える日本の政治状況です。無党派は無関心という訳では
ありません。

 政党関係者ではない限り政治に関わる機会がない。きっかけ
がないといえます。従来は「紙爆弾」と言われる個別配布のビラ
が有力とされてきましたが、各種の宣伝チラシと同様でした。

 政治家がblogで自分の考え方や、議会などの報告をすることにより、
マスメディアの「フィルター」なしに本音を聞けることは良いことです。
 昨年の米国大統領選挙に時、民主党の候補者ハワード・ディーン氏が、
選挙活動で支持者の獲得にblogを活用したことは記憶に新しいことです。

 さて昨日は高知市市議会議員の竹内則男さんがblogデビューしました。

 のりすけと政治を語ろう

 番組ゲストにもきていただいています。

 武内則男さん


 昨年から高知県知事橋本大二郎さんのblogも注目されています。

 (だいちゃんぜよ)

 ゲストにも来ていただきました。

 橋本大二郎さん

 秦愛さんも高知市議会議員としては、昨年からblogを始められています。

 愛ちゃんの市議会活動日誌


 番組ゲストでも来ていただいています。

 秦愛さん

 高知県では3人の政治家のみなさんがblogを始めています。
 もっとたくさんの政治家の人たちが始められ、「政治が身近に」なれば
 良いと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005.02.07

blogの師匠と先輩達

 私のblogの師匠は竹内隆志さんです。昨年の元旦に指導いただきました。


http://gyousei.cocolog-nifty.com/blog/

少し前にスタートされていたのが伊与田治彦さんです。

http://hi-net.air-nifty.com/iyota/

パソコン草の根情報化サロンと七輪サロンで有名な西岡謙一さん。
私より少し前にblogを作成されていました。

http://tigyougouitu.cocolog-nifty.com/

 いろんな人たちが師匠になっていただきました。

 感謝感激です。blogはいろんな人たちとネットワークが出来ます。素晴らしいコミュニケーションの道具です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.02.04

rinkの学生さんたちです


 高知大学の学生グループrinkの人たちが晩は運営しています。スタッフの学生さんたちです。
携帯電話のカメラで撮影、送信しました。「いつでも、どこでも」blogは更新できるからです。
pic_0256.jpg

 学生さんたちも新たにblogをされると言うので、体験していただきました。最近はいろんな機能がblogも増えています。驚くばかりです。情報発信の道具として使用しない手はありませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.01.31

多忙な人のblog

「寸暇を惜しんで情報を受発信している。」ことが出来るのがblogの特長。
 自分の専用パソコンでなくても、他人のパソコンでも、携帯電話からでもサイトの更新は可能である。

 移動中の待ち時間や、交通機関のなかで、情報を更新されているのを拝見すると、よりその人のblogが親しみを持って感じるものである。
 多忙な人ほど、実は情報をたくさん持っています。普通は多忙を理由を、言い訳にして「取り込んで」しまう。すると今度は情報が入ってこなくなります。

 ヨガで教えられたことで、一番大事なことは呼吸法でした。「吐く息を長く吐く。そうすると深い呼吸が出来る」と。「自分の情報を発信して、また新しい情報を入手する」。忙しい人のblogを見ていますとその心意気が伝わります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.12.20

ラスト2週間

 いよいよ今年もラスト2週間。公務員などの大企業の人達は、27日あたりで仕事が終わりで、ラスト1週間の感覚で、後に控える2週間ある正月休みで気もそぞろであることでしょう。

 こちらは逆にその人達がお休みになることからが、また別の業務でせわしい限り。毎年繰り返される顛末だが、この時期どこかの経営者のように海外でのんびりお正月といきたいものだ。

 だがそれはかなわぬ夢であるようだ。暖冬で師走らしくはないが、この2週間は間違いなく分単位で追われる毎日になるだろう。


 昨日は半日ヨット。1人でセーリング。曇り空で風も弱かったが、疲れは癒えた。やはり海へ出ないと。
 正月は2日頃から、お正月セーリングを企画しよう。やはり海は良い。大きい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.07.30

7月最後のけんちゃん1人サロン

 7月30日は、県庁前の喫茶店「cafe&luchげ・ん・き」にて、7月最後の「けんちゃん1人サロン」をしています。
 いつもは午後6時に到着して準備しますが、今日は異常に暑かったので、5時半にこちらへ来て涼んでいました。
genki730.jpg

 この「cafe&lunchげ・ん・き」ですが、午前8時から、午後4時までは、ワークスみらい高知が運営しています。午後4時から8時までは、高知大学の学生サークル「rink&rink」が運営しています。
 高知大学といえど県外出身学生が大半。それで、8月は6日、13日、20日の「けんちゃん1人サロン」はお休みします。学生は夏休みですね。
 私のほうも夏ばて気味なので、8月は3回お休みすることにします。(いずれにしろ来週はヨットクラブの懇親会でお休みの予定でした。)

 そんなわけで、次回の開催は8月27日(金曜日)午後6時からになります

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.07.23

7月23日のけんちゃん1人サロン

 先週は「貸切」でしたので、「けんちゃん1人サロン」は,高知県庁前のcafe&lunchiげ・ん・きでは開催出来ませんでした。それで2週ぶりの開催。
 今日は予想に反し、6人でサロンをしました。open heart代表の宇賀恵子さんも、会のweblogの更新をいたしました。今後は「さくさくと」ご自身で更新できると思います。
genki723.jpg

 weblogを知ったのは今年の1月1日。半年過ぎて大変な進歩であり、注目度です。これからも可能な限り更新していこうと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

07高知県知事選挙 | 2008年衆議院選挙関連 | 2009年衆議院選挙関係 | 2012年衆議院選挙関係 | 2012年車椅子で行く高知の観光施設 | 2013年参議院選挙関係 | 2014年東京都知事選挙 | 2015年雨漏り修繕工事 | 2015雨漏り・外壁補修工事 | blogによる自由民権運動 | blogの伝道師・blogの鬼 | bousai_ | Eコマース・スキルアップ講座 | koutikengikaigin | NPO法人高知減災ネットワーク会議 | お花見遊覧船 | けんちゃんの今すぐ実行まちづくり | けんちゃん1人weblog | はりまや橋サロン | まちづくり | アニメ・コミック | イラク派兵問題 | ウェブログ・ココログ関連 | エアーボート 救命艇 | ゴーヤ栽培日誌 | サッカー | スポーツ | スポーツのありかた | タウンモビリティ・ステーションふくねこ | チベット問題 | ニュース | バリヤフリー | パソコン・インターネット | ホームページによる交流 | メディアリテラシー | ヨット関係 | 三好市との交流事業 | 下知地域内連携協議会 | 中国四川大地震 | 二葉町町内会の動き | 二葉町自主防災会 | 井原勝介さん講演会 | 交通事故防止対策 | 人繋がりネットワーク | 仁淀川町と二葉町との交流 | 今治市防災士会・連合自治防災部会との交流会 | 今野清喜さん講演会 | 仙波敏郎さん講演会 | 伊野町問題 | 健康・体の問題 | 健康問題 | 入野敏郎さんみかん園 | 公共交通問題 | 公共財のありかた | 内閣府地区防災計画 | 前田康博さん講演会 | 南海地震対策 | 南海地震特別税 | 原子力政策 | 原発と核のゴミ処理場アンケート | 原発災害 | 叔母・車椅子来高・2014・10・18 | 司馬遼太郎氏の帝国主義論 | 吉本隆明氏・追悼文 | 品川正治さん講演会関係 | 国政問題 | 国際問題 | 土佐電鉄ーごめん・なはり線 | 地方の公共交通 | 坂本龍馬像建立運動 | 夜須町関係 | 大学問題 | 天木直人さん講演会関係 | 宇田川知人さん出演番組 | 安田純平さんを高知へ招く会関係 | 少子化問題 | 岡林信康コンサート | 島本茂雄さん・中平崇士さん出演 | 巨大地震・津波対策用高強度発泡樹脂浮力体 | 市民参加のありかた | 平和・反核・護憲の社会運動 | 平和問題 | 建築物 | 感染症対策 | 憲法問題 | 戦争を知らない子供たちへの映画会」 | 戦争法案反対運動 | 携帯・デジカメ | 政治のありかた | 政治評論 | 教育問題 | 新しいメディアの創出 | 新型インフルエンザ対策 | 新堀川市民大学 | 新堀川生態系保護問題 | 日誌風の感想 | 映画「六ヶ所村ラプソディー」 | 映画・テレビ | 昭和南海地震の記録 | 昭和小学校防災学習 | 書籍・雑誌 | 有機農業の支援 | 朝鮮半島問題 | 木質バイオマス地域循環システム | 村上肇氏BtoBセミナー | 東京近辺見聞録2013年 | 東京近辺見聞録2014年(1) | 東京近辺見聞録2015年 | 東京近郊見聞録2010 | 東京近郊見聞録2011年 | 東京近郊見聞録2012年 | 東北被災地ツアー2015年 | 東北被災地交流ツアー2005 | 東日本大震災の被災者の皆様との交流事業 | 東洋町サポーターズクラブ | 橋本大二郎さん出演番組 | 橋本県政16年の検証 | 橋本県政16年の総括 | 歩いて見る高知市 | 歴史の宝庫新堀川 | 歴史問題 | 死生観・終末観 | 沖縄ー高知の交流 | 沖縄基地問題 | 沢山保太郎東洋町長出演 | 津波避難施設について | 漫画文化 | 環境問題 | 田辺浩三さん映画会(小夏の映画会) | 社会問題一般 | 社会思想問題 | 社会運動 | 神戸市長田区鷹取との交流 | 神戸市長田区鷹取東地域との交流 | 福井照 | 福井照さん出演番組 | 福祉の問題 | 空のあんちくしょう | 経済・政治・国際 | 経済問題 | 耐震偽装問題 | 自然エネルギーの活用 | 自衛隊の救助訓練 | 芸能・アイドル | 芸術・文化 | 若者支援事業 | 蓄光塗料 | 西村吉正・春子服薬・食事情報 | 認知症症候群について | 認知症重度化予防実践塾 | 趣味 | 路上詩人はまじさん | 連合赤軍と新自由主義の総括 | 都市再開発 | 都市論 | 錆を防ぐさびのある話 | 阪神大震災20年慰霊と交流 | 防災問題 | 防災対策 | 防衛問題 | 音楽 | 高レベル廃棄物問題 | 高知の根源・由来を考える | 高知の観光 | 高知シティFM | 高知シティFM「けんちゃんのどこでもコミュニティ」 | 高知シティFMけんちゃんのどこでもブログ | 高知シティFM最終収録 | 高知大学防災すけっと隊 | 高知学研究所 | 高知市地域コミュニティ推進課 | 高知市政問題 | 高知市長との意見交換会・資料2015年 | 高知県政ぷらっとこうち問題 | 高知県政問題 | 高知県民マニュフェスト大会 | 高知県物産公社構想 | 高知県議会立候補者への公開質問状 | 高知蛍プロジェクト | 鵜の目鷹の目 | 2006年白バイ・スクールバス衝突事件 | 2010年参議院選挙 | 2014年東京・横浜出張 | 2014年衆議院選挙関連 | 2015年叔母北海道より車椅子の旅・高知 | 2015年県議選・市議選